出産前後の痔にはご注意!

三鷹市の職員が、予算が余ったので高級茶を大量に購入し、それがバレて退職したという記事がありました。
「予算余り高級茶を大量購入、三鷹市職員が戒告処分に」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050723i …

予算が余るとどういうことになるのでしょうか?
次の予算に回すことができないのですか?
それとも予算が余るということは、計算ミスということで成績が悪くなるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

別な角度から切り出すと予算のその課の総額は、その課の力、つまり、役所内部での発言権や一般公務員から、特別公務員に切り替わるときの力、つまり、裏金の基でもあります。

各自治体では、自治体出身の首長を輩出するには、やはり、お金が必要なので、選挙の年向けに、やはり、余分に申請もするし、自分の課の位を上げるには、予算要求総額を上げることを、主眼とした予算を組みます。

年度末に、実際は、予算を余らせながら、議会対策上、使いきったと言える、公務員が、評価が高く、大体、それら公務員が、特別公務員の道を歩みます。

なお、小さな規模の自治体では、自治体自身の総額がかつかつの予算なので、余ったら、指摘されるというのは、少ないでしょうが、政令指定都市クラスになると、裏金や特別事業予算や積み立て基金など、年度を越せる予算の余剰金コントロールは、全く政治的なものですね。

で、小さな市町村と政令市とは、予算の意味が違いますので、大阪市問題など、市独自のうみのような問題が、多いです。小さな自治体は、国、県のいうとおりの予算執行をしていくというレベルでないと、国の補助金なしでは、人件費も出ないので、余った金は、補正で、議会が簡単に通るはずです。しかし、県、政令市のレベルですと、県債や市債など、独自財源(独自借金)がかなり出来ますし、**基金など、年度を跨ぐ資金など、かなり政治コントロールができますし、政治的うまみもありますし。。。同じには、なりません。1市民としては、変な単年度予算制度を条例で変えるべきで、一部自治体では、2年予算など、条例変更を先行している自治体もありますよ。古典的単年度予算制度では、現実、今回のような事件になってしまいますね。

問題は、自治体予算制度自身、見直しが必要ということなんですがね。
    • good
    • 4

No.2ですが、皆さんずいぶん厳しいことを書かれていますね。


自治体の規模とかにもよりますが、少なくとも私のところでは予算を数十万余らせたからといって、それについて咎められたり、説明を求められたりしません。間違っても褒められることもありませんが。
物品の購入ならなおさらです。物品購入などで、予算が結構な額あまっても、それが入札の結果ならば仕方が無いことで、それ以上の理由も求められません。
三鷹市がどのようなやり方をしているか知りませんが。
そもそも予算を使い切ることは制度上不可能であり、いまだに使い切る指導をしているような自治体は時代遅れのような気がします。
    • good
    • 0

 本来は、余しても良いのですが・・・・。


予算は当該年度の年末に来年度の予算を組みます。従って、当該年度の予算も消化(あるいは把握)しきってない状態の時に来年度の要求をするものですから、はっきり言って正確な金額を掴むのは無理な事なのです。ですが想定や見積もり等により金額を算定し、査定を受け、議会の議決を得て確定致します。
 しかし、来年度(当該年度)において、不確定要素が次第に確立されますから前年度において弾いた金額に差が出てくることは当たり前の事なのです。ここで予算に不足がでると困る(補正で増額することは非常に難しい。相当の理由がなければ増額補正できない。)ので前年度において多めに要求するのが一般的です。従って、当該年度において実施すべき事柄を全て消化した時に予算が余るという現象が生じます。
 ここで問題なのは、予算を余らせてしまうとそれなりの説明を求められるのです。(ただ単純に余ったからでは通りません。議会において予算要求の段階で問題はないのかなどと・・・・)という訳で、余った予算を使い切るというような考えをもってしまうのです。
 本来は予算要求の段階で、詳細に資料を整えて金額を確定させれば良いのですが・・・。
 しかし、それに近い事はできるはずなのですが、予想外の事もありますので。それと毎年予算を余して余計な事に残額を使い切るという手法をとる方は、どちらかというと仕事のできない方であると思います。
 ですが、他の回答にもございますが根本的に予算編成のシステムに問題があると考えます。
    • good
    • 2

 地方自治法に



第二百三十三条の二  各会計年度において決算上剰余金を生じたときは、翌年度の歳入に編入しなければならない。ただし、条例の定めるところにより、又は普通地方公共団体の議会の議決により、剰余金の全部又は一部を翌年度に繰り越さないで基金に編入することができる。

