カメラのことは全くの初心者ですが、空の写真を撮りたいんです。
うまく、空の写真を撮る方法を教えて下さい。
あと、カメラを空に向けてはいけないと聞きましたが本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>カメラを空に向けてはいけない…



正確には「太陽に向けてはいけない」=空に向けていて不注意で太陽を写し込んでしまわないように、「空を向けてはいけない」と仰ったんだと思います。

ビデオカメラについては、hirocyan さんが説明してますが、昔の撮像管の場合は太陽に限らず、ライト等の明るい光点があると「焼き付き」という現象が起こり、「再起不能、数百万!」となる事も…。
これは、何も撮像管に限った事ではなく、現在のCCDカメラやフィルムカメラにも言える事なのです。紙に太陽の光をレンズで集光すると、その集光した所が燃えますよね。
それと同じで、光の強さや写っている時間(向けている時間/シャッターの開いている時間)にもよりますがCCDやフィルムが焼ける可能性があります。
普通に使用している範囲ではめったにそんな事にはならないと思いますが、記憶に留めて置いてください。

空を撮影するのであれば、若干アンダー(暗め)に撮影した方が青空の色が綺麗に写ります。 (普通に写すと白々した青空になりますよね。) 調節の仕方は[露出補正]という個所を-1~-2 位に調節します。適正露出は感覚的なものでもあるので、何枚か設定を変えて撮影し、自分でベストな設定を経験から身に付けてください。

フィルターですが、do_mo さんが勧めていた「PLフィルター」を使用すると、ハイコントラストとなり雲もくっきりと写ります。(白黒写真では、オレンジ色とか赤いフィルターを使用して撮影すると効果が高い)
あと、必要に応じて「NDフィルター」という、光量を減らすフィルターも利用する場合があります。明るすぎて、希望の絞りで撮影できないときに使用します。(レンズによりますが絞りすぎると解像度が落ちてしまう物もあります。F5.6~F8 位が最適だと思います。)
また、昼間でも夕日のように写せる等、各種エフェクト用のフィルターもあります。詳しくは、写真屋さんで Kenko 等フィルターのカタログを参照して下さい。

望遠レンズや広角レンズを使用する事で、空の遠近感を表現する事も出来ます。魚眼レンズも面白いですよ。これらも、レンズのカタログを参照して下さい。

フィルムで撮影する場合、慣れてきたら「リバーサルフィルム (スライド用)」の利用を勧めます。絞りは難しくなりますが、ネガフィルムに比べ、プリントした際でも色合いやコントラストがとても良いです。

以上、技術面をアドバイスさせてもらいました。

あとは、comdot さんのアドバイスを参考にして、綺麗な写真を撮影して下さい。期待しています。
    • good
    • 1

 先に述べられた二人の補足になるかもしれませんが、いい写真になるか悪い写真になるかの決め手は、雲でしょう。

雲を最大限に生かいた写真は綺麗です。写真のエージェンシーに行くと、空というテーマの写真がわんさかとあります。しかしどれを見ても、雲を上手に撮影されています。あとは写す時間帯で同じ雲でも表情が変わります。光線を上手く活用することです。『雲』『光線』『時間』この条件があなたにとって撮影のチャンスと思った時が、良い空の写真になります。
    • good
    • 0

こんにちはHappyVWさん。



カメラは一眼レフでしょうか?
もし、そうであればPLフィルターなどが有効です。(フィルターは、レンズの上にかぶせて使うものです)
これは、窓ガラスの反射や湖面の反射が取れることで知られていますが、風景写真でも空気中の水蒸気による光の乱反射を取ることが出来るフィルターです。ネガフィルムでも効果が良く表れます。
えーと、つまり、空をより青く、よりくっきりと撮すことができます。

他にもいろいろなフィルターがありますが、その説明は他の専門の方にゆずります。

>あと、カメラを空に向けてはいけないと聞きましたが本当でしょうか?

