はじめて、投稿させてもらいます。
次の2点について、ご存じの方は
よろしくお願いします。

・星の距離を、よく何万光年と天文学上、表現しますが
 1光年というのは?どういう意味ですか。
 それと、以前きいた話ですが、何万光年の光りを送ったその星は
 何万光年前の光りであるから、既に存在しない星もあると言うことを。
 ならば、既に存在しない星の光は無限に宇宙空間を渡って、どこまで
 行くのですか?
・それと、太陽の恵みで私たちは、光りと熱を与えられていますが
 宇宙飛行士が以前、「宇宙空間は氷点下のである」と言われていたのを
 記憶しているのですが、記憶違いでしょうか。
 だとすると、太陽が放つ宇宙線パルスと地球の大気との関係があって、
 地球の気温が保たれているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


>・星の距離を、よく何万光年と天文学上、表現しますが
> 1光年というのは?どういう意味ですか。
> それと、以前きいた話ですが、何万光年の光りを送ったその星は
> 何万光年前の光りであるから、既に存在しない星もあると言うことを。
> ならば、既に存在しない星の光は無限に宇宙空間を渡って、どこまで
> 行くのですか?
 
  まず、1光年というのは、「長さ・距離」の単位です。丁度、1メートルとか、古い日本の単位で、1里というようなものと同じ、長さ・距離の単位です。
  1光年は、光が、1年間かかって進む距離で定義されます。光は、1秒に30万キロメートル進みますから、1光年は、1光年=300,000X60X60X24X365 キロメートルに等しいということになります。これは非常に大きな数字で、大きな距離です。これは、9.4608X10^16キロメートルです。約9兆4600億キロメートルです。
  因みに、天文学で使う、大きな距離の単位は、光年の他に、「パーセク」というものがあります。パーセクの定義は割愛しますが、1パーセクは大体3光年ぐらいです。
 
  二つ目の問いの答えは、これは、宇宙がもし無限であれば、無限に拡散し広がって行くことになります。(ただし、理論的には、星から出た光は有限の量ですから、無限に拡散して行くと、結果的にゼロになるということになります)。
  もし宇宙が有限で、リーマン型、つまり閉じた超球的であると、星から出た光は、宇宙を一周して、また戻って来て、更にそこから広がって行くことになり、星の光は、膨大な時間をかけて、宇宙を永遠にめぐって行くと言うことになります。ただし、宇宙の寿命が永遠でない場合、宇宙終末時に、その光は終末の過程に巻き込まれるでしょう。
  なお、現実の宇宙には、天体があり、宇宙塵があり、ダークマターがあり、ブラックホールがありで、光は、天体や塵やブラックホールに吸収され、段々と量が減って行き、無限に拡散したり、永遠に広がる前に、最後はすべて吸収されて消えてしまうということになります。これは、宇宙が無限や永遠であるかないかに関係なくそうです。

 
>・それと、太陽の恵みで私たちは、光りと熱を与えられていますが
> 宇宙飛行士が以前、「宇宙空間は氷点下のである」と言われていたのを
> 記憶しているのですが、記憶違いでしょうか。
> だとすると、太陽が放つ宇宙線パルスと地球の大気との関係があって、
> 地球の気温が保たれているのでしょうか。 
 
  宇宙空間は、氷点下というより、絶対零度に近い極低温状態にあります。
  地球の大気が暖かいのは、大気が太陽の光やエネルギーで暖められるからですが、いつでも暖かいのは、大気から熱放射が起こり、熱が宇宙空間に逃れて大気温度が下がっても、太陽からのエネルギー放射が、大気に新しい熱を与え、また元の温度に戻るからです。大気の温度は、太陽からの受けるエネルギー総量が一定の場合、熱の放出と受容が均衡して一定に保たれているということになります。