という規定があります。ただし実際には必要に応じて補正予算を組んだりして調整するうえに、大幅な剰余が出ると次年度の予算額を減らされたりするので、余るということはあまり多くありません。
    • good
    • 2

地方公共団体の予算執行は、執行率(=決算額/予算額)が問われることがあります。



予算額に対し決算額が少なすぎる(執行率が低い)と、「本来執行すべき事業をしていないのではないか?」
と言うことが監査や議会の決算報告で問題になります。
また「当初の予算見積もりがルーズであったのではないか?」と次の年度の予算はその分減らされる恐れがあります。

このことを心配する職員は、年度末が近づき予算が消化できていないと、不要な物を購入したりして予算の執行率を上げようとすることがあります。(年度末に無駄な工事が行われるのも同様です。)

本来はきちんと事業が出来ていれば、少ない支出で済ませたほうが評価されるべきなのに、(馬鹿な)市議会議員や監査委員が執行率だけにこだわり、またそれに過剰反応を示す幹部職員がいることが、悪循環を生んでいるようです。

予算はあくまで見積もりであり、実際の執行によっては過不足が生じるのは仕方が無いことですが、不足しても余っても問題視されるところに、予算制度の問題があります。
    • good
    • 0

予算を使い切らないと、そんなに予算を組まなくても大丈夫なんだって判断されて翌年の予算を減らされます。

それが無理矢理予算を使い切るという、悪い影響を与えてるんですが、市の職員も予算をへらされないように使い切ります。市の予算はよく貯金しましたね。じゃあその分はあまたお金ということで、蓄えておいてください。とはいいません。使い切らなかった分は必要以上の額とされ減らされます。だから年度末になるとあちらこちらえ意味もなく道路掘り起こして工事するんでしょう。
    • good
    • 2

自治体によっても違いがあるかも知れませんが、通常の予算ならば使い切らなければならないということは有りません。


ただ、余り執行残が多い場合は理由を求められる場合があります。

次の予算に回すことはまずありません。
基本的に予算は単年度主義ですので、年度内に残った予算は通常は引き上げます。

予算は余るのが当たり前です。予算が足りない場合、予定していた事業ができないことを意味します。したがって予算は多少なりと余裕を持って計上します。でも余裕を持ちすぎるのも考え物ですが。

通常はこんな感じです。
    • good
    • 1

この場合、緑茶について通常の緑茶との虚偽の記載をして、高級茶を買ったものが問題となったものです。



この場合の茶については食糧費(いわゆる来客用お茶、お茶菓子代等です。誤解が無いように言いますと、職員が飲むお茶は職員が共同で自費購入します。)あるいは需用費(消耗品費)の名目で購入したものと思われますが、普通、両者は余るのが通常であるので20万円程を無理矢理使う必要があったかどうかは、この役所の慣行によると思います。予算を余らせた場合に、次年度の予算がその分削られる事がありますので、役所業界全体として「使っておけ」という空気があることは否めません。また、この場合の20万円が予算の大幅な部分を占める場合、例えば予算30万円のうち20万円があまったとするなら、予算策定能力あるいは執行能力が問われることになるでしょうね。

「節約して予算を余らせて執行したところで良いことは何もない、でも悪いことは起こりうる。」
この辺が役所の無駄のなくならない部分の肝ですね。全国に改革派首長と言われる人は多々おりますが、ここに手をつけた人は一人もいませんね。詰まるところ自称改革派がいかに多いかと言うところです。

なお、国や県から来た補助金の場合、返還の事務手続き等が割が合わないくらい煩雑なため、使い切るようにします。これを使い切らないと「馬鹿」扱いされます。その時の国、県の職員も同様に各組織での評価を落とします。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「剰余金」と「余剰金」の違い

簿記2級の勉強をしているのですが
「剰余金」と「余剰金」と言う言葉が出てきます。
どちらも同じ意味ですか?

Aベストアンサー

こんにちは

会計では、余剰金という言葉は使用しません。

余剰金とは、予算と対比して余っている金額のような場合に使用する言葉です。
逆に不足している場合には、欠損金といいます。


会計で使用するのは剰余金という言葉です。
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
剰余金とは、資本取引によって発生した資本剰余金(資本準備金等)と、損益取引によって
増殖した、内部留保している自己資本で、利益剰余金(各種積立金、繰越利益剰余金等)
のことを言います。

純資産の部に表示され、調達源泉を意味します。
"余っている"訳ではありません。

紛らわしい言葉ですが、会計にでてくる剰余金とは明らかに意味が異なりますので、
注意しましょう。

ご参考まで

Q日本の予算はなぜ単年度予算?