うーん、曇り空の場合だと、あんまり意味のない空間になってしまうし、また露出も影響をうけてアンダー気味になってしまうから、そういわれているとおもいますが・・・。完全にだめということはないです、たぶん。
    • good
    • 0

空の撮影は、絞り設定の影響が大きいです。


一般の撮影に比べて、一絞り程度絞り込んだ方がいいでしょう。
後は感光の度合いでしょうね。

カメラを空に向けてはいけないと
ビデオカメラの場合ですが、昔は撮像管にはビジコン等を使っていましたが、これが直接光に向けた場合に焼け付く場合があり使用不可能になってしまう場合が多くありました。
フィルムカメラの場合には、向けてはいけないことはありません。
ただ、一眼レフの場合には覗き部のところに気配りする必要があるでしょうね。
いい写真を撮って下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風景写真の定義というか、何が風景写真なのでしょうか?

風景写真の定義というか、何が風景写真なのでしょうか?
「よみうり風景写真コンテスト」というものが開催されていますが、風景・光景・景色・・・何が入ってなにが該当しないのか良く分かりません。遠景で五重塔が写っているのは風景だと思いますが、近くから見上げるアングルで撮影したものは当てはまらないように思います。

ここで質問ですが、このコンテストでの風景写真とはなんなんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

審査員の判断にもよるでしょうね

近くから見上げるアングルでもバックの景色によっては風景と判断される場合も
広角レンズを使えば色々な周りの情報が取り込めます

生き物を撮影してもどんな環境のどんな場所かがわかれば風景に
動物写真などの部類にも入ります

各々で好みが分かれる場合もあります

過去の入選作から好まれる物を参考にして撮影されるのが良いと思います

入選している画像が風景になります

参考URL:http://www.kitamura.jp/contest/gallery/yomiuri.html

Qカメラ・写真好きな方に質問です!!! 写真(カメラ)に関するステキな言葉を教えてください★

カメラ・写真好きな方に質問です!!! 

写真(カメラ)に関するステキな言葉を教えてください♪

最近、カメラにはまっています。(手間のかかるクラシックなフィルムカメラが好きです。)
そこで、カメラ(写真)に関する何かステキな言葉があれば知りたいなあ、、と思い、皆さんの知っているステキな言葉を共有してください♪

わたしが同じくカメラ好きの友達から教えてもらった言葉をひとつ・・・★

常に動いている世の中を、
 我々は受動的に見ているだけで、
 唯一何かを想像する時間といえば、
 シャッターを切ることでその動きを止める1/125秒だけだ。
                ー Henri Cartier-Bresson


それでは沢山のステキな言葉をお待ちしております♪♪

Aベストアンサー

素敵な言葉かどうかは分かりませんが一つご紹介。

この世の中にカメラは二種類ある。
・それは「ライカと、ライカ以外」である。

この言葉を、大昔、後輩に伝授。
後輩は、この言葉を真似て、あこがれの女性に告白しました。
しかし、見事に墜落炎上していたのを思い出しました。

Qおすすめの風景写真家?

(1)風景を取り扱っている写真家の中で、風景が主体なんだけれども人の後ろ姿など人物をさりげなく取り入れている写真家がいれば教えてください。

(2)外国の風景(特にアメリカやヨーロッパなどの街並み)を扱っているおすすめの写真家がいれば教えてください。

(3)それ以外でも、特におすすめの風景写真家または写真集があれば教えてください。

Aベストアンサー

(3)の回答をします。

前田真三さんです。うーん、あまり目新しさとかはないけど、きれいな写真やなあ、と思って眺めています。わりと手軽な値段で手に入りますしね。
プレゼントにしてしまったので今手元にはないのですが、日本の田んぼ風景を撮った写真集があって、それもいいなあと思いました。
北海道は美瑛町にある前田真三さんの写真館にも行ったんですよ。しかし写真そのものより周りの風景の方が印象深かったりして……(^_^;)。

(2)ですが、わたしは竹内敏信さんの「ヨーロッパを撮る」という本を持っているのでまず思い出すのが彼です。かなり前の本ですが、この中の写真はなかなか好き。きれい。(だからといって写真家としておすすめかというと微妙ですが)
わたしもちょこっと写真が好きで撮るのですが、わたしはあまり人間を被写体にはしたくない方なので、好きな写真家もそういう方向になるようです。

お役に立てましたでしょうかm(__)m。

Qカメラの時間差で写真を撮る機能の名前

カメラでよく10秒後に写真を撮るようにしたりする機能がありますが、あれは何という機能ですか?

