私,二十代半ばの男なのですが,最近ふと,字を上手にしたいという考えが芽生えたのですが,どういった手段があるのでしょうか? それでは,どなたかアドバイスの方よろしくお願いします.  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして。


私は19歳より書道を習っている30代前半の者です。
字についてですが、「書は人なり」といいますが、いずれにしましても読み易い字を書くことです。
相手に読んでいただく立場を考えて多少拙い字であっても落ち着いて丁寧に書くことです。乱雑(乱筆)は相手を不快にさせてしまいます。

余談ですが以前、私は師範より「書道をやめたら3年で元にもどる」といわれたことがあります。
    • good
    • 0

私は20代の女です。

もともと字が汚かったのですが、今では、
特徴のある字だと言われるようになりました。

私が試した方法は、この人キレイな字だなぁと思う人は周りにいると思うので、
その人から頂いた葉書や手紙文、大学時代のノートでも構いません。
それを観ながらゆっくりと丁寧に真似てみて下さい。
そうすることでその人の字をそのまま自分のものに出来るとは言えませんが、
少しは自分の癖が直ると思います。
また、いつどんなときで文字を書くときは、ゆっくりと丁寧にを心がけて下さい。

それに加え、お使いになるペンやシャーペン、鉛筆の濃さにも目を向けて下さい。
誰しもあると思うのですが、書き味が合わないとか、昨日はしっくりきたのに
同じペンがどうも手に合わないと言うことも多々あります。
ですので、家にあるペンを片っ端から試し、平かなと自分の名前、数字を
書き試して、これなら書き安いなと思うものを5本くらいピックアップして下さい。
その中で毎日持っていて疲れないものを、選りすぐって使って下さいネ。
すぐにキレイになるわけでも、すべての人から見てキレイになるわけでもありません。
ただ、ゆっくり丁寧にを心がけキレイになりたいと思う気持ちを続ければ、
あなただけの味のある字が確実に書けるようになりますよ。ガンバって下さいネ。
    • good
    • 0

私も字が汚くて悩んでいる者です。



fromkibuneさんの字が汚いというのは
どう書いても汚い字のことですか??
それとも単純に雑なだけですか??

ちなみに私は「落ち着いて丁寧にゆっくり」書けば
まぁまぁ読める字になります。
字をキレイにしたくて「硬筆検定」なども受けました。
こういった検定は自信に繋がりますよ。
勉強する機会もできますしね。
もし勉強するなら大きな本屋さんで、テキストに書き込みができるタイプの
参考書を(テキスト)を購入するといいですよ。
やっぱり書くことは大事です。

今、書く機会が少ないので、字を書く機会があるときに
ヘタな字がばれちゃうんですよね。
即効の対処法はやっぱり「丁寧に書くこと」
相手には丁寧に書いた字は
「あ、この人丁寧に書いたな」
ってわかるものです。
私も素人ながらわかります。

なので書く機会があったら、まずはゆっくり落ち着いて、丁寧に書きましょう。
それから検定やペン字の本で勉強しても遅くないですよ。
    • good
    • 0

こんばんわ。


何にでも、始めるのに遅い事は無いと思います。
toyohiさんのように、大人になってから練習して師範までなられた方に敬意を表したいと思います。toyohiさんの、向上心には、脱帽です。

私の場合は、小さい頃、父から書道をならいました。学生中は一時中断しました。
社会儀礼に招かれる様になり、署名する箇所が増えて、これではまずいと思ました。それからずっと、気まぐれですが、時間が空いたときは、ペンなり、毛筆なり練習をしています。

やっぱり、先生の元でならた方が上達は早いと思います。
ですが、有名な書道家の中にさえ、石碑の拓本を見本にして練習して、大家になった方も居られます。
書店に行けば、ペン習字、毛筆の指導書、お手本が沢山ありますので、やる意思さえあれば、誰でも練習できると思います。筆とペンと紙があれば。
ペン習字、毛筆共に、練習の方法は違いますが、確実に誰にでも上達のチャンスは有ると思います。
ちなみに、私は、ペン、毛筆ともに、楷書だけは必ず練習しています。
何らかのアドバイスになれば幸いです。がんばってください。
    • good
    • 0