  ただし、これは地球の大気全体の状態について述べたもので、夜になると、太陽からのエネルギー供給がなくなりますし、昼になると回復すするというようなことがありますから、昼と夜の大気温度差などが周期的に出てきます。
  なお、これは、大気が、現在の成分をそのまま維持した場合の話です。つまり、太陽からの光や熱やエネルギーが地球に達しても、大気の組成によって、反射と吸収の割合に変化が起こります。大気が、反射した太陽からのエネルギーは、宇宙空間に拡散して、大気には関係しなくなります。
  大気の上空には、オゾンが多く含まれていて、高いエネルギーの紫外線などは反射して、地上にまで達しないようにしていたのですが、最近、オゾンが破壊され、大気の上空組成が変化して来ています。これが、オゾン層の破壊による環境危機と呼ばれているものです。
  広い意味では、ヴァン・アレン帯と呼ばれる、荷電した粒子からなる地球を囲む帯も、地球大気だとも言えます。このヴァン・アレン帯は、普通の光や、紫外線・赤外線などは通しますが、X線とか、高いエネルギーを持つ太陽からの荷電粒子は反射します。ヴァン・アレン帯がなくなると、太陽や宇宙からの大きなエネルギーを持つX線や荷電粒子が地上に届くので、人間や生物が「被爆」するということになります。
  その他にも色々なことがありますが、これぐらいに。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2001/10/19 02:06

 光年については、いろいろなかたが述べられているので問題がないでしょう。


例えばボールを投げて1秒間に飛ぶ距離を「1ボール秒」と定義するようなものです。光の速度も有限なので、光が一年間に進む距離を物差代わりに使ってます。

 温度、というのは、大気の分子がどのくらいの早さで飛んでいるかを表す指標です。温度が高いほど大気分子の平均速度が大きいということです。そしてこの平均を出すには、ある程度まとまった量の分子数が必要となります。
 地球だと高度100kmを超えると、大気の密度が薄くなりすぎて、平均速度を出せないくらいになります。真空だと当然大気がないので、温度も定義できません。ちなみに、この温度という概念は大気分子に限らず液体や固体、電子などにも応用できます。

 地球の気温が保たれているのは、むしろたまたま地球から出る熱量と太陽から受け取る熱量がつりあう点が今の地球の状態だ、といったほうが正しいかと思います。今のまま地球環境が保たれるという保証はまったくありませんし、むしろ変動していくと考えるのが自然です。もっともその変動に要する時間は数万年以上の大きさとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥が深くて、難しいですね。
有難うございました。

お礼日時:2001/10/19 01:38

sesameさんのコメントにありました、


(あまりにかすかになって観測することはできないでしょうが)
は、まさに夜空の星が何故見えるのかパラドックスでした。この現象から光の粒子性をわかりやすく説明したのが田中先生の「夜空の星はなぜ見えるか」です。一度、ご覧になることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人の発想ですが、肉眼で見える星の光と
個人用望遠鏡で見える光と、天文台の大きな望遠鏡で
見える光、そして、衛星望遠鏡で見える光とが関係している
のかもしれませんね。だとすると、宇宙空間は光りに
満ちているのかも知れません。それを星という鉱物が遮っているのだと
考えたりします。
違うでしょうね。 ^ ^ ;
有難うございました。

お礼日時:2001/10/19 01:53

こんにちわ


先ず、1光年は光の速さで、1年かかる距離のことです、ちなみに1秒で地球を7週半といわれてます
ですから、何万光年という距離にある星の光がめに見えるのは、何万年後ということになるわけです。そのあいだにその星が消滅している可能性もあるわけです。
それと、光は無限には、宇宙空間をわたりません、距離が離れるほどトーンが下がるのは、宇宙でも同じなのです。
宇宙のことを考えるとちっぽけなことが馬鹿らしく思えてきます、本当にすばらしい質問ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2001/10/19 02:10

>>1光年というのは?どういう意味ですか。


1光年とは光が1年で進む距離のことです。
光の速さは300,000km/sなので、1年では約9,460,000,000,000km(9兆4600億km)進みます。
これが1光年の長さです。

>>ならば、既に存在しない星の光は無限に宇宙空間を渡って、どこまで行くのですか?
どこまでも。
光は距離の二乗に反比例して減衰していきますが、消えてなくなってしまうことはありません。
一部は星間物質や天体に吸収されたりするでしょうが、大部分は無限に旅し続けることになります。
(あまりにかすかになって観測することはできないでしょうが)

