金城一紀の「GO」と「レボリューションNo.3」を読んでスゴク面白くて他にも何か読みたいと思ってるんですけど何かお薦めありませんか??
普段あまり本を読む方じゃないんで読みやすくてテンションの上がる本がいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

宮部みゆきさんは、人気ありますね。

(^^) 「レベル7」もお忘れなく。
最初から目が離せない展開で、最後はどんでん返しの連続!!
自信を持ってオススメします。(^^)v
    • good
    • 0

私が今はまっているのは「落合信彦」です。

10年位前にはまって,今また読み返したり、新しいのを読んだりしているところです。一番最初に読んだのは,「ただ栄光のためでなく」だったかな。
他には「赤川次郎」です。なんといっても息抜きには最高。私は今は,三毛猫シリーズで落ち着いています。
気が向いたらぜひどうぞ。
    • good
    • 0

恩田陸さんなんかどうでしょう?


NHK教育でドラマ化された「六番目の小夜子」(新潮文庫)とか。
ちょっと怖い青春物って感じです。
宮部みゆきさんは、今連載中の新聞小説「ブレイブストーリー」がそろそろ完結なので、近いうちに単行本化されると思います。
おもしろいですよ。
    • good
    • 0

No.1の方も書かれてますが、<宮部みゆき>さんはいいですよ。


長篇もいいですが、時代物もいいです。こちらは短編集になっているので、
かなり読みやすいと思います。
「本所深川ふしぎ草子」「かまいたち」「幻色江戸ごよみ」等があります。
下記HPは宮部みゆきさんが<大沢在昌>さん<京極夏彦>さんと
作ってらしゃるHPです。3人の著作リストや、最新ニュースなど盛り沢山です。
あと…王道で行くなら<赤川次郎>さんのとかですかね。
いろいろなシリーズ物もありますし…
いかがでしょう?

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/
    • good
    • 0

 こんにちはです。


えっとですね、私的には映画化された「バトル ロワイヤル」作者は忘れてしまいましたが、とても好きです。
 それと、長野まゆみの「夜鳴く鳥は夢を見た」「魚たちの離宮」「天体議会」は少しホラーが入っていていいです。
 文庫本なら、宗田修?の「ぼくたち~シリーズ」かな。
 面白いので、一度読まれて見てはいかがですか?
    • good
    • 0

ちと古いですが



逢坂 剛のものはどれもいけます。怖いです。

「百舌の叫ぶ夜」
「よみがえる百舌」
「幻の翼」
「砕かれた鍵」

いづれも集英社文庫。
    • good
    • 0

宮部みゆきのサスペンスシリーズ


最近では「模倣犯」が最高です。
話の内容はもちろん、状況描写と心理描写は抜群で、まるで映画を見ているようです。
ぜひぜひお勧めしたい一冊です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子猫にレボリューションすることについて。

生後1ヶ月ほどの子猫を保護しました。
レボリューションをしてもらって大丈夫でしょうか?
というか、ある病院で、レボリューションをしてもらったあと、
子猫が下痢。
3日目になった今日になってうんちは普通に戻りましたが、
少し嘔吐のあと、ぐったり、してしまいました。
離乳食は食べますが、あまり食べないので
少し薄めのミルクを、スポイトで時間をみて与えています。
(獣医指導のもと)


病院を替えてみてもらったところ、
獣医さんによっては、
レボリューションは生後2、3ヶ月からじゃないと強すぎる、とのことでした。
という獣医もいれば、
1ヶ月でもokだという獣医もいます。


レボリューション後、3日目になります。
本日も病院にいってきました。
子猫に詳しい方、教えてください。


あと、子猫を保護してから
気をつけていくことなど、なんでもいいのでご教授ください。

Aベストアンサー

>生後1ヶ月ほどの子猫を保護、、、との事ですが、ひょっとすると1ヶ月も経っていない幼猫だったかも知れないですね
レボリューションは最低6週を過ぎてからと行きつけの獣医さんも言ってました。
1ヶ月なら普通はまだまだ母猫の乳を飲んでいる時期ですので薬の刺激が強かったんでしょう
下痢も治まったと言う事で、もう大丈夫だと思いますよ。
それとこれからは獣医も行きつけを決めた方が良いでしょうね
暫くは子猫特有の可愛い時期が続きます
本当は1ヶ月では母猫から離すのは早すぎですので、大変でしょうがこまめに様子を見ながらかまって上げて下さい。
せっかくレボリューションを投与されたのですから出来る限り外に出ない様に注意し家猫として家族同様に大事に育てて上げて下さいね。

Q金城一紀さんの作品がスキな方へ…

金城一紀さんの作品がスキな方!!
レボリューションNO.3、GO、対話篇、フライ・ダディ・フライ・・・すべて読みました。
そこで、金城一紀さんの作品がスキなわたしが、楽しめそうな作品があれば教えて下さい!!

