コーヒーに含まれる成分クロロゲン酸の
細胞毒性、酸化ストレスなどについて
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以下のサイトに


==============================================コーヒーをたくさん飲む人はパーキンソン病になりにくいという研究結果が発表されました。ホノルル復員軍人医療センターのウエブスター・ロス博士らは、ハワイの約8000人の日系人男性を対象に研究。コーヒーを飲まない人は、大きめのカップ(170ミリリットル)で毎日5杯前後飲む人よりパーキンソン病になる可能性が5倍高く、小さめのカップ(114ミリリットル)で毎日1~4杯飲む人と比べても2、3倍高いという結果が出ました。
=============================================
クロロゲン酸なのかカフェインなのかそれ以外の物質なのか分かりませんが・・・?
クロロゲン酸も神経細胞への影響はあるかもしれませんね

----------------------------------------------
http://chem.sis.nlm.nih.gov/chemidplus/detail_fr …
287件Hitしましたが、この中にありますでしょうか?
このサイトが表示できなければ、
http://chem.sis.nlm.nih.gov/chemidplus/
このサイトで「chlorogenic acid」を入れて検索→
「TOXLINE」をクリックすると表示されます。

ご参考まで。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/oring/clip_esn/clip000 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの情報をありがとうございます。
参考になる情報がたくさん見つかりました。
なんとか頑張ってみます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ご存知でしょうが、参考URLのサイトで「コーヒーの科学」で検索すると、


================================================
1.コーヒーの科学 / 科学技術教育協会出版部編<コーヒー ノ カガク>. -- (BA4
0390797)
東京 : 科学技術教育協会, 1988.9
112p ; 30cm. -- (生活の科学シリーズ ; 22)
================================================
2.コーヒーの功罪 有害成分をこうして除去すれば長寿健康飲料となる  大里林造∥著
出版地 :東京
出版者 :文芸社
出版年月:1997.3
資料形態:181p  18cm  850円
件名  : コーヒー
内容  : 参考文献:p181
ISBN:4887370075
この参考文献中には?
3.珈琲の事典 Coffee book
出版地 :東京
出版者 :成美堂出版
出版年月:1995.12
資料形態:176p  21cm  1300円
注記  : 監修:伊藤博
件名  : コーヒー
ISBN:4415083315
4.コーヒー事典  伊藤博∥著
出版地 :大阪
出版者 :保育社
出版年月:1994.12
資料形態:152p  15cm  700円
シリーズ名: カラーブックス  869  
件名  : コーヒー―辞書
ISBN:4586508698
5.珈琲大百科 つい人に話したくなるコーヒー雑学の集大成  諸岡博熊∥著
出版地 :東京
出版者 :いなほ書房
出版年月:1993.5
資料形態:244p  19cm  1300円
注記  : 発売:星雲社
件名  : コーヒー
ISBN:4795262780
---------------------------------------------
http://www2.plala.or.jp/yoshidaya/coffee/coffee0 …
(「健康飲料なのだ!コーヒーその薬用効果」)
このページから
「国際コーヒー科学会議」が開催されているようで、このAbst.が閲覧できれば・・・?
---------------------------------------------
http://www.andescoffee.com/news/news.htm
最悪(?)このページに記載されている教授にコンタクトを取られては・・・?
--------------------------------------------
http://www.imaginet.ne.jp/~tambe/coffee/Chloroge …
(クロロゲン酸類の性質 )
=================================
タンニン同様に ラジカルスカベンジャー作用 も持っていること、 中枢神経興奮作用 を持つなどの報告もあります。他にも最近の研究ではクロロゲン酸類の中のイソクロロゲン酸類については、エイズウイルスの細胞遺伝子への組み込みを阻害する働きがあることが報告されています。非常に興味深い作用ではありますが、残念ながらコーヒーに多く含まれるクロロゲン酸そのものにはこの作用はほとんどありません。またコーヒー中のイソクロロゲン酸類の含量は決して多くありませんし、イソクロロゲン酸の作用自体、実際に実用できるほど強力ではないようです。
=========================
どのようなCellに対するCytotoxicityを調査されているのか分かりませんが、少なくとも神経細胞(?)・HIV感染細胞(?)、それから当然Tumor Cellや血管内皮細胞(?)にもあるのでしょう?
-----------------------------------------------
イギリスのコーヒー科学情報センター
http://www.ico.org/index.htm
(World Coffee Conference)
少し見た範囲では「クロロゲン酸」の記載はないよう・・・?
-----------------------------------------------
http://chemistry.about.com/science/chemistry/lib …
このサイトへアクセス出来なければ、補足して下さい。





