8ヶ月前主人が大動脈瘤の手術をしました。人工血管は上の部分、大動脈の下の部分は瘤そのまま…血圧をコントロールするためのお薬毎日飲んでます。心臓には異常がないそうです。
夫婦の生活は、普通にしても良いかどうか、わかりません。
主人は”大丈夫だ”と言うのですが、私は心配です。
病院の先生にそのことを相談するのなんとな~く恥ずかしいです。8月には先生から言われたのは"毎日の生活は普通にして、仕事にも復帰してOK、つかれない程度。
専門の方にぜひアドワイスお願いしたいです。よろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

当院の心臓血管外科専門医によりますと、夫婦生活(Sexのことでよろしいですよね?)は、全くかまわないとのことです。

むしろ、大動脈瘤手術後の患者さんでは勃起しなくなることが多く、夫婦生活ができるのは喜ばしいことだとのことです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大動脈解離後、勃起しない

 50歳代後半の男性です。昨年8月末に、大動脈解離で緊急入院しました。幸いに、胸・腹部下行大動脈の解離だったので、手術することもなく20日間の入院で退院することができました。現在は血圧を下げる薬を3種類(胃薬1種類)飲んでいます。
 病後半年を過ぎ体力もだいぶ戻ってきたと思うのですが、SEX時に完全に勃起せず、すぐに射精してしまいます。朝も勃起することはありません。
 これは、病気の影響でしょうか。
 どのように対処していけばよいのか、どなたか教えてください。
 すいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になるか解りませんが、書かせていただきました

>昨年8月末に、大動脈解離で緊急入院し、手術することもなく20日間の入院で退院
現在は血圧を下げる薬を3種類(胃薬1種類)飲んでいます

まず、御自身がどんな疾患で入院処置を受けたのか、病気についてドクターからの説明を受けられましたか?疾患について深く理解して頂きたいと思います

>病後半年を過ぎ体力もだいぶ戻ってきたと思うのですが、SEX時に完全に勃起せず、
すぐに射精してしま います。朝も勃起することはありません
これは、病気の影響でしょうか。
どのように対処していけばよいのか

昔から言われる例として、マスターベーションでは100mを全力で走るくらいの体力など負担が
身体にかかると言われています
まして性行為となれば、それ以上の負担がかかる事は当然では無いでしょうか?

服薬されている薬の影響なのか?病気の影響なのか?
主治医へ相談され、薬に付いても説明を受ける事をお勧めします
決してSEXを否定する訳ではないのですが、心臓や血管への負担を考えて
今、御自身が置かれている立場や病気についてお考え頂ければと思います
極端な話をしますと、快楽を選ぶか死を選ぶか。。。と言う事にも成りかねないかも知れません

医者からもらった薬がわかるサイト(PC版)です
服薬されている薬について、調べてみては如何でしょうか?

生意気な事を書き申し訳ありません
病気と薬を理解した上で、SEXライフを楽しんで下さい

参考URL:http://www.eminori.com/drug/drinf001.html

参考になるか解りませんが、書かせていただきました

>昨年8月末に、大動脈解離で緊急入院し、手術することもなく20日間の入院で退院
現在は血圧を下げる薬を3種類(胃薬1種類)飲んでいます

まず、御自身がどんな疾患で入院処置を受けたのか、病気についてドクターからの説明を受けられましたか?疾患について深く理解して頂きたいと思います

>病後半年を過ぎ体力もだいぶ戻ってきたと思うのですが、SEX時に完全に勃起せず、
すぐに射精してしま います。朝も勃起することはありません
これは、病気の影響で...続きを読む

Q腹部大動脈瘤の手術

はじめての投稿です。よろしくお願いいたします。
70代後半の父が、腹部大動脈瘤の手術を受けることになりました。心身ともにしっかりした人なので、手術自体は心配していないのですが、手術後どのくらいで普通の生活に戻れるものなのかなど、術後のことが気になっています。どのくらいのサポートが必要なものなのか、早めに心積もりをしておきたいと思っています。
手術の体験者の方や、ご家族が手術を受けられた方などから、アドヴァイスがいただけると嬉しいです。