Aベストアンサー

1回だけならセルフタイマー

複数回もしくは間隔の時間設定できるのがインターバルタイマー

Q雨の日の風景写真ってどう撮りますか?

雨の日の風景写真ってどう撮りますか?

お世話になります。
上記の通りなんですが、雨の日の風景写真の撮り方って
どういう撮り方があるでしょうか?
実はこの三連休を利用して、北海道の富良野に写真旅行に
行くつもりです。(すでにもう札幌にいます)
ただ、天気が雨で経験不足ゆえに、どういう写真が撮れるか、
撮れるのか分かりません。

靄がかった森の写真みたいな森や木々をメインにした構図も
考えましたが、この時期まだヒグマが活動してるらしく、
森の中に入るには危険が伴いますし…。
もともとは、富良野や美瑛の広大な草原(?)と青空の写真を
撮りたかったんですが、雨の日だと空は入れると微妙だから
入れにくいですし…。
かと言って、年に一度行けるかどうかの機会を無駄に過ごしたく
ないという思いもあります。

何かいい構図のアイデアを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

空が曇ってしまうので、余程ダイナミックな現象(大きな黒雲とか、虹とか)が無いと、主体としては使えませんよね。
ですのでいわゆる「黄金分割線」から少し外して、上方に地平線を持っていくようにして、ほとんどを地上の風景で占めるようにします。
空を「添え物」扱いで使うのです。

光線が柔らかいので、基本的にはローコントラストな、少し眠たいような感じになります。
それを逆利用して下さい。
イメージとしては「穏やかな・永遠の・変わらない・留まった」などの、時間経過が遅いというイメージで良いと思います。

富良野の大風景などは「色のマッス」が重要になります。
前田晋三先生の写真のように、色の特性と形、画面上での「流れ」、それに点景の効果的な使用で、バランスよく仕上げてください。
今回のようにコントラストが低い場合は、全体がモノトーン化しやすいので、構図そのものもあまり色を欲張らない方が、視覚的には良いと思います。
大胆に、かっちりと切り取っていくことで、主体を全面に押し出すくらいで丁度いいでしょう。

霧を強調する場合は、中望遠程度(35ミリ換算135ミリ前後)で、絞りはやや絞っていきます。
場合によりますが、F8~F16程度で良いと思います。
霧は案外と明るいので、アンダーにならないようにヒストグラムには十分注意して撮影することです。
プレビューを使って、実際に霧がどんな感じで動いているかを確認しながら撮ってください。
スロースピードになりやすいので、霧の「塊」が動いてきて、あとで「あれれ?」ということもあるからです。

湖沼等の水面を入れると、波紋が効果的なアクセントになりますよ。
木の葉などにつく水滴も、クローズアップにするといいですね。
光線の方向が大事です。
それと複数入れる場合は、画面内で「リズム」を作ってあげてください。

偏向フィルターを効果的に使うこと。
その場合、後でPCで編集するときに「色崩れ」が起きる時があるので、効かせるときは目一杯きかせないようにしてください。

空が曇ってしまうので、余程ダイナミックな現象(大きな黒雲とか、虹とか)が無いと、主体としては使えませんよね。
ですのでいわゆる「黄金分割線」から少し外して、上方に地平線を持っていくようにして、ほとんどを地上の風景で占めるようにします。
空を「添え物」扱いで使うのです。

光線が柔らかいので、基本的にはローコントラストな、少し眠たいような感じになります。
それを逆利用して下さい。
イメージとしては「穏やかな・永遠の・変わらない・留まった」などの、時間経過が遅いというイメージで良い...続きを読む

Qピンホールカメラで撮った写真の現像方法

 小学校4年生です。 夏休みの工作でピンホールカメラを作っています。撮った写真の現像で小学生にもできる方法ってありませんか。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現像するには、現像をする、薬液や、現像するためのパッド(薬液のいれもの)等や、暗室(真っ暗な部屋で、露光させない電球を使う)が必要です。

あと、露光状態によっても現像する時間が変わりますので、知識と経験、ノウハウが必要です。

学校に写真部があれば、お願いするといいです。


なければ、地元の写真屋さん(プリントショップではダメ)ならば、現像装置一式を持っていますので、お願いすればやってもらえます。

但し、現像料金が必要です。(事前に探して聞いておきましょう)

なお、ピンホールカメラの撮影テクニックも教えてもらえるかも知れません。

ですので、地元の写真屋さんと、仲良くなりましょう。

Q風景写真を撮影する時に知りたことは何ですか?

