経営についての質問です。
連結決算とストックオプションについて教えて下さい。

A.(イ)連結決算とはどんなものなのか?
 (ロ)どのような会社が連結決算の対象となるのか?
 (ハ)なぜ「連結決算」をしなければならないのか?
 (ニ)「連結決算」のメリット&デメリットとは?

B.(イ)「ストックオプション」とはどんなものか?     
 (ロ)「ストックオプション制」のメリット&デメリットとは?
 (ハ)現在「ストックオプション制」を採用している会社例

色々検索したのですが、分かりません。
よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

知っている範囲で。



連結決算とは、企業単体でなく、企業グループ全体としての収益性を把握するために用いられ、現在では連結決算が主流です。例えばある企業Aが、自分の財務内容をよく見せるために、そのグループ企業B・Cに対して一時的に費用を乗せるような取引をするなどの粉飾行為が横行していたため、そういう行為を意味なくさせることと、取引が広範に渡っているA単体の財務指標だけを見ても意味がなく、グループ全体の財務内容を把握したいという、投資家のニーズから生まれたものです。
連結決算とはその企業Aがそのグループ企業B・Cの貸借対照表・損益計算書を合算するのですが、その時大まかに言って以下の操作がなされます。

・グループ内取引(AからBへの売上、貸し出しなど)は、ダブルカウントを
 防ぐため相殺される。
・Aからの出資比率が50%超の場合は完全連結(全額合算)
・Aからの出資比率が20%超50%以下の場合は出資比率で割った金額を合算。
 ただし重要性の原則により連結しなくてもいい場合がある。

メリットはさっき書いたとおり。デメリットは正直よくわかりません。

これは実例なのですが・・・、
以前、わたしがいた会社では、本社での業績をよく見せたいが為に、在庫を無理やり子会社・関連会社に売りつけ、無理やり利益を計上していた会社がありました。当然売りつけられた子会社・関連会社の利益が縮小してしまうのですが、この子会社・関連会社は株式を公開しておらず、本社の粉飾決算が判明しにくくなっていました。社内ではその行為を「出荷促進」と言い、常務クラスからの指示で有無も言わさず出荷していました。期末になると出荷インボイスの改ざんは当たり前で、3月35日(=4月4日)出荷なんてのが、当たり前のように行なわれていました。
でも連結決算導入でほとんど意味がなくなり、連結決算導入年度にいきなり大赤字を経常、今でも浮かび上がってきません。
(会社名を言ってもいいのですが、まあヤバイのでやめておきます)

で、ストックオプションについては経験がないのでごめんなさい。
    • good
    • 0

ストック・オプションとは、企業が、一定の業績が上がったとき等に、役員や従業員に一定の価額で自社の株式を購入する権利を与えておき、役員や従業員が一定期間内にその権利を行使して、企業から株式を購入して、その後に株価が上昇した時に売却すれば、差益を得ることができる制度です。



メリット・デメリットなどの詳細は参考URLをご覧ください。

かなりの企業で実施されています。

参考URL:http://dvl.daiwa.co.jp/kisoinfo/4.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「連結決算」と「ストックオプション」について教えて下さい。

経営についての質問です。
連結決算とストックオプションについて教えて下さい。

A.(イ)連結決算とはどんなものなのか?
 (ロ)どのような会社が連結決算の対象となるのか?
 (ハ)なぜ「連結決算」をしなければならないのか?
 (ニ)「連結決算」のメリット&デメリットとは?

B.(イ)「ストックオプション」とはどんなものか?     
 (ロ)「ストックオプション制」のメリット&デメリットとは?
 (ハ)現在「ストックオプション制」を採用している会社例

色々検索したのですが、分かりません。
よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

知っている範囲で。

連結決算とは、企業単体でなく、企業グループ全体としての収益性を把握するために用いられ、現在では連結決算が主流です。例えばある企業Aが、自分の財務内容をよく見せるために、そのグループ企業B・Cに対して一時的に費用を乗せるような取引をするなどの粉飾行為が横行していたため、そういう行為を意味なくさせることと、取引が広範に渡っているA単体の財務指標だけを見ても意味がなく、グループ全体の財務内容を把握したいという、投資家のニーズから生まれたものです。
連結決算とはその企業Aがそのグループ企業B・Cの貸借対照表・損益計算書を合算するのですが、その時大まかに言って以下の操作がなされます。