 

参考URL:http://webcat.nacsis.ac.jp/
    • good
    • 0

再追加除法です。


クロロゲン酸ではなく、広義の意味でポリフェノールで検索すると、
1.Tsutomu Nakayama and Kei Hashimoto.: Physicochemical properties determining antioxidative activities of plant polyphenols under physiological conditions. American Chemical Society 213th meeting (San Francisco, USA) 1997年4月
2.池野あゆみ, 橋本啓, 中山勉, 清水誠: 腸管上皮培養細胞株Caco-2を用いた植物ポリフェノールによる細胞毒性の検討. 日本農芸化学会1997年度大会(東京) 1997年4月

これらの文献中の図表に「クロロゲン酸」の記載はないでしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これらの論文を書いた方々のページへ行ってみましたが、
文献を見ることは出来ませんでした。
細胞に対する毒性試験は個々の細胞によって違うので、
参考になるデータがあればと思います。
適切なアドバイスありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

追加情報です。


1.Genotoxicity of instant coffee and of some phenolic compounds present in coffee upon nitrosation.
Teratog Carcinog Mutagen. 2000;20(4):241-9.

医学系のサイトですが、参考URLでキーワード検索されてはどうでしょうか?
←「Dialog」等の有料検索サイトが使えれば良いのですが・・・。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼


新しい文献情報をありがとうございます。
Pub Medで調べてアブストラクト読みました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

以下のサイトが参考になります。


まず、「クロロゲン酸」について、http://www.imaginet.ne.jp/~tambe/coffee/Chloroge …
(タンニン(tannins)とクロロゲン酸類(chlorogenic acids))
植物生理(?)に関連して、
1.http://www.morning-glory.org/workshop/abstract.h …
(アサガオの花成研究の現状)
=============================================
アサガオはストレスによっても花成が誘導される。このときクロロゲン酸を始めとしたフェニルプロパノイドの子葉内含量が高まることが明らかにされてきた。光周的花成ルートとどこで合流するかは不明だが、この代謝系に関係する物質が花成を誘導するかどうかが関心をひいてきた。しかし、フェニルプロパノイドは花成には直接関係しないようだ。同じ代謝系から派生するサリチル酸の関与が考えられている。
==============================================
ヒトでの薬理作用等については、
2.http://www1.ocn.ne.jp/~amiyacon/18seibunnyakurit …
(ヤーコン(イモ及び葉)の化学成分と薬理作用)
毒性;
3.http://nouyaku.net/tishiki/SIRYOU/siritai1.html
(天然発ガン性物質と農薬)
動物(種不明)での発ガン性は
クロロゲン酸 21600 (ppm)
との記載があります。
4.http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1576/cance …
(ファイトケミカルが癌を治療する)
==============================================
ミネソタ大学の疫学者ジョンポッター博士は、ニューズウィーク誌で「腫瘍が大きくなるほとんどの進行過程で、ファイトケミカルはその進行を遅らせたり阻止したりする働きを持っている」と述べています。また、コーネル大学のジョセフホチキス博士は、ファイトケミカル、クマリン酸、およびクロロゲン酸は多くの腫瘍の原因となる物質を取り除く働きがあると述べました。
==============================================
直接的な回答ではありませんが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にして文献をさがしてみます!