たとえば、術後はどのくらいで起きたり歩いたりできるものなのでしょうか。トイレなどはどのようになるのでしょう。
また、入院は2週間程度と聞いていますが、退院後は普通の生活ができるものなのでしょうか。食事は普通にとれるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の祖父も3年前に腹部大動脈瘤の手術を受けました。
naranja305さんのお父様と同じように70代で体格もガッチリで元気そのものという感じです。
手術前日は絶食で夕方以降は起き上がってはいけない状態にされていました。カテーテルとか何かを入れている為とのことでした。
手術当日は成功し、ICUに入っていましたが翌日には歩いて病室を移っていました。驚きました!!
その後トイレは普通に自分で行けてましたし、食事は2週間ほどかけて常食になりました。
消化器の手術ではないので、本人はお腹が空くみたいであれ食べたいこれ食べたいなんて言ってましたけど病院食のみで我慢させました。
退院すると祖父は年末の寒い時期の手術だったので病院内のように温かくない家に帰ってから、少し風邪を引いてしまい寝込んでしまいましたが、それさえなければ、順調な手術・回復だったのだと思います。
少し肥満というのも大動脈瘤の原因だと医師に言われてから、今ではよく散歩してます。手術前より健康に気をつけ活動的ですよ。
腹部大動脈瘤自体は放置するとすごく怖い病気ですが手術自体の成功率は高いとのことなので、必要以上に心配なさらなくても大丈夫そうですよ。
手術の成功回復をお祈り致します。お大事に…。

私の祖父も3年前に腹部大動脈瘤の手術を受けました。
naranja305さんのお父様と同じように70代で体格もガッチリで元気そのものという感じです。
手術前日は絶食で夕方以降は起き上がってはいけない状態にされていました。カテーテルとか何かを入れている為とのことでした。
手術当日は成功し、ICUに入っていましたが翌日には歩いて病室を移っていました。驚きました!!
その後トイレは普通に自分で行けてましたし、食事は2週間ほどかけて常食になりました。
消化器の手術ではないので、本人はお腹が空くみた...続きを読む

Q胸部大動脈瘤の治療について

私の大切な母(64歳)が胸部大動脈瘤であることがわかりました。1年前に45ミリだったのが、先週55ミリに膨れていました。母は「手術して良くなるんだろうか」と不安らしく「このままでもいい」などと言っています。胸部大動脈瘤で手術をされて良くなったという情報があったら母に伝えたいのでぜひ教えてください。また、手術をしなくても良くなる方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