・グループ内取引(AからBへの売上、貸し出しなど)は、ダブルカウントを
 防ぐため相殺される。
・Aからの出資比率が50%超の場合は完全連結(全額合算)
・Aからの出資比率が20%超50%以下の場合は出資比率で割った金額を合算。
 ただし重要性の原則により連結しなくてもいい場合がある。

メリットはさっき書いたとおり。デメリットは正直よくわかりません。

これは実例なのですが・・・、
以前、わたしがいた会社では、本社での業績をよく見せたいが為に、在庫を無理やり子会社・関連会社に売りつけ、無理やり利益を計上していた会社がありました。当然売りつけられた子会社・関連会社の利益が縮小してしまうのですが、この子会社・関連会社は株式を公開しておらず、本社の粉飾決算が判明しにくくなっていました。社内ではその行為を「出荷促進」と言い、常務クラスからの指示で有無も言わさず出荷していました。期末になると出荷インボイスの改ざんは当たり前で、3月35日(=4月4日)出荷なんてのが、当たり前のように行なわれていました。
でも連結決算導入でほとんど意味がなくなり、連結決算導入年度にいきなり大赤字を経常、今でも浮かび上がってきません。
(会社名を言ってもいいのですが、まあヤバイのでやめておきます)

で、ストックオプションについては経験がないのでごめんなさい。

知っている範囲で。

連結決算とは、企業単体でなく、企業グループ全体としての収益性を把握するために用いられ、現在では連結決算が主流です。例えばある企業Aが、自分の財務内容をよく見せるために、そのグループ企業B・Cに対して一時的に費用を乗せるような取引をするなどの粉飾行為が横行していたため、そういう行為を意味なくさせることと、取引が広範に渡っているA単体の財務指標だけを見ても意味がなく、グループ全体の財務内容を把握したいという、投資家のニーズから生まれたものです。
連結決算...続きを読む

Q非上場会社、未上場会社の連結決算管理連結制度連結

お世話になっております。
当社は非上場会社でございます。
売上は500億程度です。
連結決算書類作成を義務づけられているわけではございませんが、
連結ベースで、事業部ごとの損益を出す目的で、連結決算をしたいと
考えております。
連結パッケージシステムにより、自動消去仕訳を起こす仕組みも構築
したいと考えております。
この場合、持分法適用会社も子会社同様、資産負債を合算したいと
考えているのですが、問題ないでしょうか?
非上場会社で開示義務がなくても、制度会計ベースで連結財務諸表
を作成し、管理連結に訂正すべきでしょうか?
ご指導のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは経営者の考え方ですね。
子会社が多い場合は当然全体の損益は連結で無いと判断できません。
経営者がそれを重視すれば非上場でも当然それを要求するでしょう。
これは経営判断のやり方の話です。

「持分法適用会社も子会社同様、資産負債を合算したいと
考えているのですが」
これもあなたの会社の目的次第です。
持分法が適用されるのは、重要性が低く正確に計算してもあまり結果は変わらないというよな場合です。

でも理屈では正式の連結をするほうが正しいことは間違いありません、。
実務では短期に連結をする場合の工数などを考慮してあまり小さな相手まではこれに含めないのですが、非上場の場合は締め切りはあまり重要ではありませんから、可能ならばそうしても何の問題もありません。
でも非上場であっても持分法適用方とそうでない会社の区分の基準はある程度はっきりしておいたほうがよいと思います。恣意性は排除したほうが良いですよ。

QIFRS(国際会計基準)について教えてください。IFRSは連結決算が重

IFRS(国際会計基準)について教えてください。IFRSは連結決算が重要と言われています。多くの企業は子会社を持ち、IFRS=連結決算のような考え方をしていますが、IFRS=連結決算 のように理解してよいのでしょうか? また連結決算はハイペリオンを使う会社が多いとも聞きますが、ハイペリオンってどのようなものでしょうか?

