茨城大学の推薦入試は去年から始まったので、なかなか情報が集まりません。ちょっとのことでもいいので教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

茨城大学のHPです。


参考にしてみてください。

参考URL:http://www.ibaraki.ac.jp/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速調べてみたところ、いろいろな情報が手に入りました。これからがんばっていきま~す!!

お礼日時:2001/10/19 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今専門学校電気科の一年生で高校からそのまま入ったので19才です。 二年生にあがるともう就職活動が始ま

今専門学校電気科の一年生で高校からそのまま入ったので19才です。
二年生にあがるともう就職活動が始まったりと進路決定をしなくてはなりません。
そこで自分は手に職をつけるためにここに入りました。つまり電気主任技術者(ビル管理や乙四、ボイラー、電気工事士なども資格とる)として、働くことになると思うのですが、正直本当に大丈夫なのか、自分は電気の仕事をやったことがないので本当にやっていけるのだろうか、もし、自分に合わなかったらビルメンで生きていくしかないのか(学歴もないので電気業界の他に転職するとしたら応募条件で大卒があるところは多いのでどうしようもなくなる)

これらの理由から専門学校電気科卒業後大学に進学するというのはどうだろうかと思いまして質問しました。自分は研究はあまり好きではなく学問としては経営学や商学に興味がありかつ高校では数iibまでしかやっていないので文系志望である。高校の偏差値50程度。

社会にでたら40年間働くのでそんなすぐに出なくてもいいのではないか、しかし専門学校は理系なのに大学は文系だと変だと思われるのか色々と心配ごとがあります。専門学校はあっというまで(資格が取れるのはとてもいいですが)もっと教養を身につけてから社会にでてもいいのではないかと思い始めていてどうすればいいのかアドバイス頂けますか?

今専門学校電気科の一年生で高校からそのまま入ったので19才です。
二年生にあがるともう就職活動が始まったりと進路決定をしなくてはなりません。
そこで自分は手に職をつけるためにここに入りました。つまり電気主任技術者(ビル管理や乙四、ボイラー、電気工事士なども資格とる)として、働くことになると思うのですが、正直本当に大丈夫なのか、自分は電気の仕事をやったことがないので本当にやっていけるのだろうか、もし、自分に合わなかったらビルメンで生きていくしかないのか(学歴もないので電気業界の...続きを読む

Aベストアンサー

>自分は研究はあまり好きではなく

ならば、大学への3年次編入はお薦めしません。
定員割れを補充するような臨時募集の編入ではなく、毎年一定数を受け入れる編入制度を設けている大学では、主に短大や高専出身の優秀な学生に門戸を開くことを目的としています。3年次で編入した場合、すぐにゼミは遺族になって、卒論に取り組むことになります。卒論は、入門編とはいえ、研究です。
編入はたいてい面接試験がありますし、面接では編入後の具体的な学習や研究の希望と意欲を見られますよ。

>専門学校は理系なのに大学は文系だと変だと思われるのか

「なんで経営学や商学に興味があるのか」をきちんろ説明できるのならば、そこは特に問題ではありません。
まず問題となるのは、あなたの専門学校で志望大学の編入試験の受験資格があるのかどうかということ。ひとくちに専門学校と言っても、大学に編入できる「専修学校」の条件を満たしているかどうか、個別に大学に確認しないといけません。
また、習得済みの単位数とその内訳が、受験資格でNGとなることもあります。これも大学によって条件がかなり異なるので、個別に確認すること。
受験資格を満たして、合格できたとして、専門学校で取得した単位を合格した大学の単位に読み替えるわけですが、電気科の専門学校で取得した単位のうち、文系の4年制大学の必要単位に読み替えられるものは非常に少ないと思います。これが短大や四年制大学の2年時修了からだと、読み替えが比較的簡単なのですが、専門学校はかなり難しくなります。しかも分野が違うとなると、かなり厳しいです。
もし合格できたとしても、3年次ではなく2年次への編入しか認められないとか、3年次に編入できても残り2年では卒業できない(未履修の単位が多すぎて、時間が足りない)可能性が高いです。学部の1,2年次で履修することになっている、経営学や商学の入門科目が設定されていることも多く、それを履修していない場合は専門課程に進めない、という対応を取るところも多いですよ。

大学では1,2年次に主に教養科目を履修し、3年次からは専門課程に入ります。「教養を身につけてから」というのであれば、3年次編入は向いていません。編入したら即、専門課程が始まり、教養とか言っている場合ではなくなるからです。
モラトリアムを兼ねて大卒資格が欲しいならば、同じ専門分野で3年次編入を目指すか、普通に1年次から一般受験するか(通学制でも通信制でも)、が妥当かと思いますよ。

