節足動物は、皆小さいですね。なぜ大きくならないのですか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

節足動物の巨大化には3つの壁があります。



1.骨格の厚みの限界
節足動物のキチン質の殻は大きな身体を支える為には厚みを増す必要があります。
厚みを増すと、「身」の入るスペースが無くなります。
これが物理的な巨大化の限界になります。

2.神経構造の問題
脊椎動物などは後口動物といって、胚に最初に出来たくぼみが肛門になります。
節足動物などは前口動物といって、胚に最初に出来たくぼみが口になります。
発生の違いから、前口動物の消化管は背中(例:エビの「背わた」)に、神経は腹に発生します。

ところが神経は眼と触角、消化管は口につながっているので首のところで交差します。
この部分で余分な容量が必要となり、この空間を確保できなくなるまで殻が厚くなった時点で節足動物は生きることが出来なくなります。

3.運動能力の限界
同じく筋肉が入らなくなるまで関節肢の殻が厚くなった時点で節足動物は動くことが出来なくなります。
「デブは歩きにくい」理屈で、関節肢で運動できる重量の限界もあります。

浮遊生物に転向すればこの限界を超えられますが、節足動物のボディデザインでは軟体動物より速く泳ぐことが不可能なので、成長する前にタコや魚の餌食になってしまいます。
巨大化への地平は厳しく遠いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳細かつ専門的なお答え有難う御座いました。よく理解できました。
 
 これからも宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/10/19 21:41

「最大の節足動物」で検索をかけてみたところ、こんなのを見つけました。


http://nx.fish.gr.jp/CD/3d/room2/txt_html/5-Ekou …

かつて生存した「ウミサソリ」は体長2メートルにもなったらしいです。

地上の方の最大は、記憶では「メガネウラ」だったと思います。体長は約70cmだったと記憶しています。

脊椎動物に比べると小っこいですが、その理由は #1,MasterJAKEさまがお書きになったとおりだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご返答有難う御座いました。面白いお話ですね。早速拝見しました。

 これからも宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/10/19 21:37

節足動物は外骨格ですよね。


自分の体を支えるのにあの硬い体を使っています。
しかし身体を大きくするためには脱皮しないといけません。
脱皮した瞬間は身体が柔らかいため大きくなる事が出来ますが、
逆にいうとあまり大きな体重は支える事が出来なくなります。

ですから水生の節足動物は陸生の節足動物より大きくなる事が出来ます。
浮力によって体重を支える事が出来るからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご解答有難うございました。よく理解できました。これからも宜しく

 お願い致します。

お礼日時:2001/10/19 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUFOは地球外生命体の乗り物だ。

UFOは地球外生命体の乗り物だ。
yes?no?

Aベストアンサー

霊とか、超能力とかを信じる人と同じですね。

1,何か白いものを見た。
2,もしかしたら霊魂かもしれない。
3,そうだ、霊魂に違いない。
4,俺は、霊魂を見た。見ないひとには信じられないだろうが
  霊魂はあるのだ。

ここで問題なのは、 2→3 の段階ですね。

何か白いものを見たのは確かなんでしょう。
しかし、それをきなり霊魂だ、とするのはどうでしょう。
何の根拠もなしに他の可能性を
一切排除して、霊魂だ、と断言しちゃうのですから。

なにか、訳の分からない飛行物体をみた。
もしかしたら宇宙人の乗り物かもしれない。
そうだ、宇宙人が乗っているに違いない。

訳のわからない飛行物体、てのはあるんでしょう。
でも、それが宇宙人と結びつくかどうかは
いろいろ調べないとわからないはずですよね?

Q猫舌と言われるように、一般の動物は、暑いものも冷たいものも避けますね。しかし、人は、暑いコーヒーも冷

猫舌と言われますように、一般の動物は、暑いものも冷たいものも避けますね。
しかし、人は、暑いコーヒーも冷たいかき氷も、喜んで飲んだり食べたりします。
人は、舌などの生体や味覚が、普通の動物と異なってきた、のでしょうか?

