私は今、中学校の授業で戦争について調べています。
個人でテーマをたてて調べるのですが、私の調べたい事についての資料があまり無いんです。
私のテーマは、「彼はどうして日本兵になれなかったのか」というものです。ちょっと聞こえが悪いかもしれませんが、私の頭ではせいいっぱいです。具体的に言う
なら、兵になれなっかた人とは周りからどんな目で見られたか というかんじの事
です。戦争が始まったころと終戦まぎわでは状況が違うと思うので、できればいつ
ごろのことかもしりたいです。
31日に発表しなければならないので、よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は30代後半なので実体験はありませんが、子供の頃から大人の話を聞くのが好きだったので、その中で感じたことや、歴史を勉強した中で(歴史も好きです)知った知識をもとに書きたいと思います。



11723さんのテーマは、赤紙(召集令状)による徴兵をうけて検査に不合格した人を指していると思います。

まず、テーマに該当する日本兵についてです。

海軍は船舶に関する技術か必要なため、主に志願兵でしめられていました。戦争末期には海運関係の人が徴兵されていましたが、海軍で戦力になるためには教育に時間がかかるため、そういう人はそんなに多くないはずです。

海軍航空隊についても同様の理由で、志願兵がメインでした。
注)戦前の日本には空軍はありませんでした。ゼロ戦で有名な航空戦力は海軍航空隊といって海軍の一部隊でした。ちなみに陸軍も航空隊を持っていましたが、海軍ほどではありません。

だから11723さんのテーマに該当するのは、陸軍の懲兵になると思います。

ただ、陸軍の徴兵検査を落ちる人はそうそういません。陸軍の徴兵で受かった人は主に歩兵になるため、大した技術がいりません。つまり五体満足なら誰でも受かるのです。

逆に受からない人はと言うと、身体障害者、結核やらい病などの重大な病気を患っている人などです(今では結核やらい病は大した病気ではないですが、当時は人に移る危険な病気として敬遠されていました)。
当時は、身体障害者やそのような病気持ちの人は相当な差別を受けていました。だから、非国民という見方で見られていたというより、社会の邪魔者みたいな差別をされていたと思います。

ちなみに、私の父親は特攻隊に志願して検査を受けましたが、色盲検査で弱色だと分かり検査を落ちました。でも、非国民だと差別されたとは聞きませんでした。

当時は「日本兵になれなかった人」に対する風当たりより、「日本兵になろうとしなかった人」への風当たりのがきつく、非国民として酷い扱いを受けたようです。
聞いた話ですが、母一人子一人の家の、その息子に赤紙が来たそうです。母親は息子を兵隊に出したくなかったので、行方不明と言うことで家の中にかくまっていました。警官(憲兵だったかもしれません)が家に現れ、息子を出せと迫りますが、母親はいないと拒絶します。その時、警官が拳銃を抜いてその家にある樽を撃ち、そのまま立ち去ってしまったそうです。何かで息子が樽の中に隠れているのに気づいたのでしょう、息子は樽の中で死んでいたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になる、お話のご提供ありがとうございました。
やはり、人によって知ってる事は少しずつ違うと思うので、違う意見がもらえて嬉しいです。
本当に感謝いたします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/22 17:03

ANo.#2を答えたDrStrangeloveです。

回答の中に、どうも差別用語らしいのが混じっていたので訂正します。

「色盲検査」は現在は「色覚検査」と言うみたいです。
色盲の読みは「しきもう」と「いろめくら」の2通りがあり、差別用語は「いろめくら」だけだと思っていましたが、「しきもう」も差別用語のようです。
あと「弱色」と書きましたが「色弱」が正解です。これは差別用語ではありません。

中学校の授業で発表するとありましたので、念のために訂正させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。
発表する日もじわじわと近づいてきたので、そのまま発表するところでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/23 19:28

