遅れながらもモーターサイクルダイアリーズ、DVDで観ました。
ご存知のように若き日のエルネスト・チェ・ゲバラがバイクで旅をしながら色々な事に触れ目覚めていく過程を描いた映画ですが、彼が後に目指した事を日本はあっさり実現していませんか? 
ゲバラは旅の途中、貧困の為医療も受けられず死を待つ老女や住む場所も無く強制労働を強いられる人々に出会い‘世の中間違っとる!!‘と革命家になっていくわけです。しかしながら現在の日本は貧富の差に関係なく平等に医療が受けられますし無一文でもCTR、MRI、ペースメーカーといった高度医療も受けられます。
また生活保護制度により労働を強制されることなく冷暖房インターネット完備の生活が‘最低限の生活‘として保障されます。
おそらくゲバラに限らず世界中の革命家、社会主義国家が目指した事だと思うのですが、さまざまな国でことごとく失敗しています。にも関わらず資本主義国家である日本が犠牲を出さず成功させたのはなぜなのでしょうか? またこの状況はこれらも維持できるとお考えですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

戦後、豊かさの平等を追求してきたからですね。

これは、階級闘争から抜け切れなかった多くの国との違いですね。戦後の、チャンスの平等は、がんばれば誰しも豊かさを享受できるということだったのですね。平均市民が豊かになれば国も豊かになり貧困は減るといういい例なんですね。貧困が諸悪の根源なんですね。ゲバラもマルクスの労働者・資本家の2極単純子供思想からぬけらなかったのですね。要するに多くの企業家が出ないと国は富まないのですね。みんな労働者となれば誰が給料払うのかということですね。みんな公務員の国であったソ連や東欧はそれに気づいたんでやめたんですよね。公務員減らして企業家を増やせばより豊かになり、福祉も継続しますよ。自由な国ですから何かを捨てればどこかで暮らせますし、貧乏を愛すことも自由ですからね。
    • good
    • 0

現在、すでに破綻しているという論もありますが、いずれにせよバブルの時期まで日本は大変余裕のある経済状態でした。

だからこそ出来たことが多いわけです。

しかし発展途上国では、そのような余裕がありません。一部の資本家以外は日々の生活にも窮しているのが普通です。だからこそ共産主義がはびこったのです。

しかし、チェゲバラはすべての場合において革命を正当化していません。チェゲバラの著作である「ゲリラ戦争」を一度読むことをお勧めしますが、合法的手段が受け入れられないとき初めて正当化されると主張しています。またテロには否定的ですね。ゲリラ戦の理論的著作としてこの本は評価できます。

おそらくチェゲバラは日本においては革命の必要性を否定するでしょう。その条件に合致しないからです。
    • good
    • 0

すでに破綻しています。


今の社会を後世への借金なしで行おうとすると、消費税は20%以上になります。
若い世代に借金を押しつけることで、かろうじて維持できているのです。

戦後の高成長の原因はいろいろありますが、共産圏を目の前にしているので、さまざまな生産や開発の需要があったことは大きいですね。
不動産の右肩上がりの状況も大きかった。
戦後0からスタートした日本の金融資産は、バブルまでは非常に高値で推移したことは、日本の資産を増やす大きな原動力になっていました。

不動産の右肩上がりの成長がなくなったので、もう無理でしょう。
団塊の誕生によって戦後がスタートし、団塊の成人と共に高度成長し、成熟期にバブルがありました。
今後は団塊の老齢化と共に日本は沈没するでしょう。

団塊の世代が、日本の成長を支えた「人」を育てることができなかったのです。
    • good
    • 0

過去の革命家は現状からの脱出(多くの場合、無知と


搾取)を計りましたが、世界共通レベルの福祉国家を
目指したのではないと思います。

日本の成功モデルがもう続かなくなっていることは毎日のようにマスコミで論評されている通りです。毎年、3万人の自殺者が出て、ホームレスが大都市に数千人単位でいる日本が果たして、ゲバラの夢を実現した国でしょうか。

国民の目の届かないところで、馴れ合い政治、利権政治が行われ、ちょっと目をはなせば、アスベスト事件のようなことが頻発する危険な体質を持った国です。ゲバラの目から見れば改革でもなんでもないだろう改革を目指した小泉首相は今や青息吐息です。これでも日本は天国でしょうか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本にも彼のような革命家がでてきませんかね?