>>宇宙飛行士が以前、「宇宙空間は氷点下のである」と言われていたのを
>>記憶しているのですが、記憶違いでしょうか。
宇宙は真空なので、そもそも「宇宙の温度」というものが存在しません。
地球で温度が測れるのは、大気があるからですね。
ただし、輻射熱(電磁波の形で届く熱)はあります。
太陽などの恒星以外の宇宙には、背景輻射といって、ごく弱い熱が宇宙を満たしているので、絶対零度よりは3度ほど温かいです。
しかし極低温であることには変わりありません。

>>だとすると、太陽が放つ宇宙線パルスと地球の大気との関係があって、
>>地球の気温が保たれているのでしょうか。
地球の気温は太陽の輻射熱によって保たれています。
また、宇宙空間はたしかに冷たいですが、宇宙は真空ですから同時にきわめて効率のいい断熱材でもあります。
(魔法びんの内張りが真空になっていることを思い出してください)
真空は熱の伝導を遮断しますから、地球の大気の熱が伝導で宇宙空間に逃げていくことはありません。
地球から逃げていく熱は、赤外線などの輻射の形でだけです。
太陽からもたらされる熱と、地球から赤外線の形で逃げていく熱のつり合いがとれているので、地球の気温はほぼ一定に保たれているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>太陽からもたらされる熱と、地球から赤外線の形で逃げていく熱の
>つり合いがとれているので、地球の気温はほぼ一定に保たれているのです。

不思議ですね。
「考える葦」である私たちは、いつから、誰がそのようにされたのか、
つい考えてしまいます。
有難うございました。

お礼日時:2001/10/18 08:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星(惑星)のCGやイラストを無料でダウンロードできるページを教えてください。

子供の夏休みの自由研究で星に関して調べたいのですが、説明に貼り付けるのに、惑星のCGかイラストがほしいのです。ネットで調べたのですが、写真が多くて、写真だとぼやけえてしまっているものでした。模造紙に拡大コピーして貼るつもりですので、なるべく、はっきりしているものの方がいいのです。地球の周りにある有名な惑星だけで充分です。
WINDOWS98、NECのLaVieCです。お願いします。

Aベストアンサー

CGに近い物ですが参考URLの所なんかどうでしょう。
もう一つは実写ですが。

写真だったら、

http://nssdc.gsfc.nasa.gov/photo_gallery/


で、目的の星を選び「HI-res」をクリックすれば大きめのもオンが見れますのでこれをコピーすればいいかと思います。

参考URL:http://photojournal.jpl.nasa.gov/,http://pds.jpl.nasa.gov/planets/

Q1光年離れた宇宙空間に置いた鏡を地球から見ると

地球から 1光年離れた宇宙空間に かなり大きな鏡を地球に向けて浮かべるとします。

地球から超高性能な望遠鏡で それを見るとします

その鏡には 1年前の地球が映し出されるのでしょうか?

1光年離れた場所に そんなもん置きに行くことは不可能などという話はさておいて

理論的にはどうなのか教えていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もそう思います。

遠い海外からの生放送でよく映像が少し遅れて映るように
私たちの目が捉えられる映像が光を媒介にしているのなら遅れて見えると思います。

ただし1光年ならば、地球の像が鏡までに届くまで1年、それが反射して地球に届くまで1年だと思うので、2年前の地球を見ることになるんじゃないでしょうか?

しかし、1光年も離れていると自ら光を発していない地球を視認するにはあまりにも光が弱すぎると思います。
見えたとしても赤外線望遠鏡などの特殊な映像でや、地球が太陽を横切るときに見える影のシルエットをとらえる事しかできないと思います。また光は様々な要因で軌道が歪んでしまったりするので、地球に運よく像が帰ってきてもぐ歪んだ地球の映像が届いたりすることもあると思います。

もし将来、自ら光を発していない惑星をもとらえ、かつ歪んでしまった像も修正できる望遠鏡ができれば、2年前の私たちの営みを上から眺めることができるのではないでしょうか?

わくわくしますね!

Q少女マンガのイラスト

ベルサイユのばら、
アタックNo.1
美肌一族

のようなイラストタッチの、瞳に星、背景に花、ってかんじで、典型的な少女マンガ風のイラストを探しています。

これらのようなイラストが掲載されているサイト、もしくはこれらのようなイラストが掲載されているサイトが表示されるであろう検索のキーワード、わかる方教えてください。

Aベストアンサー

高橋真琴で検索してみてください。

Q地球から120億光年離れた星は120億光年前の姿

地球から120億光年離れた星は、地球にその星の状態が届くまで120億光年かかった、ということになって現在の状態でなく120億光年前の状態である、ということになりますか?

