ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

郵政民営化のデメリットを出来るだけ詳しく。分かりやすく説明いただけたら嬉しいです。できたらメリットも教えていただけたら良いんですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 簡単に短絡的に考えると



長所は 国家予算の負担が減る

短所は 1 田舎の 郵便局が 統廃合され 不便になる可能性がある
    2 郵便局員の人がリストラされる

長所か短所か不明だけれど 首相の念願がかなう(^^;
    • good
    • 3
この回答へのお礼

僕にも本当に分かりやすく教えていただいて嬉しいです!ありがとうございました!!

お礼日時:2005/08/07 09:15

良く危ない会社などでは、子会社化して、負債を切り離し、倒産させて自分は安泰って事があります。



それと同じ効果がありますね。ただ、郵政は運用の仕方で十分に儲かるマンモス企業なので倒産ってことは考えていませんが。
さらに言えば、利権団体や組織を弱体化する効果もあって、国の運営上重要です。
また利権を切り離すことで、そこに流れるお金も減り、収益を上げやすい構造になるはず。

民営化というか、郵政を国から切り離すことが大きいんですね。公務員の人件費が財政を一番圧迫していますが、民営化はある意味リストラになります。
道路公団の談合みたいに、公正取引委員会が動けるので悪いところは取り除いてくれますし。

もし民営化できなかったら、日本経済の足かせになるでしょう。民営化否決でジャパンショックが起こると言われているくらいですから。

国の財政のメリットに比べれば、地方の郵便局が無くなるなんてたいした事じゃない。
それに、対応策は考えれば出てくるし、民間で商売にする奴も出てくる。
それよりも、特定郵便局などが、世襲で局長をやったりして税金をもらってる方がおかしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 09:09

小泉首相は郵政が赤字国債を生み出す最大の問題だと考えているからです、たしかに郵政は赤字国債を一番購入しているのは事実です。

これを民間にして国が手を出せないような構造に変えれば赤字国債が生まれなくなるので良くなると考えているようですが、このような改革では改善されないでしょう。
本来郵政省がこれらを指揮しているのではなく、財務省がこれらのシステムを作り上げたのであり(財務省は各省庁の予算を管轄しているので他の省庁より優位な立場にいます)この根本を変えないかぎりは手を質を変えて現在の赤字国債は続くと思います。
さらに長期政権の中で自民党自身が財務省を始めとした各省庁の官僚たちと癒着して自ら官僚たちとの美味しい関係を維持してきたのです、つまり郵政問題は郵政自身の問題というよりそれらを指揮している財務省と官僚たちと癒着してそのシステムを強化してきた小泉首相の足元である自民党なのです。

これらを改善しないままに民営化すると現在の厳しい状況の金融業界や保険業界に他の民間より巨大な規模の郵貯と簡保が参入すれば郵政自身も競争によって多少苦しくなりますが、それよりも他の民間が巨大な規模の郵貯と簡保を相手に競争が激しくなりさらに苦しくなりやっていけなくなるところも出てくるでしょう。
このような状況で民間への資金の流れが出来るからといって経済が活性化するなどとは思えません。

また今回の民営化は自民党や官僚が利益得るシステムを残すためにかなり修正させています、道路公団の民営化も小泉首相は胸を張っていましたが実際には民営化した社長に官僚が天下りしてるのですから談合や癒着などはなくなっていません。郵政もこれと同じような状況になっているので結局は官僚の天下りなどが起こり決定的に変えることにはならないでしょう。
さらに民営化は利益追求が第一になります。JRも激しい利益追求の結果大事故が起こりました、今回の民営化も似たような物になる可能性が高いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、とても嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/25 12:36

既にあるように中小局が閉鎖され.郵便局職員の賃金がカットされます。

農村部の場合.局員の労働生産の占める割合が高く.大体1-5%くらいになります。消費税3%で.3-5%変更で日本がかなり不況になったのは覚えていますね。同様なことが閉鎖された局の周辺で発声します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか、ありがとうございます

お礼日時:2005/08/07 09:10

郵政民営化のデメリットは、メリットの裏返しです。



郵政民営化すると、郵貯の不良債権の政府補償が郵貯の自己責任になります。
郵貯は官僚が経営する特殊法人に200兆の金を貸し出していますが、返ってくるのか疑問です。
200兆円は消費税100%分です。消費税10%の10年分。
これを国民負担にすることが国民にとってはデメリットですが、郵貯に大量に貯金している人にはメリットです。