Aベストアンサー

すっぱいものは腐敗の味、苦いのは毒の味です。
それでもヒトは好き好んで食べます。

動物的に違うのではなく、知識と知恵を以て、あえてそこに楽しさを見出したのです。

Q地球外生命体の探索

現在、地球外生命体を探索するときに「地球と同じ条件」で考えていますよね。ふと思ったのですが、あくまで我々人間にとってこの環境が最適なのであり、地球外生命体(Xとします)は人間と違う環境でも大丈夫だという可能性も大いにあるのではないでしょうか。
例えばXは灼熱だったり氷点下の星でも快適に過ごせたり、放射線が降り注いでも問題なかったりなど・・・。
科学的におかしかったり、飛躍しすぎていたら申し訳ないですが、みなさんの考えを教えてください。

Aベストアンサー

地球外の生命体探索において「地球と同じ条件」というのは限定的すぎると思います。
ですがそれに近い条件にはなります。

例えば謎の生命体が気体のみで構成されていたとしたら、体そのものを維持することはできません。
それだけでも可能性というのは大幅に絞られます。
さらに(有機だろう、無機だろうと、その物質が合成なり確認がされていようと、いまいと)生命活動に適した素材を考えれば、未知の物質を含めても、その可能性がある物質も限られます。
またその物質が生成できて、容易に分解されない環境下でないといけません。

生命体であれば、生きているわけで、生きていればエネルギーを使います。
つまり何かしらのエネルギー(何も食べ物でなくてもよい)がある必要があり、これでも大幅に絞られます。
場合によってはそのエネルギーを体中に運搬する機構も必要です。

おまけに生命体として発見されるためには、何らかの形で数が増える、最低でも維持できる状態でないといけません。

基本的に周期律表は宇宙に出たって使えます。
それらのブロックを使って、生物を作れる環境下というのが必要です。
そういった点では水に限らず、代謝や体の維持のために液体が存在できる環境は重要になるでしょうね。

地球外の生命体探索において「地球と同じ条件」というのは限定的すぎると思います。
ですがそれに近い条件にはなります。

例えば謎の生命体が気体のみで構成されていたとしたら、体そのものを維持することはできません。
それだけでも可能性というのは大幅に絞られます。
さらに(有機だろう、無機だろうと、その物質が合成なり確認がされていようと、いまいと)生命活動に適した素材を考えれば、未知の物質を含めても、その可能性がある物質も限られます。
またその物質が生成できて、容易に分解されない環境下...続きを読む

Q汗をかく動物とかかない動物

汗をかく動物とかかない動物

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6013940.html
この質問に回答をいただいている時おもったのですが、
たしかに汗をかかない犬のような動物がいます。
各動物で汗をかく、かかないで分類できる人いますか?

系統分類学上からの視点でもいいですし、進化とかの観点から
コメントできる方も歓迎です。

この動物は汗をかかないという単発の回答でもうれしいです。

Aベストアンサー

黒人は白人や黄色人ほどには汗をかきません
ほとんど汗をかかないのに皮膚は冷たいのです

Q地球外生命体の発見に至らないのは…

人類はいまだかつて地球外生命体に遭遇していません
宇宙に向けて飛ばしている電波にも返信は無し…
太陽系の向こうに飛ばした人工衛星も未だ宇宙人に回収されず飛んで居ます…

どこかの星に生命が誕生し文明を持つまでには長い年月が掛かります
そしてそれは地球と同じタイミングで起きているとは限りませんよね?
つまり 地球に文明が誕生する前にどこかの超高度文明が滅びてしまってる可能性もあるという事です。
火星は当初は地球と似た環境だったそうです
もしかすると地球に生命が誕生した頃 既に火星に文明が栄えていたかもしれないですよね?
で 人類が文明を持つ前に滅びてしまった…

そう つまり地球人が地球外生命体に会えないのは
文明のタイミングが合わないからだと思うのですが どうでしょうか?

Aベストアンサー

地球外生命体については、木星や土星の衛星に可能性を持っている様ですし、火星にも地下にあると言われている
水の中に居るかも知れないとも言われて居ます。
しかし、未だ遭遇できないのは探査機のテクノロジーがまだ探査出来る域に達していない事もあるのでしょうね。
太陽系外については生命の可能性のある恒星系まであまりにも遠いので、更に難しい。
地球外知的生命体については、存在する恒星系がどの程度地球から離れているのかと言う事も有りますが、
未だに人工的な電波を確認出来ていない以上、かなり遠いと言う判断も出来ます。
何せ太陽系外周部まで1光年以上も距離がありますし、見ている星空も何十年何百年何千年何万年も前に発した
光がやっと届いていますので、一番近い地球外生命体が発した電波が未だ届いていないと考えても別に不思議ではありません。
それに宇宙線やX線など様々なノイズ源もありますので、人工的な電波も減衰した上様々なノイズ源に
掻き消されているかも知れませんしね。
文明のタイミングより、距離と言う要因が最も大きいでしょう。
高度なテクノロジーを持った地球外知的生命体はワープ航法を完成させているかも知れませんが。(笑)