字を上手に・・・とは、毛筆でしょうか?もちろん、ペン習字というのもありますが。

私も、30過ぎから習い始め、途中何回か挫折しそうになりましたが、数えれば10年以上、いつの間にか師範の免状をいただきました。的確に身につける早道は、やはりお近くの書道塾へ行くのがよいでしょう。独学とか、通信教育もありますが、まずは挫折です(私の場合)。
    • good
    • 0

こんにちは。


字を上手く書けるようになりたいそうですが、
一体どんな字を書くのか分からないのですが、
とりあえず人の目から見て読めるように書こうという気で
書けばいいと思います。
いますよね?読みやすい字を書く人。
癖がついた字を書く人は自己主張の表れだと思うので、
読む人のことを考えて書くといいと思いますが。
それから、丁寧に書くこと。
小学一年生の書き取り勉強の頃を思い出して。
それが慣れれば普通の速さで、しかも上手に字を書けると思います。
字は書く人のことを表すので。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学二年女子です!! 時が綺麗になりたいと思ってます!! この字は字は綺麗なほうですか? あと時が綺

中学二年女子です!!
時が綺麗になりたいと思ってます!!
この字は字は綺麗なほうですか?

あと時が綺麗になる方法を教えてください!!꒰⑅•ᴗ•⑅꒱

Aベストアンサー

書道の講師をしています。


正直に言いますね。

上手いとは言えません。
キレイでもありません。

とくに「れ」は酷い……字が違う。間違って書いてると言われるレベルです。
(ごめんね。)



字をキレイに書きたいと思うのなら、
自分が綺麗だと思う字をお手本にして、
自分の字と、どこかどう違うのかを自分で分析して、気づける能力を身に付けてください。

点の位置、線の長さ、空間の取り方(等間隔)、
どっちの線が高い位置から書き始めているのかとかね。


細かい所ですし、ちょっとしたことですけど、
「お」「む」「ら」などは、
点の位置が違うだけで、上手いか下手かが一気に分かれる字なんですよ。


「す」「ぬ」「る」「よ」「ま」「む」「は」「ほ」などの
丸い部分(“結び”って言います)の形も、
まん丸・三角・アーモンド型のどれにするかで印象が変わる。


字のきれいな人とか、書道が上手な人って、
そういう細かい所を、
無意識にできていたり、
自分で手本と比べて、
自分で分析して、
自分で気づいて、
自分で改善できるんですよ。

それがセンスがあるか無いかの差で。


センスが無くても、
ちゃんと教えられた事を、
日頃から意識して字を書く努力ができる人は、
1時間で一気に上手くなりますが、

いくら教えてもらっても、
自分の脳みそ使って考えることをしない人は、
10年習ってても上手くなりません。



まずは、自分の字のどこが悪いのかを
自分で気づけるかどうかですね。

これがわからない〜と言ってるようじゃ、
字は上手くなりませんし、
上手い字はまず書けませんので。

ネットでも本屋でも友達や先生の字でも良いので、
自分が綺麗だと思う人の字と、
ご自身の字、見比べて、分析してみてください。

書道の講師をしています。


正直に言いますね。

上手いとは言えません。
キレイでもありません。

とくに「れ」は酷い……字が違う。間違って書いてると言われるレベルです。
(ごめんね。)



字をキレイに書きたいと思うのなら、
自分が綺麗だと思う字をお手本にして、
自分の字と、どこかどう違うのかを自分で分析して、気づける能力を身に付けてください。

点の位置、線の長さ、空間の取り方(等間隔)、
どっちの線が高い位置から書き始めているのかとかね。


細かい所ですし、ちょっとしたことですけど、...続きを読む

Q問題 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が1個ずつあるとき、天秤を用いてどん

問題
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が1個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか。
[Hint:割り算の式の余りを変える]

教えてください!!