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日テレビで磯釣り中、青物が見えたので急遽ミノーを投げてヒラマサやヒラ

先日テレビで磯釣り中、青物が見えたので急遽ミノーを投げてヒラマサやヒラスズキを釣っていました。ダダ引きで首を振るようなルアーを使っていました。
自分は青物(ナブラ)が見えた場合はジグを投げるものだと思っていたのですが、どっちが釣れる確立は多いでしょうか。使い分けを教えてください。またルアーの場合、シーバス用ではダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

ミノーはラパラよりも最近の細身のリップの小さいミノーの方が高速に引きやすく
ほとんどが重心移動システムですから飛距離もラパラよりずっと出ます。

ラパラはシーバスのようにスローリトリーブなら引き抵抗もさほどありませんが
昔ながらの大きなリップですからファーストリトリーブするとかなり引き抵抗があって疲れます。
アクションも昔からのウィグリングアクション(規則的に尻を左右に激しく振る)で
最近のミノーのウォブリングアクション(左右の動きにロールをプラス)の方がボディや
リフレクターの反射が不規則に反射して魚へのアピール力は高いですね。

ダイワのショアラインシャイナーR50ロングディスタンス、ジャクソンアスリートミノースリム
DUELのハードコアミノーF11など12cmから15cm位のフローティングでもシンキングでもいいですが
2フックモデルがより大型フックが付いているので買うなら必ず2フックで。
3フックは一走りでフックが開いてバレる可能性もあります。

アクションは速めのタダ巻きでもいいですし、途中にトゥイッチを入れながらのファーストリトリーブでいいですね。
ポッパーは巻きながらティップを下に強めにアクションすると派手なスプラッシュをしますから
速めに巻きながら連続ポッピングしてきます。
ペンシルはティップを下にして小刻みにトゥイッチしながらファーストリトリーブすると左右に
激しく水を押しながら時々潜ったりして泡をはらんだりして強力にアピールします。

でも青物に関してはグレ釣りシーズンよりも今時期のエギングなどで地磯や潮通しのいい波止などで
遭遇するチャンスが大きいので、私は青物が湧きやすい場所はエギングタックルと青物タックル
(と言ってもラブラックス86ML)の2セットを持って釣場に入ることがあります。
青物用はキープしないのでバーブレスで即リリース出来るようにしています。

ミノーはラパラよりも最近の細身のリップの小さいミノーの方が高速に引きやすく
ほとんどが重心移動システムですから飛距離もラパラよりずっと出ます。

ラパラはシーバスのようにスローリトリーブなら引き抵抗もさほどありませんが
昔ながらの大きなリップですからファーストリトリーブするとかなり引き抵抗があって疲れます。
アクションも昔からのウィグリングアクション(規則的に尻を左右に激しく振る)で
最近のミノーのウォブリングアクション(左右の動きにロールをプラス)の方がボディや
リフレクターの...続きを読む

Qリノール酸とアラキドン酸の酸化されやすさについて

酸化されやすい脂肪酸は二重結合を複数有する多価不飽和脂肪酸だと認識しています。
例えばリノール酸とアラキドン酸の酸化されやすさを比較した場合、
リノール酸の二重結合は2つ、アラキドン酸の二重結合は4つなので
アラキドン酸のほうが酸化されやすいと思います。
私の考え方は正しいでしょうか。
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

「どちらの過酸化物が生成しやすいか」という意味では、アラキドン酸という結論で間違いないと思います。

ただ、アラキドン酸の二重結合4つは、全て共役しているわけではなく、2つの共役系に分割していますので、その一方の共役系(リノール酸とアラキドン酸が共通して持つn-6系部分の二重結合)部分の「化学的な酸化されやすさ」という意味では、殆ど差がないと考えられます。
一方、この二重結合が、4つ全て共役していたり、カルボキシル基と共役したりした場合は、事情が変わってきます。

