似ているけど違う、でもどう違うのかわからないものが2つあるのです。
1つは・・・ウィルスとバクテリア どちらもばい菌?
もう1つは・・・ヌートリアとカピバラ どちらもでかいネズミ?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ウイルス:


核酸としてDNAかRNAのいずれかを持ち、タンパク質の外殻で包まれている微生物の一種。
動物・植物・細菌に寄生し、宿主の生合成経路を利用して増殖する。

バクテリア:
細菌全般のこと。

形態や生理的にも違いがありますが、一番の違いは
バクテリアは単体で生きられますが、ウイルスは宿主が無いと生きていけないことです。
感染した場合の治療方法にも違いがあり、ウイルスにはワクチンを使いますが、
バクテリアには抗菌剤を使います。


ヌートリア:
齧歯類・ヌーテリア科の生物で南米の河川に分布しています。
http://homepage1.nifty.com/countrylife/nutoria.htm

カピパラ:
齧歯類最大のネズミで、デカイものは体長1m、体重50kgにもなるそうです。
http://www.aoba.sakura.ne.jp/~momoncyo/zoo/anima …

これと言った違いは「大きさ」ですかね。。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヌートリアもカピバラもボーとしていて怖くはないですけどねずみだと思うと無気味ですよね。
ウィルスにはワクチン、バクテリアには抗菌剤とありますが、抗生物質はどうなのでしょう?また疑問が出てきました。

お礼日時:2001/10/18 05:50

ウィルスはDNAを持っていますが、自ら代謝しないので、「生物」といえない、ということです。

バクテリアはれっきとした「単細胞生物」です。

ぬーとリアは、戦前、日本に輸入されて毛皮が戦闘機パイロットの防寒具につかわれたのが、戦後野生化して、農作物を食い荒らしています。最大の生息地は岡山平野。(捕まえて尻尾を岡山市役所に持っていくと、500円もらえるらしい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 似ているようで違うんですね。これですっきりしました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 12:57

抗生物質:


微生物(細菌、真菌、放線菌)により生産される科学物質で、他の微生物の発育を
抑制し、ひいてはそれらを破壊する。
(青カビから「ペニシリン」等・・)

抗菌剤:
対して、微生物の力を借りずに抗菌力を持った薬剤を合成したモノ。
厳密に言えば「抗菌」って事では「抗生物質」も「抗菌剤」に含まれます。

こういった違いがあります。
目指す役割は同じでも、作られる過程が違うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 炭そ菌、日本は大丈夫なのでしょうかね。あっ、これは質問ではないです。
2回も回答を頂きましてありがとうございました。

お礼日時:2001/10/19 22:56

簡単にいえばヌートリアはカピバラより小さく、毛皮が利用されます。

ヌートリアもカピバラも南米原産。ヌートリアは毛皮用に飼育されていたものが野生化して日本にも生息。カピバラの毛は硬くて利用されないようです。両方とも水に適応した哺乳動物です。

ヌートリア
http://homepage1.nifty.com/countrylife/nutoria.htm

カピバラ
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/1009/h67.html

バクテリア
俗にばい菌とか細菌とかいわれるものでウイルスに較べればはるかに大きな単細胞の微生物の総称です。大きさは0.1~3.0マイクロメートル。必ずしも病気の原因になりません。最古の生命は、バクテリアのような単純な形態のものであっただろうと考えられています

ウイルス
大きさ20~300ナノメートル。他の細胞に寄生して増殖しいろいろな病気を引き起こします。ビールスとも呼ばれます。

マイクロ:百万分の一
ナノ:10億分の一
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ヌートリアとカピバラを2匹並べて見ると違いがわかりやすいかもしれませんね。
でもウィルスとバクテリアは無理でしょうねぇ。あまり見たくないですし。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/18 05:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。

Qハリネズミはモグラなのになんでネズミと名前がついているのですか?

ハリネズミはモグラの仲間だと思ってました。なんでネズミと呼ばれているのですか?

Aベストアンサー

こちらのサイトを参考にして下さい。

参考URL:http://www2.tba.t-com.ne.jp/blue.turtle/zatugaku3.html

Qバクテリアとウィルス

バクテリアとウィルスってどこがどう違うのですか?

Aベストアンサー

バクテリアは基本的に細菌のことで生物です。
ウィルスはタンパク質の殻にDNAやRNAが入っている
生物とも物質とも付かない存在です。細菌には抗生物質
が効果的ですが、ウィルスには抗生剤が全く効きません。
抗ウィルス剤を使用します。又、風邪の原因の大半は
ウィルス性のものです。ではなぜ医師が抗生剤を処方するか?
これは風邪で弱った体が細菌により肺炎を起こすのを防ぐためです。
ウィルスの中にはインフルエンザウィルスがありますが、
細菌の中にはインフルエンザ菌というのも有ります。
インフルエンザを引き起こすのは前者のウィルスです。

Qネズミ捕りにネズミがかからない理由

家の周囲に鼠が出没して生ごみを食べています。生ごみの近くに鼠とりを置いていますが、なかなかかかりません。どういう理由が考えられるでしょうか。結構贅沢な卵焼きなどをつけています。

Aベストアンサー

かご型のネズミ捕りですか?
いつもかじられる餌で良いです。贅沢な玉子焼きなんてゴミの中にないでしょ。彼らに値札は見えません。
最初は蓋が落ちないように針金などで固定して、餌を食べてしまうまで待ちます。
ニ~三日、そうして安心させておいて針金を外す。
置き場所は必ず壁に接触させて置きます。

人の臭いなんて関係ないです。ゴミ袋なんて人のにおいだらけ・・

Q猫と鼠(ネズミ)は、結構顔とか似ている感じがしますね。エトセトラ。

鼻の赤い部分とか、口横に髭が生えているところとか、体勢や走り方等。
(童話で言えば)ズルそうなところも??
同じ哺乳類でも、別ですが、そら似しているところもありますね。
また、猫の座っている体勢や目の形も、蛙と似ていませんか??
雑談カテゴリーとかあれば、そちらでしても良いところですが、まあ気休めとして御聞き下さればと思いましたので。
結構似通ってますよね。
蜂(ハチ)と蠅(ハエ)の関係は、交差してますね。
刺すと言う面では、蜂と虻が共通するのに、虻は、蜂よりは寧ろ、蠅の親戚であるらしいと。
便所蜂は、刺さないそうですけどね。

ザリガニは、名前と、鋏を持つところだけ、蟹と似ていますが、ザリガニは、蟹よりは海老に近い種類だそうですね。匂いも味も、海老そっくりだそうです。食べた事はありませんが…………食べたいとも思いません。はい。

では失礼します。
思う事あればどうぞ。

Aベストアンサー

平行進化の有名な例は、有袋類における、フクロネコ、フクロオオカミ、
フクロモモンガ、フクロアリクイといった相似性です。
共通の祖先から多様化する場合、その「生きる機能の組み合わせ」には、
それほど大きな可能性はない=似た機能分化をすれば、異なる系統でも
類似の形態になる、という事です。
(ただし、環境がビミョーに違うと、乾燥した平原の広がるオーストラリアでは、
ピョンピョン跳ねての移動が有効で、カンガルーという特異性が生じた)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報