こんにちは。


私も30代ですが、思い出したことを1つ・・・

もう亡くなられましたが、SF作家として活躍された星新一さんが、エッセイで(本の題名は忘れてしまいましたが・・・)、自らの徴兵体験を書いていました。
その本によると、彼は、当時としては珍しく(?)意図的に“徴兵逃れ”をやってのけたということです。
やり方としては、「わざと目を悪くする」・・・特に、鉄砲を打つ時、狙いを定めるのに使う右目の視力を悪くするよう努力した。
「大学で、軍にも役立つと思われる研究に携わる」・・・確か、彼は東大の農学部出身だったと思いますが、「食料増産はお国のために役立つ」ということで、軍からにらまれることもなかったとのことです。

ご参考になりますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!
私の中学には“図書の先生”がいるので、その本のことを、ちょっと聞いてみます。それに、自分でも探してみたいと思います。(インターネットという手もあるじゃないですか!)
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/22 16:56

この手の質問は、当時実際に生きておられた方に回答してもらうのが一番だとは思いますが、あえて私の知っている範囲で回答させていただきます。


ちなみに私は30代です。

兵隊さんになれなかった人は、大きく次の方たちです。
その1 老人、子供、女性
その2 公務員(ただし徴兵・召集された方を除く)
その3 徴兵検査不適格者
その4 民間人でも国策遂行上、重要な職務に就いていた方
その5 学生(ただし、戦争末期には学徒動員あり)
その6 その他徴兵されなかった方 
    以上(更に細かく言えばきりがありません)

当時の兵隊さんにもいろいろな方がいらっしゃいます。
その1 職業軍人
その2 徴兵
その3 志願兵
    以上(更に細かく言えばきりがありません)

さて、ご質問の「周りからどんな目で見られたか」ですが、たぶん11723さんがおっしゃっているのは徴兵検査で不適格になられた方のことを言っているんだと思いますので、それについて回答します。
世間(社会)一般では「非国民」という扱いです。ただ、当時の人たちも人の子ですから、兵隊になれなかった方に対して同情・無関心さては嫉妬・バッシングといった気持ちや行動に出ました。それこそ千差万別です。

そこで世間一般論の「非国民」扱いですが、当時の日本はそれこそ世界(ご自分で勉強なさってください)を相手に戦争をしていました。
それこそ戦争一色だったのです。たった50数年前のことですが現在では想像できませんよね!私も偉そうに言えたものではありませんが・・・
そんな訳ですので、非国民扱いを受けた人たちの中にはひどい扱いを受けた方も大勢いらっしゃいます。

とかく当時の戦争に関する問題は、お話しを聞いた方の主観に偏りがちになりますので、それこそ多くの方から話しを聞いて、ご自身で正しい判断そして知識を身に付けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。本当に助かりました。
「この手の質問は当時実際に生きておられた方に聞くのが一番なのでは?」という鋭いご指摘については確かにそうなのですが、聞いてるときに相手のつらい顔を見たりするとどうしても私が逃げ出してしまうのです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/18 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

Aベストアンサー

米国34代大統領のアイゼンハワーは、それを指摘して
いました。軍産複合体といいまして、
大統領でもどうしようも無いみたいです。

戦争の原因は色々ありますが、現在では資源と領土が
主な原因になっています。

イラク戦争は石油を巡る戦争であったし、パレスチナ問題は
宗教対立のように見えますが、本質は領土問題です。

資源や領土で戦争の火種が起こる。
そこへ、武器商人が政治家に、献金や票で
圧力を掛けると、
戦争になりやすくなる、ということは考えられます。

Qベトナム戦争の黒人兵、貧困兵

ベトナム戦争中に、黒人や貧困人が多く兵隊にかり出されたのは何故ですか?また、戦争を終えた兵士の心理状態などの資料は(できればネット上で)ありませんか?どなたか至急お願いいたします!!!!急いでます

Aベストアンサー

まず、No.3さんも書かれているのですが、当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。
一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた移民の多くも最前線に送られました。まあ、アメリカ人の立場からすれば「よそから来て俺たちと同じ権利をもらいたいなら嫌がる仕事くらい、やれ」というところでしょう。当時アメリカの占領下にあった沖縄の青年の多くがアメリカへの移民を望み、そのために兵役につきました。もちろん戦死者も出ています。