上でいう「アラキドン酸の方が酸化されやすい」とは、あくまで共役系が2箇所あることによる、「確率的な酸化されやすさ」のお話になります。
この点を押さえずに「二重結合の数」のみに注目してしまうと、必ずしも「考え方として正しい」とは言えないのではないでしょうか。


なお、「多価不飽和脂肪酸」との呼称自体は、脂質を扱う世界では普通に使われている用語のようです。

http://www.nisshin-oillio.com/health/power/power06.html

「どちらの過酸化物が生成しやすいか」という意味では、アラキドン酸という結論で間違いないと思います。

ただ、アラキドン酸の二重結合4つは、全て共役しているわけではなく、2つの共役系に分割していますので、その一方の共役系(リノール酸とアラキドン酸が共通して持つn-6系部分の二重結合)部分の「化学的な酸化されやすさ」という意味では、殆ど差がないと考えられます。
一方、この二重結合が、4つ全て共役していたり、カルボキシル基と共役したりした場合は、事情が変わってきます。

上でいう「アラ...続きを読む

Q漁業に置ける磯の役割。

漁業に置ける磯の役割が分かりません。
干潟、磯の漁業に置ける役割について調べているのですが、磯の方の役割が今一歩分かりません。
干潟は海の浄化作用や、魚の稚魚や卵が育つための場を持っていると考えたのですが、磯の方は、磯自体が漁場であると言う意外の漁業に置ける役割が見つけられず、困っております。
磯と調べるとどうしても磯釣りが上にきてしまうので、検索が難しく、見つけられませんでした。
よろしければ、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

浜も磯もそこで生活する独特の生物がいます。例えば浜でタコやアワビは捕れません,磯でキスは釣れません。それらの生物の卵から成体までの生活環(生態系)から考えたらいかがでしようか。産卵場所・稚魚や幼生の生活場所・成体の生活場所等です。

皆さんご指摘のように,浜には浜の藻場(アマモ類を主としたアマモ場)があり,磯には磯の藻場(ホンダワラ類がつくるガラモ場)があります。藻場は,浅い海底での一次生産をささえて藻場生態系として豊かな生物がみられます。藻場は魚介類の稚魚などの産卵・成育場としても重要なのです。藻場生態系の代表的なものはカリフォルニアのジャイアントケルプの林です。詳しくは検索なさってください。

磯焼けのご指摘がありますが,本来浜にはアマモ場があり,磯にはガラモ場があることが普通でした。しかし,今日では浜も磯も藻場が少なくなりつつあります。最大の一次生産者を失うことが,また産卵・成育場所が無くなることが漁業にどのように影響すると思いますか。

Q細胞培養のトリプシンEDTAの毒性

細胞を剥がすときトリプシンEDTAを使っています。
細胞を剥がしてから細胞数をカウントする工程が多々あるのですが、細胞数を計測している時間(10~多い時で30分)は細胞はトリプシンEDTAに浸かった状態のままになります。

トリプシンEDTAは細胞にとって毒性があると思いますが、何分ぐらいなら細胞をトリプシンEDTAにつけていても大丈夫なのでしょうか。

また細胞を剥がして、少しの間放置しなければならない場合、細胞に負担がかからない何か良い方法はあるのでしょうか。

ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

「トリプシン→カウント→反応停止」ではなく、
「トリプシン→反応停止→カウント」が正しい手順です。

細胞毒性の観点から、トリプシン処理は通常数分で終えるべきです。
十分解離したら、直ちに培地を加えるなどして反応を止めましょう。

>また細胞を剥がして、少しの間放置しなければならない場合、細胞に負担がかからない何か良い方法はあるのでしょうか。

インキュベーションを37Cから室温にすれば負担は減るかと思います。
どちらにしても、最低限の反応に留めることを最優先すべきではないかと思います。

QKEYSTONE(キーストン)のエギの真価は?

