以下の相談を受けていますので、良きアドバイスをお願いいたします。

〈状況〉
・夫7:3妻の登記でマンションを取得(取得後10年程度経過)
・資金は生命保険会社の住宅ローンを利用(債務者は夫)
・生命保険会社関連の保証会社の保証付き
 →保証契約者は夫、連帯保証人は妻
 →妻は自書捺印せず、夫が代筆。妻は保証会社の方とは一度も会っていない。
  妻は連帯保証人に同意していない。
 →マンションの担保提供については妻は自書捺印

その後
・調停により離婚(ひとり息子は妻が引き取り、夫は愛人のもとへ)
・調停条件 慰謝料として住宅ローンの残債は夫が負担することで、
      金銭の授受はなし。
      これに伴ない、マンションの所有権3割を夫に譲渡
      夫は連帯保証人から妻を抹消することを約束(調停記録あり)

ところが
連帯保証人の抹消期日が来ても、抹消されていないことが判明。
妻が保証会社に掛け合うが、債務者が夫であることから夫の申し出が
必要として取り上げない。
離婚しても、書類上(法律上)妻が連帯保証人であるこに変わりないとの説明。
このままで、万一夫の返済がされなくなると妻が返済しなくてはならない。
妻にはまとまった資産もなく、ローン返済できる能力はない。

〈質問〉
(1)保証会社は債権管理上、返済能力のない妻を連帯保証人として
 設定しておくことに「問題あり」ではないのですか?
(2)妻はこれからどのようにすれば良いのですか?
(3)妻は連帯保証人の代筆を理由に「債務否認」できるでしょうか?
(4)保証会社の対応の悪さを財務局で取り上げてくれるでしょうか?
以上、よろしくお願いいたします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>保証会社が夫に対して新たな保証人の差し入れを行わないのは債権管理担当者の怠慢であり、


契約書条項の何かに抵触していると考えるからです。

確かに、おっしゃるとおり、保証会社の怠慢かもしれませんが、それが契約条項に抵触はしていないと思われますが、契約条項に、そのような条項があるでしょうか。

現在、債務者がその物件に居住していないとのことですが、公庫のローンの場合は、その様な規定があったように思いますが、期限の利益の喪失まで、規定されていたでしょうか。

いずれにしても、現状では、お気の毒ですが、元の妻に不利なことは間違い有りませんね。

ただ、保証会社に何らかの要求をすることは難しいので、債務者に、保証人の抹消を申し入れるか、せめて、妻の持ち分の復活だけでもさせるか、返済の滞らないようにさせるしか、方法がないようです。

心情的にはよく分かるのですが、どうも、法律は、弱い者の味方にはなってくれないですね。

この回答への補足

追加回答ありがとうございます。
確かに心情的な観点での質問であり、お見苦しい文面だと思います。

弁護士の中坊公平さんが支持されるのは、
法律上の弱者救済に力を注がれたからです。
法律は強者が作ってきたのですから、
弱者の味方になってくれないものだと思います。

しかし、最近は国際化の中で
日本でも弱者を保護する傾向が見られるようになりました。
消費者保護法、消費者契約法が整備され、
金融業界では金融商品販売法が整備されました。

問題の契約は10年前のことでり、
新たな法制度の適用はないでしょうが・・・

<期限の利益の喪失>
生命保険会社の金銭消費貸借証書 第2条に期限の利益の喪失があります。
本件に抵触する部分を強いて探せば、
第2項の2号「乙(債務者)の資産状況もしくは、事業の変更等により、乙の資産、
信用または事業に重大な変化が生じ、本債務の履行が著しく困難になる恐れがある
と甲(生命保険会社)が認めたとき。」
との条文です。

金銭消費貸借証書の資金使途は「マンション購入資金」となっていますが、
本人の入居が条件になっているかどうかは明記されていません。

一方、保証会社の保証委託約款では、
第4条求償権の事前行使の条文があり、
その1項で、「本約款または原契約(生命保険会社との金銭消費貸借証書)
に規定する契約内容に違反したとき。」となっています。

No.3のご回答にあるように住宅金融公庫の借り入れ条件と
民間の住宅ローン条件が異なることは承知しています。

金融機関の債権管理からすれば、当時の住宅ローン商品の条件に本人の居住用で
あることが条件にあるのではないかと懸念しているのです。
そうであれば、契約違反だと言われかねませんし、
弱者は強者の言いなりになるでしょう。

