ウエスタンブロットを行い、メンブレンに転写し、ブロッキングしたあと、
フィルムに感光してバンドを確認してるのですが、その際、バックグラウンドが
濃くなり、バンドがきれいに見えません。何かいい方法はないでしょうか。
メンブレンのメーカーや種類が関係してるのでしょうか?メンブレンはニトロセルロースで、アドバンテックを使用してます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

いくつかあげてみますので興味があれば試してください。


バックが高くて真っ黒になってしまうのですよね?

1.ブロッキングの濃度を上げる。
2.2次抗体の濃度を減らす。
3.2次抗体の反応時間を短く。
4.1次抗体を4度でオーバーナイト。
5.高いけど一部のモノクロで売られているHRPつきのものを使う。
6.ウォッシュの回数と液量を増やす。
7.2次抗体の前にもう一度ブロッキングを入れる。
8.ECL+つかっているならECLに変える。感度は下がるが見えるものは見える。

まだまだありそうですがとりあえず。
実用的なものから、そんなに効果が望めないものまであります。
順番は関係ないです。

2,3,5,8あたりは試しても良いかもしれません。

個人的にはPVDFよりニトロセルロースでバックが少ない気がします。
クルードサンプル、免沈サンプルだとどうしても汚くなります。
検出限界まで量を減らしてバックを減らすこともありますがというていど。

研究にさわりのない程度の情報を書いてくだされもう少し絞れるかもしれません。

この回答への補足

ブロッキングの濃度は、5%スキムミルク
2次抗体は1000倍で、室温1時間インキュベートしてます。
ウオッシュはPBSで10min3回程度です。
初歩的な質問かもしれませんが、ECLとは何ですか?

補足日時:2001/10/18 19:16
    • good
    • 0

まだ回答を締め切っていないので補足です。



メンブレン染めるときは、NCならCBBはだめですよ。
溶けます。たまにやっちゃう人がいます。

ポンソーSで染めましょう。長期保存にはCBBがよいです。
PVDFなら大丈夫。

私はうまくいかなかったときのチェックのために
ゲルも残しておいておかしいときは染めます。

メンブレンも明らかな時以外は染めるようにしています。
(手間でないから)

できるだけ原因は詰められるようにしておきましょう。

あと回答も適当なところで締めてね。
    • good
    • 0

ECLについては参考ページを参照してください。



WashにTween 20は入れてないのですか?
私はファイナル0.05%で入れてます。
TBSを使っていますが変わらないと思います。

参考ページにいろいろいろありますのでそちらも参考に。

経験ですが、メンブレンをあとで染色してみて、レーンが
塗りつぶされているほどタンパクをのせているとどうしても
黒くなります。検出できるならばタンパクを減らすことでバックは落とせます。
バンドがラダーに見えているぐらいまでならほとんどバックなしです。
長焼きすると黒くなりますけどね。

何かありましたらまたどうぞ。

参考URL:http://www.jp.apbiotech.com/products/kouryaku/Ch …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。
早速、やってみます。
メンブレンを染色するのはいい方法ですね。
また、他の実験もしてるので何かありましたら
聞くと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/19 22:15

今はニトロセルロースより、PVDF膜が一般的なのではないでしょうか。


ニトロセルロースの使用経験はありませんが、
バックが高く、膜の強度が弱いということを聞いたことがあります。
バンドの出るべき高さはわかっているのでしょうか?
もし、メインの出るべきバンドがあるなら、
露光時間の調整だけで対処できる可能性はあると思います。
もう少し情報(状況)を追加してください。

この回答への補足

ブロッキングの濃度は、5%スキムミルク
2次抗体は1000倍で、室温1時間インキュベートしてます。
ウオッシュはPBSで10min3回程度です。
認識バンドは30kD付近です。

補足日時:2001/10/18 19:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウエスタンブロットのメンブレンの保存方法を教えてください!

ウエスタンブロットをしています。後でリプローブをしたく、メンブレンを保存したいのですが、どのように保存するのがいいのでしょうか?
乾燥させたり、-20℃で凍結させたり…と言う人もいますが、TBS-Tにつけて4℃で置いておくのは問題あるのでしょうか?
また、どのくらい保存できるものでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

タンパクがあると腐りやすいのでリッストリッピングバッファで抗体とブロックに使ったBSAを除去したのちに、よく洗浄の後TBS-TあるいはPBSでも構いませんが、乾燥しないようにハイブリバッグでシールして4度で保存します。また、その際0.025%程度のNaN3をいれておくと腐敗も防げます。最長記録では1年後にもリブロットで綺麗なバンドが出ました。

Qウエスタンブロット転写ではボルト、電気泳動はアンペア

こんにちは、よろしくお願いします。

仕事で電気泳動、ウエスタンブロットを行っています。

素朴な疑問なのですが、電気泳動で流すときは定電流(mA)で流し、
ウエスタンブロットで、ゲルからメンブレンへ転写するときは定電圧(V)で流すのはどうしてでしょうか?