お礼日時:2005/07/24 00:57

ゲバラが目指したのは、搾取からの開放で、貧困の撲滅ではないと思います。



キューバ革命が成功すると、ゲバラは、キューバの貧困対策ではなく、ボリビアへ向かいます。
彼が、貧困解消をめざすのであれば、キューバでの活動を続けたはずです。

ゲバラは、革命家であって、政治家ではありませんでした。
その意味で、チョット違うと思います。

日本が、最も成功した社会主義と言われたのは、過去の事で、現在は、状況が変わってきています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本の1億総中流と言われた時代も終わりですね・・。

お礼日時:2005/07/24 00:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決して共産主義が誤っているわけではない。
共産主義国家の崩壊=共産主義の誤り、というのは資本家にとって都合のいいイメージ戦略に過ぎない」



質問詳細
20世紀終盤に、ソビエト連邦、及びその周辺の東欧共産・社会主義諸国などが
つぎつぎと崩壊していきました。
また、中国も未だ中国共産党一党支配ながら、資本主義経済の導入に舵を切りました。
キューバにはアメリカ大統領が訪問し、北朝鮮は誰にも相手にされなくなってしまったので
「話のタネにミサイル発射する」という究極の”構ってちゃん状態”です。


これらの事実をもってして、以下のように論評する意見は多いです。
「共産主義とは秘密警察が個人を監視し、職場、学校、家庭内ですら互いを密告しあう狂った恐怖政治の体制である」
「”皆が平等に幸せになる政治体制”を標榜しながら、実際には一党独裁の政党幹部のみが
快楽を享受し、一般国民は彼ら党幹部を養うために貧困にあえいでいる」
「政党のトップは誰にも犯されない強大な権利を持ち、気に食わない奴は誰彼かまわず粛清する」
「民主的な選挙は行われない。公の場で政党、国家を批判することは許されない。TVカメラの前では国家および政治指導者の礼讃を強要される」

結論「だから共産主義はダメなんだ」

この意見を聞くと、ある種の人々はこう反論します。
「ソビエト、東欧の共産主義国家、社会主義国家は、それぞれの国家指導者が”共産主義に名を借りた独裁政治”を行っていた。
よってこれらの国家を共産主義国家、社会主義国家、と色分けする事自体が誤りである。
国民、もしくは外圧からの民主主義の潮流によって、独裁者が追放され、国民が独裁国家から解放されたのであって、
決して共産主義、社会主義が誤っているわけではない。
では
”なぜ共産国家は崩壊したのか? それは共産主義が誤った政治体制・思想であるからだ。
 共産主義国家が崩壊した事が何よりの事実だ”
という論評がはびこるのかというと、それは共産主義と相対する政治体制・思想である資本主義体制を
推し進める人たちによって、そのほうが都合よくイメージを刷り込みやすいからである。
では資本主義は絶対に正しい政治体制・経済体制なのか? 否である。
資本主義体制、とは
”金持ちがより金持ちになり、貧乏人はいつまでも貧乏人のまま”
”儲ける者は働かず、働く者は儲けない”
という世界である。今の日本に当てはめれば、
”親が社長なら子も社長。正社員はなんとか身分安定だが、明日は分からない。そしてハケンは一生ハケンのまま”
ってことだ。こんな社会が人間社会として許されるか? 否である”

さあ、果たして、共産主義国家、社会主義国家の崩壊は、
共産主義そのものの誤り
なのでしょうか? それとも
共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊
なのでしょうか?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決し...続きを読む