>自分は研究はあまり好きではなく

ならば、大学への3年次編入はお薦めしません。
定員割れを補充するような臨時募集の編入ではなく、毎年一定数を受け入れる編入制度を設けている大学では、主に短大や高専出身の優秀な学生に門戸を開くことを目的としています。3年次で編入した場合、すぐにゼミは遺族になって、卒論に取り組むことになります。卒論は、入門編とはいえ、研究です。
編入はたいてい面接試験がありますし、面接では編入後の具体的な学習や研究の希望と意欲を見られますよ。

>専門学校は理系なの...続きを読む

Qセンター無しの推薦入試かセンター有り推薦入試か?

はじめまして。
僕は名古屋工業大学を受験しようと考えている、高校3年生なのですが、センター無しで11月に受ける推薦入試か、有りで受ける、センター利用推薦入試を受けるか迷っています。

早く合格したいと言う気持ちもあり、11月の推薦にかけようかとおもったのですが、センターで8~9割ほど取れれば、センター利用の方が確率が高いのかな・・・と思ってしまって、未だに決め切れません。

成績は3年間ほぼ5で、皆勤だったので、センター利用でなくてももしかしたら…という考えがあるのですが、やはり専門的な知識を面接で聞かれたりして、答えられなかったり、小論文がこけた時が怖いので、迷っています。

どちらに出願した方がよいでしょうか?

Aベストアンサー

まず、それぞれの推薦で『募集している学科が違う』
のですが、それは大丈夫ですよね?

そのうえで、一般も受けるつもりで準備しつつ、早く結果が出て
次の対策が打てる「センター免除」のほうがいいと思います。

「センター利用」のほうは、二次試験が免除されるだけなので、
落ちてしまったときは直前で二次に気持ちを切り替えなければならず、
精神的に落ち着かないのではないでしょうか。

そもそも、センターで8割以上とれる自信があるなら、名大に
届くレベルだし、推薦で行き先を拘束すること自体が、ちょっと
もったいないような気もしますけど。

Q大学入試からAO入試と推薦入試を廃止にすると・・・

大学入試からAO入試と推薦入試を廃止にすると、どのようなことが起こると思いますか?つまり、国公立大に入学するには、全員がセンター試験を受ける必要があるということです。良い点や悪い点を教えてください。
私の周りに推薦入試を批判する人がいます。その一方で、推薦入試やAO入試で合格した人もいます。

Aベストアンサー

システムなどについてのご説明は既にあるので、本来の存在意義などについて
私の「勝手な意見・分析」を述べます。

AO入試や推薦入試は本来、「平均的過ぎる受験生」しか通らないシステムから
「自由になって」、超異能児を積極的に受け入れる、という「美しすぎるお題目」
から、取り入れられたと解釈しています。
米国の優れた大学には古くからありました、それを売り物にした大学さえ有った。

もしシステムがうまく働けば、アスペルガーや高機能自閉症の「天才」達を迎え入れる
ことが出来るはずです。だが私立大学特に早稲田大学は運営に失敗してしまった。
他の大学でもほとんどが失敗だった。それはシステムを運用するだけの「超絶的」
管理能力が無いままこの「毒薬」とも言えるものを「なんか美味しそう」と無批判に
導入したからで、もう初めから「破綻」は見えていた。
面接なら面接者は受験者の能力を「厳密に量り得る」ほとんど「天才」でなくては
ならないが、受験生はあまりにレベルが低すぎて、優秀な教授は直ぐに「苦痛」
しか感じなくなってしまった、当然最高レベルの教授は「バカばかり」の相手は
拒否するようになり、当然担当者のレベルが下がった、もう受験生の能力など測れない。

東大は「金持ちの子しか入れない」と言われるようになってからもう三十年以上経
つがそれはある意味「当たり前」で、戦後の二十年を過ぎる頃から、企業のトップは
東大卒ばっかりになった、当然子供も優秀で、親が東大なら子も東大、は至極当たり前だ。
それを受験産業のせいにするのは完全に間違いだ。もちろん受験産業の存在は無視出来ない
受験産業が爛熟する前は「進学校」「受験校」は内部の教師が校内で「実力試験」を
作り、自校の過去の実績と比較して、進学指導をしなければならなかった、自分らより
優れた生徒に出す問題を作るのは地獄だ。ちなみに私はプロフィールを隠さない、
東京學藝大学附属の出だ、私の頃教師は東大出ばっかりだった、戦争直後に設立された
学校は東大や旧帝大トップをかき集めた、だから専門のレベルは高いが、少し変な
先生も居た、だが倫理レベルが高く、問題にはならなかった。最高ではないが最良の
受験校で、おおらかな良い高校だった、蛇足だがおおらかなのを良い事に私は学校を
かき回し、先生達をウンザリさせた。
うちの高校より高いレベルの高校は非常に優秀な教師を擁し、生徒指導は非常に的確
だった。だが受験産業が熟れて最高レベルの高校が全て「全国模試」を進路指導に採用
することになると教師の巨大な負担は消えた。暴走してご免なさい。