みなさん、こんにちは。

先日は、風景写真を撮る目的を聞かせていただいたものです。

調べてる一環なのですが、
写真撮影の技術面、メンタル面含め
1.風景撮影をする時に、困ること
2.風景撮影で知りたいこと

を教えていただけますでしょうか?


よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.風景撮影をする時に、困ること

撮影機材の選択ですね。
どんな風景に出会うか分かりませんから
どれだけの機材を準備すればいいか、がいつも悩みどころです。
特にフィルムの時代はそうでした。

2.風景撮影で知りたいこと

じゃあ、行き先の状況を知ればいいじゃないか、と言われそうですが
それじゃ面白くもなんともありません。仕事じゃないんですから。
だから、いつも出かけるまでさんざん悩んで、
現地で多くの後悔と僅かの幸運を楽しんで撮影をしています。

Qカメラ操作が初めてでも、運動会の写真を上手く撮る方法は

中学校の広報部で運動会の写真を撮ることになりました。
カメラは今は寝たきりの父のものがあります、私は触ったこともありません。

機種
キャノン F1・EF・T70
マミヤ  RB67PROS
レンズ  200・70-210・35-70
です。

初めての時、上記でどの機種でどのレンズだといいでしょうか。

Aベストアンサー

お父様のカメラ、素晴らしい物ばかりで私も羨ましい限りです。

とりあえず、今のteruhikeさんの境遇の範囲内で私なりの最善の解答を考えてみました。

まず、機材。

(1)ボディT70 + レンズ35-70

(2)ボディEF + レンズ70-210

の2組を使いましょう。

フィルムはISO(ASA)400の36枚撮りを使いましょう。

カメラは2台ともシャッター優先オートにして使います。

※シャッター優先とは、撮影者が自分でシャッタースピードを選ぶと、あとはカメラがその時の光の状態に合わせて適正な絞りを選んでくれるモードです。

ここで、絞りとシャッタースピードの関係について簡単に説明しますが、
明るさが同じ場合、シャッタースピードを早くすると絞りは開きます(3.5とか4.5とか)。

逆に遅くすると絞り込んで(16とか22とか)いきます。

シャッタースピードは概念的にどういうものか用意に見当つくと思いますが、絞りとはどういうものかわかりますか?

絞りとは、ピントの合う範囲を調節することによって、主要被写体の背景や前にあるものをどのくらいボカすかを決めるものです。

絞りが3.5とか4.5とかいう場合(俗に言う「絞りを開く」状態ですは、ピントの合う範囲が狭くなります。

逆に16とか22とかに「絞り込んで」いくと、ピントの合う範囲が広くなって、手前から遠くまでピントが合うようになります。

ここまで読むと、マニュアルフォーカスの場合は絞り込んで撮影すればピンぼけになりにくい・・・と思われるかもしれません。たしかに、明るい場所で静止している被写体を写すにはピンぼけ防止という意味で有効かもしれません。しかし、これだとシャッタースピードは遅くしなければなりません。

今回は「運動会」の撮影ということで、動くものがメーンの被写体です。
ですから、絞り込んでシャッタースピードが遅くなると、被写体がブレた写真になってしまいます。

ですから、ピントの合う範囲よりも、動くものを「止めて」写すことに重点をおきましょう。

とりあえず、当日が晴れの想定で考えますと、シャッター優先オートにカメラをセットし、シャッター速度は1/250秒にしておきましょう。
もし曇っていれば、1/125秒。

あとはカメラに絞りを任せて、操作はズーミングとピント合わせとフィルムの巻上げの3点に集中しましょう。

ピント合わせの方法は、たとえばトラック競技などは「置きピン」が有効です。
本番前にクルマや鉄道などで練習してみてはいかがでしょうか?