手術を受ける決心がつかれたとのこと、お母様のためにもwacchanさんのためにも、良かったです。
確かに、先のことが想像つかないって、不安ですよね、対処のしようも、心構えのしようもないのですものね。
胸部の傷は、腹部に比べ、筋肉を動かすということがあまりないので、痛みは少ないそうです(痛いことに変わりはないのですが、腹部よりまし、ということです。痛み止めを飲んだりしたので、私には、そんなに酷い痛みには思えなかったです)。傷の大きさは胸の真中に、縦に10センチ程度です。胸のあいた服を着ると、上のほうが見えますが、私は気にせず、着たいものを着ています。お医者様が、極力傷が目立たないようにと、細かく縫合してくださったこともあります(後に、上の部分だけ赤くなったので、形成手術しました)。今は白い筋が一本すーっと見えるか見えないか、くらいです。
手術の1週間くらい前から入院し、手術のこと、病室に戻ってきたら、肺に酸素を入れるようにと、腹式呼吸の方法などいろいろ説明を受けます(土日をはさんでいたので、外泊→帰宅しました)。手術前夜は、よく眠れるようにと、眠剤が出ました(私はなくても眠れそうでした。眠かったし…心臓にケがはえているようです…笑)。当日は手術室に入る前に、浣腸して便を完全に出し、おしりに筋肉注射(麻酔を効きやすくする薬)をうちます。これがツンと痛かったです。手術室に向かう間に少し眠くなってきます。手術室に入り、下着をとり、中央の手術台に移ってマスク(?)を当てられると、意識はなくなります。
私は朝9時に入り、ICUに戻ってきたのは午後5時頃でした。
気が付くと(朦朧としているのでまたすぐに眠るのですが)、ICUで、心電図を見る機械の、ピッ、ピッ、という音が聞こえていて、私の耳には、なぜかその音が、パラン、パランと弱く乱れて聞こえて、看護婦さんに「心臓、大丈夫?ちゃんと動いてますか? バラバラに動いてる気がする」と言ったことを覚えています。第一声でした。
それから強心剤(多分)を注射しました。キ───ン!と、まるで音量をMAXにしたみたいな感じがして、それから心臓が力強く拍動したので、「今のは強心剤なんだ」と勝手に思ったのです。
それからも、起きたり眠ったりしていて、お医者さんに、意識があるかどうか確かめられます。「聞こえる? 聞こえたら私の指を握ってみて」と。ちゃんと聞こえていて、ゆっくり指を動かせます。←この辺りの順序はよく覚えていません。
肺に酸素を送る管と、胃に続く管、2本を鼻から入れているので、意識がはっきりしてくると、その2本の管が不快でたまりません。のどが渇いて渇いて、そのうち痛くなってきます。そのことを訴えると、看護婦さんは口に冷たい水を含ませたガーゼをあてて、唇を潤してくれるのですが、そのおいしいこと、気持ちのいいこと! めんどくさがられる程せがんでしまいました(これは術後はあんまり飲んだりしたらいけない、というのがあるのかもしれないです、もしかしたら…)。あまりにその管が不快で、吐きっぽくなってくると言うと(実際、管を通して胃液が戻ってきました)、翌日、看護婦さんは早めに管を抜いてくれました。「そのかわり、肺に酸素、がんばっていっぱい入れるのよ、自分でしっかり息するのよ」と言われました(抜くときも気持ち悪いし少々痛いです)。確かに、管を通して酸素が送り込まれていたのは、ラクでした。私は、なぜかそのとき、「すみずみまで肺に空気を送らないと肺が腐ってしまう」と思ってしまって、一生懸命、腹式呼吸をしました。息一つするのが、こんなに大変なんて、と、普段何気なくしていたことなのに、とてもすごいことに思えました。それだけ、体力消耗していたのですね。
快復がはやく、5日の予定が、2日はやくICUをで、個室に戻ってきました。少しずつ、口から食事がとれるようになってきます。初めは、ヨーグルトやプリンやジュースなどでした。息をつきながら、休みながらの食事でした。
1週間しないうちに、尿管に入れていた管や、傷口に差し込んでいた太目の管(これを抜くのが大変でした。痛くて。お医者様は、なるべく痛くないように、タイミングを見計らって、一瞬でさっと抜いてくれるのですが、それまでがしんどかったでした)が抜け、気分スッキリ、自分でトイレに行けるようになります。
あとは、抜糸をして、快復を待つのみ、です。
体力が落ち、術後声もろくに出なかったので、体を動かせるようになると、ベッドの上でできるだけ体を動かし、(足を開いたり、閉じたり、少し浮かしたりして)筋力が戻るようにしました。病室から出てもいいと許可が出て、できるだけ体を動かすようにと言われたので、展望レストランまで上がったり、その階の美容室(よく髪を洗ってもらいました。そのあとのマッサージもとても気持ちよく、足しげく通いました)へ行ったりしました。調子に乗りすぎて、美容室で倒れ、皆をビックリさせてしまったことがありました(動いてもいいけど急に遠くへは行かないでと言われました)。貧血でした。自分で大丈夫と思っていても、自分が思うより弱っているのだなと思いました。
だんだん元気になって、病院食じゃ足りなくて、売店でお弁当買ってもらって食べたりして、主治医に笑われました。「でも、何食べてもいいよ、病院食じゃ元気になるものもならなさそうだから」と言われました。
みるみる元気になっていく自分をみた時、とても「生きてる」という感じがしました。目に映る景色総てが、違って見えました。いつ死ぬかわからない、そんな不安もなく、何でもできるような気がしました。それまでの私は、自分に自信がなく、人間関係も一歩引いたものでしたから(皆が楽しんでいるのを遠くから羨ましそうに見ている感じ)、”世間の風”に対しても弱く、傷つきやすく、しかしそれは、私の意識、感じ方の問題でもあったのですが…とにかく、身も心も”ひ弱”で、いつもビクビクし、人の顔色ばかり見て、「同じでなければいけない」という強迫観念に近いものがあり、今思えば、無意識的に無理をしていました。見栄をはったりして…。弱い自分が自分で許せなかったんですね。
今、健やかに暮らしております。
そのときになってみなければわからないもので、精神的に、自分がこんなに落ち着くとは思ってもいなかったし、目の前のことにこんなに集中できるとは思ってもいませんでした。今、資格をとるための勉強をしていて、その姿勢まで違うのですから、驚きです。食器を洗う、拭いて片付ける、きちんと並んでいるお気に入りのお皿…ひとつひとつが嬉しいのです。安心して眠れる夜、苦しみから開放された心、ちょっとのことで挫けない精神、立ち直りのはやさ(笑)、普通は皆あたりまえに持っているものなのでしょうけれど、私にとってはどれも新鮮で、編み物、絵を描く、音楽にふれる、ものを創る…それぞれのことに集中できるのが嬉しいのです。やりたいことがたくさんあります。
wacchanさんのお母様も、きっと、軽くなった心臓を実感できれば、気分も変わると思います。そのことを信じて、がんばってください。強く強く、手術の成功と、お母様のご快復を、お祈りしております。 