初心者で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

IFRSは正確には『国際財務報告基準』です。
財務諸表の外部報告のための様式を定めたものです。
昔はIAS(国際会計基準)と言っていましたが、今はIFRSに変わりました。

世の中のグローバル化の流れを受けて、
企業の資金調達も全世界規模で行われるようになった結果、
財務報告に関しても共通のモノサシが必要になってきました。

今、その共通のモノサシとして、IFRSが採択されようとしています。

既に100カ国以上が採用していて、
まだ採用していない大国は、アメリカと日本くらいです。

世界全体で見たときは、当然『連結先行』という考えになりますので、
巷でも連結、連結と言われています。

金融庁でも、当初『連結先行』といいつつ、
『包括利益の表示』なんかは、単独決算も同じ扱いにしようと思っていましたが、
反対にあって現在は揉めています。

ただ、当然に単独決算も影響を受けていくものと考えられます。

一度、無料のセミナーなどに参加されては如何ですか?
http://cocologaya.cocolog-nifty.com/blog/

ハイペリオンは、昔、会社で導入して使っていました。
一時期、連結決算のために導入する会社が多かったと記憶しています。
連結の相殺消去なんかがビジュアル的に設定でき、当時としては画期的だったのだと思いますが、
今はいろんなERPパッケージもあり、そんなに優位性はないんじゃないですかね。

参考URL:http://cocologaya.cocolog-nifty.com/blog/

IFRSは正確には『国際財務報告基準』です。
財務諸表の外部報告のための様式を定めたものです。
昔はIAS(国際会計基準)と言っていましたが、今はIFRSに変わりました。

世の中のグローバル化の流れを受けて、
企業の資金調達も全世界規模で行われるようになった結果、
財務報告に関しても共通のモノサシが必要になってきました。

今、その共通のモノサシとして、IFRSが採択されようとしています。

既に100カ国以上が採用していて、
まだ採用していない大国は、アメリカと日本くらいです。

...続きを読む

Q連結会計、連結決算につきまして。

連結会計、連結決算につきまして。

お世話になります。
私どもの会社は非上場株式会社です。
連結決算書の作成を義務付られてはおりません。
ただ、グループ全体では営業赤字のため、早急に部門別の連結PLを
作成できるシステムを構築したいと考えております。
グループでは下記のような部門に分けられます。

化学部門
機械部門
医療部門
管理部門
国際部門

関係会社は国内10社、海外5社となっております。
売上高は単体ベースで1500億、連結ベースで2000億です。
営業赤字を脱却すべく、早急に月次単位で、連結PL、連結BSが作成できる仕組を作り上げたいと思っております。
今までは年に1度、決算期に全社単位での連結財務諸表を作成しているだけでした。
ただ、非上場会社ですし、上場会社のような、細かい部分まで正確なものは求めておりません。
あくまで、管理会計目的です。
連結処理にあたっては、資本取引、持分変動取引、連結グループ間取引、未実現損益の連結、持分方の処理、税効果会計、等があると思います。
連結グループ間取引は部門別に自動消去仕訳を作成するシステムを採用すれば良いと考えております。
資本取引では、
資本金500/子会社株式500
等という前期以前の連結消去仕訳が開始仕訳で自動におきてくれるシステムを採用すればいいのでしょうか?
また、前期の

のれん償却500/のれん500

という仕訳は今期の開始仕訳で

資本剰余金機首残高500/のれん500

というものが自動で起こってくれるシステムにすれば良いのでしょうか?
正直連結を担当して、間がないので、質問自体が検討外れかもしれませんが、会社の赤字の原因を連結ベースで月次単位で見るにはどこまでのどういった連結決算システムを採用するべきかわかりません。
資本取引、持分変動取引、連結グループ間取引、未実現損益の連結、持分方の処理、税効果会計、で必要と考えられるもの、そして、どういった仕訳が自動で起きるシステムを採用すべきかをアドバイスいただきたく。

連結会計、連結決算につきまして。

お世話になります。
私どもの会社は非上場株式会社です。
連結決算書の作成を義務付られてはおりません。
ただ、グループ全体では営業赤字のため、早急に部門別の連結PLを
作成できるシステムを構築したいと考えております。
グループでは下記のような部門に分けられます。

化学部門
機械部門
医療部門
管理部門
国際部門

関係会社は国内10社、海外5社となっております。
売上高は単体ベースで1500億、連結ベースで2000億です。
営業赤字を脱却すべく、早急に月次単位で、連...続きを読む

Aベストアンサー

この企業規模では、ここで一言で説明するのは困難な大きさです。
この規模で仰るような利益管理ができていないというのは、やはりかなりな問題と思います。
システムを検討する前に、企業グループ全体の組織や管理体制からかかるべきではないでしょうか。