Aベストアンサー

 120億年前に恒星から出た光が120億年かかって地球に到達したわけですから、120億年前の恒星の状態が届いたわけで、120億年前の恒星の姿が見えているという事になります。

 逆に言えば、現在の恒星から見ると、地球がある場所から届いた光は120億年前の光ですから、120億年前の地球の姿が見えているわけで、もちろん、120億年前は地球はおろか、太陽も銀河系も無かったわけですから、恒星からは何も見えていない事になります。

 120億年前の宇宙の姿と言うと、現在に比べて宇宙空間の温度が高温だったはずで、放射線密度も高く、空間密度も大きかったはずですが、真空と大差が無いわけで、望遠鏡では見えないわけです。

 120億年前の恒星に惑星があったとしても、宇宙が明るく見えるほど銀河や恒星の密度が高かったはずで、温度が高過ぎて生命が住めるような環境では無かったでしょうね。

Qフォトショップ7で透明色に光る色彩のイラストを描くには?

フォトショップ7で透明色に光る色彩のイラストを描くにはどうすればいいか教えてください。
具体的には、my picturesから取った画像、例えば青い星型の図柄などを、ゼリーのような透明に光る青色に変えたい場合、どうすればいいでしょうか? 
(イラストレーションは完全に初歩者ですみません)
(windows98を使っています。)

Aベストアンサー

透き通った感じや、光沢を出す場合には通常グラデーションやぼかしを使います。
この場でお教えするのは大変なので、フォトショップの勉強に良いHPをご紹介します。
ご質問の“ゼリーのような…”オブジェクトの作り方の解説のページは
http://www.detarame.jp/ex-31-40/example37.html
です。
その他の作例は参考URLのリンクを見てみてください。

参考URL:http://www.detarame.jp/

Q何万光年も先の星へ一瞬で行けますか?

 基本的な質問ですが、もし限りなく光速に近い速度で移動できる
宇宙船に乗れば、何万光年も離れた星へ一瞬で行けますか?(宇宙船内の時間で)
 でも出発した地球からみればその宇宙船が到達するには何万年もかかっていると考えて良いでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様の言葉そのものが回答になりますね。
 光の速度で到達できる距離を光年という単位で表現しています。
 (No.3さん参照)

ただし光の速度での移動は相対性理論上不可能です。
動くものは質量が増えるという理論です。

例) 1トンの小型ロケットがあったとします。
 光の速度の90%に達した時、
 ロケットの質量は2.3トンにまで増加しています。
 99%に達した時、7トンにまで増加
 99.9%に達した時、21トンもの質量になるのです。
 当然、エンジン出力(加速率)より質量増加率が上回るので
 光速は到達不可能領域となります。

時間の遅れについてです。
 ロケットがもし光に近い速度で動けるならば
 外部から見た内部時間はほぼ停止に近い状態となります。
 ブラックホール中心点に近づくほど
 吸い込まれる物体の移動速度が遅く見える現象なのですが
 物体内時間(ロケット内部等)は普通に時間が
 流れているという現象です。

例)宇宙ロケット<秒速>20キロメートルとします。
 一秒で20キロですから地球上では相当早いですが
 一般的な宇宙ロケットの移動速度はこれくらいです。
 宇宙ロケットに乗った人と地球上にいる人との時間差は
 16年に一秒だけ宇宙にいる人のほうが
 歳を取りません。こんな程度です。
 (地球の一秒と秒速20km0.999999998秒で計算しています)

回答者様回答補足

No1さん 御回答
 地球から見れば何万年も経過し宇宙船内では光の速度に近いほど
 経過時間は短くなります。
 本 当 に 光 の 速 度 で 飛 ぶ の な ら 、
 加速中のロスタイムを除き宇宙船内では
 完全な0秒で目的地到達となります。
No2さん No3さん 御回答
 地球から見ればロケットは光と同様、当然何万年もかかって
 目的地へ到達します。しかしロケット内部は
 「外部の観察者」から見た「内部の時計」ですので
 時間経過は上記記載文同様です。
 

質問者様の言葉そのものが回答になりますね。
 光の速度で到達できる距離を光年という単位で表現しています。
 (No.3さん参照)

ただし光の速度での移動は相対性理論上不可能です。
動くものは質量が増えるという理論です。

例) 1トンの小型ロケットがあったとします。
 光の速度の90%に達した時、
 ロケットの質量は2.3トンにまで増加しています。
 99%に達した時、7トンにまで増加
 99.9%に達した時、21トンもの質量になるのです。
 当然、エンジン出力(加速率)よ...続きを読む

Qデザイン事務所で求められるイラストとは??