この時代、兵役にまつわる話で有名なのがエルビス・プレスリーとモハメド・アリ(カシアス・クレイ)です。超人気歌手で白人だったプレスリーは兵役につきましたが国内勤務でした。もし彼が危険な任務についたら多くのアメリカ娘がぶったおれてしまいます。
一方、黒人でしかも黒人差別撤廃を求める政治的発言をしていたアリは保守的な白人から憎まれていたので(いやがらせで)ベトナムの最前線に送られる可能性はとても高かったのです。ですから、アリは兵役につくことを拒否してベルトを剥奪されてしまいました。

現在の米軍は志願制ですが、兵役につく代わりに奨学金がもらえる制度があります。現在、この奨学金の利用者が多くイラクやアフガニスタンに派遣されています。奨学金を求める人はやはり貧困層が多いのです。また、イラクの危険な任務の多くが「民間人材会社の傭兵」によって行われています(民間会社の死亡者は戦死者にはカウントされないため)。この傭兵の多くがブルーカラーの貧困層です。他に仕事がないので仕方なく短期間で高額の給与がもらえる傭兵をするのです。しかし、恐ろしいことにこの傭兵は人材会社との契約で負傷や戦死しても一切お金は出ないのです。「イラクで大怪我を負ったが治療費で給与以上かかってしまった」という人が実際にいます。これがイラク戦争の現実なのです。
(註・現在はこの危険な任務はアメリカから外国の人材派遣会社にシフトしつつあるそうです。南アフリカの派遣会社に頼むと「イラク人の車に爆弾が仕掛けられていないか」というめまいがするほど危険な任務をなんと一日一万円程度でやってくれるそうです。深刻な失業率にある南アフリカではこの安月給でも応募者が殺到しているそうです)

まず、No.3さんも書かれているのですが、当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。
一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた...続きを読む

Q戦争末期の中国戦線への武器弾薬の補給について

太平洋戦争末期の中国戦線(日中戦争)への武器弾薬の補給に
ついてですが、戦争末期になると米潜水艦の暗躍により、
商船を安全に送り込む余裕もなかったと思いますが、(最悪略奪すれば・・・な)食料はともかく、戦車や小銃などの武器や弾薬は
どのようにして日本本土から補給してたのでしょうか?
それとも日本海経由である程度終戦まで補給は継続していたのでしょうか?

Aベストアンサー

 太平洋戦争末期ということですが、1944年(昭和19)4月から発起した一号作戦という大作戦時でいえば、それまで中国にある兵器補給廠や貨物廠に貯蔵していた軍需物資がありました。(当時上海の第13軍参謀だった曲寿郎氏の回想による)また、内地からは朝鮮沿岸沿い経由で上海までは海上輸送で補給ができました。つぎに物資を補給する輸送部隊として満洲の関東軍から野戦輸送司令部2、独立自動車大隊7、独立自動車中隊2、独立輜重兵大隊3、独立輜重兵中隊6、野戦自動車廠移動修理班1が編入されています。これ等の部隊はなし得る限りの予備資材や燃料を携行することとされていました。このほかに中国には支那派遣軍野戦造兵廠があり、各種兵器や弾薬の製造を行なっていました。本廠、教育部を南京に設置、支廠を漢口、上海におき、天津と南京に製造所がありました。南京製造所は金稜工廠とよばれていました。

 45年に入ると、門司から釜山までの海上ルートにせばまり、しかも人のみとなり釜山からいったん満洲に入り兵器や軍馬、車輌を受領して鉄道で中国へ輸送されるのが主となりました。というのも満洲には1941年7月に行なわれた軍需動員(関特演)による蓄積があったためで、このころになると日本本土防衛のために満洲から部隊や軍需品が内地へ逆輸送されるようになっていました。

 太平洋戦争末期ということですが、1944年(昭和19)4月から発起した一号作戦という大作戦時でいえば、それまで中国にある兵器補給廠や貨物廠に貯蔵していた軍需物資がありました。(当時上海の第13軍参謀だった曲寿郎氏の回想による)また、内地からは朝鮮沿岸沿い経由で上海までは海上輸送で補給ができました。つぎに物資を補給する輸送部隊として満洲の関東軍から野戦輸送司令部2、独立自動車大隊7、独立自動車中隊2、独立輜重兵大隊3、独立輜重兵中隊6、野戦自動車廠移動修理班1が編入されてい...続きを読む