※ ここで言うワープ航法はスタートレックで用いられているワープ航法であって、日本のアニメの宇宙戦艦ヤマトの様な
ワームホールを人工的に作って時空を飛び越える航法ではありません。
スタートレックで用いられているワープ航法は実際に理論が出来ていますが、問題があるので現状では実用化出来ませんが。

地球外生命体については、木星や土星の衛星に可能性を持っている様ですし、火星にも地下にあると言われている
水の中に居るかも知れないとも言われて居ます。
しかし、未だ遭遇できないのは探査機のテクノロジーがまだ探査出来る域に達していない事もあるのでしょうね。
太陽系外については生命の可能性のある恒星系まであまりにも遠いので、更に難しい。
地球外知的生命体については、存在する恒星系がどの程度地球から離れているのかと言う事も有りますが、
未だに人工的な電波を確認出来ていない以上、かなり遠...続きを読む

Q脱皮でなぜ体が大きくなれるのでしょうか?

昆虫の成長(体の大きくなり方)の仕方が知りたいのですが,どの本にも,「昆虫は脱皮により体を大きくしている」という記述しかありません.素人の想像では,脱皮しても皮一枚分しか大きくなれないと思ってしまいます.カイコの幼虫などをみたことがあるのですが,四回くらいの脱皮で始めの状態からそうとう大きくなっていますが,皮四枚分の大きさには思えません.新しく出来た皮になにか仕組みがあるのでしょうか(伸縮するとか)?

Aベストアンサー

“脱皮”を終えたばかりの昆虫の外殻は、脱ぐ前の殻と比べてずいぶんと柔らかいのです。
この“柔らかい”時が大きくなれるチャンスです。脱皮の直後は色も白っぽく、本来の体色ではありません。
時間が経つと殻も硬化し、色も本来のものになっていきます。
こうなると、もう大きくなる事ができなくなります。
ですから、サイズ的に成長できるのは“脱皮”の後の限られた時間しかありません。
イメージ的には、“脱皮の後に膨れる”と言った感じでしょうか。

Q地球外生命体っていますか?

地球外生命体って存在しますか?
根拠はありませんが、自分は存在すると思っています。

だって、この地球上にはまだまだわからないことが多いですよね?
そりゃ、たくさんあるはずです。大げさに言えばわかってないことさえ
わかってないもの(概念すらないもの)もあると思うんです。

だったら地球外生命体って概念があるのだからいてもおかしくないと、、、
つまり、人間の想像できることはこの宇宙に創造できる、もしくは創造
されているのではないかと思うのです。

他にも似たような質問が出ていました。でも、自分の望むものでは
ありませんでした。ここに(天文学でなく)投稿したのももっと多岐に
わたる話し合いがしたかったからです。

賛成意見、反対意見、脱線してても結論なしでも結構です。
みなさんがどう思い、また、どう展開していくか楽しみです。

Aベストアンサー

面白そうなのでチョットだけ。

個人的にはいると思います。でも、今この瞬間にも存在しているかどうかは全く不明です。一億年前に滅んだけれども滅ぶまでの一億年は非常に繁栄していて地球よりも進んでいたのかもしれないし、太陽の寿命が尽きるといわれている50億年後に新たな知的生命体が生まれるかもしれない。つまり、いつかどこかで存在するでしょうが、今地球から観測できる範囲内(或いはその知的生命体が地球までやって来れる範囲内)で存在しているかどうかと訊かれれば、私は100%の希望的観測を以って「YES」と答えますが、ハッキリとした根拠はゼロです。無限にも思えるような宇宙の広大さと歴史を理由に「YES」というのはあまりにも根拠として薄弱だと思います。

昔読んだ本に、人間定理というのがあったような気がします。記憶は定かではありませんが、強い人間定理と弱い人間定理というのがあって前者は万有引力定数も誘電率も透率も磁磁率もその他の科学的な定数も、その値がほんの僅かでも違っていたら今の私達は存在できないということを根拠にこの宇宙は知的生命体を産むためにあるという姿勢でいたと思います。後者はもっと謙虚な姿勢で地球外生命体の概念を認めていました。

以下は屁理屈ですが、私達には地球外生命体という概念がありますが、「ある」の対極には常に「ない」というのもあり、どちらが優れているということは主観的なものなのではないでしょうか? だから「ある」と同時に「ない」(?)。