Aベストアンサー

○が重さを量りたいもので、X:のXがその重さを表しています。
他の数値は分銅の重さです。
1:○=1
2:○+1=3
3:○=3
4:○=1+3
5:○+1+3=9
6:○+3=9
7:○+3=1+9
8:○+1=9
9:○=9
10:○=1+9
11:○+1=3+9
12:○=3+9
13:○=1+3+9
14:○+1+3+9=27
15:○+3+9=27
16:○+3+9=1+27
17:○+1+9=27
18:○+9=27
19:○+9=1+27
20:○+1+9=3+27
21:○+9=3+27
22:○+9=1+3+27
23:○+1+3=27
24:○+3=27
25:○+3=1+27
26:○+1=27
27:○=27


結果的に全ての自然数(グラム)の重さを計ることができます。
なぜかというと、(左側に○を乗せているとして)
まず○の最少は1グラムで、1グラムの分銅と釣り合います。
○=1

○が1グラム増えると、左が+1になります。
右の1を移して、左が+2、右が-1です。
差が3なので、右に3を乗せて釣り合います。
○+1=3

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
左には既に1があるので、それを取り除けば釣り合います。
○=3

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
先ほど取り除いた1を右に乗せれば釣り合います。
○=1+3

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
今出てきた1と3は全て右に乗っていますが、足りないので次は9を使います。
右の1+3を左に移すと、左は+5、右は-4で差は9なので、9を右に乗せれば釣り合います。
○+1+3=9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
左には1があるので取り除けば釣り合います。
○+3=9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
先ほどの1を右に乗せると釣り合います。
○+3=1+9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
3を取り除くと左が-2となるので、右の1を左に移せば釣り合います。
○+1=9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
先ほどの1を取り除くと釣り合います。
○=9



これを説明しなおすと、
1を使って1を量れます。1の2倍+1である3を加えると、
1と3を使って、差の2、3そのもの、和の4(1*3+1)も量れるようになります。
1と3で1~4を量れるので、4の2倍に1を足した9を加えると、
9と4の差(=5)~9と1の差(=8)、9そのもの、9と1の和(=10)~3つの和(=4の3倍+1=13)
つまり1~13が量れるようになります。
13の2倍に1を足した27を加えると、
27と13の差(14)~27と1の差(26)、27そのもの、27と1の和(28)~4つの和(=13*3+1=40)
つまり1~40が量れるようになります。

言い換えれば、
「それまで量る事ができる最大の重さ」の2倍に、1を加えた重さ、の分銅を用意する事で、
それまで量る事ができた最大の重さ+1~それまで量る事ができた最大の重さ*3+1
の各重さを量る事ができるわけです。

そして3^n=Σ(3^k)(k=0~n-1)*2+1と表す事ができます。
(等比数列の和なので、Σ(3^k)(k=0~n-1)=(3^n-1)/(3-1)=(3^n-1)/2
 (3^n-1)/2*2+1=3^nです)
つまり3^n(nは自然数)グラムの重さの分銅が1個ずつあるという事は、
(その最大の分銅の重さ-1)/2*3+1=その最大の分銅の重さ*1.5-0.5グラム までの各重さを量る事ができる。ということです。

説明があまり綺麗ではなかったかもしれませんが、とりあえず自然数グラムは全て量れるよ。ということですね。

○が重さを量りたいもので、X:のXがその重さを表しています。
他の数値は分銅の重さです。
1:○=1
2:○+1=3
3:○=3
4:○=1+3
5:○+1+3=9
6:○+3=9
7:○+3=1+9
8:○+1=9
9:○=9
10:○=1+9
11:○+1=3+9
12:○=3+9
13:○=1+3+9
14:○+1+3+9=27
15:○+3+9=27
16:○+3+9=1+27
17:○+1+9=27
18:○+9=27
19:○+9=1+27
20:○+1+9=3+27
21:○+9=3+27
22:○+9=1+3+27
23:○+1+3=27
24:○+3=27
25:○+3=1+27
26:○+1=27
27:○=27


結果的に全ての自然数(グラム)の重さを計ることができます。
なぜかというと、(左側に○を乗せているとして)
まず○の最少...続きを読む

Q字を綺麗に書く方法を教えてください! 私の字は、丸い感じで、大人のような綺麗な字に憧れています。 ぜ

字を綺麗に書く方法を教えてください!
私の字は、丸い感じで、大人のような綺麗な字に憧れています。
ぜひ、教えてください!