Q大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について

大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について
戦争映画が好きで、よく第二次世界大戦のものを見ます。
最近wowwowでThe pacific(太平洋戦線)やband of brothers(ヨーロッパ戦線)等、第二次世界大戦のドラマや映画が放送されています。
それで、日本兵の描写について少し気になるのですが・・・
日本兵が大声を上げ、九九式短小銃を構えて私を撃ってくださいといわんばかりに敵めがけて突進していくのですが、アメリカ兵に射撃されてしまいます。
うまく説明できないのですが、戦時中本当に日本兵はこのような戦い方をしていたのでしょうか?
万歳突撃等が有名ですが、あまりにも自殺行為な気がしてなりません。
アメリカ海兵隊のような感じではないですよね
銃撃シーンもありましたが、部隊が全滅後にに上記のような感じです(万歳突撃でしょうか)
お国を守ってくれた英霊についてよく知りたいと思い質問しました。
わかりにくい質問かと思いますが、当時の日本兵の戦い方、戦術、環境などを教えていただければ、と思っています。
そこら辺詳しくお願いします!

Aベストアンサー

現代人の目から見ると狂気の沙汰としか思えないバンザイ突撃ですが、当時の日本軍が置かれた状況から考える必要があります。当時の日本軍は、中国で国民党軍と共産党軍と戦争していたわけですが、これらの相手というのが「突撃すればなんとかなった」相手だったのです。
機動力を重視した共産党軍には重火器はほとんどありませんでしたし、国民党軍も然り。さらに共産党軍は毛戦略により日本軍との正面決戦は避けていたので、日本軍が突撃するとなんだかんだいっても結局相手が共産党軍であれ国民党軍であれ、撤退してくれたのです。だから、知らず知らずのうちに日本軍の中で「突撃すりゃなんとかなる」というノウハウが積み上がってしまったのです。

それが甘い考えだったと思い知ることになったのがノモンハン事変を始めとするソ連軍との国境紛争でした。一般的に、ノモンハンの敗戦は「現場部隊がフヌケだった」ということで総括されてしまったといわれていますが、実は日本軍とてバカじゃないのでちゃんとそれはそれで調査はしました。しかし、その結論というのが絶望的なものだったのです。
どういうことかというと、ソ連軍は日本軍より大砲の性能が優れていて、弾薬量も格段に多かったのです。しかし、これはどうしようもない問題でした。なぜかというと、製鉄技術がソ連に比べて劣る日本では、ソ連軍に対抗しうる性能の大砲はどう頑張っても作れませんでした。さらに、弾薬についても当時の日本ではそんなに湯水の如く使えるほどの大量生産をすることはできなかったのです。なにしろ当時の弾薬の生産といったら関西の町工場でちまちま作っていたのです。ご存知のように、大量生産するためには大規模工場が必要で、それによってコスト圧縮効果が発生するわけです。ソ連やアメリカのような重工業の大規模工場なんてものが当時の日本では作れなかったのです。
だから、それを認めると「もう国として日本はソ連に対抗できない」という絶望的な結論に至ってしまうので、「現場が悪い」と責任を押し付けてしまったのです。

緒戦の勝利による驕りもあり、日本軍は米軍に対しても自信満々で突撃戦術をかましましたが、諸兵連合効果の戦術を得意とする米軍によって叩きのめされてしまいます。どうも米軍相手に突撃じゃ歯が立たないと分かって、The Pacificで再評価されることになったペリュリュー島戦から持久戦術に切り替えることとなります。The Pacificでも原作として使われているユージン・スレッジ氏の回顧録を読むと、ベテランの海兵隊員がペリュリューで「日本軍がバンザイ突撃をしてこない」と戸惑っている姿が描かれています。