こんにちは。

主に、Webやグラフィックのデザインをしている方に質問がござます。
よく求人にイラストが得意な方という項目が載っていることがあるのですが、
ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

イラストはイラストレーターの方が描くもので、デザインとは別物と考えていたのですが、
この認識は間違っているのでしょうか。

また、イラストと言っても、手書きの水彩画やデフォルメされたキャラクター、
また、最近よく見るphotoshop等で描く萌え系のイラストなど、イラストにもかなりの幅があるような
気がします。

いくら多少絵が好きで、簡単なイラストが描けても、会社のテイストと異なっていたら、
まったく意味がないと思うのですが。。。

現在、デザインの勉強をしており、
もし、イラストが必要ならば、練習しておきたいと思うのですが、イラストってざっくりした書き方だと
どんなイラストが必要かわかりませんでした。


デザイン等の経験者の方、分かる範囲で結構ですので、現場で重宝される
”イラストが描ける人”とはどのようなイラストなのか、教えて頂けましたら、幸いです。

よろしくお願い致します。

こんにちは。

主に、Webやグラフィックのデザインをしている方に質問がござます。
よく求人にイラストが得意な方という項目が載っていることがあるのですが、
ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

イラストはイラストレーターの方が描くもので、デザインとは別物と考えていたのですが、
この認識は間違っているのでしょうか。

また、イラストと言っても、手書きの水彩画やデフォルメされたキャラクター、
また、最近よく見るphotoshop等で描く萌え系のイラストなど、イラス...続きを読む

Aベストアンサー

>ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

多くの場合で「イラストレータに依頼する程でもない」簡単なカットのことでしょう。
つまりは、デザインを完成させる上で必要なちょっとした空間処理に使えるようなものは
デザイナー自身が描いたほうが何かとラクで早いですから。
ですから、あまり個性的なものでないほうがいいでしょう。
市販のカット集やデータ集にあるような無難なもの、かな。

>会社のテイストと異なっていたら

デザイン会社に「テイスト」なんてあまり必要ありませんけど
(そこに依頼するクライアントのためには必要ですが)、
もしそれが必要な場合にはイラストレーターに依頼します。

>イラストが必要ならば、練習しておきたいと思うのですが、

デザイナーに必要なのはイラストを描く技術ではなく
どんなイラストがそのデザインに合うか、を想像できるセンスです。
数種類のキャラクターを書き分ける程度のイラスト技術より
イラスト集などを見てより多くの情報を仕入れておくほうが重要です。

それらを踏まえたうえで

>現場で重宝される”イラストが描ける人”とはどのような

つまりは「使い回しのできる」デザイナーということでしょう。
イラストに限らず、簡単なコピー(文案)程度は書けるくらいの。
それがいいのかどうか、は何とも言えませんが
現実問題としてそうした人のほうが重宝されることは間違いないでしょう。就業にも有利ですし。
事実、まったくイラストの描けないデザイナーにイラスト交じりの仕事が来た場合には
イラストレーターへの外注費ばかりが嵩んで稼ぎになりませんし。

>ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

多くの場合で「イラストレータに依頼する程でもない」簡単なカットのことでしょう。
つまりは、デザインを完成させる上で必要なちょっとした空間処理に使えるようなものは
デザイナー自身が描いたほうが何かとラクで早いですから。
ですから、あまり個性的なものでないほうがいいでしょう。
市販のカット集やデータ集にあるような無難なもの、かな。