Aベストアンサー

PCがあるなら 教科書体で ひらがなをうち
プリントアウトしてください
その際に 文字の色は薄めのグレーにします

それをひたすら何枚もなぞり書きしていると かなり字がきれいになります
文章の6~7割がひらがなですので^^
コツは 一筆書きで丸を書いていく感じで書くといいそうです

慣れてきたら よく使う文字(漢字)を増やしていくといいですよ
住所 名前 会社名などなど^^

私はこれで お金もかけずかなり文字の修正ができ
いまは 会社でも どこでも字がきれいと言われることが多くなりました

Q現役偶然、一浪当然,,愕然、呆然

昔、予備校の机に、現役偶然、一浪当然、、と愕然、呆然などと続く数え歌が書いてあり,なるほどと思った記憶があります。
一浪から10浪までありすべて何々然でしたが、想い出せません。
覚えている方いらっしゃいますでしょうか?
最後は10狼で自然だったような気がしますが。

Aベストアンサー

受験浪人の経験があり、興味を引かれたました。

「ガイドが綴る北海道」(織春久遠氏作 監修)の「VOL31 不揃いなガイドたち 永楽の黄色いハンカチ」:http://eiraku.hp.infoseek.co.jp/eirakugaidovol31.htm  というエピソードの中に載っていましたよ。

このエピソードの中央部の前あたりに「現役偶然、一浪当然。。。」と一行書かれていますのでご覧になってください。


余談ですが。。。
ご質問のお陰で、「永楽の黄色いハンカチ」という感動的なエピソードに出会うことが出来ました。
shounikaさんと織春久遠氏に、感謝です!

Q字が綺麗って?

私は字が汚いのですが、今度、字を練習して字が上手くなろうと思いました。
しかし、そもそも字が綺麗とは何なのでしょうか。
印刷したような字が綺麗なのはわかります。
しかし、草書のような崩した字と汚い字の違いは、何なのでしょうか。

私は、自分の名前でも何回も練習しているうちに、何が綺麗な字かわからなくなって、その時は自分で上手いと思って書いた字も、後から見ると酷い字であったりします。

たとえば、江戸時代に書かれた文字なども意味はわからなくとも上手いと感じますし、アルファベットも(その判断が正しいか確認していませんが)上手い字と下手な字の区別がつきます。

このように考えると、限りなく芸術的なセンスのように感じるのですが、どうなのでしょう。
また「絵のセンス」と「字の上手い」のとは関係があるのでしょうか。
(ちなみに私は絵も下手です)

みなさんのいろいろな意見をお待ちしています。
その他に効率的な字の練習方法なども、書いて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

整った文字・・・を求めているのであれば、それぞれの文字の特徴をよく見るといいでしょう。
たとえば、「流」 という字を書く場合
サンズイはいいとして、 ナベの部分もまあいいでしょう。
次にくる、「ム」が大き過ぎると、したの3本がつぶれてしまいます。そうならないために、ムを縦方向にできるだけ縮めて書くわけです。

その他、漢字の場合は部品の組み合わせでもあります。
各部品の大きさのバランスも考えないとやはり、変な字になってしまいます。
そんな中で、特徴を簡略化していくと、草書になっていきます。
品という字を草書で書くと ∴ みたいな点になってしまいます。
・・・晶とか轟はどうなるんでしょうか・・・汗

文字のアレンジは簡単な字をいろんな風に書いてみるといいでしょう。
たとえば「飛」 という字。
横線を右肩上がりに、さらに跳ねの部分を大げさにかいてみたり。

私は書道をやってはいたものの、ペンでサラサラ書くとヘタっぴです。
ですが、ちょっとペースを落として、落ち着いて書けばなんだかんだで読める字にはなるものです。

Q管理,縛り付けることが,ニッポンのキョウイク!?

現在の日本の公教育においては,「管理教育的な教育」が実践され,拘束や部活動などによって,子供たちを「縛り付ける」という,過去の「悪い傾向」,「悪い概念」が根強く残っているのでしょうか?