面白そうなのでチョットだけ。

個人的にはいると思います。でも、今この瞬間にも存在しているかどうかは全く不明です。一億年前に滅んだけれども滅ぶまでの一億年は非常に繁栄していて地球よりも進んでいたのかもしれないし、太陽の寿命が尽きるといわれている50億年後に新たな知的生命体が生まれるかもしれない。つまり、いつかどこかで存在するでしょうが、今地球から観測できる範囲内(或いはその知的生命体が地球までやって来れる範囲内)で存在しているかどうかと訊かれれば、私は100%の希望的観測を以っ...続きを読む

Q動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、

動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、人間や他の動物や同種の動物の友達とテニスしたり、映画館で映画観たり、動物がオリンピックに出られたり、動物が職業に就けるような夢の世界を作ったら、ノーベル賞は貰えますか?その他にも貰える賞等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

残念ながらそれが起こると大戦争が起き、知的生物は壊滅します。現在でも人種差別問題で町中で頻繁に人間が射殺されます。全ての知的生物が一瞬のうちに混ざるならともかく、群れを作って住む様になると互いに反目しあい耕地や水を取り合い、産業を取り合い、さらに騙し合い、兵器産業は戦争をあおります。最終的に核戦争になり齧歯類の様に地下で生き延びられる種族を残して地上は荒れ果てます。悪い事に、この齧歯類レベルの連中は直ぐに知的生物に戻ってしまうので、これを幾度繰り返すか分からないのです。言葉が通じ合わないから平和なのです。

Q太陽系内地球外生命体

地球外生命体に関して、とても興味を持っています。太陽系内で、地球以外に生命体の生息していそうな場所はどこでしょうか?できれば、最近の学説に基づいてご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

#4です。済みません、いつも太陽系外の話しばかり出るので間違いました。
いわゆる水型生命は火星しか可能性は無いでしょう。
金星の表面温度は赤外線反射で400度付近、水を流体とする生物には不適切。
内部が冷たいという可能性は低い。
では巨大惑星である木星、土星はどうでしょうか。
水型生命は無理に見えます、排除は出来ません、地面は無くても浮遊生命は考えられます。
古いSFに「都市」と言うのがありました、オムニバスだが互いに関連している、そこでは
中国風の龍に似た生物が生きています、アンモニアの滝があったりして絶景という設定、さらに
そこで棲む様に生物を改造するとほぼ無限に生きられる、まあ木星なんか見てきた人は
いないからどうでも良い。
一方天王星・海王星はどうか、なぜここで切るかは重大で、木星・土星には金属水素核があり、
磁場があるのですが、他には無いこれは生命の発生に有利か不利か分かりませんが、影響はある
でしょう。もちろん表面温度は液体窒素なみ、アンモニアさえ使えない、メタンは極性が無い。
極性が無いとロンドン力しか相互作用媒介が出来ない、非常に苦しいです。

#4です。済みません、いつも太陽系外の話しばかり出るので間違いました。
いわゆる水型生命は火星しか可能性は無いでしょう。
金星の表面温度は赤外線反射で400度付近、水を流体とする生物には不適切。
内部が冷たいという可能性は低い。
では巨大惑星である木星、土星はどうでしょうか。
水型生命は無理に見えます、排除は出来ません、地面は無くても浮遊生命は考えられます。
古いSFに「都市」と言うのがありました、オムニバスだが互いに関連している、そこでは
中国風の龍に似た生物が生きています、ア...続きを読む

Q【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか? LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いま

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験。

動物愛護の人は人間より動物を優先するのでしょうか?

人間実験始めますって言ったらどうするおつもりですか?

よかった。動物実験がなくなって動物愛護法ができて良かった。

でも人間の実験を人間で行う人体実験は人権侵害、人間保護の精神は動物愛護の人にはないのでしょうか?

人間と動物どちらかで実験しないといけないと言われたら動物を差し出しますよ。私は。

動物愛護の人はあなた、動物、他人がいたら他人を実験台に差し出すってことですよね。

怖すぎます。

NO!動物実験にNO!です。

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験...続きを読む

Aベストアンサー

詳しいことを読んでないですよね?
今まで化粧品をうさぎの目に垂らすという実験が行われていたのですが、それは人間の肌に有害かどうかを裏付ける物ではないとの科学的結果が出たのです。
だから、無駄に動物をいためつける実験はやめようと言っています。
例えば新薬のマウス実験をやめようとは言っていないです。


人気Q&Aランキング