つまり郵貯の赤字を国民に押しつけられなくなることがデメリットといえますね。

過疎地の郵便局の存続は、公社でも民間でも結果は同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答をいただいて嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 09:11

郵便貯金および簡易保険の掛け金が、国の特別会計の資金源(財政投融資)になっています。

しかも結構高利です。
現在は、投融資資金の返済時の利子収入が郵政公社の大きな資金源になっています。
将来返済が終われば大きな収入源がなくなります。
皆さんも書いておられるように、利益を上げられない中小の郵便局はどんどんつぶされるでしょう。
ま、はっきり言って田舎はどんどん不便になるでしょう。特定郵便局なんかは真っ先になくなりそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

田舎はドンドン不便になるんですか。。。分かりやすく教えていただきありがとうございます

お礼日時:2005/08/07 09:14

回答ではなくアドバイスです。



ホットな話題ですからあらゆるマスコミ(新聞、雑誌、テレビ)が取り上げています。またインターネットでも郵政民営化のキーワードで読みきれないほどヒットしますよ。それらをまとめればすばらしいレポートが出来上がるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。インターネットで検索してみようと思います。

お礼日時:2005/07/24 14:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵政民営化の重要なメリットを二つ教えてください

郵政民営化を促進すべしというディベートの肯定派をやるので、メリットを二つ教えてください。

Aベストアンサー

かつて国鉄・専売公社・電電などが民営化され、経営が改善されました。特に国鉄は国労・動労などが年中ストなど、国民に迷惑をかけておきながら、親方日の丸で、収益を上げる努力など微塵も無く、いくら税金を投入しても赤字続きでした。電電もNTTになってから、競争原理導入で電話料金も安くなり、国民に大きなメリットをもたらしています。
郵政も当然様々な縛りが緩和されることにより、自由な競争・サービスの提供などにより、経営が改善されることが期待されます。なによりも、公務員の削減(人件費)はかなりのメリットがあります。縛りをなくせば特定局も独自の経営努力により、むしろ地域密着のサービス提供が考えられます。

Q小泉さんは何故郵政民営化したがっているの?

郵政民営化するかしないかで毎日騒がれていますが、
私は郵政民営化のメリットがよく分かりません。
デメリットについてはよくニュース番組などで取り上げられていたのを見たので分かるのですが・・。
小泉首相は民営化賛成のようですが、メリットが分からないため何故賛成なのかが分かりません。
よろしければ郵政民営化でのメリットを教えてください。

Aベストアンサー

これには色々な側面・意見があるので、何とも説明しがたいですが、私なりの解釈を述べます(長いです)。
少し偏っている面もあるので、鵜呑みにはされないで下さい(だから反論は多々あると思います)。

ぶっちゃけ、郵便行政の面では何の国民的メリットはないと思われます。
本当にサービスが良くなるかは分からないし、田舎に住んでいる人にとっては、生活利用基盤が失われる恐れがあります。
また特定郵便局長の方々の生活収入も損なわれます(仮に私が特定郵便局長なら、民営化絶対反対します)。
米国(民営化を要請している)の言いなりになるのも、少しおかしな気もします。
本当にデメリットや不合理な点は、多々あるのです。
しかしそれ以上に、日本の国全体を見た時に、郵政を民営化するメリットがある、ということなのです。

ではそのメリット・目的は、一体何なのでしょう?
それは、郵便貯金が財政投融資などを通じて、無駄遣いばかりする特殊法人に流れるのをくい止めるためなのです。
ご存知のように、特殊法人は民間では考えられないような、多くの無駄遣いをしています。
自分たちの交際費、出版費、採算の取れないリゾート施設建設、不必要な備品の購入などなど、数えれば枚挙にいとまがありません。
そんな不必要かつ予算消化の儀式を行うために、特殊法人は、「郵便貯金の運用先」という建前で巨額の財投資金を受け入れ、それをいいように使います(ちなみに特殊法人は税金分の交付も同様に無駄遣いをします)。

通常、「無駄遣いしたら、焦げ付いて、拠出した郵便局側が文句をいうんじゃないの?」と思いますが、それが言わないのです。
なぜなら郵便局の赤字分(実際は他の運用で補填している)は、国の保証があるからいくら無駄遣いしても補填元があるので、安心なのです。