Aベストアンサー

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が行われてしまうので、共産主義の理念が狂ってしまうことになるのです。
19世紀後半以降、資本主義はこの技能労働者を必要とするようになりました。
資本主義の遅れたロシアで革命がおこったのは、技能労働者があまりいないから、まさに遅れていたからです。
遅れていた国だから、ロシアでのみ革命が起きたのです。
あの時代、共産主義はすでに時代遅れになりつつありました。

またマルクス経済学はその理論の中であまりに首尾一貫性が強すぎて、矛盾を一歩でも付け加えると破綻してしまうようになりました。
しかし実際には、限界革命のような新しい経済理論が発見されてます。
しかしマルクス経済学の無矛盾性を維持するためには、このような発見を無視するしかありませんでした。

しいていえば、マルクスの最初の着想点「資本主義には自滅する要素がある」「歴史は経済という上部構造で動いている」
という着眼点がいまだに有効だと思いますけど、マルクス理論の主要なテーマはすでに完全破綻しているといっていいかと思います。

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が...続きを読む

Q社会主義国家?社会資本主義国家?

改めて問われると良くわからなくなります。
現在 社会主義国家と言われる国はどこなのでしょうか?
中国は現在は社会資本主義国家?
定義もいまいち解りません。
もやっと してるのでその辺について教えてください。

Aベストアンサー

 生産手段の社会化が実現した状態を社会主義・共産主義と呼びます。
 資本主義では生産に必要な道具や施設(分かりやすく工場・機械と言ってもいいです)を、実際に生産活動をしない「資本家」が私的に所有します。生産者と生産手段の所有が分裂した状態ですね、これは資本主義以前にはなかった状態でした。この分裂を解消し、生産手段を生産者の集団による民主的な管理に置き換えること=「生産手段の社会化」を実現し、生産者が生産の主役になること目標にした未来社会が社会主義・共産主義のそもそもの目的だったのです。

 中国・ベトナム・キューバは実態はともかく、その「社会主義社会を建設途上」であると自称してますから、社会主義国と呼んであげてもよいのではないでしょうか。北朝鮮は、民主的な管理とは程遠いですし、自ら社会主義を目指すとすら言ってませんから論外です。

 社会主義は自由主義との対義語ではありませんし、自由主義の状態にない国で社会主義を名乗っていない国もたくさんあります。

Q社会主義革命はなぜ資本主義が発達していない国で起こったのですか?

池上彰さんの番組で「資本主義が行き過ぎると格差が生まれる。それで社会主義は平等で公正な社会を

目指す。国が経済をコントロールする。みんなが国営の企業で働き平等に給料をもらう」と言ってまし

た。この理想は失敗に終わってしまったとのこと。

私が不思議に思ったのは社会主義革命が資本主義が行き過ぎた国で起こったのではないということです。

社会主義革命が最初に起こったのはロシアですが、当時ロシアより資本主義として成熟していた国はたくさんあると思うのですが。

また、中國、ベトナム、東欧諸国、キューバなどは、労働者階級がまだ少なく資本主義が行き過ぎていたと思えないのですが。

すみません、私は歴史には詳しくないので、良くわからないのですけれど、番組を見ていて「社会主義革命はなぜ資本主義が発達していない国で起こったか」ということが不思議に思いました。マルクスが「労働者階級が革命を起こす」と言っていたことと違うのではないかと思いました。

