はじめまして。

早速ですがご質問させていただきます。

私は現在25歳でIT関連のベンチャーにいます。外食経験は1年半です。マネージャーになる前に辞めてしまいました。現在の業種は食とは関係ないものの、創業メンバーから加わっていたので、ベンチャー設立から運営までのノウハウをかなり学べたと思います。食が好きなので将来的にはインキュベーション機能を兼ねたベンチャーキャピタルとして起業したいのですが、そのために今踏み出す最善の一歩は何かを模索しています。

そのような分野でやっていくに当たってのアドバイスをいただければ幸いです。

ベンチャーリンク、プライムリンク、レインズインターナショナル、グローバルダイニング、際コーポレーション、その他、もしご存知でしたらお教えください。

お手数ではございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

コンサルには専門知識に加えて、


・顧客との接触の仕方
・アドバイスの仕方
などに、大きなノウハウがあります。そしてその会得に5年は掛かりますよ。

25才とまだお若いですから、30才を目指して、どこかコンサル会社に入られたらいかがですか?
    • good
    • 0

コンサルタントが主業務ということならば、何か資格を取得すべきでしょう。

最大の武器となるのがご存知だと思いますが、中小企業診断士。別に診断士でなくともhyugaさんが得意な分野・・・例えばSE関係でもいいので、何かコンサルの切り口となる資格を取得すると、大きな武器となり、幅が広がると思います。ご存知のとおり、現在は全ての業種は複合的要素がからんでおり、専門的はもちろん、別の視点からのコンサルが求められることがあります。このためにも自分独自の切り口となる知識を持つと有利になると思われます。あと今後の仕事獲得という面からも、何らかの肩書きがないと、あまたいるコンサル業界では、生き残りが厳しいと思いますので。ですので、何か付加となる資格取得を目途に独立もしくは、コンサル系会社に転職されても遅くないと思います。
思いつきのアドバイスとならない一般論で失礼します。今後のご活躍をお祈りします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q政策金融公庫とコミュニティバンクとベンチャーキャピタル

先日起業したものです。

資金が足りないので融資を受けようと思っているのですが。

政策金融公庫・コミュニティバンク・ベンチャーキャピタル

の3つの何処から借りるか悩んでいます。

皆様どのような基準で選んでいらっしゃるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらの都合もありますが、おカネの出し手にも都合があるので、自分のビジネスが出し手のニーズと合っているのかどうかも重要です。

小さく始めた個人事業
→ 政策公庫の低利融資、都道府県や市区町村の斡旋融資・制度融資などが最初です。もっとも金利が低く無担保の場合もあります。技術や雇用面で認定を受ければ補助金なども斡旋してくれます。

機械設備や不動産を要するが収益の安定が見込める事業
→ 政策公庫や商工中金の担保付融資、メガバンクなどの有担保・保証協会付融資(ただし法人で決算書が2期黒字などが最低条件)

収益が当初不安定でニッチだが潜在的な市場が非常に大きい事業、
競合がなく急激な成長が見込める高収益事業
→ ベンチャーキャピタル。ただし彼らの投資回収は株式のIPOかバイアウトですから融資はしません。目標投資収益が3倍程度ないとそもそも投資しません。そのためにはなんだってしますし経営にも当然介入します。ただし、株の価値が3倍になって本来一番トクするのは経営者自身なわけですから、それで文句を言うのは筋違いということになりますが。

おカネに色はないといいますが、出し手の投資家には色がありますから自分のニーズと相手のニーズが合うかどうかが大事だと思います。

こちらの都合もありますが、おカネの出し手にも都合があるので、自分のビジネスが出し手のニーズと合っているのかどうかも重要です。

小さく始めた個人事業
→ 政策公庫の低利融資、都道府県や市区町村の斡旋融資・制度融資などが最初です。もっとも金利が低く無担保の場合もあります。技術や雇用面で認定を受ければ補助金なども斡旋してくれます。

機械設備や不動産を要するが収益の安定が見込める事業
→ 政策公庫や商工中金の担保付融資、メガバンクなどの有担保・保証協会付融資(ただし法人で決算書...続きを読む

Qベンチャーキャピタル IPO M&A

ベンチャー投資の出口戦略であるI POとM&Aはベンチャーキャピタルファンドへの投資家にとってど のような意味を持つと思いますか?できるだけ詳しく教えていただけ たら幸いです。

Aベストアンサー

高く売れればリターンが大きくなるってだけじゃないのかえ~

Qベンチャーキャピタル?

ベンチャーキャピタルという言葉をはじめて知りました。これはどういう意味ですか。具体的にここはベンチャーキャピタルだよというのがありましたら教えて下さい。
また、ベンチャーという言葉もイマイチ把握しきれていません。まったく新しい商品、サービス、販売方法などを売るということでしょうか。
ベンチャー企業というのは、例えばどんな企業ですか。その、どの部分をベンチャーと言うのですか。

Aベストアンサー

ベンチャーキャピタルとは、将来有望な株式未公開のベンチャー企業に対し、出資を行い、コンサルティングなどの支援活動などを行うことによって、出資企業の株式公開支援を行い、その際のキャピタルゲインを得ることにより収入を獲得する企業のことです。

かみ砕いた例は以下です。

とてもユニークなビジネスモデルを持つIT系ベンチャー企業A社がありました。
しかし、A社には資金が必要です。
そこに目をつけたベンチャーキャピタルV社が、「出資しましょう」と言ってきました。
V社のありがたい申し出に、A社は、1000万円の第三者割り当てを行いV社に株式を引き受けてもらいました(つまり、V社がA社に1000万円出資しました)。
その1000万円を使って、V社の助言の元、A社は大成功を納め、晴れて情報することになりました。
それに伴い、1000万円の株式の時価は50倍の5億円となりました。
その時点で、V社はA社の株式を全て売却し、4億9000万円の利益を得ました。