あと、対話篇映画化について知っている事があればそちらも教えて下さい。

Aベストアンサー

金城さんの本は全て読んでます。
本は大好きで色んなジャンル読みますが
金城さんのはさらっと読めてけど熱いものが
あって好きです。対話篇も他の作品とはまた
違った金城さんワールドを感じられて良かった!
ちょっと前なんですが表紙に魅かれて手に取った
作品なんですがコレがめちゃくちゃヒット!
すごい面白かった。
金城さんの作品みたくバカで熱くって・・・
最後のオチもすごいおもろかったです!
この人はまだ新人さんなんで他の作品は世に
出てない様なんですよ。
でたら即購入したいですねぇ。

川上亮 「ラブ☆アタック」角川書店¥980
かな~りおもろいです。NEXT賞受賞作品で
帯にそう書いてあります。黄色い表紙です。
おすすめです!

Qレボリューションをしたばかりの猫を噛んでしまったら

こんにちは。
質問させて頂きます。

我が家では二匹の猫を飼っています。
今日、その二匹の猫にレボリューションを点薬したのですが、その直後に二匹が喧嘩をして、
一匹が、もう一匹のちょうどレボリューションをしてまだ濡れている箇所に噛みついてしまいました。

レボリューションの毒性というのは、どの程度のものなのでしょうか?
病院に連れて行った方が良いのか、様子を見ても大丈夫なものか、判断に迷っております。
お知恵を貸していただけますと幸いです。

Aベストアンサー

レボリューションは獣医師さんが滴下と思いますので、体重に見あった適正量使用と前提します。


お調べになったかと思いますが、レボリューションの主たる成分がセラメクチンです。

セラメクチンの副作用に関して、製薬会社も病院も安全性を謳っていますけど、フロントラインシリーズより後発ゆえ、特定数サンプルと経年のエビデンスがありませんから、判定は5年10年の実績を待たないと出ないと思います。

主戦力のフロントラインシリーズも、実際には脱毛や皮膚炎、被毛変色などの副作用があります。

臨床現場において、オーナーさんに
「副作用はあります」とは言わないでしょうから。


そうしますと、滴下薬を投与するメリットデメリットは、飼育者さん各々が現在の飼育環境を鑑みて、必要なら使用する・不安なら使用しない、どちらかの選択になります。


確率としまして、猫同士の喧嘩に依る咬傷>滴下薬の副作用
の観察とケアかもしれません。

が、確率は、たとえば100回目の1回、100回目の100回は誰にもわかりませんので、大丈夫とも大丈夫じゃないとも申せません。

私でしたら、の場合ですが、

滴下薬に依る副作用の観察と、

咬傷がありましたら、程度に依り診察
(重篤なら処置)
を取ります。

猫の皮膚はたいへんセンシティブですので、膿が出る
熱を帯びる
食欲不振・廃絶

その他異変が見られたら、直ちに診察を受けます。

猫の傷は、小さくて膿が出ているのが実は深刻なこともありますので、傷口の状態と体調変化を抜かりなく観察→異変が見られたら即行動、が大切と思います。


もうひとつ、二匹の猫ちゃんは、普段から噛み合うのか、噛む程度はどれくらいか、普段の関係はどうか、生活環境はどうか、飼育者さんのメンタル・フィジカル面のケアはどうか、
など、ひとつひとつチェックすることも大切かと思います。

今回のことに限らず、猫ちゃんたちが安寧な暮らしを送れているか、不満はないか、
といった、クオリティ・オブ・ライフの見直しをはかること、俯瞰で見てあげることが、
滴下薬と噛みつきだけでない、これからの暮らしの向上にきっと役立つものと思います。

猫ちゃんたちの幸せな生涯をお祈りいたします^^

レボリューションは獣医師さんが滴下と思いますので、体重に見あった適正量使用と前提します。


お調べになったかと思いますが、レボリューションの主たる成分がセラメクチンです。

セラメクチンの副作用に関して、製薬会社も病院も安全性を謳っていますけど、フロントラインシリーズより後発ゆえ、特定数サンプルと経年のエビデンスがありませんから、判定は5年10年の実績を待たないと出ないと思います。

主戦力のフロントラインシリーズも、実際には脱毛や皮膚炎、被毛変色などの副作用があります。
...続きを読む

Q金城一紀さんの『対話篇』で

思い出せないことがあります。

金城一紀さんの『対話篇』の「永遠の円環」で、殺すのに使った、あるいは使ったと思われる道具って何でしたか?

話の内容もうろ覚えで、本当に殺されたかどうかも覚えてませんが、確か凶器となったものをにおわせるような記述があった気がします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。確認しました。

殺し屋Kは、主人公の指紋のついた法学部の基本書で教授を撲殺したことを明かしていました。
遠心力と反発力を使ったとのことです。

Q株式会社レボリューションってどんな会社?