前提となる管理組織がいい加減であると、どのような連結制度を作っても連結システムを導入しても信頼できるデータは得られません。

これは一経理や会計担当者の努力ではなくて、経営者が率先して引っ張る全社的プロジェクトです。

大前提として、経営トップは何をもって管理の指標としているのかがはっきりしないと、役に立つ仕組みにはなりません。
私は今まで主として経理部門とシステム部門で数社を経験しました。その体験ではシステムというものはトップの必要に会わせて作るものある、トップの管理ポイントが違うとそれに合わせたシステムが必要となるということです。
一担当者が有用なデータを作っても経営者が関心を持たないとそのシステムは早急に忘れられます。

「早急に部門別の連結PLを作成できるシステムを構築したいと考えております。」

これを社内のどなたが要求されているのかが問題ですが、一部門の努力では難しいということをまず考えるのが先だと思います。

この企業規模では、ここで一言で説明するのは困難な大きさです。
この規模で仰るような利益管理ができていないというのは、やはりかなりな問題と思います。
システムを検討する前に、企業グループ全体の組織や管理体制からかかるべきではないでしょうか。

前提となる管理組織がいい加減であると、どのような連結制度を作っても連結システムを導入しても信頼できるデータは得られません。

これは一経理や会計担当者の努力ではなくて、経営者が率先して引っ張る全社的プロジェクトです。

大前提として、経営トッ...続きを読む

Q連結決算について

例えばYAHOOファイナンスの東芝の連結決算推移です↓。
http://profile.yahoo.co.jp/consolidate/6502

連結決算の「前期」と「2期前」と「3期前」とありますが「今期」はどこで見れるのでしょうか?、「今期」は「前期」なのでしょうか?。
また連結決算の「今期」と中間決算はまったくの別物なのでしょうか?。
ものすごく初歩名質問なのかもしれませんが無知な私に教えてください。

Aベストアンサー

>YAHOOファイナンスの東芝の連結決算推移

見ましたが、これには『今季』は載っていないようです。

『前期』は2010年4月から2011年3月の実績を言い、
『今季』は2011年4月から2012年3月の予想(計画)を言います。

『中間決算』は2011年4月から9月(上半期)を言います。
つまり『今季』の前半です。

基本的に決算(3月が本決算の場合)は、

4~6月 第1四半期決算
7~9月 第2四半期決算

4~9月 上半期決算(中間決算とも言う)

10~12月 第3四半期決算
1~3月 第4四半期決算

10~3月下半期決算

4~3月 本決算(通期決算とも言う) です。

『今季』は証券会社に口座をお持ちなら、普通に見れます。
各決算発表は、例えば第1四半期なら7月中旬というように、
1~1ケ月半後くらいに発表されます。

Qのれんについてお教え願います。連結決算連結会計。

お世話になります。

下記例題についての連結消去仕訳の回答を見ても理解できません。

資本金3000円のS社の発行株式100%を、P社が3500円で取得した。

もともとある仕訳は
S社で
子会社株式3500/当預3500

P社で
当預3500/資本金3500

であると私は考えており、

上記を消去仕訳して
資本金3500/子会社株式3500

にどうしてならないのでしょうか?

解答を見てみると
資本金3000/子会社株式3500
のれん500

となっております。
私の悪い頭でも理解できるように、消去仕訳以前の元の仕訳からご説明いただきたく。
どうぞよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

資本金3000円のS社の発行株式100%を、P社が3500円で取得した。

→この場合、P社が3500円を支払った先はS社ではありません。S社の株式を保有していた株主に対して支払ったのです。

牛を売り買いするときに、そのお金は元の飼主に対して支払うもので、牛自身には支払いません。これと同じことです。

Q子会社以外の会社を連結決算する「持分法」とはなんですか?

