来月末に退職するのですが、任意継続保険と言うものをこちらのサイトで知り、
加入したいと思っています。
でも、手続きの仕方がよくわからないのですが、辞める時には、
今勤めている会社から何か書類をもらったりする必要があるのでしょうか?
自分の申請すべき社会保険事務所の所在地は、どこに問い合わせたら良いでしょうか?
以上ですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

退職日の翌日から、20日以内に申請します。

正当な理由がない限り、この期限をすぎたら国民健康保険に加入するしかありません。


・健康保険任意継続被保険者資格取得申請書・・・これは会社から頂いて自分で記入します
・健康保険被扶養者(異動)届・・・被扶養者がいる場合(これも自分で記入)
・印鑑
・保険料(時期によって二回分必要なので保険事務所で要確認)

以上を持って、社会保険事務所で本人が手続きするもの

事務所は、保険証の表紙に記載されています。


ご参考までに保険料は今までの約二倍(上限は25,500円)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅れて申し訳ありませんでした。詳しく教えて頂きありがとうございました。これで不安が無くなりました。

お礼日時:2001/10/24 09:51

1.まず会社の担当者がしっていますから,聞いてください。


2.あなたが55才以上60歳未満。でしたら,任意継続は普通2年が60歳まで掛けられます。60才以上は2年間です。
3.保険証の保険者という欄を見て,**共済,**健康保険組,**社会保険事務所とかの名称がありますので,会社でわからなければ,そこへ尋ねてください。
4.会社を辞めると、国民年金になりますが,配偶者が60歳未満でしたら,その分も支払うことになりますのでお忘れないように,また任意継続は今支払っている保険料(企業が支払って分が自己負担になるので)が約2倍になりますが 国民健康保険か任意継続かは保険料を比較して安い方を選択してください。市町村で保険料が違います。任意継続は収入が同じであれば,ほぼ全国一緒です(組合によっても違いますが)。前年度の収入で保険料が国保が決まりますので。市町村で保険係に尋ねると良いですよ
 

参考URL:http://www.sia.go.jp/  http://www.kokuho.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼をするのが大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。回答ありがとうございました。また、参考のURLも教えて頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2001/10/24 10:01

みなさんが色々と説明していますので、補足のみさせてもらいます。


任意継続でもその”元”となる社会保険の各種の福利厚生等が正式に利用出来ますよ。また、冠婚葬祭に支払われる一時金等も適用となりますので、任意継続の利用出来る期間は最大2年間ですが、負担額が高く保険料も高い国民健康保険に入るよりかなりお得となっています。
ただし、保険は毎月自動更新ですが、保険料の支払いは送られて来る振込用紙に期限内に必ず入金しないと翌日には保険は解約となってしまいますのでご注意下さい。(いかなる場合でも猶予は効きません。)
こんな感じで宜しいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼の書き込みが遅れてしまい申し訳ありませんでしたが、捕捉の説明をありがとうございました。保険が解約となってしまわない様に注意したいと思います。

お礼日時:2001/10/24 09:57

任意継続保険は、2ヶ月以上の被保険者期間を有する人でなければ加入できません。


たぶん2ヶ月はいらっしゃると思いますので、それを前提に・・・。

1.任意継続保険加入申請書(会社でもらえるはずです)に必要事項を記入。
2.退職日の翌日から20日以内に、ご自宅の住所を管轄する社会保険事務所で手続き。

となります。
社会保険事務所は、保険証に書いてあるところ(会社所在地の管轄)ではなくて、自宅住所を管轄するところのはずですので、確認してみてください。
保険料(今までの健康保険料の倍額、上限25,500円)2ヶ月分と、印鑑、身分証明があればよいと思いますが、できれば会社から資格喪失確認書のコピーをもらって一緒に持っていくとスムーズだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼をするのが遅れて申し訳ありませんでしたが、回答ありがとうございました。手続きの点で不明なところが無くなり、すっきりしました。

お礼日時:2001/10/24 09:54

 手続きは、現在加入している「保険者」で手続きをします。

社会保険のようですので、保険証の表面に保険者の名称と住所電話番号が記載されています。

 現在勤めている会社からは、退職ですので関係書類を担当者に作ってもらってください。一度現在の社会保険を離脱して、新規に任意継続の保険に加入する手続きとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼を申し上げるのが大変遅れて失礼いたしました。回答ありがとうございました。保険証に書いてある場所だったのですね。

お礼日時:2001/10/24 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q任意継続か継続療養か、私の場合。

現在高度医療(放射線治療)を受けています。今後も5年程度治療が続きます。このたび退職することとなりました。しばらく(1年位)再就職の予定はないのですが、保険のことで助言お願いします。現在健康保険は本人です。夫ありです。まず、以下の認識で間違っていないでしょうか?
<継続医療を申請した場合、現在の疾病については2割負担で最長5年受けられるが、新しく疾病が生じたらその分は全額自己負担。>