この持久戦術は大変に効果的で、ペリュリューのノウハウを積極的に取り入れた硫黄島戦で米軍が大変な犠牲を強いられたことはご存知のとおりです。
しかし、日本人つーのは大変にストレスに弱い民族でございまして、この「押されてもじーと我慢して粘り強く戦う」つーのはなかなか耐えられないんですね。いいや、日本人は粘り強いだろと思うかもしれませんが、日本人てのは自分たちで思っているほど粘り強くありません。てか、逆境にはとても弱いんですね。なぜかっていうと、サッカーで日本代表が相手チームに押されると見てる方がもう耐えられなくなりますよね。大概「負けてもいいからもっと積極的に攻めないとダメだ」と批判されます。これが南米のチームなんかだと相手に攻めさせて、それでいてカウンターの機会を粘り強く待っています。そういうことができない。
だから、沖縄戦では持久戦術を主張する八原参謀に対し長中将が「こんなグダグダやってないで一発突撃でパーッといけ!」と主張して司令部は内部崩壊します。

また、捕虜についてですが、日本兵は捕虜になってはいけないと教えられていたので、基本的に捕虜も取りませんでした。また、味方の兵士を救出しようとする米兵にも容赦なく銃撃を浴びせました。また死体のフリをして近づいた米兵に襲い掛かることもよくやったようです。それを米兵は分かっていたのである意味当然なのですが「相手が捕虜を取らないんだから、こっちも捕虜を取る必要はない」と負傷している日本兵も情け容赦なく殺しました。ユージン・スレッジ氏の回顧録にはそういった「むき出しの獣性と敵意」が戦場に満ちていたことが書かれています。太平洋戦線で日本兵の捕虜が極端に少ないのは、「生きて虜囚の辱めを受けず」という思想が根本にはあったのですが、そういった事情も影響していたようです。

現代人の目から見ると狂気の沙汰としか思えないバンザイ突撃ですが、当時の日本軍が置かれた状況から考える必要があります。当時の日本軍は、中国で国民党軍と共産党軍と戦争していたわけですが、これらの相手というのが「突撃すればなんとかなった」相手だったのです。
機動力を重視した共産党軍には重火器はほとんどありませんでしたし、国民党軍も然り。さらに共産党軍は毛戦略により日本軍との正面決戦は避けていたので、日本軍が突撃するとなんだかんだいっても結局相手が共産党軍であれ国民党軍であれ、撤退...続きを読む

Q抗日戦争、中国側の武器(戦闘組織・手段・支援)について

日中戦争時、抗日中国人の組織、戦闘手段(武器とその使用)、武器支援(購入方法)、について教えて下さい。

日本側は日中戦争中年間2万人ほどの死傷者がでていたそうですが、中国兵は強力な武器を持っていたようだという話しか知りません。

中国兵の所有はあくまでもライフル・機銃、拳銃だけであったとして、日本兵が所有していたライフルとの性能を比較して、知っておきたいです。

Aベストアンサー

>「当時の日本兵は蒋介石の軍隊とは戦ったが、共産党の軍隊と戦った記憶が無い」
それは地域による違いでしょう。山東地区では共産党軍の主力である通称「八路軍」が日本の59師団と戦っています。(もっとも、彼らの戦果報告は明らかに過大ですが)また、弾薬の乏しい八路軍は徹底的にゲリラ戦術でしたので、軍ではなく匪賊という認識だったのかもしれません。なお、戦後の国共内戦では国共両軍に旧日本兵の一部が強力、捕獲された戦車や戦闘機の扱いを教えたり、自ら操作して参戦したこともありました。

>ドイツのI号戦車A型
三国同盟以降に日本軍に捕獲(リンク先の一番下の画像参照)され、内地に持ち込まれ展示されましたが、気を使って「ロシア製」という説明表示になっていたそうです。
http://www2.ttcn.ne.jp/~heikiseikatsu/mokei/CAMARA.htm
他にも国民党軍は3.7cm対戦車砲PAK36や8.8cm高射砲(有名なFLAK18や36/37ではなく、海軍の沿岸砲)も使われており、後者は日本軍にコピーされ九九式八糎高射砲として生産されました。
http://www.warbirds.jp/kunimoto/type51/88-1.htm