手術を受ける決心がつかれたとのこと、お母様のためにもwacchanさんのためにも、良かったです。
確かに、先のことが想像つかないって、不安ですよね、対処のしようも、心構えのしようもないのですものね。
胸部の傷は、腹部に比べ、筋肉を動かすということがあまりないので、痛みは少ないそうです(痛いことに変わりはないのですが、腹部よりまし、ということです。痛み止めを飲んだりしたので、私には、そんなに酷い痛みには思えなかったです)。傷の大きさは胸の真中に、縦に10センチ程度です。胸のあいた服を...続きを読む

Q高血圧とセックス

高血圧(160,110)と診断され、薬を飲んでいます。今では、
125,85くらいに落ち着いていて良好です。
この間、セックスの最中に何度か血圧を測ってみましが、
射精する瞬間には、190,110 くらいに上がりました。その後、
うとうとしているうちに正常に戻ったのですが、瞬間的に
こんなに上昇しても大丈夫でしょうか?
できれば、高血圧がご専門の先生、いらっしゃいましたら、
お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「腹上死」という言葉はご存知ですよネ。
昔からよくある(といっても実際の例はあまり身近にはないかと思いますが‥)もので,性行為中に相手の上で逝ってしまうということです。
ですから,大丈夫でしょうか?と聞かれても,場合によっては危険ですとしか答え様がないのではないかと思います。
性行為自体が血圧を高くするものなんです。
というか,男性性器は海綿体に血液が充満することで勃起しますので,低血圧状態では困るということを考えると,射精の瞬間だけでなく,性行為の準備段階から血圧は上がりつつあるのですネ。
その証拠に高血圧の治療を受けておられるかたに勃起不全が認められることが多いですから‥(それでドリンク剤を飲むというのは少々困ったことなんですが)
とりあえず,日常生活では正常な範囲の血圧が保たれているようですから,出されている薬はきちんと飲み続けてくださいネ。
自覚した上で,適度な性生活をお過ごしください。
以上kawakawaでした