単年度予算の日本では予算作成時に決めた歳出額を執行すべく年度末には不必要な工事・調達の類が数多く行われています。一方歳入に関しては、予算作成時と状況が変わり当初予定の歳入額が得られないこともままあり、これは国債発行などにより穴埋めされています。
単年度予算でなければ少しはこうした無駄を減らせると思うのですが、なぜ単年度予算にこだわる必要があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 国や地方自治体の予算は、当然ながら、歳入と歳出額が一致しなければなれません。つまり、歳出予算を決めるためには、歳入額が確定しなければなりません。その歳入は、主として国民の税金ですので、前年所得や前年決算に対して課税をしていきますので、当該年度分の歳入しか確実には見込めません。したがって、単年度ごとの予算を計上することになってしまいます。

 年度末の予算消化は単年度予算とは別問題で、予算を獲得したからには全額を使ってしまわないと、翌年度の予算獲得に影響するという、役所の体質からのことでしょう。これも、必要なものだけの執行にすれば、穴埋めの額も少なくて済むことになります。

 単年度予算の例外として、継続費、債務負担行為、繰越明許費などの制度があります。

Q支出負担行為と支出命令の違いを教えて

地方自治体の経理上における支出の中で、支出負担行為と支出命令の違いを教えてください。

Aベストアンサー

地方自治体が、歳出予算という枠の中で事業を行なっていることに関係しています。

1 支出負担行為 
  物品購入、建設その他、金額を定めて契約を締結し、その契約が履行されたときに、当該地方自治体に支払義務が生じることが決まったときに、当該金額を予算から差し引くこと。をいいます。
2 支出命令
  物品購入、建設その他、契約が履行され、請求手が提出されて支払い義務が生じたものについて、支払うことを命令すること。をいいます。

帳簿的に言えば、支出負担行為時に帳簿から差引をしますので、たとえ現金が残っていても、予算額を超えて新たな契約をすることができません。

実務的には発注したら当日中に納入できるような軽易なものについては、負担行為と支出命令を同時に行なっています。  

Q請書と契約書の違いって何でしょうか?

契約書は2通同じものを双方押印する書類で
請書は注文書をもらってから、請書に押印する書類名だけで
やり方が違うだけで、内容はどちらも契約書と言う認識で合ってますか?

Aベストアンサー

前後関係等の文脈にもよるが、「請書」と「契約書」とを区別していない文脈であれば、請書は契約書に含まれる。契約書は契約成立やその内容を証するための書面であるところ、請書はその役目を持つためだ。

なお、契約書を「2通同じものを双方押印する書類」と定義する文脈であれば、請書は契約書に含まれない。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q予算の”継続費”と”債務負担行為”の違いは?

国や、自治体の予算単年度主義の例外として”継続費”と”債務負担行為”が
ありますが、この違いがいまいちピンときません
条文や解説書を読んでみたんですが・・・・
どういうときにどちらを適用するのかよくわからないんです
設定年度に支出行為があるかないか以外にどんな違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No1の追加です。継続費は、複数年度の合計事業費=支出額は確定していますので、変更は出来ません。各年度の支出額も決まってはいますが、事情により合計金額の枠内で変更が可能です。

 債務負担行為は、負担する最高限度額とそれに伴う各年度の負担限度額を決定します。例えば償還金の場合、借り入れ段階で利率が決定していますので、元利合計の負担限度額と各年度毎の負担額が決定されますが、そのお金を返すために有利な借入先が見つかった場合は借り換えを行う場合があります、その場合は限度額内での減額となりますが、そのたびに債務負担行為の議決を経るのではなくて、当初の段階での決定している額を限度額として、その額以内であれば変更が出来るような議決方法にします。

 債務負担行為の議決は、次年度以降の支出の限度額までは、予算が保証されていると言うことです。

Q市役所の福祉課に配属。民間よりもクレームがひどいです。真剣に悩んで、毎晩寝るとき泣いてます。どなたか助けてください

市役所の福祉・・・生活保護係2年目です。
生活保護者は元ヤ○ザなど、そういう系統の人ら多いです。
そして毎日のように怒鳴りこみにきます。
しかもそいつらの「担当」とか決まってて、そいつらがなにか事件起こしても、なぜだか担当の私たちが出ていかなきゃなりません。
同じ仕事の先輩方は10年近く在籍してます・・・
つまり「人事課は異動させない」ってこと。
なぜなら自分たちや仲のいい職員たちを危険な目にあわせたくないから、自分たち一味は安全ゾーンにいておきたいので、押し付けたいだけなんだということ。
昨年異動したいって強く推したんですが、だめでした。