それならば「無駄遣いする特殊法人に、資金をあげなければいいんじゃないの?」と思いますが、それも駄目なのです。
政治家や官僚が、なぜか特殊法人に資金を渡し続けるのです。
なぜ渡し続けるのでしょう?
確かに、赤字でもそれを度外視して特殊法人がなすべき公的役割はあります(必要な道路整備など)。
だからそれを根拠に、彼らは資金が必要だと主張するでしょう。
しかしそれが、実は無駄な道路の建設のためだったりするわけです。
しかも政治家と官僚は、予算配分時に力を発揮する事によって、存在意義が評価される生き物です。
彼らは資金が無駄に使われると分かっていても、自分たちが次の選挙で当選するため、もしくは将来の天下り先を確保するために、予算をもぎとってくるのです。
そこには、「この国をよくしよう」とか「国民の生活を楽にしよう」などという信念はありません。
ただただ個人の利益の追求なのです。
これが特殊法人に資金が渡り続ける所以です。

しかし絶望するには早いのです。
郵政を民営化することによって、これらの弊害を薄めることができます(恐らく根絶は急には無理です)。
郵便局が民営化されてしまえば、政治家や官僚は、一民間企業の資金運用先に口出しができません。
そうすると、予算が獲得できないので、当然、特殊法人にも資金が流れません。
一般には、お金が水、郵便貯金が給水蛇口、財政投融資が排水溝に例えられます。
つまり郵貯という給水蛇口を閉めて(=郵政民営化)しまえば、排水溝に無駄に流れているお金も流れなくなるんじゃないかという発想です。

では、排水、つまりお金の無駄遣いが減ると、どうなるのでしょうか?
まず特殊法人の無駄遣いが減る可能性が高いですから、相乗効果で政府の特殊法人への税金投入も減らせるでしょう。
そうすると、税金は効率的に使われ、国家の赤字は減り、税金も安くなるかもしれません。
(先日、政府税調から増税プランが打ち出されましたが、こうしたサラリーマンへのしわ寄せは、政治の改革不足もあるのです。)

その結果、国家財政は潤い、日本の国民も幸せになる、という、まあ一応夢のようなシナリオなわけです。
では、なぜいわゆる抵抗勢力、政治家は民営化に反対するのでしょうか?
勿論、冒頭で述べたような弊害を、まともに心配して反対している議員さんもいらっしゃいますが、予算配分の利権を確保するために、民営化に反対している議員の方も多数いらっしゃるのです(これに多くのメ○ィアも首相交代を狙って、便乗している節がありますね)。
なぜなら財投の予算配分であげる餌がなくなると、犬も自分に投票してくれなくなるからです(まあ政治家にとっては失業するのですから当然といえば当然ですが・・)。
同じように、多くの政治家は、予算配分を要求しますが、財源(=財政再建のプラン)を何も持たずに、これを主張するのは、本末転倒でしょう。

ではこれらの事を政府はなぜ主張しなのでしょう?
これの方が理解が得られそうな話です。
でもそれは無理なのです。なぜなら「それならそういう心無い政治家を排除して、予算配分正常化を果たすべきだ」と反論されるからです。さすがの小泉さんも、同業者の政治家の癒着・不正を暴いて排除するのはできないのです。だから方便で「郵政民営化で、より効率的な郵便システムを実現する」と言っているのだと思います。

しかし一方で、No.1の方がおっしゃられているような事も事実ですので、実際の所はすべて憶測になってしまいます。問題はメリットとデメリットの、どちらが大きいかという事なのです。今のところどちらがいいのか、個人的には全く分かりません。

ただ「所詮、利権と賄○ずけの政○家・官○には、良い日本など作れない」と言い放った漫画を見たことがありますが、ひょっとしたらそのことだけが事実なのかもしれません。

これには色々な側面・意見があるので、何とも説明しがたいですが、私なりの解釈を述べます(長いです)。
少し偏っている面もあるので、鵜呑みにはされないで下さい(だから反論は多々あると思います)。

ぶっちゃけ、郵便行政の面では何の国民的メリットはないと思われます。
本当にサービスが良くなるかは分からないし、田舎に住んでいる人にとっては、生活利用基盤が失われる恐れがあります。
また特定郵便局長の方々の生活収入も損なわれます(仮に私が特定郵便局長なら、民営化絶対反対します)。
米...続きを読む

Q郵政民営化とは

大変レベルの低い質問で申し訳ないのですが、郵政民営化のメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?
郵政を民間が行なうというところまでは理解できるのですが、民営化によってどんな影響があるのかほとんどわかりません。郵便局の人が公務員じゃなくなるくらいはわかりますが・・・
親に聞いてもなんか曖昧でよくわかりません。
どうか教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

