某巨大掲示板で数年以内に
インドネシア・ジャワ島沖で
M9超の巨大地震の再来すると(あるいはM10に匹敵する規模)
書き込みがありましたが本当に来るのでしょうか?
もし来るとしたら
どのくらいの海底断層が動いてしまうのでしょうか?
どのくらいの津波がやってくるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

前回の地震の震源と同じところで数年以内に巨大地震が再来するというのは可能性としてはほとんどありません。


ただ、前回の震源の周辺地域ではさらにひずみがたまってしまっていますから近いうちにかなり大きな地震はおきるかもしれません。
しかし、それについてはいつ、どこで、どれくらいの地震が起きるかの予測はできないでしょう。
日本でも東海地震に備えてかなり密に観測していますが、いつ、どれくらいの規模でおきるのかはわかっていません。ただ規模についてはこの程度になるのではの予想くらいはありますが。
    • good
    • 0

研究者が地震に関してそのような発表をすることが多々あります。

しかし当たることはほとんどなく、現在の科学では地震の予知はほとんどできていない状態です。"予知できない"と言っても過言ではないと思います。そのためその情報も言ってみれば当たる可能性が非常に低い(信憑性の低い)ものだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨年12月末のスマトラ島沖巨大地震ってどのくらいの海底断層が動いたの???

昨年12月末のスマトラ島沖巨大地震ってどのくらいの海底断層が動いたの?
これと同程度かそれ以上の規模の地震って今後どこで発生する可能性
があるのですか?詳しくお願いします。。。

Aベストアンサー

今回の地震は断層の長さは約1000kmです。
これ相応の地震は、最悪の場合次日本で起きます。
高知沖の南海トラフが動けば、400kmの海底断層がうごきます。南海地震だけでは、これくらいですが、東海地震、東南海地震を併発してしまうと、1000kmはいきます。実際、過去の南海地震で、遅かれ早かれ併発がしたことがあります。南海地震では、高知で死者2万人といわれてて、津波も高いところで、16m。津波は回り込むので愛媛、徳島でも8m~10mの津波が来るところがあります。津波50cmで人は死に、2mで木造家屋、6mで鉄筋の家は潰れます。そう考えると
併発すると東海地方や紀伊半島でも死者や倒壊により、5万人はいくのではないでしょうか。
確率的には、30年後に50パーセントで南海地震が起きるそうです。
あと確率は低いですが、中央構造線といって大阪らへんから、九州まで断層が通っております。これが動けば、愛媛にある原子力発電が破壊されます。第二のチェルノブイリに日本はなるでしょう。原子力発電所は地震対策万全といっておりますが、原子力発電所を管理しているのはただのビルです。壊れないわけがありません。
太平洋の面している国や島は、プレートにより地震が頻繁におきてます。なので、大きな地震はいつ起きても
おかしくありません。特に日本は地震大国といわれるだけあって、断層だらけです。
寝るときは、靴をそばにおいておきましょう。にげることができないので・・・・

今回の地震は断層の長さは約1000kmです。
これ相応の地震は、最悪の場合次日本で起きます。
高知沖の南海トラフが動けば、400kmの海底断層がうごきます。南海地震だけでは、これくらいですが、東海地震、東南海地震を併発してしまうと、1000kmはいきます。実際、過去の南海地震で、遅かれ早かれ併発がしたことがあります。南海地震では、高知で死者2万人といわれてて、津波も高いところで、16m。津波は回り込むので愛媛、徳島でも8m~10mの津波が来るところがあります。津波50cm...続きを読む

QM9クラスの超巨大地震が宮城県沖で起こるって本当?!

タイトルにありますように
M9クラスの超巨大地震が宮城県沖で起こるって本当ですか?!
2chで見ましたがw

Aベストアンサー

なにかあると出てくるアオリのようなもんです。
2ch!情報ソースがウスターだかトンカツだか判らんようなものに振り回されないでください。
起こるのか、起こらないのか。起こるなら何時か。
だーれも予測なんか出来ていないんですから。

惑わされるな!そして、備えあれ!ですよ。

Q【M9超巨大地震】M9が想定できぬ理由!

http://www.asahicom.jp/digital_pr/article_images/TKY201107310159.jpg

1、想定宮城県沖地震のちっぽけな震源域ばかり気をとられていた
2、日本海溝のプレート境界はチリ型マリアナ型の中間のタイプ
3、津波堆積物の痕跡があり巨大地震の可能性が示されていた
4、宮城県沖が大きな地震を起こす可能性がある結合力が強いプレート境界が広がっていた


これは最新の研究成果なのですか?!

Aベストアンサー

貞観地震については、1990年頃から巨大な津波が仙台平野を襲ったのではないかという研究報告がなされてきました。本格的に研究が始まったのが2005年頃からです。
ボーリング調査などを用いて徐々に全容が明らかになってきたところでした。最新の研究成果です。

参考URL:http://unit.aist.go.jp/actfault-eq/Tohoku/press.html

Q巨大津波、千年に一度?って本当ですか?

北海道大の平川一臣特任教授が、腰半分ほど、掘って、その痕跡を見つけたそうです。

信じられない理由

1.平川一臣特任教授は、原発の立地に携わる、原発によって恩恵を受けてきた人物であり、「巨大津波は千年に一度」という固定観念を与えることで、「もう津波は来ない。原発は問題ない。」というように、人々の考えを操作しようとしているのではないでしょうか。

2.写真のように、たった、腰半分ほど掘っただけで、分かることが、今まで分からなかったのでしょうか。

3.「千年に一度」という言葉は、今まで、何の理屈も無く使われてきました。その言葉に、科学的根拠を与える訳ですが、ちょうど、「千年に一度」、となる証拠が出てきたことが、怪しすぎます。

近年、世界各地で巨大津波が起こっていますが、日本で、巨大津波が、千年に一度って、本当ですか?

Aベストアンサー

学者さんがどれだけ命をかけようと守れ無かった命がたくさんあるのに
そのあとこんな結果を出してきたところで「今更なにをいう」と思うのは必然です。
10m津波なんて6~70年前くらいだって三重県や和歌山のあたりにきてますよ。
父の友人の多くはなくなったそうです。今回の震災でやっと父は口にしました。
どこから巨大津波なのかは存じ上げませんが、このタイミングでこういうことを発表すること自体、遺族のいたたまれない気持ちのわからない学者さんか、「想定外」の根拠を数値化しようとするお手伝いかと思われるのはいた仕方ないんじゃないでしょうか。もっと昔から提言していたのなら別だと思いますが。

六千年に六回というのは私も読みました。
それを千年に一回と考えるのは浅はかなことでここから千年大丈夫だと誤認する人もいるのが日本人の認識レベルです。報道の態勢を疑問視すべきで、学者の調査結果は防災に役立ててくれればいいですがこのタイミングでは売名、研究費狙いかと疑われるのでそういう気がないならもっと報道を制限すべきだと思います。

Qi茨城県沖で巨大地震?それとも群発地震?!

さっきからグラグラ揺れまくって嫌な予感がする地震ちゃん達w
i茨城県沖で巨大地震がおこるのですか?それとも群発地震?!

Aベストアンサー

こんにちは。

今の所マスコミも予知連も動いていないです。

が、過去の地震も誰も動かないまま大きなのが来ましたので、

1.覚悟をしておく
2.食料・水を確保
3.避難場所を確認
4.揚げ物等をしない

等、予防線を張っておきましょう。
って、私も水を買い足しに・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報