不動産に関する広告の仕事をしています。
マンション販売の手法や企画について調べていたら、
株式会社レボリューションという会社の
ホームページにたどり着きました。
http://www.revolution-real.co.jp/
どうやら、マンションの住戸の1部を
あらかじめ賃貸に出す前提で、
その賃料を販売価格の一部に充てて
コストを下げる、というのが
新しいシステムだ、ということのようですが、
これって、違法性はないのでしょうか?
また、このほかにも「特許出願中」とか
「平均年齢27歳の若い会社で」
「2000年創業時より業績が急増」
など、どうも怪しい部分も臭ってくるのですが…
どなたか、少しでも情報をお持ちの方、
おしえていただけないでしょうか…

Aベストアンサー

ノーコメント・・・・・
レボリューション関係者も見ていますよ。
関係者はどのような回答をするでしょうかね。

企業名での質問は慎んだほうがよろしいのでは・・・・

Q学生時代に読んだ本、読んでおきたい本

ただいま大学1年なのですが、どんな本を読んでおいた方がいいですか?おすすめできる本がありましたら、教えてください。
ちなみに、この3ヵ月で読んだのは「国家の品格」「博士の愛した数式」「風の男 白洲次郎」で、あまり長い本は苦手で、読むスピードは遅い方だと思います。

Aベストアンサー

「大国の興亡」ポール・ケネデイ
「文明の衝突」サミュエル・ハンチトン
「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイヤモンド
どれも、分厚い本です。
私は、これらの本をおすすめしますが?
要らんお節介かも知れませんし、他の人はどんな本が良いか尋ねてみたいと質問されたこととは思いますが、大学生になれば自分で読みたい本を探すべきです。
新聞の本の広告とか、新聞の書評とかをみる。本屋に行って何か面白そうな本はないか探してみるべきだと思いますよ。

Q猫の寄生虫について

捨てられていた子猫を飼っています。
拾ってきてすぐはノミが沢山いたので、ファイザー社のrevolutionという薬を8月1日に使用しました。現在はノミの成虫は全く見付からないのですが、猫がベッドの上で遊んだ後にゴマ粒大(2,3mm)の褐色の楕円系の乾燥した物体が落ちていることがあります。また、ここ数日で、猫の足に白いヒルのような生き物(伸びたり縮んだりする)がついているのを2度ほど見つけました。インターネットで調べたところ、似たような虫としてノミの幼虫があるようですが、画像を見た限りではボウフラのような形状でウチの猫ちゃんについていたものとは少し違うようにも見えます。猫の寄生虫で何か他に考えられるモノはありますでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

うりざね条虫とか言う奴ではないでしょうか。うちも最初、米粒か?そしてウンチした時に白いウジのようなものが・・。医者に行って虫下しで直りましたが、なんでもノミと関係があるようです。ちなみに虫下しを飲ませると下痢便で大変です^^;それよりも虫が何十センチにも繋がって出てきた時にはたまげました。ネットで調べてみればいろいろ出ますので調べて見て下さい。また早く医者に行って下さい。

Q最近読んだ本 2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

最近読んだ本

2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

Aベストアンサー

『君の膵臓をたべたい』 住野よる
『朝が来る』 辻村深月
「羊と鋼の森」宮下奈都

Q猫のワクチンと血液検査について教えてください。

猫のワクチンと血液検査について教えてください。

我が家の、完全室内外の猫のことです。
猫カテゴリーで、猫飼育をしている方にお聞きしたいのですが、
ワクチンは毎年したほうがいいですか?
あと、血液検査は年に1回、それとも2回すべきでしょうか。
あと、フロントライン、またはレボリューションは毎月?
あと、猫にもフィラリア予防のレボリューションは必要でしょうか?

犬が好きな友人知人が多く、猫飼育をしている知人がいないので
みなさんどうしているか教えてください。

Aベストアンサー

うちの子も完全室内飼ですが、3種混合ワクチンを年1回受けています。
3種混合ワクチンは

1.猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)
2.猫カリシウイルス感染症(FCI)
3.猫汎白血球減少症(FPL)

です。外猫の場合はこれに

4.猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
5.クラミジア感染症

が加わり5種になります。
血液検査は私は、念のためワクチン接種の時に一緒にしています。

>フロントライン、またはレボリューションは毎月
>猫にもフィラリア予防のレボリューションは必要でしょうか

はしていません。ダニ等が見つからない場合はしない方がいいと思います。
家の猫は一度フロントラインをしたところ具合が悪くなり以後していません。

フィラリア予防は発生地域が多いところはした方がいいみたいですが、私はしていません。
動物病院の先生と相談して下さい。

Q何かの本で読んだ「知り合いの知り合いの知り合い」で日本人口をカバーできるという話

昔、何かの本でこういう話を読みました。

一人の人間は500人くらいの知り合いを持つ。
すると「知り合いの知り合いの知り合い」」が1億2500万人になり、ほぼ日本人口に届くことになる。
実際、稚内市でスカウトした老婆と、大阪駅前でスカウトした大学生をつなげてみるという実験をしてみた結果、3人でつなげることはできなかたが、7人くらいでつなげることができた。

(1)この話の載っている本を探しています。
(2)本がわからないまでも、この稚内と大阪をつなげる実験について何かご存じなら教えてください。

Aベストアンサー

日本のその話は知らないけど
似た有名な話に「six degrees」ってのがあって

六次の隔たり-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E6%AC%A1%E3%81%AE%E9%9A%94%E3%81%9F%E3%82%8A
という項目で解説されている。

蛇足だが、一時期Microsoftから3 degreesというメッセンジャーがリリースされたこともあります


人気Q&Aランキング