子会社以外の会社で50%以下の株式しか所有していない会社に対してでも連結決算できる「持分法」とはどんな物でしょうか?
「議決権のある株式の所有割合の会社に対して、純資産の価値と投下した保有株式の価格との比較を毎期行うことを行います」とここで答えて貰ったのですが、意味が理解できません。
ある会社の株式を所有していると50%を超えなくても所有割合に応じて
「連結決算する」と言えばできると言う事を意味するのでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前の質問にも答えましたが
今まで連結決算をしたことがないのでしょうか?
持分法は連結決算を行っていないと行えない処理ですので
このような質問をしている時点で持分法は適用できないかと推測します

単純に持分法を説明すると持分法適用会社の利益に持分割合を乗じた額を
持分法利益としてPLに取り込む処理で単体決算では認められない処理です
仕訳は
(関係会社株式)/(持分法による投資利益)
となりますがこの処理を単体決算で行うとただの粉飾決算です

ちなみに会社法444条は会計監査人設置会社なら連結計算書類を作成することができる
としてますので会計監査人設置会社でなければ連結計算書類は作成できない
ということになると思います
(有報提出会社は別ですが)
任意で作成してもいいでしょうけどただの内部資料です

Q連結会計、連結決算で固定資産をどのように処理すれば良いのかお教え願いま

連結会計、連結決算で固定資産をどのように処理すれば良いのかお教え願います。

お世話になります。
親会社Aで小会社Bに内装工事を依頼いたしました。
親会社Aでは
固定資産100/当預100

小会社Bでは
当預100/関)工事売上 100

となっております。
この時に消去仕訳を

関)工事売上100/固定資産100

といすればよろしいのでしょうか?
減価償却費計上時にその分を毎月消去していくのでしょうか?
頭が混乱しておりますので。耐用年数10年の定額法の場合どのようになるかといった点を
今後の処理を含めご指導のほどよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

連結財務諸表作成のためには、親子会社間の取引が無かったことになるように、修正仕訳を切ります。


つまり、内装工事を行った年度においては、
 関)工事売上 100 / 固定資産 100
になります。


次に、翌期以降の親会社における減価償却についてです。


耐用年数10年で、残存価格0、定額法において、親子会社間の内部取引での親会社の固定資産における減価償却費増加額は10です。

これを修正していきます。

つまり、内装工事を行った年度及び翌期以降の償却期間において、
 減価償却累計額 10 / 減価償却費 10
になります。



固定資産の内部取引では固定資産自体の金額だけではなく、毎期の減価償却費の金額も変動してきます。

この二つをまとめず、別々に修正していきます。

Q非上場会社が連結決算をしている場合、その理由は何でしょうか。

皆さま、教えてください。
上場会社A社、その子会社の一つにB社があり、A社はB社などの子会社や関連会社を含めて連結決算をしています。
子会社Bは非上場会社ですが、B社を親会社とする子会社・関連会社などのB社グループをまとめて連結財務諸表を作成し、親会社A社に対して報告しています。
B社がB社グループをまとめて連結決算する法的な必要性はあるのでしょうか。また、必要ないとしたら、連結決算を行うメリットは何なのでしょうか。
当方まったくの素人であり、よくわからないのでどなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考までに
連結決算書は、改正商法に記載されています。連結特例規定適用会社ですね。
適用される企業かどうかは調べる必要がありますね。
適用会社は、
資本の額が五億円以上、 最終の貸借対照表の負債の部に計上した金額の合計額が二百億円以上
の会社「大会社」ですね。
以下参考に
商法特例法、第一条の二、第十九条の二
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S49/S49HO022.html

商法施行規則第142条~179条 商法特例法附則8条
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14F12001000022.html

Q連結決算の子会社株取得と決算日にかんして

連結会計の勉強をしているのですが、僕の持っている本には、決算日と子会社株取得が3ヶ月以内ならみなし決算でその決算日で連結貸借対照表を作ればいい、みたいなことをかいてあります。

例えば、12月決算の会社が6月に子会社株を取得した場合はどうすればいいのでしょうか?

だれか分る方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうです。論点は2つあります。
まず連結上は、原則として子会社の決算日が親会社の決算日が異なる場合には、親会社の決算日に仮決算を行う必要があるのですが、親会社と子会社の決算日が3ヶ月以内の違いならば、子会社の決算日の決算書を使用しても良いことになっています。
 もうひとつは、子会社株式を取得した場合には、原則として取得日の子会社の決算書を取り込む必要がありますが、実務上そんなことはできないので、取得した日に一番近い子会社の決算日(半期決算含む)の決算書を取り込んでも良いことになっています。ちなみにみなし取得日が期末となる場合にはB/Sのみを取り込むことになります。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報