Q心臓手術後 肋骨の痛み

三週間前くらいに心臓手術をしました。手術では肋骨を切断し留めてあります。
今までは、背中は痛いものの我慢できる程度でした。
けれど、明け方涙がでるほどの肋骨の痛みで起きました。横になると痛みがひどくなるので
座椅子を使って湿布もはって寝ました。朝起きてからも肋骨の痛みは我慢できるものの痛くて咳をするのにも立ち上がるのにも苦痛です。
いちおう、ロキソニンを飲みましたがまだ痛みはあります。
この痛みは肋骨がくっつこうとしているからですか?
手術後から今までの中で一番痛かったです。
また、横になるのがすごく痛いのでちゃんと睡眠がとれません。
この痛みは続くものなんでしょうか。
困っています。

Aベストアンサー

普通は徐々に痛みは改善傾向を示すので、三週間経過して急に強く痛くなるのは異常です。

心臓手術といっても、術式で切る場所は違うのでどこをどう切ったかは不明です。例えばmidCABでは正中切開せず肋骨だけを切ります。よって的外れかもしれませんが、正中切開しなかった場合は、切断した肋骨がずれたかもしれません。受診される事をお勧めします。ただ、正中切開の時は、ずれることはまず、ないかと。ただし、縦隔に何かできたかもしれず、やはり受診されるほうがいいかと思います。

Q抜糸は痛い?!

情けない質問ですいません。。
つい先日初めての手術をして何十針と縫いました。ただ次病院に伺う時に、抜糸をします。手術がはじめてはので抜糸も初めてなのですが、抜糸はいたくないものなのでしょうか?

どうしょうもないくらい痛がりなので、大変きになります。部分は腕なのですが。。。。
抜糸のご経験というのもなんですが、ご存知の方是非教えてください!

Aベストアンサー

私も先月初手術を受けて、抜糸も体験しました。
私の場合は腹腔鏡手術なので、おなかに5箇所穴を開けた程度のものでしたが・・・。
私も痛がり+怖がりなので(注射で泣く時があります)、抜糸もかなりの恐怖でした。
今まで縫って開かないようにしていた糸を取るのですから、「傷口が開いたらどうしよう」「糸を切るときに肌まで切られたらどうしよう」などと色々考えだすとキリがなくて、抜糸をためらったくらいです・・・。
傷口の肉が完全にくっついたから抜糸するというのに、ですね(笑

hana-hana3さんの仰るとおり、抜糸の際は肌を傷つけないように糸を少し引っ張って切るのですが・・・
その糸が肌にぺたりとくっついていて、そのチクッとする感じが気になり、その箇所ばかりに気を集中させてしまい(角度的に見えない分余計に気になって)、「どんな風に切られてるんだろう」などと考え始め・・・
さらに怖く過敏になり、ちょっとした衝撃(チクッとする感触・糸を切る音)すらも痛く感じてしまい、結局抜糸が済む10分くらいの間中恐怖と痛みに耐えてました。
それでも泣かずに済んだのは、(入院中の抜糸だったので)付き添ってくれていた母と婚約者が冗談を言って気を紛らわせてくれたから・・・(笑

なので、気を紛らわせるために頭の中で歌でも歌いながら抜糸してもらうことをお勧めします。
それか、抜糸中そばに誰か付き添いの方がいらっしゃるのであれば、その方と先生の邪魔にならない程度のお喋りというのもいいかもしれません。

抜糸は経過良好の証。
怖いかもしれませんが頑張ってくださいね。

私も先月初手術を受けて、抜糸も体験しました。
私の場合は腹腔鏡手術なので、おなかに5箇所穴を開けた程度のものでしたが・・・。
私も痛がり+怖がりなので(注射で泣く時があります)、抜糸もかなりの恐怖でした。
今まで縫って開かないようにしていた糸を取るのですから、「傷口が開いたらどうしよう」「糸を切るときに肌まで切られたらどうしよう」などと色々考えだすとキリがなくて、抜糸をためらったくらいです・・・。
傷口の肉が完全にくっついたから抜糸するというのに、ですね(笑

hana-hana3さ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報