節足動物は、皆小さいですね。なぜ大きくならないのですか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

節足動物の巨大化には3つの壁があります。



1.骨格の厚みの限界
節足動物のキチン質の殻は大きな身体を支える為には厚みを増す必要があります。
厚みを増すと、「身」の入るスペースが無くなります。
これが物理的な巨大化の限界になります。

2.神経構造の問題
脊椎動物などは後口動物といって、胚に最初に出来たくぼみが肛門になります。
節足動物などは前口動物といって、胚に最初に出来たくぼみが口になります。
発生の違いから、前口動物の消化管は背中(例:エビの「背わた」)に、神経は腹に発生します。

ところが神経は眼と触角、消化管は口につながっているので首のところで交差します。
この部分で余分な容量が必要となり、この空間を確保できなくなるまで殻が厚くなった時点で節足動物は生きることが出来なくなります。

3.運動能力の限界
同じく筋肉が入らなくなるまで関節肢の殻が厚くなった時点で節足動物は動くことが出来なくなります。
「デブは歩きにくい」理屈で、関節肢で運動できる重量の限界もあります。

浮遊生物に転向すればこの限界を超えられますが、節足動物のボディデザインでは軟体動物より速く泳ぐことが不可能なので、成長する前にタコや魚の餌食になってしまいます。
巨大化への地平は厳しく遠いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳細かつ専門的なお答え有難う御座いました。よく理解できました。
 
 これからも宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/10/19 21:41

「最大の節足動物」で検索をかけてみたところ、こんなのを見つけました。


http://nx.fish.gr.jp/CD/3d/room2/txt_html/5-Ekou …

かつて生存した「ウミサソリ」は体長2メートルにもなったらしいです。

地上の方の最大は、記憶では「メガネウラ」だったと思います。体長は約70cmだったと記憶しています。

脊椎動物に比べると小っこいですが、その理由は #1,MasterJAKEさまがお書きになったとおりだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご返答有難う御座いました。面白いお話ですね。早速拝見しました。

 これからも宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/10/19 21:37

節足動物は外骨格ですよね。


自分の体を支えるのにあの硬い体を使っています。
しかし身体を大きくするためには脱皮しないといけません。
脱皮した瞬間は身体が柔らかいため大きくなる事が出来ますが、
逆にいうとあまり大きな体重は支える事が出来なくなります。

ですから水生の節足動物は陸生の節足動物より大きくなる事が出来ます。
浮力によって体重を支える事が出来るからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご解答有難うございました。よく理解できました。これからも宜しく

 お願い致します。

お礼日時:2001/10/19 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫舌と言われるように、一般の動物は、暑いものも冷たいものも避けますね。しかし、人は、暑いコーヒーも冷

猫舌と言われますように、一般の動物は、暑いものも冷たいものも避けますね。
しかし、人は、暑いコーヒーも冷たいかき氷も、喜んで飲んだり食べたりします。
人は、舌などの生体や味覚が、普通の動物と異なってきた、のでしょうか?

Aベストアンサー

すっぱいものは腐敗の味、苦いのは毒の味です。
それでもヒトは好き好んで食べます。

動物的に違うのではなく、知識と知恵を以て、あえてそこに楽しさを見出したのです。

Q汗をかく動物とかかない動物

汗をかく動物とかかない動物

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6013940.html
この質問に回答をいただいている時おもったのですが、
たしかに汗をかかない犬のような動物がいます。
各動物で汗をかく、かかないで分類できる人いますか?

系統分類学上からの視点でもいいですし、進化とかの観点から
コメントできる方も歓迎です。

この動物は汗をかかないという単発の回答でもうれしいです。

Aベストアンサー

黒人は白人や黄色人ほどには汗をかきません
ほとんど汗をかかないのに皮膚は冷たいのです

Q脱皮でなぜ体が大きくなれるのでしょうか?