郵政民営化のメリットは以下のことが考えられます。

(1)税金のこと

現在の郵政は国営なので税金を払っていませんが、民営化されると、法人税(収益の20%)・固定資産税(店舗やオフィイス・PCにも民間は税金を払います)を払うことになります。

年金・医療費は税金から支払われるわけですが、将来少子化で納税者減少という問題があり、支払ってもらえなくなるのではないかと心配している人も多いでしょう。ですので今回郵政を民営化して税金の収入源を少しでも確保したいわけです。

(2)公務員の削減

郵便局は現在国営なので公務員の賃金は国が支払います。これは例えば、郵便局が赤字でも支払いは保障されます。でもこれが民営になると収益の中から税金を払い残りから従業員の賃金を払うわけですから、もっと収益性を考えるようになります。現在のままで36万人、こんなに必要なのか?も問われるわけです。

次は国民全体のメリットとは言えませんが、現在税金を払っている民間の宅配業者と税金を払っていないゆうパックと競争は不公平でこれは民営を圧迫してると思われます。かれらの競争をフェアーにするためには、郵政民営化が必要なのではないでしょうか。

デメリットとしては、民営化された場合、ネットワークを維持するために過疎地などの赤字の郵便局も抱えることになります(これは民営化しなくても同じですが、国が払うのであまり赤字という感覚がないのです。でも民営化されるとかなりネックになります)其れをどうするかは民営化された時の経営者人達が知恵を絞らなくてはならないでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

郵政民営化のメリットは以下のことが考えられます。

(1)税金のこと

現在の郵政は国営なので税金を払っていませんが、民営化されると、法人税(収益の20%)・固定資産税(店舗やオフィイス・PCにも民間は税金を払います)を払うことになります。

年金・医療費は税金から支払われるわけですが、将来少子化で納税者減少という問題があり、支払ってもらえなくなるのではないかと心配している人も多いでしょう。ですので今回郵政を民営化して税金の収入源を少しでも確保したいわけです。

(2)公...続きを読む

Q今までに民営化で成功した事例

おはようございます。

今までに民営化して成功した事例はありますか?
都会ではなくて、僻地というか田舎の方で成功した事例でお願いします。
JRになって北海道はズタズタになり、道路公団は結局多額の税金を投入しました
なのでこれは失敗だと思います

成功した事例をお願いします

Aベストアンサー

>都会ではなくて、僻地というか田舎の方で成功した事例でお願いします。

田舎で成功ってどういうことですか?
田舎でも事業が成り立つほど収益を上げているってことですか?
それとも利用者にとって便利になれば会社が赤字でもOKということでしょうか?

<国鉄→JR>
都市部では料金が安くなったり新しい路線が増えましたが、地方では路線の廃止や値上げが多いですね。
もしくは廃止にならなくても第3セクター方式になることもありますが、どっちにしろ料金は上がる傾向にあります。
第3セクターで収益を上げているのは愛知県の愛知感情鉄道とあと1つくらいだと思いました。

<電電公社→NTT>
競合との争いがかなり激しいためサービスの質の向上と低価格化が進んでいます。都市部ほどではありませんが地方でもその恩恵は十分生かされてます。
NTTは法律で採算の取れない田舎であっても全国一律の電話サービスを提供することが義務付けられているので、どんなに採算が取れない田舎でも電話はなくなりませんし、都市部の電話代を下げる場合は田舎でも同じ電話代になります。(他の会社は簡単に地方から撤退できるし、都市部と田舎で料金格差をつけることも可能)
そんなわけで田舎(=維持費のかかる)の多いNTT西日本エリアは結構赤字みたいですね。大赤字を出したおかげで社員の半分近くをカットする大幅なリストラやってましたからね。

<専売公社→JT>
民営化したところでタバコ事業に敵はいませんから、今でも独占に近いですね。
別に田舎とか都会とか関係ない事業ですので良くも悪くもなってないといった感じです。
なお健康志向が高くなってたばこの売り上げが下がってるので、最近は食品などの新しい分野へ進出するように力を入れてます。

>都会ではなくて、僻地というか田舎の方で成功した事例でお願いします。

田舎で成功ってどういうことですか?
田舎でも事業が成り立つほど収益を上げているってことですか?
それとも利用者にとって便利になれば会社が赤字でもOKということでしょうか?