参考までに:

わたし自身のことですが,滞米経験があったこと,日本においてボーイ・スカウトなどの経験があったことから,日本社会においても,外国の社会と同様に,社会のさまざまな場面において,子供たちが「社会性」を身につけるための「チャンス」が存在すると,わたしは考えています。

これにかんして,日本社会においては長らく,学校の部活動にたいする「ウエイト」が非常に大きいと,わたしはおもいます。

わたし自身は,学校,とりわけ,公教育の,中学校などの部活動をとおして,多くの子供たちが「社会性」を身につけていることは,日本社会にとっては,非常に良いことだとおもいます。

しかしながら,学校の部活動の「重要性」が「一定の評価」を受けている一方で,このような「傾向」が,「部活動至上主義」というかたちで受けとめられることが,しばしばあります。わたし自身の「理解」ではありますが,いまのニッポンの公教育においては,「部活動至上主義」という「タイギメイブン」にもとづいて,子供たちを「管理」する,あるいは,「縛り付ける」ことが実践されています。(部活動が,子供たちの「非行防止」につながると信じて疑わない日本人は,少なくありません。)すでに,かつての「管理教育」の時代ではないものの,いまだに,ニッポンの公教育というものは,「管理教育的」,「管理教育の“残り香”」がプンプンする「キョーイク」をやっているものと,わたしはそのように認識しています。

「社会性」を身につけるという点においては,何も,学校の部活動がそのための「絶対の選択肢」ではないと,わたしはおもいます。前述の,ボーイ・スカウトの活動や,宗教団体(とくに,日本においてはキリスト教関連の組織や,新宗教の組織などがおこなっているとおもいます)などが主催するユース・キャンプ,あるいは,地元のスポーツ・チームなどの活動に参加することも,「社会性」を身につけるためには,重要なチャンスであると,わたしはおもいます。部活動に参加することだけが,「人生のすべて」のような「傾向」は,不健康なものがあると,わたしはおもいます。

現在の日本の公教育においては,「管理教育的な教育」が実践され,拘束や部活動などによって,子供たちを「縛り付ける」という,過去の「悪い傾向」,「悪い概念」が根強く残っているのでしょうか?



参考までに:

わたし自身のことですが,滞米経験があったこと,日本においてボーイ・スカウトなどの経験があったことから,日本社会においても,外国の社会と同様に,社会のさまざまな場面において,子供たちが「社会性」を身につけるための「チャンス」が存在すると,わたしは考えています。

これにかんして...続きを読む

Aベストアンサー

「社会性」をどう捉えるかも重要になってくると思います。
「社会性」とは、遵法精神・コミュニケーション能力・相手を思いやるなどの、
社会で生き抜く力だと個人的に考えております。

もちろんachievecharityさんのおっしゃる通り、部活動以外の活動も社会性を
身に着けるのに十分役立っていると思います。
もし「部活動に参加していなければ人にあらず」などという意見があるのなら、
その意見は明らかに間違っているでしょう。

しかし、世間的にはやはりどうしても部活動を志向する向きが強くなってしまうと思います。

その理由は、部活動における「評価」「厳しさ」が大きいと思います。
部活動はインターハイ等の各種大会があるお陰で、大会の規模や順位を見ることで、
どれだけ頑張ったかが客観的に一目で評価できます。
(もちろん、部活動以外の活動を下らないとか頑張ってないなどと言うつもりは毛頭ありませんが…)
また、厳しい勝負の世界で、お互い切磋琢磨することも大きい要素だと思います。
つまり、「部活動をやる=厳しい評価の世界の中でも頑張ってきた」と世間からは
みなされているのだと思います。
ボーイスカウトなどの活動も、今よりももっと成果を挙げて社会からの評価を向上
させようとするならば、管理体制や評価基準が厳しいものになると思います。