「お気の毒に・・・」が本当に現実化してしまいます。

返済能力がない妻を離婚後も保証人として放置する保証会社、
愛人を作ってぬくぬくと暮らしている夫が返済を停止すれば、
離婚した妻がさらに不幸になるなんて、
この国のシステムは本当に怒りを込めておかしいと思います。

補足日時:2001/10/21 01:32
    • good
    • 0

1.妻にも、3割の持ち分で登記された、不動産があるので、保証会社は保証人としての能力があると認定したもので、とくに問題はありません。



2.元夫に対して、調停条件を履行するように請求するしか方法は有りません。

3.妻は連帯保証人に同意していないと、保証会社に主張は出来ますが、訴訟となった場合は、認められないでしょう。単に、代理で夫が署名したと認定される可能性が大きいです。

4.この件については、保証会社に何ら過失が無いので、無理でしょう。

保証人を解約するのは、元夫の一存では出来ないことで、保証会社の承諾が必要です。
承諾を得るには、代わりの保証人が必要になります。


 

この回答への補足

質問1は連帯保証人の設定当時の妻の状況ではなく、
離婚後の妻の資産状況や収入状況から
保証会社は債権保全のため、新たな保証人の差し入れを
債務者の夫に対して請求しなければならないと考えるのです。

保証会社が夫に対して新たな保証人の差し入れを行わないのは
債権管理担当者の怠慢であり、
契約書条項の何かに抵触していると考えるからです。

現在、住宅ローンの対象物件には誰も住んでいません。
妻はアパートを借りているし、夫は愛人宅で住んでいる。

この状況では住宅ローンの約定にも抵触しているはずであり、
債務者は期限の利益を喪失している。

ローン会社は即時完済を求められる条件が整っているのではないでしょうか?
即時完済を求められて最後に責任をとるのは連帯債務者である妻となります。

これじゃあまりに妻が可愛そうと思うのです。

補足日時:2001/10/19 00:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
相当に広い見識をお持ちの方とお見受けいたました。

お礼日時:2001/10/19 00:43

 1.夫に今、能力があればOKと考えているでしょう。

そもそも、女性を連帯保証人にした段階で、女性への期待はないのが、世間の常識。
 2.弁護士に相談し、連帯保証人の記載抹消の仮処分申請を裁判所に出す。
 3.マンションの担保は自書しており、保険会社だけ否認することは、ツジツマが合わない。
 4.まずムリ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/19 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q調停離婚後の慰謝料請求について

今月調停離婚が成立しました。
養育費のみ決めて、離婚しました。
離婚原因は夫のDV、借金、浮気です。すべて証拠はありますが、精神的につらく、慰謝料請求はしませんでした。

ですが、調停成立後すぐに夫の嘘が発覚したり、調停時に約束してこと(私の荷物を返してもらう)などが守られないため、やはり慰謝料請求をしたいと考えていますが、調停離婚後は慰謝料請求はできないのでしょうか?

調停の最後に裁判官の方が、これで離婚は成立し、今後財産分与や慰謝料などの請求はしないと、口頭で言っていたのですが、やはりできないのでしょうか?
調停中は慰謝料請求は離婚後にと考えていたので(友人に離婚後に請求できると聞いていたため)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

調停の成立により、裁判所の調停により離婚やその条件についてお互いに合意したということになりますので、調停の条件になかった慰謝料を請求するということは、結果的に裁判所が同席したその合意をあなたが一方的に破棄したという形になります。
従って、調停後に状況が変わって裁判所が仲介した合意事項を覆すだけの合理的な根拠があなたに立証できるかどうかということになります。

ですので、今後は裁判所の調停が無効であることをあなたが立証することになるので、まずは裁判所とあなたの訴訟になるでしょう。
まずは弁護士に相談するべきであると思いますが、質問文を見る限り、裁判所の決定を覆す立証ができないのではないでしょうか。

>調停中は慰謝料請求は離婚後にと考えていたので(友人に離婚後に請求できると聞いていたため)
これができる根拠を確認しましたか?
仮にご友人が適当なことを言っていたとしても、それが正しいかどうかを確認する義務はあなたにあります。
仮に慰謝料請求が斥けられた場合、ご友人に対して損害賠償請求をできる根拠はありますか?
なければ、残念ながらあなたの間違った情報の入手方法に過誤があることになります。
行動に移す前に、きちんと弁護士などの専門家のアドバイスを受けたほうがいいでしょう。

調停の成立により、裁判所の調停により離婚やその条件についてお互いに合意したということになりますので、調停の条件になかった慰謝料を請求するということは、結果的に裁判所が同席したその合意をあなたが一方的に破棄したという形になります。
従って、調停後に状況が変わって裁判所が仲介した合意事項を覆すだけの合理的な根拠があなたに立証できるかどうかということになります。

ですので、今後は裁判所の調停が無効であることをあなたが立証することになるので、まずは裁判所とあなたの訴訟になるでし...続きを読む

Q夫婦であったときに夫が騙して妻を連帯保証人にしても詐欺には当たらないのですか?