<国鉄→JR>
都市部では料金が安くなったり新しい路線が増えましたが、地方では路線の廃止や値上げが多いですね。
もしくは廃止にならなくても第3セクター方式になることもありますが、どっちにしろ料金は上がる傾向にあります。
第3セクターで収益...続きを読む

Q小泉政権の功罪を教えてください。

小泉政権の功罪を教えてください。
私は、昨年の政権交代を期に政治というものに
少しずつ関心を持ち始めたものです。
現在、民主党のマニュフェストである
「子ども手当」や「高速道路の無料化」などが、
今後、日本経済にどのような影響を与えるのか、
大変興味をもって見守っています。
ところで、少し昔に聞かれた言葉で、自民党の小泉政権は、
構造改革を行って、また郵政民営化を行って、
さらにその上、国民の人気もあり、
大変すばらしい政権運営を行ってきたとよく耳にします。
と同時に、小泉政権は、成功だけじゃなく失敗もあったと、
おっしゃる方も耳にします。
そこで、政治の事について、まだまだ初心者であるこの私に、
平易な内容で、わかりやすく
小泉政権の功績と罪過について是非教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

小泉政権の功績の一は景気を回復させたことでしょう。
それ以前は、「日本発の世界恐慌が起きる」とまで心配されていたのです。
小泉政権になって日経平均は上昇し
http://www.kabudream.com/souri_nikkei/
失業率も改善されています。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/3080.html

次に財政を再建したことです。一にあげた景気回復も、国債発行を抑えて実現しました。それまでは「景気回復は国債発行」という“定説”のもと大量に発行していたのです。(そのツケが今心配されています)。勿論まったくゼロにすることは出来ませんが、それまで続いていた発行量の伸びを抑えたのは確かです。財政再建と景気回復を両立させた小泉政策は見事です。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/saimukanri/2006/saimu02b_04.pdf#search='国債発行高 推移'
財政再建のため歳出を減らすべく道路公団、郵政の民営化しました。高齢者の医療費負担が増えましたが、医師の診療報酬も減らしたのです。それまでの医師会という圧力団体の言いなりに診療報酬上げっぱなしの政権とは違っていました。

国民に政治を身近に感じさせたのも彼の功績です。2005年の「郵政選挙」で国民は初めて“政策”を選ぶ選挙をしたのです。それまでは政策を選ぶのでなく、“人”を選ぶ選挙だったのです。

あえて罪を言えばイラク派兵でしょう。これは意見の相違があるでしょうが私は疑問を持っています。


質問者さんが回答番号:No.5さんに対するお礼で「小泉政権時における各種指標をチェック」することに賛成します。ただしあくまでもご自分でチェックして下さい。
そこに提示されているものは、私が知っているものだけでも、「名目GDPの伸び率低迷」、「日経平均株価は、彼の任期中はグッと下がり」、「所得格差も拡大化し」「失業率も高止まりだった」が疑問です。
・日経平均株価と失業率は上に紹介したとおりです。
・GDPの伸び率はネット上でデータを探せなかったのですが、「日本経済の真実」(辛坊治郎、辛坊正記)に小泉時代に高かったことが紹介されています。
・所得格差
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/10/23/049/index.html
ほか一杯あります。

ただ指標は種類も多いので大変です。GDPの国債比較では「為替レートベース」もあれば「PPP」もあります。格差の問題では「ジニ係数」もあれば「貧困率」もあります。それぞれが都合の良いデータを出すのは否めません。それは知ってください。

唯一絶対のデータは日経平均です。切り口によって反対の意味になってしまうということはありません。気をつけていただきたいのは、その日経平均ですら都合の良い解釈をする人達がいるということです。
日経平均は小泉氏就任後一時的に下がり、また上昇して退任時は就任時より高かったのですが、小泉批判派はその下がった時だけを取り上げて「小泉改革によって下がった」等と言います。国会でそう言っている議員がいるんで驚きました。(2010年2月9日衆議院予算委員会・小泉俊明議員)

小泉政権の功績の一は景気を回復させたことでしょう。
それ以前は、「日本発の世界恐慌が起きる」とまで心配されていたのです。
小泉政権になって日経平均は上昇し
http://www.kabudream.com/souri_nikkei/
失業率も改善されています。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/3080.html

次に財政を再建したことです。一にあげた景気回復も、国債発行を抑えて実現しました。それまでは「景気回復は国債発行」という“定説”のもと大量に発行していたのです。(そのツケが今心配されています)。勿論まったくゼロにするこ...続きを読む

Qわが国における国鉄民営化は成功だったのか?