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E8%B7%AF%E8%BB%8D

>「当時の日本兵は蒋介石の軍隊とは戦ったが、共産党の軍隊と戦った記憶が無い」
それは地域による違いでしょう。山東地区では共産党軍の主力である通称「八路軍」が日本の59師団と戦っています。(もっとも、彼らの戦果報告は明らかに過大ですが)また、弾薬の乏しい八路軍は徹底的にゲリラ戦術でしたので、軍ではなく匪賊という認識だったのかもしれません。なお、戦後の国共内戦では国共両軍に旧日本兵の一部が強力、捕獲された戦車や戦闘機の扱いを教えたり、自ら操作して参戦したこともありました。

>ド...続きを読む

Q小学生のころから歴史が好きで、今まで 戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦

小学生のころから歴史が好きで、今まで
戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦と
勉強をしてきました、ほかに何か良さそうなものありますか?

高2です。

Aベストアンサー

必ずしも歴史書が歴史の真実を記しているとは限らない。それに、歴史書は必ずしも面白くない。面白く無ければ人間は読むのをやめてしまう。

そこで私が推薦するのは、パール・バックの「大地」だ。中古で千円以下で手に入るようだ。第一巻だけでも読むと良い。あなたの人生が変わる。とてつもない価値の有る本だ。ピューリッツァ賞と、ノーベル賞を取っただけの事はある。

Qベトナム戦争の頃、米軍とベトナム軍が使っていた武器はそれぞれどんなもの

ベトナム戦争の頃、米軍とベトナム軍が使っていた武器はそれぞれどんなものがあるでしょうか?
M16やAK47などのメジャー処は知っているのですが、もっとマニアックな銃が知りたいです。
URLだけ貼るというのはナシでお願いします…

乱文失礼しました

Aベストアンサー

北ヴェトナム軍が使用していた消音器内蔵の中国製拳銃「六四式微声手槍」はどうでしょう。

中国の人民解放軍特殊部隊に1964年に制式採用され、専用の7.65ミリ弾を採用。
音を極力出さないことを主眼に設計されたため、ほとんど音を出さないとか。
ベトナム戦争でアメリカ軍に捕獲されて、初めてその存在が知られました。
のちに小型軽量化された六七式微声手槍も開発されました。

中折れ式のグレネードランチャーM79もヴェトナム戦争がデビュー戦です。

小ネタとして、AK47のマガジンが不足気味だったため韓国でも製造されていたそうです。
アメリカ側に兵士を送り、ソ連側に武器を供給してたわけですな。

Q終戦後のドイツでソ連兵が略奪?

終戦後のドイツで、勝ったソ連兵が略奪をほしいままにし、レイプなども行ったと聞きました。
それもかなり組織的なものだったそうです。
これは本当でしょうか?
またソ連は満州にも攻めてきましたから、同様のことが行われたのでしょうか?

Aベストアンサー

いろいろな資料で見聞きした情報を述べます。
手元にリソースがないので、自信なしで回答しますが、
ほぼ間違いないかと。

ドイツについては本当です。
若い女性ばかりでなく、中年女性も狙われたらしいです。
記憶にある体験談の例ですが、ある中年のドイツ女性が、
自分の息子ほどのソ連兵にレイプされそうになったとき、
「なぜあなたはそのようなことをするのか」
とたずねたら、
「上官から命令されているんだ」
という返答がかえってきたそうです。

旧満州も同様で、本来現地の住民を守るべき関東軍が、真っ先
に逃げたため、満州に住んでいた日本人は、ソ連兵および
日本人にうらみをもつ現地住民の格好の略奪・強姦の対象
となりました。

|さすがに国境警備隊は応戦したようですが、圧倒的な兵力
|差でほとんど壊滅したようです。
|また関東軍もたび重なる南方への部隊移転により、ソ連軍
|の侵攻に対し、組織的な抵抗ができる状態ではなかった
|ことも事実かと。

