今ミクロ経済学を勉強し始めたばかりなのですが、
完全競争市場では市場価格と違う価格での取引は一切行われないのはどうしてなのでしょうか??自分なりに考えたのですが納得できるような答えが見つかりません。教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

市場価格より安いと供給者が売りたくないし、


高いと消費者が買いたくないからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
とても簡潔で分かりやすいです!!

お礼日時:2001/10/18 02:08

完全競争市場の条件は以下です(いろいろな表し方がありますがその一つです)


1、経済主体の規模は非常に小さく無数であること
2、意思決定の独立性
3、財(商品)は完全に同質
4、市場取引に関する知識情報を万人が共有
5、資源の移動は無費用で可能
 これを見たかぎりで分かるように現実では完全競争市場はありえません。あったとしての仮定なのですが、この条件でもし需要曲線と供給曲線との交点である均衡点の市場価格より高い価格にしたらどうでしょうか?商品が同質で、その商品の価格の情報がみんな知っていて、みんなで相談してどれを買うか決めることもしなくて、かつそれを買いにいくのに移動費用がかからないのですから絶対誰も買わないですよね?
 逆に値段を下げた場合はどうでしょう?全員がそこで買いますよね?ですからそうなったら市場価格全体が下がることになります。ですから実質生産効率のもっともよい状態で生産されたもっとも安価で生産された財が消費者に届くわけです。ですから最も理想的な市場だと言われるわけです。
 撲はそう教授に習いました。もし違っていたらごめんなさい(^◇^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます!!
納得できる答えが見つかりそうです。

お礼日時:2001/10/18 02:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報