昆虫の成長(体の大きくなり方)の仕方が知りたいのですが,どの本にも,「昆虫は脱皮により体を大きくしている」という記述しかありません.素人の想像では,脱皮しても皮一枚分しか大きくなれないと思ってしまいます.カイコの幼虫などをみたことがあるのですが,四回くらいの脱皮で始めの状態からそうとう大きくなっていますが,皮四枚分の大きさには思えません.新しく出来た皮になにか仕組みがあるのでしょうか(伸縮するとか)?

Aベストアンサー

“脱皮”を終えたばかりの昆虫の外殻は、脱ぐ前の殻と比べてずいぶんと柔らかいのです。
この“柔らかい”時が大きくなれるチャンスです。脱皮の直後は色も白っぽく、本来の体色ではありません。
時間が経つと殻も硬化し、色も本来のものになっていきます。
こうなると、もう大きくなる事ができなくなります。
ですから、サイズ的に成長できるのは“脱皮”の後の限られた時間しかありません。
イメージ的には、“脱皮の後に膨れる”と言った感じでしょうか。

Qなぜ動物たちはこうもきれいに死んでいくのか

ふと思ったことがあります。
私は、カラスや鳩あるいは犬や猫の死骸を見たことが殆どありません。
海に行っても魚の死骸を見たことはない。
なぜ動物たちはこうもきれいに死んでいくのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは☆

犬・猫に関しては、野良が少なく、家庭で飼っている状態です。当然、死期が近くなり、弱ってくる状態となれば外に出ず、家で過ごします。結果として、外部の目に触れることなく死を迎える形となるのではないでしょうか?猫などは、死期が近くなると、人知れずひっそりと…なんて聞きますが…。

カラス・鳩に関しては、自分達のねぐらで死を迎える事が多いのではないでしょうか。当然、そのねぐらは人たちの目にふれるような場所ではありません。結果、死骸を見る事なく、自然の節理に従って捕食されていくのであると思います。

魚の死骸は、海に入らないと見つけられません。同時に、海には多くの生き物が生存しております。プランクトンに始まり、クジラまで、多数の生き物が存在します。死を迎えたと同時に、食物連鎖で多くの生物に捕食されます。これもやはり見る事が難しいのではないでしょうか?
ですが、魚に関しては、天変地異?等で、謎の大量打ち上げがニュースに取り上げられます。それ以前に、意外と海辺を探せば、魚の死骸は見つかりますよ☆

動物達は、元気な時はあちこちと動き回り姿を見かけます。ですが、人間同様、死期が近くなれば活動能力が低下し、本来の棲み処からの移動も少なくなるのではないでしょうか?結果、人知れず、ひっそりと最期を迎えるのかと思います。

こんばんは☆

犬・猫に関しては、野良が少なく、家庭で飼っている状態です。当然、死期が近くなり、弱ってくる状態となれば外に出ず、家で過ごします。結果として、外部の目に触れることなく死を迎える形となるのではないでしょうか?猫などは、死期が近くなると、人知れずひっそりと…なんて聞きますが…。

カラス・鳩に関しては、自分達のねぐらで死を迎える事が多いのではないでしょうか。当然、そのねぐらは人たちの目にふれるような場所ではありません。結果、死骸を見る事なく、自然の節理に従って捕食さ...続きを読む

Q動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、

動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、人間や他の動物や同種の動物の友達とテニスしたり、映画館で映画観たり、動物がオリンピックに出られたり、動物が職業に就けるような夢の世界を作ったら、ノーベル賞は貰えますか?その他にも貰える賞等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

残念ながらそれが起こると大戦争が起き、知的生物は壊滅します。現在でも人種差別問題で町中で頻繁に人間が射殺されます。全ての知的生物が一瞬のうちに混ざるならともかく、群れを作って住む様になると互いに反目しあい耕地や水を取り合い、産業を取り合い、さらに騙し合い、兵器産業は戦争をあおります。最終的に核戦争になり齧歯類の様に地下で生き延びられる種族を残して地上は荒れ果てます。悪い事に、この齧歯類レベルの連中は直ぐに知的生物に戻ってしまうので、これを幾度繰り返すか分からないのです。言葉が通じ合わないから平和なのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報