こんな感じの会社です。
有名なベンチャーキャピタルとしては、
JAFCO等があります
http://www.jafco.co.jp/

参考URL:http://www.jafco.co.jp/

ベンチャーキャピタルとは、将来有望な株式未公開のベンチャー企業に対し、出資を行い、コンサルティングなどの支援活動などを行うことによって、出資企業の株式公開支援を行い、その際のキャピタルゲインを得ることにより収入を獲得する企業のことです。

かみ砕いた例は以下です。

とてもユニークなビジネスモデルを持つIT系ベンチャー企業A社がありました。
しかし、A社には資金が必要です。
そこに目をつけたベンチャーキャピタルV社が、「出資しましょう」と言ってきました。
V社のありがたい...続きを読む

Qベンチャーキャピタルからお誘いが・・・

 フリーのwebサイトを運営しています。
 個人サイトなのですが、個人とはいえないくらいの規模はあると思います。(okwaveでもたびたび回答として当サイトの名前があがっています。)
 さて、このたび日本ベンチャーキャピタル株式会社からお誘いがありました。 http://www.nvcc.co.jp/
 色々なシステムを無料で使わせていただけるそうです。
 また、「サイト拡大のための投資(サイトの買収等)も合わせて検討させて頂きます。」とのこと。
 この会社ってどんな会社ですか?(取締役の顔ぶれは蒼々たるモノでしたが)
 またベンチャーキャピタルから誘われるに当たってどのような点に留意すればよろしいのでしょうか?
 よろしく御指南のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

(1)まず、HPば誰でもどんなものでも作れますので、その日本ベンチャーキャピタル株式会社の実態の確認が必要です。(多分大丈夫とは思いますが、謄本をあげておくと良いかもしれませんね)帝国データバンクでは調査実態がありますので(お金がかかるので取り寄せていないですが)実態はありそうです。→友人等に帝国データバンクを取ってもらったり(又は実費を払って)すると判りますね。
(2)次に、その日本ベンチャーキャピタル株式会社が実態があっても、連絡を寄こした方が、その会社の方かの確認が必要です。一度面談して、名刺の電話番号ではなく、NTTで調べた電話番号で総務に連絡して、在籍を確認したりします。

※ここで、やっと本物であるとわかった場合
そもそも、
(3)ベンチャーキャピタルは、基本的に株価の安い段階で出資し、高値(上場)で売り、その差額が利益になります。ボランティアではないので、当然といえば当然です。
(4)出資はリスクが伴うので、利益も大きなものになります。
(5)日本ベンチャーキャピタルは、とりあえずは志の高い会社のようですが、結局は50歩100歩です。
注意点は、
(6)現在、個人でやっておられて、会社設立時にベンチャーキャピタルに出資させる必要はありません。(逆にベンチャーキャピタルは出資したがります)1度か2度の決算を経て、未上場でも株価が高く評価され、かつ将来株価がもっと高く評価されて始めて出資させると、その余力分だけ、大きな余裕資金が会社に留保されて、大変良いです。つまり、設立時1株5万円であれば、設立時に1株分出資させると5万円そのものしか、会社に入りません。しかし、1株評価が50万円になってから増資をすれば、1株の新規発行増資で、50万円が会社に入るのです。もしも将来株価(分割等を勘案して)が500万円として、それより割安な300万円で1株を発行すれば、300万円が会社に入ってきます。ベンチャーキャピタルは、上場時に500万円で売り抜ければ、300万円の投資に対して、200万円の儲けということで、両者ともにハッピーになります。ということです。
(7)確かに、ベンチャーキャピタルは、貴方の見方かもしれませんが、やはり貴方の周りに本音を話してくれる専門家集団を形成すべきです。上記のようなことは、ベンチャーキャピタルの人間は億尾にも出しません。出せない訳です。これは仕方ありません。
専門家集団は、知人からの紹介や、取引銀行(証券会社よりやや律儀で堅い)からせの紹介が良いでしょう。
(8)会社組織にするのは大変ですが、こういう出資を受けて業容拡大もできたりと、メリットも大です。ベンチャーキャピタルありきでは無く、まずは会社組織にすべきかの検討でしょう。商法・会社法も勉強必要です。
(9)そして、信頼できる役員を2名設定することです。どんな苦境でも裏切らないという方ですね。会社はやはり組織ですから、1人で何でもできません。役割分担しながらやっていくことになります。

質問ありましたら、またしてください。

(1)まず、HPば誰でもどんなものでも作れますので、その日本ベンチャーキャピタル株式会社の実態の確認が必要です。(多分大丈夫とは思いますが、謄本をあげておくと良いかもしれませんね)帝国データバンクでは調査実態がありますので(お金がかかるので取り寄せていないですが)実態はありそうです。→友人等に帝国データバンクを取ってもらったり(又は実費を払って)すると判りますね。
(2)次に、その日本ベンチャーキャピタル株式会社が実態があっても、連絡を寄こした方が、その会社の方かの確認が必要です。一度面...続きを読む

Qベンチャーキャピタルの投資直前の延期

都内で小さなメーカーを従業員数名でやっています。
売り上げも順調で最近1億円を超えました。

今月末にベンチャーキャピタルから投資をしてもらうことになっているのですが、もしかしたら、直前で白紙にされたり、投資の時期を
ずらされたりする可能性ってありますか?
常識的にはもう数日で投資なのでそんなことするとはあまり思えないのですが・・・。

Aベストアンサー

決済が出て契約も完了してるなら事態の急転が無ければそのまま実行すると思いますけど、何か思い当たる節があるんでしょうか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報