マスコミが米国同時多発テロに対する軍事行動の賛否をとう
世論調査をすると多くの場合、男性では賛成が多いのに、女性は賛否が半々
でした。どうして男性と女性ではこのような結果が生じたでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その調査の年齢的な対象母集団を知らないのですが、まず思うことは男性の場合多くの人はやられたらやり返すという気性を潜在的に持っていることがその調査結果に大きく影響していると思います。

翻って女性の場合は、テロに報復したら更ならる悲劇が自分たちの身に降りかかってくるということに対して過度の心配をしている傾向が調査結果に出ているのではないでしょうか。女性の場合は体力的にも男性と同じとは言えず、もし万が一のことが起きれば自分たちの安全の確保に自信が持てないというのも理由の1つでしょう。男性の場合は先に書いたことに加えて、女性たちを含めて自分たちやひいては世界の安全を守る為には相手を徹底的に打ちのめすことこそが唯一絶対の選択肢だと、そしてそれこそが愛だと思っているのではないでしょうか。
その調査結果は男性と女性の気性の違いが如実に数字となって表れたものだと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きありとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/10/18 21:12

わたしは、気性・性格の違いによるとする意見には100%は賛成しません。


もちろんその要素もあるでしょうが、日本の場合、男女の占める社会的地位(職業など)の違いが最も大きいのではないかと思います。
その社会的地位の違いを生み出しているのは、日本人の価値観、教育、それに性格、体力も含まれるとは思われます。
ただ、前世代の価値観、教育、性格、が社会的地位の形成に影響し、その社会的地位が次世代の価値観、教育、性格の形成に影響し・・・というサイクルがありますから、どれが最初かというと「卵と鶏の問題」になります。

男女平等が完全に確立された他の国家でどのような男女の意見の相違が見られるかが興味ありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きありとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/10/18 21:57

男性の場合は、自分に置き換えて考えますから


「正義の為に、家族を守る為に俺は戦う」
と考えます。
例え自分が実際に戦わなくても、戦う人の気持ちが
判ります。
女性の場合は、自分の子供や家族が戦争に行くことを想定
して考えますから、
「君、死にたもう事なかれ」
と考えます。
この違いだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きありとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/10/18 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報