QNo.4370748で質問したものです。
何度もすみません。
この件に関して法テラスの事務所で弁護士に相談しましたが、
弁護士は若い方で、「そのときは夫婦だったんですよね。そういう場合は(詐欺に)ならないという法律があった気がするなぁ~」と6法全書をめっくっていたので、私もうつ状態が酷くて頭が回らず、気を落としてしまって、「そうですか・・・」と帰ってきてしまいました。

家族間で金の盗みがあっても犯罪にならないということはどこかで聞いた覚えがありますが、お金はあると銀行からの借金を見せて、私を騙して安心させて、7千万円の住宅ローンの連帯保証人にさせた場合も罪にならないのでしょうか? そうだとしたら、それはなんの法律の何条に規定されているのか、お教えください。

同じ件では1回しか法テラスでの相談は受けられないとのことなので、
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

刑法251条で準用される、刑法244条1項です。

刑法
第244条 配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第235条の罪、第235条の2の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。

第251条 第242条、第244条及び第245条の規定は、この章の罪について準用する。

251条の「この章の罪」とは、刑法37章の罪で、詐欺罪、電子計算機使用詐欺罪、背任罪、準詐欺罪、恐喝罪と、それらの未遂罪です。詳しくは、「刑法」の原文を確認してください。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html

Q離婚に伴う慰謝料請求

 別居中の妻から、暴力を理由に離婚請求訴訟を起こされた友人がいます。その友人は、現在失業中で住宅ローンの返済もできず、しかも預貯金等全部妻に持ち逃げされたため、年金生活者の母親が生活費の援助をしています。その友人は、暴力をふるった事実は認めているため離婚判決がでるのはやむをえないと考えており、しかも訴状の中では慰謝料請求、財産分与請求のいずれもがなされていないため、裁判所へは答弁書も出さずこのまま放っておくつもりのようです。従って欠席判決により暴力をふるった事実が認められ離婚判決が出そうです。
 ところで訴状の中には、前述のとおり慰謝料請求、財産分与請求がなされていませんが、離婚判決をもらった後で、改めて慰謝料請求、財産分与請求の訴えを起こしてくる可能性はあるでしょうか(たとえば先に離婚判決をもらっておくと、あとで慰謝料請求をする場合に有利に展開できるとか)。
 妻からの今回の請求が離婚請求だけであるため、その範囲内で異議がない場合は(どうせ負けるなら)、相手方や裁判所へ何らの返事をせず欠席判決になっても特に不利益はないと友人は言いますが、そのとおりでよいのでしょうか。

 別居中の妻から、暴力を理由に離婚請求訴訟を起こされた友人がいます。その友人は、現在失業中で住宅ローンの返済もできず、しかも預貯金等全部妻に持ち逃げされたため、年金生活者の母親が生活費の援助をしています。その友人は、暴力をふるった事実は認めているため離婚判決がでるのはやむをえないと考えており、しかも訴状の中では慰謝料請求、財産分与請求のいずれもがなされていないため、裁判所へは答弁書も出さずこのまま放っておくつもりのようです。従って欠席判決により暴力をふるった事実が認められ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
確かに今回の判決で、「暴力」が離婚理由と認定されてしまうと思いますので、それを認めたくないのであれば、反論する必要があります。例えば暴力に至った理由が妻側にもあるといった場合で、不名誉な敗訴をしたくないとのことであれば、答弁すれば良いかと思います。

ただ友人が「どうせ負けるから」といって欠席していたり、離婚はやむを得ないと思っているのであれば、無駄な経費をかけて裁判を継続させるより、さっさと離婚に同意して相手に訴えを取り下げさせた方がよいのではと思いますが。

また後日慰謝料請求訴訟を提起された場合には、今回とは別訴であるため請求の是非や金額はその際に改めて審理される事項であるため、慰謝料について友人が主張したいことがあるのならば、その際にしっかり主張すれば良いかと思います。
財産分与については、事情がどうであれ二人で築いた財産ある以上、原則的に分与しなくてはならないもの(相手側の責任等で値切れる性質のものではない)であるため、いまから何かを主張しておいて有利に進む性質のものではないと思えます。