今日も先日もその前も、精神異常者がやってきては怒鳴り散らされる。
そしてそいつらの「担当」。なんといっても私は「担当」。なにかあればすぐにかけつけないといけない。そして異動はさせてくれない。決めては、「出戻り」が絶対にあるようです。10年近く生活保護係りで違う職場に3年いた→はい、もう一度生活保護課ね~って先輩たくさんいます。

退職しようと思っています。このご時世公務員を辞めるとは根性あるねって思われるかもしれませんが、あんな底辺レベルの精神異常者たちに毎日脅され、どなられてはうつになってしまいます。いや、もううつだと思います・・。とにかくクレームがひどい!電話もそうですし。「家行ってやろうか?」とか言われます。実際、小さい市ですから、休日にスーパーとかで出くわしたりするのです。24時間地獄。精神的に参ってます。しかし、人事は変えない。なぜなら自分たちがおいしい思いをしたいから、押し付けておこうとする為。私は(男ですが)、文科系で静かで声も小さいです気も弱い。おどおどしてて女々しいとよく言われます。でも市役所には体育会系のさばさばした男もいて、そういう人は総務課とかだったりします。そういう人らが窓口したらいいのに!福祉課の人らはいい人たちばかりなのですけど・・・


あと何年もこんな仕事やって出戻りで何回もして、うつになるくらいなら・・・・
退職考えてます。いろいろあって30歳近いので、転職は難しいと思いますが、こんなあわれな私にアドバイスくださったらうれしいです。民間転職考えてます。本気で!!今日も怒鳴られたシーンを何回も思い出してはショックに浸ってます。何度も何度も。・・・で、ここで質問してます。

やはり生活保護課よりも、民間のほうが厳しくないと思ってます。

市役所の福祉・・・生活保護係2年目です。
生活保護者は元ヤ○ザなど、そういう系統の人ら多いです。
そして毎日のように怒鳴りこみにきます。
しかもそいつらの「担当」とか決まってて、そいつらがなにか事件起こしても、なぜだか担当の私たちが出ていかなきゃなりません。
同じ仕事の先輩方は10年近く在籍してます・・・
つまり「人事課は異動させない」ってこと。
なぜなら自分たちや仲のいい職員たちを危険な目にあわせたくないから、自分たち一味は安全ゾーンにいておきたいので、押し付けたいだけな...続きを読む

Aベストアンサー

貴方だけじゃなく今までも誰かが貴方の場所の仕事を引き受けてきた。
そして時代の変化や情勢の変化が貴方の仕事場を以前よりも忙しく、深刻なものにしている。
人事は人事。ただね、人事外であっても例えば経験者に助言を求めたり、相談をして貴方一人で抱え込まない形は創れるんだよ。
周りだって貴方の大変さは薄々感じてる。
プラスして貴方自身がはっきりモノを言ったり、自分をきちんと相手に伝える部分にやや苦手意識がある。それが余計に仕事を苦しいものにしているんだよ。貴方が全てを牛耳ってる訳じゃない。
貴方はあくまで行政の窓口なんです。相手の懇願や事情は貴方なりに利いてあげれば良い。でも出来る事は決まってる。出来ない事なら出来ないと伝えて良い。貴方が悪いんじゃないんだから。貴方はあくまで架け橋なんです。勿論相手は必死な部分もある。そして窓口である以上、貴方を謂われなく攻撃していく事もある。
でもそれは貴方が憎いからじゃない。どうにかしたいんだけど、それが上手くいかない事への苛立ちなんだよね。その態度も好きでやってる訳じゃない。それは貴方自身も苦しいかもしれないけど、理解してあげる目線は持ってても良いんじゃない?怒りや苛立ちから来る後付けの言葉は殆ど言いがかりなんです。貴方を攻撃して状況が良くなるなんて考えてない。ただ収まりが付かない気持ちのあてつけになってしまう事は残念ながらあるんですよ。
貴方は凄く繊細なんです。だからメリハリが付かない。
普段の貴方にも仕事の余波が掛かってる。だから苦しい。
仕事は仕事。貴方自身とは切り離してあげないとバランスが取れない。
貴方は貴方として今出来ることを精一杯やればいい。
それはずっと続かない。交代する訳でしょ?
そう考えれば今を限定的に捉えて乗り切る事も出来る。
でも皆で持ちまわる以上、貴方なりに出来る事は頑張る。
その中で気が小さいとか声が小さいという部分をそのままにしないで、
貴方なりに普段の貴方は貴方。でも仕事をする際に必要な自分としてもう少し自分を前に出して関わっていく姿勢として変化をつけていく。
こういう自分だから~で終わらせない。
困ったら助けを求めて良いんです。アドバイスを求めても良いんです。
貴方も人間なんだから。貴方がそうやって頑張ってくれてる事で感謝している人たちもいる。
辞める云々はいつでも出来る。でもそれで楽になるのは一瞬。
その後には厳しさだけが慄然と残る。そして貴方自身が改善できなかった課題は仮に民間の部分に行っても同じように出現する。
辛いのは分かる。でもさ、皆必死なんだよ。クレームはクレーム。
でもその背後にある叫びの原因自体が問題。彼らは好きでそういう叫びを上げてる訳じゃないんだから。それは貴方が市役所に勤めるという時点で志として持っていてもいいはずのもの。
特別な事は求められてない。貴方は貴方の出来る事をすればいい。
辛くなったら、誰かに素直に相談したり息抜きをしていいんです。
まずは貴方なりにもう少しバランスを取って仕事をしていく。
それだけでも今までとは全然違う。辞めることは簡単なんだから。
だからこそ、そういう選択はやるだけの事はやってからでも良いじゃない?深呼吸。貴方は何も悪くないんだから☆