>会社のテイストと異なっていたら

デザイン会社に「テイスト」なんてあまり必要あ...続きを読む

Q地球から1光年先の星から現在発している

地球から1光年先の星から現在発している光が地球に届いていれば、その星が地球から見て右に動いたら、現在右に動いたという事になりますか?それとも1年前に動いたという事になりますか?
と言う質問をした回答で、→そうです。1年前の状態を見ているので、今見て右に動いたのであれば、それは1年前のことです。という回答でした。
という事は、私たちが今地球から見ている月も、月が現在動いている姿を見ている訳ではないと言う事ですか?
光が地球に届いていて、地球が今月という物体が既に見えている状態で月が動いても、実際は月は数秒前に動いているって事ですか?
何か、、、、、もやもやしてます。

Aベストアンサー

 そうです。見えているのは、1.2秒くらい過去の月です。月に送った無人探査船やロボットは、操縦が大変です。指示電波が届くのに1.2秒、カメラ映像の電波が届くのにも1.2秒、合計2.4秒遅れですから。

 それが、最低でも何分とかかる火星探査ロボット車の遠隔操作は、非常に大変なゆっくりした作業で膨大な調査を行わねばならず、その苦労は大変なものです。

 光は秒速30万kmで有限の速度ですから、本当にリアルタイムに見えるものは、何一つしてないのです。

 たとえば携帯電話で誰かと話しているとき、聞こえた言葉より少しだけ先を、相手は喋っているわけです。自分の手を動かしたときも、目に見えた位置より、実際の手の位置は、わずかとはいえ、先に進んでいます。

P.S.

 パソコンのCPUが3GHzになったとき、光速度を知っている人は驚きました。光がわずか10cm進む間に、CPUは仕事を一つしてしまいます。モニターに結果が表示され、それがユーザーの目に届いたとき、CPUはさらに先の仕事をどんどん片づけているわけです。今は、もっと凄いわけですね。

Q殺虫剤に害虫のイラストを載せるのは、どうなの?

殺虫剤に害虫のイラストを載せるのは、どうなの?

ハエ、ゴキブリ、ムカデ、ハチ、クモ、ダニ…
単なるイラストなので、当然動いたりはしないんですが…。

私は敢えてイラストを描かなくてもいいと思います。
商品名とか用途を読めば、イラストを見なくてもわかりますし…。

嫌いだからこの手の商品を買って退治してるのに、
害虫のイラストを見るだけで不快感を覚えるし、
イラストの部分を触るだけで気持ち悪くて仕方ありません。

イラストの方がパッと見のわかりやすさはあるんでしょうけど、
使い切るまでそのイラストを見続けないといけないのはちょっと…。

皆様はどうですか?
殺虫剤に害虫のイラストって必要ですか?

Aベストアンサー

お気持ちすごくわかります!!
イラストだけでも気持ち悪いですよね!
私はいらないと思います。
でも製造側からしたら、使用イメージを高める為に絵を入れるんだと思いますが・・・わかっていても気持ち悪い(-.-")

Q【天文学・宇宙】地球というか太陽系はブラックホールに吸い寄せられている? 太陽系を中心にクルクル回

【天文学・宇宙】地球というか太陽系はブラックホールに吸い寄せられている?

太陽系を中心にクルクル回っているのに太陽風が一方方向だったり、太陽系を中心に、地球側にあるブラックホールに太陽系ごと吸い寄せられているからクルクル回っているのでは?

ということは最終的には地球に近い側にブラックホールがあるので太陽と地球は接近していくので太陽風はますます強くなるので氷河期になるより地球の最後は温暖化で蒸し風呂になって人間は住めなくなって、それでも科学の進歩で住めたとしても火星に移住したところで太陽系がブラックホールに吸い込まれる過程に人類は産まれたのでどこに行こうが最後は太陽系ごとブラックホールに吸い込まれて終わりになると思う。

宇宙は無限に広がっているんじゃなくて太陽側ではなく地球側のブラックホールによってクルクル回っているので、人類は太陽側ばかり観察せずに太陽の反対側水星、金星方向を観察した方が良いのでは?

Aベストアンサー

済みません、ケプラー以来太陽系の運動の計算では、そんなデカイ質量の天体は見つかっていません。そんなのがあれば現在の様な単純なモデルでは説明出来ず、天王星も海王星もましてや冥王星のようなちっぽけな天体は他の天体のわずかなずれから発見される事は無かったでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報