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

社会主義運動が興り、ドイツのワイマールなどでは
労働者が暴動を起こして軍隊と衝突したりしました。

それで体制の危機を感じた西洋諸国は労働者の
保護を図るようになります。

これを修正資本主義といいます。
この修正資本主義が効をそうして、社会主義革命を
防止できたのです。

そもそもですが、資本主義が発達した社会は成熟
しています。
成熟した社会では、誰も、つまり労働者庶民も急激な変化は
望みません。

社会主義革命も革命であり、労働者などの庶民が
現状で満足している以上、革命など起こりようが
ないのです。

ところが資本主義社会が発達していない社会、
つまり途上国は、国民の多くが不満を持っていて
社会が不安定になっています。
だから、革命が起こりやすいのです。



マルクスが「労働者階級が革命を起こす」と言っていた
ことと違うのではないかと思いました。
   ↑
机上の空論だったからです。

マルクスは弁証法を駆使して、資本主義社会は社会主義社会に
変わると主張していました。

封建主義は領主と領民が対立し、領民が勝って資本主義社会に
なり、資本主義社会は資本家と労働者た対立し、労働者が勝利して
社会主義社会に転化する、
これは歴史の、論理の必然である、
というのがマルクスの弁証法です。

マルクスは修正資本主義の出現など夢想もして
いなかったのです。

もっとも、現在の社会主義者達は、これを逆用して、
社会主義革命は日米欧のような、資本主義が発達した
社会でこそ、成功するのだ、
現実に導入した国は、途上国ばかりだから失敗したのだ、
マルクス理論は間違っていない、と主張しています。

社会主義運動が興り、ドイツのワイマールなどでは
労働者が暴動を起こして軍隊と衝突したりしました。

それで体制の危機を感じた西洋諸国は労働者の
保護を図るようになります。

これを修正資本主義といいます。
この修正資本主義が効をそうして、社会主義革命を
防止できたのです。

そもそもですが、資本主義が発達した社会は成熟
しています。
成熟した社会では、誰も、つまり労働者庶民も急激な変化は
望みません。

社会主義革命も革命であり、労働者などの庶民が
現状で満足している以上、革命など起こり...続きを読む

Q新保守主義と新国家主義の違い

教育における新自由主義と新保守主義の台頭について調べているのですが、疑問が出てきたので、アドバイスお願いします。

新保守主義と新国家主義を同じものとして書いている文献が多いのですが、この二つは同じなのでしょうか?
また、このテーマを扱っている文献やサイトなども教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

新自由主義と新保守主義とありますがそもそも意味合いのベクトルが違います。
新保守主義→通称ネオコンと言われる考えですが、そもそもこの言葉を略さず書けば(Neo-Conservatism)になり、日本語り通ではなく決して「保守主義」ではないことが分かるでしょう。
Neoと言う言葉を使っているのはNeo-Nazismをもじった蔑称だからです。
さて、言葉の説明はこの辺にするとネオコンを一言で言えば、自由・民主を世界に広げるためにはのためには手段を選ばず戦争も辞さない(つまり、各国ごとの独自性を認めず、上記の目的に反することは許さない)という強硬論を主張する思想のことを言うことが多いです。それを考えれば手段は違えどかつて共産国が行っていたことと全く同じ事をやろうとしているに過ぎません。要は、共産主義者とは別方向の極左思想と言えるでしょう。
新自由主義→ケインズ主義を否定し、アダムスミスの夜警国家論を推し進める考えを持った人たちをそのように言うことが多いです。(簡単に言えば)
この思想を持つ人としては旧アメリカ大統領のクリントン氏や近いところでは竹中平蔵氏などがこの考え方を持っています。経済政策の右左で考えれば右側のほうにあたる考え方です。
つまり、新保守主義はあくまで政治思想を指しており、新自由主義は経済思想を指している。さらに、前者は左側の考えで後者は右側のほうの考えで思想の右左でも異なりますのでベクトルの方向が違います。
ただ、なぜか分かりませんが、新保守主義の人は新自由主義の考えを持っている傾向は間違いなくあると述べておきましょう。これに関しては偶然の一致としか言いようがありませんね。この二つが同じ扱いをされる原因の一つと言えるでしょう。

新自由主義と新保守主義とありますがそもそも意味合いのベクトルが違います。
新保守主義→通称ネオコンと言われる考えですが、そもそもこの言葉を略さず書けば(Neo-Conservatism)になり、日本語り通ではなく決して「保守主義」ではないことが分かるでしょう。
Neoと言う言葉を使っているのはNeo-Nazismをもじった蔑称だからです。
さて、言葉の説明はこの辺にするとネオコンを一言で言えば、自由・民主を世界に広げるためにはのためには手段を選ばず戦争も辞さない(つまり、各国ごとの独自性を認めず、上記の...続きを読む

Q社会主義国家における資本主義経済の導入とは?