そこで質問ですが、今後私の収入がなくなるので、なるべく保険料と治療費のトータルの負担を少なくして、制度を活用したいのですが、(1)任意継続で2割、全額自分で払う。 (2)主人の扶養に入って3割、その代わり保険料は夫側で払う。 (3) (1)(2)よりもやはり継続療養を選択する。 制度を良くご存知の方はどの方法を選択しますか? 
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

kunimituさん、こんにちは。
『継続療養』と『任意継続』をちょっと混同されてるかもしれないと思いましたので。

任意継続被保険者とは、退職前に継続して2か月以上被保険者期間がある場合は、退職後2年間被保険者になれます。そのためには資格喪失後、住所地の社会保険事務所に手続きをする必要があります。保険料は、在職中は事業者と本人が半額ずつ負担していましたが、これは全額自己負担となります。また、保険料の金額は退職時の保険料(上限あり)となります。

継続療養とは、退職前1年以上継続して強制被保険者であった場合、あるいは、任意継続被保険者で、それ以前に1年以上継続して被保険者である人は被保険者資格喪失時に受けていた療養の給付について、その病気についてのみ療養の給付が受けられる制度です。そのためには資格喪失後10日以内に住所地の社会保険事務所に手続きをする必要があります。保険料はいりません。ただし夫の健康保険や国民健康保険に入る必要があります。(指定された疾病以外の病気の治療をするのに必要なため)

継続療養では、5年間の療養の給付が受けられますが、これはその疾病の初診日から5年間ということであって、退職してから5年間ではありませんので、ご注意ください。

ということで、kunimituさんの『(3) (1)(2)よりもやはり継続療養を選択する』というところは、(3)だけの選択肢は、ありません。

継続療養は、申請したほうがぜったい得です。

kunimituさん、こんにちは。
『継続療養』と『任意継続』をちょっと混同されてるかもしれないと思いましたので。

任意継続被保険者とは、退職前に継続して2か月以上被保険者期間がある場合は、退職後2年間被保険者になれます。そのためには資格喪失後、住所地の社会保険事務所に手続きをする必要があります。保険料は、在職中は事業者と本人が半額ずつ負担していましたが、これは全額自己負担となります。また、保険料の金額は退職時の保険料(上限あり)となります。

継続療養とは、退職前1年以上継続...続きを読む

Q任意継続から夫の保険証に入るとき、継続療養は?

現在妊娠4ヶ月目の主婦です。
健康保険は昨年7月より自分の社会保険を任意継続で加入しており、
現在7ヶ月目になります。
2002年は扶養家族に入ることができる年収をオーバーしていたため、
任意継続という形をとりましたが、
妊娠したこともあり、これを機会に夫の保険証に入ろうと思っています。
任意継続は原則2年間脱退不可とのことですが、2月分を払い忘れる予定にしております。
そして夫の方での加入も同時進行で行っていく予定ですが、
この場合、現在かかっている産婦人科での継続療養の手続きはどうしたらよいでしょうか?
妊娠に関することは保険適用外と知っていますが、切迫流産などは適用されるとききました。
それに備えて継続療養にしたいと思っています。
自分の社会保険ですので現在は2割負担ですが、夫のほうに加入すると3割になりますよね?
もっとも、それも3月いっぱいだそうですが。
それでも助かりますので、継続療養したいのですが。。。
社会保険事務所で手続きすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

無理です。
継続療養とは簡単にいえば資格を喪失する際に治療を受けていた被保険者および被扶養者の病気、怪我に限って、引き続き治療をうけることです。
つまり受けてもいない治療のために継続療養なんてできないということです。

Q任意継続保険について

近く定年退職します その際健康保険を 任意継続保険にした場合今までどおりどこの病院でも受診できるのでしょうか 前は受診していた病名しか診察してもらえないと聞いたのですが よろしくお教えください

Aベストアンサー

>前は受診していた病名しか診察してもらえないと聞いたのです
それは、『継続療養』という制度があったときのことです。
資格喪失前に治療・通院をしていたものについてだけ適用されました。
したがって、新たに発症したものについては保険が適用されませんでした。
継続療養は廃止されました。
http://www.enjoy.ne.jp/~h.simizu/kusuri.html#e

『任意継続』というのは、健康保険組合と組合員の関係の問題です。
医療機関に対しては、健康保険組合の組合員である、というとに変わりはありませんから、これまでどおり、(健康保険が適用される病院であれば)どの病院でも診療が受けられます。

Q犯罪者と被害者、どっちを医者は優先して治療すべき?

犯罪者とその被害者が、同じ程度の重症で同じ救急病院に運ばれたとして、医者はどちらを優先して治療すべきなのでしょうか?そんな選択に迫られたら、あなたならどちらを優先して処置してあげますか?

Aベストアンサー

医者ではありませんが。。
同じ程度の重症なら、先に運ばれてきた方ではないでしょうか。
大人と子供なら体力のない子供からという選択肢もあるのでしょうけど。

Q医療機関にお勤めの方へ

もし、お分かりになる方がいたら、ご教授願います。

採用を望むものに大きな既往症(例えば癌とか)がある場合、採用は不利になるものですか?

もしそうだとしたら(現在は健康であるならば)差別とはなりませんか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

公立、私立によって違うかもしれませんが、私立の場合ぎりぎりの人員での経営になることが多いと思うので,かなり厳しいのではと思います。
差別もへったくれもなく、ぎりぎりの人員で運営している場合、太り気味なだけだけでも採用には躊躇します。なぜならその穴埋めをすることが、とても厳しいことだから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報