東大が推薦入試を採用するのは知らなかったが、至極当然だと思う、上記したような
「不幸な天才」が欲しいのだ、東大は「官僚養成学校」だから、平均的な秀才ばっかり
集まってしまう。官僚をつくる文Iは良いが、キチガイが居ない、私は駒場でなんか
自分のコピーばっかり居る様でとても嫌だった、もちろん邪魔なアホが居ないのは
有り難いがつまらない。「面白い奴」が全く居ない、高校ではそれはデタラメな私の
役だった、他の奴らも自分の高校では「伝説」を作ってきたが、上部を切り取って
並べると全員が一卵性の学生になって仕舞う、だから京都に学術で常に苦汁を飲まされる、
東大の学生は潜在的に全て「官僚」だ。

だが、受験システムの変更が「実」であるか「虚」であるかは十年では分からない。
多分文Iは「乗らない」と思う、官僚がデタラメでは困るのだ、だが学究系に実が
あるのか否かはそう簡単には分からないのだ、こいつらが学位を取ってからポスドク
を経て採用され本格的に論文を書き出すのは、早くて七年、数学なら学部でもう天才
を発揮する奴が居るだろうがそれでも最短三年、物理で五年、その他の理系では二十
年経たねば全員が全力で走り出せない、文系では奇跡以外もっと長い、だから二十年
後にならねば「意味」は分らない。

システムなどについてのご説明は既にあるので、本来の存在意義などについて
私の「勝手な意見・分析」を述べます。

AO入試や推薦入試は本来、「平均的過ぎる受験生」しか通らないシステムから
「自由になって」、超異能児を積極的に受け入れる、という「美しすぎるお題目」
から、取り入れられたと解釈しています。
米国の優れた大学には古くからありました、それを売り物にした大学さえ有った。

もしシステムがうまく働けば、アスペルガーや高機能自閉症の「天才」達を迎え入れる
ことが出来るはずです。だが私...続きを読む

Q推薦入試について 推薦で大学へ進んだかたの意見が欲しいです。

こんにちは。
高2のflankです。

推薦入試についての質問です。
僕は今の時点で評定が4,5あり、
このまま行けば早慶あたりの推薦ももらえると面談で
言われたのですが、
推薦で行って入学した後に、普通に入学試験ではいってきた人たちと
違うことってあるのでしょうか。
例えば推薦ではいって来た人は何かしなきゃいけないことがあるなんてことはあるのでしょうか。
それとも、入学したあとは全く関係ないのでしょうか??

また、やっぱり推薦で行くと大学の勉強って厳しいでしょうか・・・?

返信よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
娘が指定校推薦で大学に入学しましたが,
大学に関しては,どんな入試で入ろうと,全く関係ありません。
推薦だからといって何も特別なことはないです。

ただ,指定校推薦は,推薦してくれた高校に対しての責任はあります。
指定校推薦で入学した人が,留年したり,中退したりした場合,最悪,母校に対する推薦枠がなくなったりしますので,入学した以上,きちんと勉強して卒業する責任が母校と後輩に対してあります。

言い換えれば,あなたの学校に推薦枠が来ているのは,先輩たちの実績のおかげということです。ですので,道義的には高校に対する責任というものがあるということは自覚して進学すべきでしょうね。

Q推薦入試、AO入試の出願資格

推薦入試、AO入試の出願資格で

♯高等学校若しくは中等教育学校を平成14年3月卒業見込みの者及び学校教育法施行規則第61条の2第3項の規定に基づき,平成13年4月から平成14年3月までに卒業又は卒業見込みの者

と、書いてあるのは、今の一浪目の受験生にも出願資格があるということですか?教えてください。

Aベストアンサー

今の一浪だったら卒業は平成13年3月になりますから、無理でしょう。
この平成13年4月から平成14年3月までというのは海外の学校の卒業などを含むということだと思います。

でも推薦やAOで一浪可のところはあります。
この場合、一浪まで可とかいてあったりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報