フィールド競技はその都度ピントを合わせながら撮影できると思います。
何かゆっくり動いている被写体を選んで、より早くピントが合わせられるように練習しましょう(レンズの回転のフィーリングに慣れる事も大切です)。

あと、基本中の基本ですが、カメラのホールディングは、脇をしっかり閉めて、絶対にカメラを動かさないように構える練習をしましょう。
特に望遠になればなるほど、ブレやすくなります。
※50ミリより200ミリのほうが単純に4倍ブレやすくなります。

三脚を使うという案も出されましたが、恐らく当日は激しく移動しながらの撮影になると思いますので、邪魔になる可能性もあります。そのあたりをよく考えて使うか使わないか決めてください。

また、コンパクトカメラは確かに簡単で良いのですが、スポーツ撮影ではやはり200ミリ程度の望遠は必要になると思います。
ある程度望遠の効くコンパクトカメラもあるにはありますが、ハッキリ言ってアレは暗すぎて実用になりません(あくまでも宣伝のための望遠です)。

ちなみにEFと70-210を組んだのは、T70よりEFの方が重いので、それだけしっかり構えなければならず、望遠撮影に有利かと思ったからです。
※同じ望遠レンズを使った場合、軽いボディよりある程度重いボディの方が、私の経験上重心が自分よりになるので良い写真が撮れます。

とにかく、どのくらい時間に余裕があるのかわかりませんし、フィルム代や現像代はかかってしまいますが、練習を重ねて精一杯頑張ってみてください。

きっとお父様も練習を重ねてテクニックを磨かれたことと思います。

応援してます。

お父様のカメラ、素晴らしい物ばかりで私も羨ましい限りです。

とりあえず、今のteruhikeさんの境遇の範囲内で私なりの最善の解答を考えてみました。

まず、機材。

(1)ボディT70 + レンズ35-70

(2)ボディEF + レンズ70-210

の2組を使いましょう。

フィルムはISO(ASA)400の36枚撮りを使いましょう。

カメラは2台ともシャッター優先オートにして使います。

※シャッター優先とは、撮影者が自分でシャッタースピードを選ぶと、あとはカメラがその時の光の状態に合わせて適正な絞り...続きを読む

Qこういう風景写真はブログに載せてもいいですか?

 タイトルの通りですが、参考画像のような風景写真はブログに載せてもいいでしょうか?。本当に風景写真しか写っていない写真は(滝や山・・・など)は自分で撮影したのは載せてもいいと思いますが、このような画像はどうなのでしょうか?。一応自然を目的にしたつもりですが、人の小屋?が写っていますよね。このような場合は、この小屋の所有者に、「ブログに載せてもいいですか?」と聞いた方がいいですか?。でもこんなことをしていたら、本当に自然の風景写真のみが写った写真しか載せられないのでかなり限定されてしまいます。前にもブログのことで色々質問したのですが正直よくわかりません。回答よろしくお願いします。参考画像はあとで消します。

Aベストアンサー

別にかまわないよ

家とか写ってても大丈夫

QパソコンのWEBカメラで写真を撮りましたが、それをブログに貼り付けよう

パソコンのWEBカメラで写真を撮りましたが、それをブログに貼り付けようとしましたが、「その、拡張子ではファイルのアップロードはできません」と表示されます。写真を貼り付けるにはどうすればいいでしょうか。誰か教えてください。

Aベストアンサー

単に写真による撮影画像だとしても、それをブログに貼り付ける場合、そのブログのシステムとして画像形式として受け付けられる物に限定があるための物かと思います。
具体的にどこのブログなのか、ブログサービスの名称はわかりますか?

それに対して、あんたがWEBカメラで撮影した物の形式が、ブログに対応しない物であったわけですので、その画像を形式変換してあげねばなりません。

例えば、ブログがJPG、JPEG形式しか受け付けない仕組みになっているところに、あなたのWEBカメラはGIFとか、BMP形式で撮影するとなれば質問のようなこととなります。
WEBカメラで札制した画像の拡張子は何になっていますか?

拡張子というのは、先に説明したように画像データの形式をryかうじで泡和しているとご理解いただき、撮影した画像データのファイル名「○○○○○○.***」の最後の「***」3文字のことです。


人気Q&Aランキング