どうしても分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう決まりはありません。逆のこともあります。
また、定電力(VA)で行うという選択肢もあります。

定電圧にしろ定電流にしろ、実験の条件を決めて、適当な条件を再現できればいいのす。

私はいつも逆で、電気泳動を定電圧、ブロットを定電流でやります。どちらも、通電しているうちに抵抗が下がって電流が流れやすくなります。ブロットはかなり大きな電流が流れますので、定電圧でやっているとそのうち、パワーサプライの容量を越える電流が流れて、安全装置が働いて止まってしまうからです。

Qウエスタンブロットについて

質問させてくださぃ!!

ウエスタンブロットの
ブロッキング→1次抗体をつける→2次抗体をつける
という流れを詳しく教えてほしいです。
ブロッキングはスキムミルクをT-TBSに溶かしたものをタッパーに入れて揺らしたらいいんでしょうか??
1次抗体はラップを引いてその上に1次抗体とキャンデットシグナルをたらしメンブレンをつけるので合ってますか??
2次抗体はどのようにつけるのでしょうか??

間に挟むWASHについても教えてほしいです。

よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

ブロッキングは5%スキムミルクや5%BSAが一般的かと思いますが、抗体によります。抗体の説明書に何か書いてあればそれに従ってください。リン酸化抗体などの場合はスキムミルクは避けた方がいい場合もあります。
T-TBSはTBS+Tween20のことでしょうか。ブロッキングはその方法でOKです。
「キャンデットシグナル」というのは聞いたことがないのですが増幅剤か何かですか? 1次抗体も2次抗体も、ブロッキングと同じようにタッパーか何かに入れて揺すればよいです。ただ、その場合必要な抗体溶液が多くなってしまいますので、減らしたければハイブリバッグなどを使うといいでしょう。ラップに付けただけだと抗体の反応ムラが出るかもしれません。
抗体反応後の洗浄はタッパーに入れて揺すりながらT-TBSで5分x3回くらい行ってください。

Qウエスタンブロットと免疫染色について

同じ抗体と細胞を用いて、ウエスタンブロットと免疫染色をした場合に、ウエスタンブロットで反応があっても、免疫染色では反応が見られないなどということが起こったりするのでしょうか??ご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

そんなことはよくあります。
問題はエピトープがどこか、細胞内ではどうなってるかということが重要だと思います。エピトープ部分が立体構造では内側にたたまれているようではウエスタンでは検出できても免疫染色では反応なしです。

どのメーカーの抗体表を見てもWB、IP、ICなどどのような実験に用いることができるかが書いてあります。WBはできてもIP、ICができないものは結構多いですよ。

Q固定した組織のウエスタンブロット

動物に起炎物質を投与してそこで発現する蛋白の免疫染色を行っています。しかし凍結切片を作製して染色してもうまく染めることができません。起炎物質の失活か、投与ミスか、あるいは抗体が古いためにラベルが外れたのか、発色工程に問題があるのか原因が不明です。
そこで、固定ずみの凍結切片(4%PFA、OCTで包埋済み)をブロックから切り出してウエスタンで目的のものを確認できないかと考えていますが、一度固定した組織片をミクロトームで薄切し、その薄切片をSDS/DTT存在下でsonicationあるいはboilなどで可溶化し、目的蛋白の発現を確認することは可能でしょうか?固定しているので、もはや可溶化することはできないでしょうか?
Vehicle投与群と起炎物質投与群の間で差があれば、再度免疫染色を再検討しようと思うのですが。ご経験のある方のご意見がいただければ幸いです。

Aベストアンサー

おそらく組織も全く違うと思いますし、私の場合はTCA固定したものですが試みたことがあります。

やるだけ無駄でした。

sonicationではなくホモジナイズでしたが、黙視できるほど可溶化してませんでした。また、ウエスタンの結果のわけわかりませんでした。

>起炎物質の失活か、投与ミスか、あるいは抗体が古いためにラベルが外れたのか、発色工程に問題があるのか原因が不明です。

このような状況では、さらにどつぼにハマる気がします。
私だったら、ウエスタンでやるなら再度サンプルを用意して固定などせず
そのままサンプルにすると思います。
急がば回れかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報