大学で交流ブリッジについて実験をしたのですが、その中に周波数測定用ブリッジというものがあったのですがその装置が壊れていて使用できませんでした。
 教授に質問しても漠然とした回答しかかえってきません。いったい周波数測定用ブリッジとはどういったものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直流用のホィートストーンブリッジについてはご存知だと


思います。
R1×R2=R3×R4がバランス条件
四つのRの代わりに、CやLを入れてやれば、
未知の素子の交流インピーダンスを測ることが出来ます。
Z1×Z2=Z3×Z4がバランス条件
となりますが、Zは、周波数依存性があります(たとえば、
キャパシタなら、Z=1/iωC です。)
から、上のバランス条件は、測定周波数によって変化します。
そこで、Z1~Z4に全て既知のインピーダンスを持つ素子
を入れてやって、どの周波数でバランスするかを見れば、
逆に、測定周波数が判る、というわけです。

ただし、周波数ブリッジにはさまざまな回路がありますから、
ごらんになった物が上で説明したものと同じかどうかは
わかりません。たとえば、もっと簡単に、単なるLC共振回路
でも、どの周波数で吸収が起こるか、較正してやれば、周波数ブリッジ
として使えます。
    • good
    • 0

平衡条件に周波数が関係する交流ブリッジはすべて周波数ブリッジとして使用できますが、実用的には精度が高くて取り扱いの容易なことが必要です。

大学の実験で使ったとすれば、たぶん、ウィーン(Wien)ブリッジの一種ではないでしょうか。少ないスペースで説明することは出来ませんので、たとえば、オーム社の『大学課程 電気計測』(絶版かもしれませんが・・・)に初心者向けの詳しい解説がありますから参考にされてはいかがでしょうか?
ちなみに、現在では周波数カウンタによる測定が、はるかに高速、高精度、高確度そして安価に可能です。周波数ブリッジは一世代前の測定方法です。くれぐれも修理して試してみようなどと思わないで下さいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流ブリッジのインダクタンスと容量の測定

写真のように、インダクタンスLxを測定するときはRsとCsを並列に、容量Cxを測定するときはRsとCsを直列に接続するのはなぜですか?回答お願いします。

Aベストアンサー

左右のブリッジでRx、Cx(Lx)がRa,Rb.Rs,Csを使ってどのように表されるか、というのを計算してみるのが良いかと思います。
この構成だと、CxやLxの式にはRsが現れず、Rxの式にはCsが現れない、スッキリした式になるかと思います。

Q電源装置の交流の周波数を変えるには?

夏休みの自由研究で中学校の理科室から借りた電源装置を使い、コイルの電磁誘導の実験をやっています。交流をかけ磁場の変化を見ているのですが、交流の周波数によってどう変わるかを調べたいと思います。ところが、借りてきた電源装置は直流、交流とも出力は変えることが出来ても、周波数を変えることが出来ません。この装置を電源として使い、かつ何か簡単な方法で、交流の周波数を変える方法はないでしょうか?ご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

小電力用なら
自動車のスターターモーターで自動車のオルタネーター(交流発電機)を回します
モーターの電源電圧を変えれば出力周波数が変わります
どちらも自動車の解体やで買えます
周波数の確認には周波数計を使ってください

大電力用なら1千万円単位の価格になると思います
日立、東芝、富士電機、東洋電機などの電力機器の会社にお問い合わせください

Q角周波数がωの交流電圧源を持つ交流回路について。

図のように角周波数がωの交流電圧源を持つ交流回路において、電流Iの大きさが0および、無限大になる角振動数を求める途中式を教えてください。
それぞれ抵抗R1[Ω]、R2[Ω]、インダクタンスL[H]、容量C[F]となります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LやCがどんな値になったとしても全体のインピーダンスがR1より小さくなる事は無いので、電流が無限大になる事は無い。

電流がゼロになる場合はインピーダンスが無限大になる場合である。
この場合、無限大に対してはR1の有無は問題にならないのでR1無しで考える。
この時のインピーダンスは、Z=jωL+1/(1/R+jωC)
Zが無限大になるにはωL=∞、又は(1/R+jωC)=0であるが、(1/R+jωC)がゼロになる事は無い。
したがってZが無限大になるにはω=∞の時。

Q直接測定と間接測定の両方で測定できる身近なもの

題名のままなんですが、直接測定と間接測定の両方で測定できる身近なものって例えばどんなものがありますか?

Aベストアンサー

立方体の体積
直接;縦×横×高さ
間接;液体に入れて溢れた分をメスシリンダーなどで測る。

速さ
直接;スピードメーター
間接;スピードガン
というのはどうでしょう。

Q図の交流ブリッジ回路が平衡した状態において、この抵抗:R2〔Ω〕およびコンデンサ:C〔F〕の値は?

またしても三種の問題で、四苦八苦しています。
アドバイスをいただけませんか?

問いは
図の交流ブリッジ回路においてR2〔Ω〕およびC〔F〕の値が未知数であり、他は全て既知数である。
このブリッジが平衡した状態において、次の問(a)、および問(b)に答えなさい。
問(a)図中のR2〔Ω〕の値を求めなさい。
問(b)図中のC〔F〕の値を求めなさい。
ここで、回答はブリッジの平衡条件式を書き、かつ、その展開過程も説明しなさい。
という問題です。

「ブリッジ平衡条件により・・・」と言った短絡的な回答ができないため、行きづまっています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブリッジの4辺をZ1,Z2,Z3,Z4で表すと、
Dの両端が同電位
-> Z1/(Z1+Z3)=Z2/(Z2+Z4)
->Z1(Z2+Z4)=Z2(Z1+Z3)
->Z1Z1=Z2Z3 ..これが「平衡条件」になるかと思います。

あとは、Z1=R1, Z2=1/(1/R2+jwC),Z3=R3+jwL,Z4=R4を代入、整理すれば、
計算できるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報