当時の若い女性が、男装をして逃げ惑ったという話は、他の
方の回答にあるとおりです。
また逃げる時に、子供の命を助けるため等の理由で、現地
の中国人に子供を預ける人も多く、それらが後の中国残留
孤児となります。
(日本人を略奪対象とする一方で、その日本人に親切であった
 中国人がいたことは、たぶん事実かと)

いろいろな資料で見聞きした情報を述べます。
手元にリソースがないので、自信なしで回答しますが、
ほぼ間違いないかと。

ドイツについては本当です。
若い女性ばかりでなく、中年女性も狙われたらしいです。
記憶にある体験談の例ですが、ある中年のドイツ女性が、
自分の息子ほどのソ連兵にレイプされそうになったとき、
「なぜあなたはそのようなことをするのか」
とたずねたら、
「上官から命令されているんだ」
という返答がかえってきたそうです。

旧満州も同様で、本来現地の住民を守るべ...続きを読む

Q日中戦争の頃の中国の武器はどのようなものでしたか?

日中戦争の頃の中国側の武器はどのようなものでしたか?
古い映画をみて、機関銃と迫撃砲くらいしか出てこないので、貧弱だったのかなと想像しています。
戦車や飛行機、戦艦、潜水艦などなかったのでしょうか?
飛行機などあれば日本本土を空襲したはずですよね。

中国の装備が貧弱であったので、日本はやすやすと侵入できたと考えてよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時の中国軍の装備はドイツの軍事顧問の指導により改善の途中でした。
チェコより輸入した機関銃は当時の最高級で、揚子江河口地区の防御陣地はトーチカなど近代陣地の装備でした。
この為上陸した名古屋師団はこの陣地に肉弾戦を挑み大損害をうけました。

当時中国軍は蒋介石の政府正規軍と軍閥の私兵からなっており、正規軍はかなりの近代装備を有していましたが軍閥の私兵は貧弱な装備でした。
正規軍は37ミリ以下程度の対戦車砲も有しており日本軍の軽戦車は撃破されたのです。
しかしこれらの装備を有していた正規軍が初期の防衛戦で消耗すると、彼我の兵器差は大きく開きました。

中国空軍は海外の義勇軍の混成で機種も2戦級でしたが奥地の重慶に遷都しての防衛ではかなり活躍し日本の護衛のない爆撃機は大きな損害をうけました。
開発直後のゼロ戦が護衛についてからは日本軍の一方的な勝利になったのです。

中国戦線での迫撃砲の脅威は唯一の大口径砲として日本軍を悩ませました。

しかし戦争末期にはビルマ経由の援将ルートで米英の近代重火器が到着しこれを装備した中国軍に北ビルマの防衛拠点を次々に奪われ玉砕が続きました。

中共軍とはゲリラ戦で困らせられ、かなりの兵力を貼り付けざるを得なかったのですがここでも戦争末期に
中共軍の百団大戦攻勢で板垣師団は大損害を受けました。
決して中国戦線では勝利だけではなかった事実は知っておく必要があります。

当時の中国軍の装備はドイツの軍事顧問の指導により改善の途中でした。
チェコより輸入した機関銃は当時の最高級で、揚子江河口地区の防御陣地はトーチカなど近代陣地の装備でした。
この為上陸した名古屋師団はこの陣地に肉弾戦を挑み大損害をうけました。

当時中国軍は蒋介石の政府正規軍と軍閥の私兵からなっており、正規軍はかなりの近代装備を有していましたが軍閥の私兵は貧弱な装備でした。
正規軍は37ミリ以下程度の対戦車砲も有しており日本軍の軽戦車は撃破されたのです。
しかしこれらの装備...続きを読む

Q終戦時のアメリカ軍を護衛する日本兵

ずっと前にインターネット上でNHKの番組だと思うのですが終戦時のアメリカ軍を護衛する日本兵が映ってる番組を見ました。マッカーサーが来て沿道をアメリカ軍の車が通るのですが道で護衛してる日本兵が背中を向けている動画でした。

Aベストアンサー

その動画であればNHKスペシャルの「映像の世紀」の第11集である「JAPAN」という回に登場します。DVDも出ているので探されてみるといいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報