2012年春のダイヤ改正が発表されましたが、新幹線こそ新型車両の増強などで便利になるものの、在来線では日本海ときたぐにの廃止やローカル線での本数減など、ますます不便になっていきます。

来春で国鉄の分割民営化から四半世紀になりますが、四半世紀前と比較すると便利になったのは新幹線と都市近郊のごく一部でしかなく、民営化のときに懸念されていた「鉄道輸送サービスの低下」が現実のものとなっています。

一方では「JRはなぜ変われたか」という利用者を無視したトンデモナイ本が発刊されておりますが、はたして、本当に国鉄の民営化は成功だったのでしょうか?

もちろん、成功・失敗には分割による要素も大きいですが、ここでは「民営化」に関することでお願いします。

Aベストアンサー

部分的には成功した面もあるし、失敗した面もある。ほぼトントンかやや失敗と見ます。

「民業圧迫」という名の下に、沿線開発や駅ナカの利用がほとんどできていなかった国鉄時代に比べれば、
この点で非常によくなったと思います。
車両やその座席への考え方も変わっていますし、国鉄ではできなかったことでしょう。
京阪神地区でのJRの大健闘も、民営化による影響は大です。

当然「失敗」の面はm-oka_001さんもお気づきのように分割の失敗によるものが大きいです。
JR東海やJR東日本のような金のうなる企業を生んだ陰で
JR四国のように、はじめから背水の陣の企業を生みました。
また会社をまたぐことにより会社間の思惑が入り込み、うまいこと割引きっぷの設定ができなかったり。

夜行の廃止は旅客動向の変化だけで片付けられないですね。
夜行バスの盛況を見れば分かります。
民営化したために利益の薄い夜行を安楽死させるという営業のためです。
潜在需要はあるにもかかわらず掘り起こしを全くと言って良いほどやっていない。
国鉄なら、夜行列車も国民の足という見方をしたでしょう。

そして国鉄が赤字垂れ流しのままだったというのはウソでして、
国鉄の最晩年は黒字でした。大幅な路線網縮小は国鉄時代から始まっていましたし、
需要の見込まれる区間での高頻度運転化もされるようになっていましたから。

部分的には成功した面もあるし、失敗した面もある。ほぼトントンかやや失敗と見ます。

「民業圧迫」という名の下に、沿線開発や駅ナカの利用がほとんどできていなかった国鉄時代に比べれば、
この点で非常によくなったと思います。
車両やその座席への考え方も変わっていますし、国鉄ではできなかったことでしょう。
京阪神地区でのJRの大健闘も、民営化による影響は大です。

当然「失敗」の面はm-oka_001さんもお気づきのように分割の失敗によるものが大きいです。
JR東海やJR東日本のような金のうなる企業を生...続きを読む

Q当時郵政民営化に反対した理由は?

亀井さん平沼さん野田聖子さんなど単に大衆迎合とは思えないような人が郵政民営化に反対したと思います。
何をどう考えても民営化は社会の進歩の趨勢だと思うのですが、
何に反対したのでしょうか、そして今でも国有化のほうがいいと思ってるのでしょうか?
なぜ郵便局は民営化してはいけないのでしょうか?
一時期変な政治家が民営化すると儲からない田舎の郵便局が無くなると反対してました。
そんなの当たり前のことで赤字の郵便局をみんなの税金で無理に存続させるのは高速道路無料化と同じ理屈で税金の無駄遣いだと思います。
私の田舎では商店は0医療機関なし学校も交番も公的なものは何も無いのに郵便局だけあります。
まああればそれなりに便利なのですがなんか意地を張っているようで変な感じがします。
筋のあるまともな政治家が反対した理由はなんなのでしょうか

Aベストアンサー

賛成すれば郵政関係者からの支持を失うことになるからです。

政治家が考えるのは国のことよりもまず選挙のことですよ。

後援会や親戚、知人などに郵政関係者が多ければ賛成出来るわけがないですよね。

Qなぜ民営化なんでしょうか?

今更ながらの質問かもしれませんが、なぜ民営化なんでしょうか?
いわゆる「民の力」をいれたいのなら、民営化でなく民間参入ができるような制度を導入する方がいいと思うんですが。例えば郵政事業にしても結局は民間企業に対するハードルが高く全国展開する民間企業が現れませんでしたね。1社独占状態なら民営化しても効果が半減してしまうばかりか国の責任放棄にも感じられます。