Q妻が連帯保証人で夫の借金は・・・

旦那が借金(遊び金)をして私(妻)が連帯保証人になっています。
もう離婚したいのですが離婚後、私(妻)の方に債権者は来るのでしょうか?
来るのだとしたら金額が大きく支払いはできないので自己破産できるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

離婚後、旦那さんの支払が滞るようでしたら、当然連帯保証人の方へ債権者は請求に来ます。
それが絶対に支払えない金額でしたら自己破産したほうが良いです。
過去10年以内に自己破産の経験が無いのなら自己破産は出来ます。

Q離婚後の慰謝料請求

今の私の状況で元旦那の不倫相手に慰謝料請求出来るのか教えて下さい。

・H19年 元旦那の浮気が発覚し別居
・H20年 調停不成立
・H21年 離婚裁判開始
・H22年 離婚裁判成立(養育費と慰謝料270万で和解)

○頑張って浮気の証拠を集めたので浮気発覚からすぐに不倫相手は特定出来てました。

○調停は元旦那が自分の不倫を認めず私を悪者にして離婚をしようとしたので話しがまとまらず不成立になりました。

○今まで不倫相手に慰謝料請求しなかった理由は、裁判での慰謝料要求額が300万でしたが最終的に270万(元旦那の年収は約300万)とほぼ希望額だったことと、不倫相手と関わりたくなかったからです。

離婚して生活も落ち着いてきましたが最近不倫相手への憎しみが消えるどころか増すばかり。
思いきって慰謝料請求しようと思いました。
しかし慰謝料請求の時効などの問題や現在元旦那と不倫相手は結婚し女が無職の状況などから果たして請求出来るのか不安になりました。

どなたか詳しい方がいたらアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

相手の女性が働いていようが無職だろうが関係ありません。
不倫関係が発覚した日から3年以内であれば、慰謝料請求できます。
それ以降は時効の到来により請求不可になります。

ただし、実際にお金を払ってもらえるかどうかは別問題です。

Q「連帯保証人」は法人格でもよいのでしょうか?「連帯保証人」=個人の住所・印鑑とすべきでしょうか?

弊社(甲)との契約締結先(乙)の社長交代に伴って業務契約書の連帯保証人の変更に関する契約を結ぼうとしているのですが、甲・乙・連帯保証人の「乙」と「連帯保証人」の住所・氏名・印鑑を「乙」と同じものとして問題があるでしょうか?

また、「連帯保証人」は法人格でもよいのでしょうか?

やはり、「連帯保証人」=個人の住所・印鑑とすべきでしょうか?

Aベストアンサー

乙とともに契約を保証するのが連帯保証人ですから、乙と連帯保証人を同じ者にしてしまっては、保証人の意味をなさないと思います。
同じ者としても問題はないですが、保証の意味をなさなくなるので、貴社にとっては芳しい状態ではないと思われます。

連帯保証人は法人でもかまいません。

Q離婚の慰謝料請求は旦那さんの両親にも及ぶのですか?

教えてくださいませ。

離婚の慰謝料請求は旦那さんの両親にも及ぶのでしょうか?
例えば、奥さんが請求したり、確定した慰謝料全額を旦那さんが払えない場合はその親が負担したりするのかな?とふと気になりまして。