貴方だけじゃなく今までも誰かが貴方の場所の仕事を引き受けてきた。
そして時代の変化や情勢の変化が貴方の仕事場を以前よりも忙しく、深刻なものにしている。
人事は人事。ただね、人事外であっても例えば経験者に助言を求めたり、相談をして貴方一人で抱え込まない形は創れるんだよ。
周りだって貴方の大変さは薄々感じてる。
プラスして貴方自身がはっきりモノを言ったり、自分をきちんと相手に伝える部分にやや苦手意識がある。それが余計に仕事を苦しいものにしているんだよ。貴方が全てを牛耳ってる訳...続きを読む

Q国家予算が余ったら翌年その分削減されると、何が問題なんですか?無駄なん

国家予算が余ったら翌年その分削減されると、何が問題なんですか?無駄なんで使い切らないで欲しいんですが。

年末にかけて道路工事始まりますよね。あれ、やめて欲しいです。
うちらの税金を使い切らないで欲しい。
また、各庁の予算が削減されると誰が困りますか?

質問2として、なんで国家予算に繰越制度はないんですか?会社でも町内会でも予算余れば繰越すると思いますが。また、繰越制度にすると誰が困りますか?

Aベストアンサー

 中央官庁の官僚や地方公務員の権力とは、詰まるところ「どれだけ沢山の税金を、自分の役職権限で使うことができるか」に尽きます。

 予算に対して、一円も使うことができなければ、何の力もありませんから、官僚や公務員は自分の部署の予算が出来るだけ多くなるように、また削減されないように必死になります。
 

 過去の年功序列・同一省庁で長く勤務する制度のもとでは、予算を余らせれば、翌年の予算でその分が削減され、権限が小さくなり、権限が小さくなれば、人員削減もあり、自分の所属する部署が縮小されることにつながります。
 その部署が所轄する新しい政策を立案して、その政策に大きな予算が割り当てられれば、その部門の権限が拡大しますから、同じ部門の人から、優秀な人材として『英雄』扱いされました。

 そのため、日本経済が好調で税収に余裕があった時代には、どの部署でも他の部署で既にやっているものと似たような『新しい政策』を立案して、予算を獲得してきました。(現在それが仕訳対象となっています。)

 現在の財政悪化で、新規事業中止・在来政策の一律一定比率カットなどが、現在既におこなわれています。予算を使い切っても削減される時代となっています。
 省庁の繰越金額の半額は、その省庁の新しい政策・新規事業に割り当てるとしたこともあったようですが、あまり機能しなかったようです。
 
 繰越するようなお金は、元々ないような時代・状況になってきていて、繰越できるようなお金があるということは、元々予算の無駄が省けていないことの証明と見る傾向があり、担当者の評価を下げるようです。

 会計検査院が、国家予算の無駄遣いを指摘・評価するように、予算を使う際に大幅に安くする努力を行ったならば、それを大きく評価するシステムが必要と思われます。

 中央官庁の官僚や地方公務員の権力とは、詰まるところ「どれだけ沢山の税金を、自分の役職権限で使うことができるか」に尽きます。

 予算に対して、一円も使うことができなければ、何の力もありませんから、官僚や公務員は自分の部署の予算が出来るだけ多くなるように、また削減されないように必死になります。
 

 過去の年功序列・同一省庁で長く勤務する制度のもとでは、予算を余らせれば、翌年の予算でその分が削減され、権限が小さくなり、権限が小さくなれば、人員削減もあり、自分の所属する部署が縮...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.


人気Q&Aランキング