このあたりについて、わかりやすく解説していただけないでしょうか。

Aベストアンサー

道路公団民営化は国家に対する殺人行為
郵政の民営化は国民に対する殺人行為と言われています。

公共事業というのは、儲からないけど必要なものを作る事業です。国の道路網をどうするかという、長期を見通した観点が抜け落ちています。
公団を民営化したところで、国民にはなんの利益もありません。
公団に問題があれば、公団の改革から始めればいいのですが、まず民営化してから、という結論から議論が進んでいます。
また、道路公団ににぶら下がった企業が天下り先になっているのに、それを放置したまま、なのも理解できません。

いろいろ問題があるにしても、民営化は飛躍した議論す。民営化ですべてよくなるなら、外務省から民営化してほしいですね。

郵政に関しては、まず国民生活の利便性と郵便局員の雇用を最優先するべきですが、政治家の都合で議論が進んでいます。
銀行は預金、郵便局は貯金と言います。民間会社の銀行には、お金は預けるもの。貯蓄にはなりません。リスクを伴う投資です。安心してお金を貯めておける、金庫代わりの郵貯が無くなって、国民に利益があるのか、疑問です。
郵政の民営化は、安全な貯蓄を禁止し、つぶれても一定額以上は免除の民間企業に強制預金させることです。

この二つの改革(改悪?)は、結局派閥に対する嫌がらせにすぎません。
どちらも改善すればすむことを理由に、民営化を迫ってます。
結論有っての議論ですので、見ているほうはばかばかしくなってきます。

余談ですが、小泉さん、不祥事を頻発した外務省や、天下り先の放置など、官僚の不祥事にはかなり甘いですね。裏取引でもあったんでしょうか?

政治経済に興味があれば、下記リンクの時事直言が面白いですよ。
http://www.chokugen.com/

参考URL:http://www.chokugen.com/

道路公団民営化は国家に対する殺人行為
郵政の民営化は国民に対する殺人行為と言われています。

公共事業というのは、儲からないけど必要なものを作る事業です。国の道路網をどうするかという、長期を見通した観点が抜け落ちています。
公団を民営化したところで、国民にはなんの利益もありません。
公団に問題があれば、公団の改革から始めればいいのですが、まず民営化してから、という結論から議論が進んでいます。
また、道路公団ににぶら下がった企業が天下り先になっているのに、それを放置したまま...続きを読む

Qゆうちょや銀行の窓口業務の経験者の方、お仕事について教えていただけますか?

最近、アルバイトでゆうちょの窓口業務のアルバイトの求人を見て、興味を持ちました。

以前のオフィス・ワークで複数の業務ソフトの入力経験があるので、データ入力操作は問題ないと思うのですが、それ以外にどのような難しさがあるだろうかと考え質問させて頂きました。

というのは、最近、○○○のオペレーターをやむなく離職した苦い経験があるので、是非、銀行関連の窓口業務経験者にお話を聞きたいと思いました。○○○では、複数ソフトを切り替え、切り替え入力しますが、注文内容により、入力方法が異なりました。そのパターンは膨大で、何年勤めても、終わりがない勉強との戦いのようなところがありました。マニュアルもなく、実地で経験して入力を覚えるしか方法がないので、入力が必要な案件に当たらないと入力方法が覚えられません。問合せやクレーム対応が多かった為、入力パターンの経験値を伸ばせずに、やむなく断念しました。

ゆうちょの窓口業務でも、経験者でないとわからないような、技能的に求められる難しさはありますでしょうか? ○○○では、2ヶ月置きに膨大な補充採用があっても、人が足らない状況、つまり、離職率が非常に高かった意味が辞めた今となって、よく解かりました。努力、真面目さだけでは、補い切れない状況がある訳です。こんなに難しいことは、他の企業ではないから、心配しないようにと自分に言い聞かせてみたり、お客様応対しながらのデータ入力なら、二の舞になってしまうのでは、と、応募する前から弱腰になったり。

これからも応募できるチャンスが何度かあると思うので是非、銀行関連の窓口業務の経験者の方のお話を載せて頂けたら感謝致します。

最近、アルバイトでゆうちょの窓口業務のアルバイトの求人を見て、興味を持ちました。

以前のオフィス・ワークで複数の業務ソフトの入力経験があるので、データ入力操作は問題ないと思うのですが、それ以外にどのような難しさがあるだろうかと考え質問させて頂きました。

というのは、最近、○○○のオペレーターをやむなく離職した苦い経験があるので、是非、銀行関連の窓口業務経験者にお話を聞きたいと思いました。○○○では、複数ソフトを切り替え、切り替え入力しますが、注文内容により、入力方法が異なり...続きを読む