また、(管理の厳しい)部活動は非行防止につながらないというご意見には疑問を感じます。
部活動の内容をインターハイ等の大会で評価されるには、どうしても管理が必要に
なってきます。栄養・体調・時間・スケジュールなど、管理は多岐にわたります。
しかし、厳しい管理も受け入れて、大きな成果を残すことに挑戦することは、
社会で生き抜く力を養うことに大きく貢献すると思います。
社会で生きるということは即ち、成果を出すことと言えるからです。

また、団体戦の場合、高度なチームワークも必要になりますので、上に挙げた
社会性も自然と身に付きます。
社会性を身に着けるということは、非行に走らなくなるということだと思います。

一言で表すなら、なるべくしてなったのではないかと考えます。
もちろん、ボーイスカウトなどの活動も社会から評価されているでしょうし、
個人的にも、意義のある活動だと思っています。
それに、熱心に活動するのならば、成果に関わらずどちらもすごいと感じます。

長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

「社会性」をどう捉えるかも重要になってくると思います。
「社会性」とは、遵法精神・コミュニケーション能力・相手を思いやるなどの、
社会で生き抜く力だと個人的に考えております。

もちろんachievecharityさんのおっしゃる通り、部活動以外の活動も社会性を
身に着けるのに十分役立っていると思います。
もし「部活動に参加していなければ人にあらず」などという意見があるのなら、
その意見は明らかに間違っているでしょう。

しかし、世間的にはやはりどうしても部活動を志向する向きが強くなってしまうと...続きを読む

Q【字が綺麗になりたい。どうすれば綺麗な字が書けるようになるか教えそうろう】

【字が綺麗になりたい。どうすれば綺麗な字が書けるようになるか教えそうろう】

Aベストアンサー

姉に聞きましたが、教科書の字を必死で練習することって言われたした!
また、字の練習ドリルもしたらいいって言われた!

Qたぶん工業簿記の問題です 1,3,4が分かりません。

下記の画像について質問です

どなたかできる方よろしくお願いいたします


昨年度の活動状況が右表のような企業があります。

本年度は予算を組むにあたり、競争激化により売上台数は5%の減少が予想されます。

これに対して、VEによる製品構造の簡素化、協力工場との合同コストダウンなどで変動費単価を2%下げられる見通しがつきました。

設問1~4のそれぞれの計算式と計算結果を解答欄に書きなさい。

(1)昨年度の限界利益率(β)は何%か

(2)昨年度の年間利益は何万円か

(3)昨年度の損益分岐点売上高は何万円か

(4)売上単価、総固定費は変わらないものとして、本年度の利益は何万円と予想されるか


図表

売上台数(台/年)800
売値単価(万円/台)12
変動費単価(万円/台)7.5
総固定費(万円)3000

どうかよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

直接原価計算を用いるから工業簿記と思ったのかもしれませんが、これは経営分析の問題でしょうね。


(1)昨年度の限界利益率(β)は何%か

β=(12-7.5)÷12×100=37.5(%)

答:37.5%

売上高12×800
変動費7.5×800
限界利益(12-7.5)×800


(2)昨年度の年間利益は何万円か

昨年度の年間利益=(12-7.5)×800-3,000=600(万円)

答:600万円


(3)昨年度の損益分岐点売上高は何万円か

損益分岐点売上高をχとする。
χ×37.5%=3,000
χ=8,000

答:8,000万円


(4)売上単価、総固定費は変わらないものとして、本年度の利益は何万円と予想されるか

800×95%=760
7.5×98%=7.35

本年度の年間利益=(12-7.35)×760-3,000=534(万円)

答:534万円

Q字を綺麗に書くには、どうすればいいですか?

 自分では意識して綺麗に書いているつもりなのに
どういうわけか「字か汚い」とよく言われます

少しでも字が上手くなるようによく薦められている
方法で試していますが、それでも「字が汚い」と
水商売の店長から言われました




私が綺麗に字を書くために意識していることは…………


・ゆっくりでもいいので丁寧に書くように意識する

・画数の少ない字(例えばひらがな、漢字など)は小さく
画数が多い字(漢字など)は大きく書く

・目の錯覚を利用して字を斜め上に書く(…………と
綺麗に見えるそうです…………)