中国とかベトナムは社会主義の国だけれども、一部資本主義(ベトナムはかなり?)を導入していると言われているようですが、自分がこれらの国を観光で行く限り、日本と同じような資本主義の国にしか見えません。
好きな仕事をし、(言論の自由がないなどの多少の制限はあるものの)好きな暮らしをしているように見えます。
経済においてどのへんが資本主義的でどのへんが社会主義的なのでしょうか?

中国は基本的には社会主義だが、一部の地域でのみ資本主義を導入していて、ベトナムは完全に資本主義であるが、思想や政治的には社会主義的であるというのが、私の勝手な想像ですが、これは妄想でしょうか?

お分かりだと思いますが、かなり理解力がないので、厳密でなくてもわかりやすい回答をいただけると助かります。

Aベストアンサー

>社会主義で成功している国はないのに、なんで依然として社会主義国は
>存在するのだろうと思いますが、いろいろあるのでしょうね。

いや成功している社会主義というのはあるにはあるのですけど、ソ連崩壊後、大国としての社会主義国というのは中国を除いて ない という事です。また、社会主義国の大国というバックが存在しないため、存続できないという事情もあったでしょう。王制国家の社会主義国などで親米である国などは結構ある種の成功を収めている国はあるようです。
また、例にだしたベネズエラの例で言えば、資本主義の失敗として極端な貧富の格差や貧困層の増大、飢え、資源や資本の多大な流出などを生み資本主義の失敗から社会主義国となりました。ベネズエラは油田産出国でありながら多くの国民はその恩恵は受けられず、国内の一部の資本家と国外の投資家がすべてを独占するといった状態が続き、国内の貧困問題など負の連鎖がどんどん拡大されという構図が出来上がってしまい、革命へとつながって行きました。そして現在その結果として、米国との政治的対立関係が出来上がり、ベネズエラの隣国の武装集団(テロリスト?)などを米軍、軍人が指導支援を行っており、ベネズエラ現社会主義政権の打倒、社会主義国家崩壊のために活動を行っています(かつて対ソ連の為にアルカイダの卵を指導支援したように、現在でも理由を変え場所を変えその手の活動を行っているわけです)。

経済に置いて、社会主義的政策は民主主義-資本主義に究めて劣りますが、社会主義国で成功している国がないというのは要は戦争に負けているからという事です。また米国の圧倒的な情報配信力などの影響力も理由の一つかもしれません。

そしてここに来て、中国やロシアの台頭があり、米国のイラクでの失態という状況があります。米国が軍事経済を圧倒する事が世界平和につながると信じて疑わない米国国民、対して何を考えているかわからないし、このところ大国意識を持ち始めている(おごりをみせる)中国、それを援護するロシア、、といった構図があります。
国家間の対立など大きな潮流の中では結局は何もできない一国民としては、何かの対立から大規模な戦争につながるなんて事態にだけはならないでほしいものです。

>社会主義で成功している国はないのに、なんで依然として社会主義国は
>存在するのだろうと思いますが、いろいろあるのでしょうね。

いや成功している社会主義というのはあるにはあるのですけど、ソ連崩壊後、大国としての社会主義国というのは中国を除いて ない という事です。また、社会主義国の大国というバックが存在しないため、存続できないという事情もあったでしょう。王制国家の社会主義国などで親米である国などは結構ある種の成功を収めている国はあるようです。
また、例にだしたベネズエラの例...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報