現在有限会社の代表取締役の友人の件です。
会社の負債が銀行(事情資金の借入)及びリース料で合算で4500万円あり(すべて彼自身が個人保証)、個人名義の負債も500万円程度あります。
会社の負債について友人や親族を連帯保証人にしているものもあります。
当初は税理士・弁護士と相談のうえ会社及び個人の破産を考えていたのですが保証人に迷惑がかかることと、現在の事業の業績が多少上向いてきたので、事務所の規模を縮小し、従業員にも辞めてもらい、彼個人が営業及び製作の仕事をすることで
事業計画をたて弁護士介入事案の「債務整理」の最中です。
しかし結局あてにしていた仕事が入らず和解に応じてくれた債権者への支払いも不可能になりそうです。
今あらためて弁護士・税理士に相談していますが保証人に迷惑をかけたくないし、今まで築いた信用は失いたくない、ということで破産をいやがっています。
弁護士からのアドバイスは
(1)個人も会社も自己破産する。この場合個人及び会社に資産がないので個人は
同時廃止、会社は少額管財事件が可能ではないか。
(2)個人は自己破産する。会社の代表からはしりぞき、会社は存続させる。
会社の負債を保証している分は免責をうけられるか、会社の負債4500万円に
ついては「債務整理」でいく。
(3)あくまで破産はさけ「債務整理」の月額原資を見直し、再度和解交渉する。
のいずれかといわれたそうです。
そのうえで保証人に請求がいくことはさけられないので、保証人に弁護士をたて、保証人は「債務整理」でいく(保証人は不動産があるので破産はさけたいが、抵当権がついていないものも、裁判に負け執行もありうるので弁護士介入の方がよいそうです)ということでした。
彼自身どうすればいいか精神的に参っており、弁護士・税理士の言うことの判断
もつかないようです。
何かよいアドバイスのある方がいればお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

topangaの友人のような人が現在大勢います。

なにしろ、30兆円の不良債権があると云うのですから、ハンパではありません。
その友人は、技術者で責任感の強い人なのでしよう。ですから、自分一人で悩み、自分一人で解決しようとしているのでしよう。体をこわしますヨ。 一番大切なことは、言葉は悪いですが一種の「開き直り」です。そのためには、強制執行が可能かどうかを見極める必要があり、もし、強制執行が不可能なら、返済は決して早めないことです。例えば、返済ができなければ債権者は当然保証人のところえ行きます。その場合、その保証人に不動産などの財産があれば差押、競売、そしてその不動産は他人の手にわたるでしよう。そのようなことが考えられるなら放置はできません。しかし、その友人に、これと云った財産がなく、差し押さえる物が動産などしかないなら債権の回収は不可能です。友人だけでなく保証人も同じです。そのような債権者の返済は後回しでよいわけです。つまり、債権者によって支払先そして支払順序を変えます。決して、全ての支払いをしようと考えないことです。今すぐ返済しようと考えないことです。それより、今の技術を生かし一生懸命仕事をすれば社会は認めてくれるでしよう。
次に、私は、破産宣告は反対します。何故なら、破産するにもお金がかかりますし、後々、資格や免許、名誉など影響します。遠い将来も考えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
tk-kubotaさんの回答を友人に伝えました。
保証人には不動産の財産と相当の預金があるそうで、債権者もそれを知っている
ようなので、保証人に迷惑がかかるので、何とか破産をさけたいと思っていた
ようです。
しかし現状ではもはや彼一人の力では事業の建て直しは難しそうです。
税理士・弁護士とともに何とか解決の道を探していくとのことです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 20:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人での債務保証について、司法書士法人や税理士法人でも法人の保証を行うことは可能でしょうか?

法人での債務保証について、司法書士法人や税理士法人でも法人の保証を行うことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

司法書士法人や税理士法人が 関連会社の保証人になれない理由はありません。ある会社が関連会社の保証人になれるのとまったく同じです。
ただし、現実には 関連会社の保証では保証にならないとして 相手側が拒否する可能性が大です。これは司法書士法人や税理士法人でも 会社でも同じです。

Q会社債務への個人保証

伯父は閉鎖的な会社の社長をしており、
会社の借入には当然個人保証をしております。
今般事業の継続を断念し、会社の整理を考えている様ですが、
実際には債務超過の状態にあるようです。

伯父も自身の預貯金等でそれなりの穴埋めをする覚悟はあるとのことですが、
家屋敷等の最低限の資産だけでも守る手段はないだろうかと悩んでおります。
土地建物を配偶者名義に(贈与)する等の手段があるという話を聞きますが、
実際には効果があるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 補足質問のような状態であれば,確かに犯罪の可能性は低いとも思えます。
 最初の質問ではもっと切迫しており,近々に事業閉鎖するようなニュアンスに読めたものですから。