先日、ヤフオクで欲しかったエギと、KEYSTONE(キーストン)という名前のエギが抱き合わせで出品されていて
落札したのですが、このキーストンのエギは釣具店でも見た事も使った事も無いので、安物のダメなエギなのか、あまり有名では
ないけど、良いエギなのか、その真価が分かりません。
どなたかご存じの方、教えて下さい。
http://www.keystonebrand.jp/pages/products/egisharp/

Aベストアンサー

個人的には最高のエギですので高価ですが大量に買ってます。

ただ自分は4.5号以上のみですが
7号までラインナップがありカラーも揃っています。

大型のエギを使用しない方からしたらとくに必要ないエギかもしれませんね

Q細胞毒性のない粘度の高い溶媒

タイトルの通りです。
細胞毒性のない粘度の高い溶媒を探しています。
DMEMにグリセリンを混ぜて粘度をあげるとか、そのようなアドバイスでも嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グリセリンが一番定番で使ってます。
あと増粘多糖類、ペクチン、糖類、蜂蜜、海水、ゲル化剤、水あめとか、学部の学生実験で使ってるのは毒性の無くて安いものばっかりです。

Q那珂湊近辺の磯?岩場??でのルアー釣り

那珂湊近辺の沿岸に完全な磯ともいえないような岩場?が続いているのですが、その近辺でルアー釣りは出来ますか?
また出来る場合なにが釣れるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の磯とは那珂湊漁港から日立方面に広がる姥ヶ浦~阿字ヶ浦一帯
の激シャロー磯帯の事でしょうか?
水深が浅いので干潮時に立ちこみをして調査した事があります。

しかし、魚が入って来るのは満潮時ですので危険な磯に様相が一変しま
す。
アイナメ、クジメ、カサゴ、メバルなどの根魚は居ますがサイズがいま
ひとつですね。

大洗漁港脇の磯場の方が足元から水深があるのでアイナメ狙いの時期に
は好ポイントですよ。

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Q磯の生物の観察できるところ

奈良県に住んでいます。
近場で貝やカニ、ウミウシなどの磯に住む生物を観察できるところをお教え願えませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
和歌山方面には色々観察できるところがあります。
折角お出かけになるなら、中紀くらいまで行くと、海もきれいで観察にも適した所が多いと思います。
時期的に海水浴場は閉鎖されているところまあると思いますが問い合わせて見て下さい。
奈良女子大の生物関係の研究のフィールドも和歌山の磯で行っているようです。

和歌山マリーナシティから行ける有田市沖の地の島が良いとの情報もあります。

ウツボやガンガゼなどにお気を付けて楽しんで下さい。(^-^)

ご参考まで

参考URL:http://www.wakayama.go.jp/prefg/060200/ka200107/beach.htm

Q合成ペプチドの細胞毒性

合成ペプチドを細胞にふりかけて実験に使おうと考えています。
その際、合成ペプチドの細胞毒性について教えてください。

各メーカーで合成ペプチドの受注はやっていますが、外注する場合、
精製度90%以上ではないと細胞毒性がでるなどのガイドラインはありますか?またどのメーカーがコストパフォーマンス的にも良いかなど、ありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その合成ペプチドを細胞にふりかける目的によっても意味は異なってくるでしょうが、当然のことながら濃度が高すぎては毒性を持ちます。例えば、カチオン性のpoly-L-lysinやアルギニン配列は、遺伝子デリバリーなどに用いられていますが、高濃度で細胞増殖に影響を及ぼすことが知られています。疎水性の高いものであればより影響が大きいかもしれません。また、特定配列が細胞表層の接着因子やTLRなどに影響することも知られていますし、単に毒性といっても細胞数で見るからには、細胞が破壊、増殖抑制、アポトーシス誘導などいくつかのことを考える必要があるかもしれません。

「精製度」の悪さが少量の塩やアミノ酸の存在を意味するのであれば特に問題はないかと思います。これも当然、質問者様が「精製度」に何を求められるかによると思います。

ガイドラインについては、臨床でもない限り関係ないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報