・縦書きの時は字は縦長に書いて横書きの時は横に
長く書くようにする






以上のことに意識していますが、それでも人から「字が汚い」と
言われたことに戸惑いを隠せませんでした
写真に載っているのはお客様に向けての名刺のメッセージです
(個人情報の都合で別の紙で書いて内容も修正しました)

この字が「汚い」と言われるのには何が原因ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ボールペン字練習帳を買う。(100均で売っているところもある)
2.お手本を、インクの出ないボールペンで、なぞって書く。
3.お手本を見ながら、ボールペンでゆっくり書く。
4.2.3.の繰り返し。

Q他大学の大学院を目指す手段についてと、合格したところの辞退についてですが・・・。

文系の4年で、大学院進学を考えています。色々迷うことが多く、今までも何回かここで質問をしているのですが・・・。
秋、受けたところが受かったのですが、親に反対されて(有名なところではなかったのが一番気にかかるらしい)入学はあきらめました。そこで辞退の手紙を書かないとと、思っているのですが、どのように書いたらいいのか・・・。

もうひとつは、その、前述の辞退騒動(?)からこのかた、さっぱりやる気が起きないというか、自分のやりたい分野がまだまだ未熟であるのが思いやられてきて、春、本命で受けようと思っていた院(ここは難しいですしかも)の受験を、やめて科目履修生としてそこで1年修行させてもらってから受け直そうかという考えが、浮上してきたのですが・・・。そもそもそんなこと可能なのでしょうか。

今は考古学ですが、院では文化史(特に仏教美術)を学びたいと考えています。
考え方が逃げに入っている気がします。困りました・・・(^^;

Aベストアンサー

 ANo.#1のshinkishuです。思ったよりも色々考えていらっしゃるようなので、少し安心しました。

 ただ、まだ、何が問題なのか、イマイチはっきりわかりません。もう受かったところは、入学辞退することに決めているんですよね? だとしたら、あとは辞退の手紙をどう書けばいいかという問題だけですよね。これは、書けそうな気がしてきたとおっしゃっているから、大丈夫ですね。

 次に、本命のところを春に受験するか、それとも、受験せずに科目履修生として一年修行するかということですよね。これは、ANo.#1でも書きましたが、受けてみるのがいいと思います。文化史についての論文を提出する必要がないのなら、研究計画書と卒論は何とか両立できるのではないでしょうか。仮に両立できず、院の入試のための準備が十分にできなかったとしても、一年修行する覚悟があるのであれば、同じことですよね。
 私が院生(国文学科ですが)の頃、他大学からの受験者は、やはりなかなか合格できませんでしたが、不合格になっても、一年研究生として研究室に出入りし、研究室になじんで色んなことを吸収しようと努力した人が、やはり次の年にいい結果を残しました。

 もし、一年遅れるかもしれないということに関して不安があるのでしたら、言うまでもないかもしれませんが、考古学にしろ、文化史にしろ、実社会ではほとんど役に立たず、本当に好きでなければ続けられない学問ですよね。多少回り道してもかまわないと思うくらいでないと、続けていけないのではないでしょうか。もしかして、マスター修了後、学芸員などとして就職したいと考えていらっしゃるのかもしれませんが……。

 厳しいことを言って、ごめんなさいね。私も、博士前期課程から博士後期課程に進学する際、研究分野のずれ、家庭の事情、研究室の人間関係、経済的な問題などに悩んだすえ、一年修論の提出を延期したあげく、結局、進学を断念したという苦い過去を持っており、何とか力になりたいと思い、投稿させていただきました。

 いい結果になることをお祈りしております。

 ANo.#1のshinkishuです。思ったよりも色々考えていらっしゃるようなので、少し安心しました。

 ただ、まだ、何が問題なのか、イマイチはっきりわかりません。もう受かったところは、入学辞退することに決めているんですよね? だとしたら、あとは辞退の手紙をどう書けばいいかという問題だけですよね。これは、書けそうな気がしてきたとおっしゃっているから、大丈夫ですね。

 次に、本命のところを春に受験するか、それとも、受験せずに科目履修生として一年修行するかということですよね。これは、AN...続きを読む


人気Q&Aランキング