分る方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

慰謝料というのは、精神的な損害賠償のこと
です。

従って、
婚姻の当事者でない両親に、損害賠償が認められるためには、
その離婚に対して、故意過失に基づく
違法な行為がなければなりません。

だから、他の方が回答しているように、
両親がその婚姻に不当に関与して、それが原因で
離婚になったような場合でなければ、両親には
及びません。

旦那さんに金がないが、両親には金がある、などと
いうことは関係ありません。

Q署名捺印した「借用書の連帯保証人」の欄に、疑問が湧いてきました。

たびたび失礼します。
昨年急死しした兄の「借用書」のコピーを見ながらの相談です。
・8年ほど前、兄が家業のために借りた時のものです。
・私と兄は、それぞれ結婚、全くの別所帯です。
・契約書の作成等にお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい!
〈ある公的機関の借用書です〉…署名捺印欄が、下記の様に…
(1)【借受人】…兄の氏名、住所、捺印
(2)【連帯借受人】…私の氏名、住所、捺印
(3)【連帯保証人】…私の氏名、住所、捺印
・担当の方などに聞くと(2)の【連帯借受人】というのは、家業など、生計を共に行う、連帯債務者だ、というのです。「普通は奥さんの名前のはずだが…」とも言っていました。私も昔の事ゆえ何故(2)に私の署名捺印があるのかよく覚えていません。(確かに私の字と印鑑です)。当時はこうした関係にはウトク兄任せでしたから…そこでギモン!
◆(2)と(3)は同じ人でもいいのでしょうか?
→連帯債務者と連帯保証人は、字が違う様に、違うんじゃないですか?
(私は兄と家業を一緒にやってない、住所も違う、生計も違う)
◆貸主も、「奥さんが…本来」と認めていますが、その借用書の訂正は要求出来ますか?又、可能でしょうか?
・私は、いわゆる「連帯保証人」になった自覚はありますが「連帯債務者」になったつもりはありません。(債務の負担は避けられないとしても、スッキリしないのです)
・借用書提出後、すぐにでも確認して貰えれば、「違う」と言えたと思うのですが、…(2)と(3)の違いも判らないまま、署名捺印した自分にも今更ながらアキレテいます。宜しく御願いします。

たびたび失礼します。
昨年急死しした兄の「借用書」のコピーを見ながらの相談です。
・8年ほど前、兄が家業のために借りた時のものです。
・私と兄は、それぞれ結婚、全くの別所帯です。
・契約書の作成等にお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい!
〈ある公的機関の借用書です〉…署名捺印欄が、下記の様に…
(1)【借受人】…兄の氏名、住所、捺印
(2)【連帯借受人】…私の氏名、住所、捺印
(3)【連帯保証人】…私の氏名、住所、捺印
・担当の方などに聞くと(2)の【連帯借受人】というのは、家業な...続きを読む

Aベストアンサー

質問に対する答としては、この場合の連帯債務者と連帯保証人とは、議論目的でなければ、実質的には差異なく同じ負担になります。よって(2)と(3)が同時に並列して存在することは有り得無さい、と考えます。

借入人が死亡している現状では書類にミスがあったとしても、それを変更することはできないと考えます。「本来借受人に奥さんが連帯借受人になる」のだとしても、個別契約に登場しない当事者(兄嫁)が相続人以外の立場で契約関係に介在してくる余地はありません。

現時点で貸主側がこの契約を質問者の記載内容で存続させようと考えるのなら、借受人の立場を相続人である配偶者へ承継させて、連帯保証人である質問者がそのまま連帯保証させる(契約書上の(2)の記載が無い物と扱う)というような内容で当事者間での変更契約を調印するか、兄嫁を借受人として(前提として兄嫁に合意があること)新規に契約を交わして質問者を連帯保証人とする、ということになりそうです。

貸主側が借受人死亡のタイミングで契約を解除する(残金を一括して返せ・担保を処分して返せ)意向があるのなら、契約の変更や更新をせずに連帯保証人に対して一括請求をすることになるかも知れません。

質問内容の範囲限りで言えば、質問者側・貸主側双方にミスがあるが、貸主側のミスは相続による債務の承継及び当該契約で補足可能、質問者側のミスは貸主側の了解が無いと収束できない内容(相手が了解すれば修正は可能、という感じがします。)

質問に対する答としては、この場合の連帯債務者と連帯保証人とは、議論目的でなければ、実質的には差異なく同じ負担になります。よって(2)と(3)が同時に並列して存在することは有り得無さい、と考えます。

借入人が死亡している現状では書類にミスがあったとしても、それを変更することはできないと考えます。「本来借受人に奥さんが連帯借受人になる」のだとしても、個別契約に登場しない当事者(兄嫁)が相続人以外の立場で契約関係に介在してくる余地はありません。

現時点で貸主側がこの契約を質問者の...続きを読む

Q離婚手続き + 妻と浮気相手への慰謝料請求手順

離婚手続き + 妻と浮気相手への慰謝料請求手順

妻が浮気をしていて、興信所を使い相手の家に入るところ、出るところの証拠写真を撮りました。
これを元に妻との離婚手続きを始め、妻への慰謝料と浮気相手への慰謝料請求に進みたいと思います。

手順をどのように踏んだらいいかざっくりアドバイス頂けますか。
まずは弁護士に相談でしょうか。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
No.4です。

>また話し合いをした際に録音しておき、嘘をついた場合もこちらに優位になるかご存じでしたら教えて下さい。

慰謝料をとるというアドバンテージではありません。
事実を認めさせるうえで有効ということです。

裁判では客観的な事実による判断です。
まして民事において相手が嘘をつくことにより、
どれほどのペナルティがあるかは・・・
ごめんなさい。勉強不足で私にはわかりません。
調停などでは少なからず調停員の心象を悪くすることに寄与するかと思いますが、
「相手の嘘を打破するための証拠開示」の有効性は弁護士さんに確認したほうがいいでしょう。


