故あって、シェークスピアのハムレットを読みたいと思っています(今まで、原作をきちんと読んだことがありませんでした)。で、図書館で借りるというよりも、文庫本か何かを買おうと思ったら、翻訳が意外にたくさん出ているではありませんか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/gl …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/gl …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/gl …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/gl …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/gl …

どなたか、お薦めの翻訳本、あるいは翻訳者を教えてください。読みやすい、正統的、格調が高い、なんでも結構です。お薦めの理由などもお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

白泉社Uブックスのハムレットがおすすめです。


翻訳者は小田島雄志氏です。
読んでいて、この人は日本語がうまい!と関心させられてしまいます。
洒落の利かせ方も絶妙、格調高い原文も美しいことばで訳されています。
もちろん、ほかの作品の訳もおすすめですよ!とくに喜劇は一気に読まされてしまいます。
ちなみにこの方は、シェイクスピアの全訳を日本で2番目に果たした方で、なんとわずか7年で全訳したそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。シェイクスピアの全訳を日本で最初に果たしたのはどなたですか?

お礼日時:2001/11/24 00:51

私も学生の時に小田島訳を使用しました。

理由は全訳しているので他の作品を読む時に訳者の癖を気にしなくていい。文庫より大きいので書き込むスペースがあるというくだらない理由でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/11/24 00:52

私は舞台のために小田島雄志氏訳の戯曲を読みましたが、わりと好きなタイプだなあと感じました。

やはりシェイクスピアは劇作者ですから、今挙げられている中では1番目の松岡さんのなんかはいいのではないでしょうか。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/11/24 00:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぉススメの本教えてくださぃ(*- -)(*_ _)

読書感想文の宿題があって、
何の本にしようか迷っています。。。
本は好きなのでいろいろ読むのですが、
読書感想文にはどんな本が、ぉススメですか???

Aベストアンサー

こんにちは。
皆さんが有名な著書を進めるので私はちょっと変わったところで「天国の本屋~恋火~」を進めます。話の内容・文章の組み立てなどは中高生が読んでも面白いのではないかと思います。この本は小学館から文庫版も出ていたとおもいます。
とりあえずもう一冊「そのときは彼によろしく」も面白いと思いますよ。この本は「今会いに行きます」の作者が書いた本で、本屋大賞にもノミネートされていたと思います。ちょっと長いですが、読書嫌いな妹も読みきっていたので夏休み中だったら読みきれると思いますよ。

Q江戸川乱歩/人間座椅子

この本が読みたいのですが、書籍が見つかりません。
何かといっしょになってしまっているのでしょうか。
それでもいいので、持っている方いらっしゃったら
出版情報を教えてください。

Aベストアンサー

人間椅子では?

人間椅子ならすぐに見つかると思いますよ。

Q心臓狩/梅原克文に関して

梅原克文先生の心臓狩に関して質問です。
私は梅原克文さんの以前の作品である二重螺旋~・ソリトン~・カムナビが
非常に好きなのですが、心臓狩は以前の梅原さんの作風そのままでしょうか?
十年近く空白があるので、非常にそのあたりが気になるので、ネタバレなしで
回答できればありがたいです。

Aベストアンサー

> ネタバレなしで

だと「面白い」とか以外は結構書きにくいんですが…
前の作品が面白いと思えたのなら、買いで間違いないです。

> 以前の梅原さんの作風そのままでしょうか?

未解明の自然科学の事象に、科学的根拠のある味付けをしてリアリティを出すって作風はそのままです。
新作が出るたびに
「もう、これ以上こういう自然科学ネタで書くのは無理だろう。」
「これ以上の作品は無理だろう。」
と思わせますが、毎回見事に期待を(いい意味で)裏切ってくれます。
参考文献の量なんかがすごいです。

作品のアクション、スピード感も健在です。
質問に出ている作品に比べて(ソリトンは狭いっちゃ狭いが…)、活動範囲が狭いので、スケールはコンパクトになった印象かも。

今回、最初から文庫で刊行で、表紙のイメージなんかも含めて、ターゲットの世代がちょっと若者向けになった印象があります。
初めて読む人なんかへの配慮なのか、前半はちょっと解説的な話が多かったかも。2巻3巻では謎が謎呼んだり、意表を突かれたり、だんだん加速する印象ですが。

主人公とヒロインも魅力的です。
表紙の挿絵だと、今までの作品とはちょっとイメージ違いますが。
主人公がある理由で心に葛藤を抱えてて、その点で微妙に感情移入はしにくかったかも。

> ネタバレなしで

だと「面白い」とか以外は結構書きにくいんですが…
前の作品が面白いと思えたのなら、買いで間違いないです。

> 以前の梅原さんの作風そのままでしょうか?

未解明の自然科学の事象に、科学的根拠のある味付けをしてリアリティを出すって作風はそのままです。
新作が出るたびに
「もう、これ以上こういう自然科学ネタで書くのは無理だろう。」
「これ以上の作品は無理だろう。」
と思わせますが、毎回見事に期待を(いい意味で)裏切ってくれます。
参考文献の量なんかがすごいです。

作品のア...続きを読む

Q10/23に発売されたハリーポッターの本

先週10月23日に発売されたハリーポッターの上下巻を
間違えて通販で余分に買ってしまったので封を切らずに
パックされたままの状態でBOOK OFFに持っていって売りました。
各150円で上下合わせて300円だったそうです。
こんなもんなのですか?
一緒に持って行った、アニメのビデオは1本200円くらいで
買い取ってくれたそうです。。。

Aベストアンサー

 一言でいってしまえば、そんなもんだと思います(^^ゞ。

 初版が230万セットでしたっけ。それだけ部数がある、ってことは、必然的にブックオフ系のルートに乗る部数も多いわけで。仮に昔ながらの古書店に持ち込んだとしても、「ベストセラー本は買い叩かれる」ってのが原則ですから、たいして変わりはしなかったでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報