Aベストアンサー

えー、郵便局の窓口社員でございます。

質問者様が不安に感じてらっしゃることがうかがえますね。

今回興味をもたれたのが「窓口業務」とのことですが、
「実際に窓口についてお客様との対応をしてもらうコト」が
もっとも重要な要素になります。

極端な話、貯金の入出金や送金手続きの処理による、端末機の操作は
できなくたって構いません。
マニュアルなどの整備はきちんと行われていますし、
なにより窓口に対する指導監督を行う立場の社員がいます。

難しい取り扱いや詳細な質問についてはその指導社員が対応します。

機械の操作方法に対することよりも
「笑顔でお客様とのやりとりができるか」
「お金を扱う仕事なので、数えたり確認したりできるか」
「場合によっては貯金の預け入れをお願いする“営業活動”ができるか」

ということのほうがもっともっと重要です。

この文面だけではなかなか伝わらない部分もあるかと思いますが、
週明けにでも近くの郵便局の窓口で貯金通帳でも
作ってもらいに行ってみてはいかがですか?

見るポイントは
入った時に
「挨拶があるか」
「口座の開設に対する説明があるか」
「口座の開設作業にどんなことを社員はしているのか」
と、いうのを踏まえて社員の動きをみていると
新しい発見があるかと思います。

口座の開設には
印鑑と身分証明書が必要ですので持って行ってくださいね。

えー、郵便局の窓口社員でございます。

質問者様が不安に感じてらっしゃることがうかがえますね。

今回興味をもたれたのが「窓口業務」とのことですが、
「実際に窓口についてお客様との対応をしてもらうコト」が
もっとも重要な要素になります。

極端な話、貯金の入出金や送金手続きの処理による、端末機の操作は
できなくたって構いません。
マニュアルなどの整備はきちんと行われていますし、
なにより窓口に対する指導監督を行う立場の社員がいます。

難しい取り扱いや詳細な質問については...続きを読む

Q郵政民営化のその後

 民営化にされてから、リストラは行われたのでしょうか?

 それと、郵政のサービスの質向上にはいたったのでしょうか?


 それと、民営化がなされた根本的である特殊法人への融資の問題ですが、
 特殊法人に投資する部門はどこにいってしまったのでしょうか?
 そのまま郵政が受け継いでいるのでしょうか?
 民営化されてから、特殊法人はつぶれたりしているのでしょうか?
 それとも、変わらず、官僚の天下り、議員へのバックなどは行われているのでしょうか?
 


 ご存知の方教えて下さい。
 よろしくお願い致します。
 

Aベストアンサー

>民営化にされてから、リストラは行われたのでしょうか?
 民営化直後は行われました。
  地方における赤字の局の閉鎖など・・・。
 ただ政権が民主に移ってからは大幅に雇用が行われました。
 ※日本郵政グループで働くパートなど約22万人 正社員に
  http://logsoku.com/thread/tsushima.2ch.net/news/1265419897/
 動揺にペリカン便との統合もありましたので郵政職員は民営化前より大量の社員を抱えています。
 その為、現在は巨額の赤字を抱えています
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2417

 
>それと、郵政のサービスの質向上にはいたったのでしょうか?
 いいえかなり悪化しています

>それと、民営化がなされた根本的である特殊法人への融資の問題ですが、 特殊法人に投資する部門はどこにいってしまったのでしょうか?そのまま郵政が受け継いでいるのでしょうか?

 はい、郵政の融資に関しては民営化直後は民間からの社長を起用してました。しかし民主党において解雇、社長など元大蔵事務次官を起用しました
http://itainewssokuhou.seesaa.net/article/130847003.html
 
 なので今の郵政は民営化しても、前の国営の時より状態になっています

>民営化されてから、特殊法人はつぶれたりしているのでしょうか?
 いいえ、郵政の天下りとしては『かんぽの宿』が代表例です。
  民営化後、それを切り離す予定でしたが、売価が安すぎとか(実際は従業員の雇用確保の条件もあり、本当は安くない)マスコミの宣伝に国民がのっかかる形になりますた
 なので現在も天下りは存在しています

>民営化にされてから、リストラは行われたのでしょうか?
 民営化直後は行われました。
  地方における赤字の局の閉鎖など・・・。
 ただ政権が民主に移ってからは大幅に雇用が行われました。
 ※日本郵政グループで働くパートなど約22万人 正社員に
  http://logsoku.com/thread/tsushima.2ch.net/news/1265419897/
 動揺にペリカン便との統合もありましたので郵政職員は民営化前より大量の社員を抱えています。
 その為、現在は巨額の赤字を抱えています
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2417

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報