ただ、直接相手と対峙するにおいて○日と●日男の家に行った事実。
この証拠を確保しておけば、いざ相手と対峙することになった時、
散々取り繕わせた後
「いや○日はこの証拠がある。言っていることがまるで違う。事実は?」
と問い詰めることができます。
「じゃ●日は?」
これを続けて2回もやられば一般人は簡単に嘘をつくことができなってしまいます。
そこから証拠はなくとも確実に浮気していたであろう△日は?
の問いに嘘をつく必要がなくなってしまうのです。
もっと周到にするなら▲日の証拠を見せずとも、
素直に事実を認めることを確認した上でになります。

これを男と奥さん個別に実施できれば、
そこで引き出される事実もおそらく変わってきます。
この期に及んでまだ・・・という部分ですね。
奥さんと男が口裏合わせできない措置を講じる必要がありますが。


シナリオはいくつも考えられるでしょうが、
策士、策に溺れるという言葉もあります。
今できることは更なる証拠の確保とその有効性の確認かと思います。

委託先の事業所または本社に、
件のような状況はどのように対応されるか確認されましたか?
もちろん今は匿名で掛けるしかないでしょう。
お咎め無しなのか、厳然たる措置なのか、
それぐらいは確認しておいたほうが良いですね。

お礼ありがとうございます。
No.4です。

>また話し合いをした際に録音しておき、嘘をついた場合もこちらに優位になるかご存じでしたら教えて下さい。

慰謝料をとるというアドバンテージではありません。
事実を認めさせるうえで有効ということです。

裁判では客観的な事実による判断です。
まして民事において相手が嘘をつくことにより、
どれほどのペナルティがあるかは・・・
ごめんなさい。勉強不足で私にはわかりません。
調停などでは少なからず調停員の心象を悪くすることに寄与するかと思いますが、
「...続きを読む

Q離婚協議書を公正証書にしていないのですが、両者が捺印後に連帯保証人を後から追加したいのですが有効でしょうか

皆様教えてください。よろしくお願いします。
1年前に夫と離婚をする際に、離婚協議書に毎月10万円を支払うことで両者が捺印をしていますが、公正証書にしていなかった為、元夫が転職することになり、収入が減る為、月10万円を6万円に減額してほしいと言われました。
私は子供が3人いており、一番上の子は高校生になります。6万円に減額をされると生活がかなり厳しくなる為、色々な方に尋ねたら調停の手続きを進められました。
調停も考えましたが、調停になると元夫の両親とも会いずらくなると思いました。
元夫は、元夫の両親に内緒で養育費の減額を言って来ていると思いますので、元夫に内緒で、当時の離婚協議書に元夫の両親に連帯保証人になっていただこうかと思います。
契約当事者(元夫)に内緒で離婚協議書とは別の書類(覚書?)で「元夫が10万円の支払いを滞る場合は私が連帯保証します」等の書面を元夫の両親と交わしても法律的に有効でしょうか。元夫の両親は息子の不始末は保証してくれそうな方です。口約束では怖いので公正証書にしようと思います。こんな契約は有なのでしょうか。

長文になりましたがよろしくお願いします。

皆様教えてください。よろしくお願いします。
1年前に夫と離婚をする際に、離婚協議書に毎月10万円を支払うことで両者が捺印をしていますが、公正証書にしていなかった為、元夫が転職することになり、収入が減る為、月10万円を6万円に減額してほしいと言われました。
私は子供が3人いており、一番上の子は高校生になります。6万円に減額をされると生活がかなり厳しくなる為、色々な方に尋ねたら調停の手続きを進められました。
調停も考えましたが、調停になると元夫の両親とも会いずらくなると思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こういった書面を公正証書にするには、当事者すべての同意が不可欠で、当事者すべて同席が基本です。夫本人に内緒にしては無理筋です。

さらにたとえ公正証書を取ろうと、調停を行い養育費の減免は状況により認められます。夫の収入減が事実であるなら、養育費減は避けられないと思われます。適正額が6万であるかどうかはわかりませんが、バイトではそれが限度かもしれません。

真っ当に調停を起こすことですね。法律が苦手なものが、法律の境界線を歩んで得をえようとしても、失敗するのが関の山です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報