 参考までに記しますが,仮に破産に追い込まれ,その手続開始に至った場合,民法の詐害行為取消権と同様の趣旨である破産管財人の否認権を行使される可能性があり(破産法72条),同条5項で6ケ月以内の無償又はこれと同視される有償行為がその対象となっているので,この期間持ちこたえられるかどうかということも1つの基準になると言えばなります。
 また,最近の事例として大手百貨店のそごう破綻の際に前会長の行為が問題とされました。このケースは,民事再生という法的処理があったためと考えられますが,参考になると思います。
 
 また,一般論ですが犯罪というのは,どうしても相対的なところがありますから,犯罪行為である,又は,無いと断定し難いというのは否めません。ただし,債権者の立場からすれば,事業継続断念を検討している最中での行為と知れば,財産隠匿したと捉えて当たり前だと思います。

Q会社の保証人になっていて、この会社が負債を抱えて倒産、廃業した場合の負

会社の保証人になっていて、この会社が負債を抱えて倒産、廃業した場合の負債はこの保証人に行くのでしょうか?弁護士に相談したところ先ずは自分の持ち家を子供の名義に変えておいた方が良いと変更はしております。保証人がサラリーマンでそれほど財産も無い場合、債権者もあまり債権回収は望めないとも聴かされました。世間では保証人になったから人生がドン族になった話はよく聞きます。会社は自宅兼工場です。これは抵当に入っているので銀行に取られますが、その後の金額は保証人にどこまで行くのでしょうか?

Aベストアンサー

建前上の話としては、連帯保証人は債務者と同等の責務を負うので、債権者は債務者と連帯保証人、どちらでも取りやすい方から取ることができる、ということになります。ここが連帯保証人と普通の保証人の責任の重さが違うところです。
従って、保証人から取れるだけ取って、保証人は最後には自己破産するというケースも多いです。

しかし実務上の話としては、連帯保証人に十分な保証能力がないとか、保証債務を履行させるのに多額の費用と手間がかかるような場合は、そこそこのところで手を打つこともあります。
ただしその場合、債権者は不良債権を処理するために『けじめ』が必要になります。つまり債務者、保証人ともに自己破産してこれ以上はどうしようもない、といった理由付けです。

いずれにしても、連帯保証人になった以上重たい責務を背負っているのは事実です。

>先ずは自分の持ち家を子供の名義に変えておいた方が良いと・・・

これは『詐害行為』になる可能性があります。債権者がその旨訴えると、詐害行為として名義を元に戻させられる可能性が大です。

Q自己破産した会社の連帯保証人になっているのですが、自分も自己破産以外に対処方法はありますか?

義父の会社が倒産し自己破産をして整理しましたが、義父と叔父が連帯保証人になった銀行債務が数件で8000万ほどあります。
現在、残債務の件で保障協会から支払いの督促が来ていますが、会社倒産時に財産も整理しているので多額の支払い能力はありません。
それでも、年金の中から少しずつでも返済をしていきたいと義父は考えております。
会社の倒産時にお世話になった弁護士さんは、義父に自己破産を勧めますが、年金生活の義父に自己破産させたくありません。
自己破産せず、少しずつ死ぬまで返済させる・・・という考えは無理なんでしょうか?

どうか宜しくお願いします。

義父は弁護士を立てており、叔父は立ててません。

Aベストアンサー

相手によりけりですが、相談すれば可能性はあります。

めぼしい財産がすでに無いという前提ですが、例えば月々5000円の1000年払いなんていうのも”有り”です。

ただし、義父が亡くなったときには相続放棄の手続をしてください。

Q自己破産や債務整理のノウハウ

自己破産や債務整理を困ってる人に教えてあげる商売をしたい場合、なにか資格が必要ですか?弁護士、司法書士でないと代行をしては法律に引っかかりますか?相談(借金コンサルタント?)みたいな感じもまづいですか?

Aベストアンサー

私の知り合いで、商売ではないですがよくその手の相談に乗ってくれる人がいました。
で、一度私もその人に相談したことがあったのですが、結局あとから弁護士さんに相談したところ、「こういう問題は素人が半端な知識で対処すると大変なことになるよ」と言われました。

頼む側からすれば、法的処理が中心なのでやはり弁護士か行政書士などのプロでないと怖いと感じるものだと思います。


>弁護士、司法書士でないと代行をしては法律に引っかかりますか?

しかるべき手続きを踏んで、処理を行う分には特に弁護士でなくてはいけないことはないと思いますが、どちらにしてもその処理の過程において弁護士や行政書士の力が必要になる局面が多いと思います。

つまり、どのみち弁護士や行政書士にお金を払うハメになるので、顧客からするとわざわざ仲介役を間に入れるメリットがないと思われます。

特に、借金の整理などは下手をすれば刑法に触れるようなことにもなりかねないので、法律のプロでもないのにこういった商売を始めることはオススメできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報