先ほどビデオの「バーティカルリミット」をみてて
「水を飲んでないと肺水腫を起こしてしまうから・・・」とありましたが、どうして起きるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

中年の山好きです。



水が必要とするのは雪山でなく高山(ヒマラヤのなど高い山)の事だと思います。

ヒマラヤ登山などで高山病->肺水腫は有名です。

肺水腫の原因ははっきりと分かっていないとのことですが、(これも一因というのは分かっているそうです。)

肺水腫に至るまでの過程を簡単に、

高山の影響(高山病)->食物・水分の摂取困難->疲労->肺水腫

高山の影響では少ない酸素と冷気のため、呼吸が早くなったりで、平地以上に水分を必要とする。(脱水症状になりやすい)
また、高度の影響で渇きの感覚が麻痺->高山病

このようなことから高山では水分摂取が大事とのこと。

詳しくは、「登山の医学」編 J・A・ウィルカーソン 訳 東大スキー山岳部医学部OB
東京新聞出版局 発行。

かなり前に購入した本からですが、高山と肺水腫と水の関係を自分なりに抜粋しました。
高山病で調べれば肺水腫の記載はあると思います。
後は医学の専門家にお願い致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
なるほど高山病との関連での発症ということですね。
詳しいメカニズムなんかも一度調べてみます。

お礼日時:2001/10/19 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクモ膜下出血と肺水腫の関係

 とある医学書で「クモ膜下出血では合併症として・・・」とあり、血管攣縮による障害(致死性含む)などは理解できましたが、肺水腫というのが今イチ分かりませんでした。参考書などでは「出血による血圧上昇のストレスが原因で内分泌系の失調による・・・」とありましたが、なんとなく分かったような分からないような感じです。
 明快なアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

くも膜下出血による肺水腫は神経原性肺水腫と呼ばれますが、重症くも膜下出血に合併する病態です。しかしながら厳密な機序は未だ分かっていないようです。主たる原因は脳動脈瘤が破裂したときにカテコラミンが一度に大量に放出されることにより、血圧が上昇して心臓に負担がかかり(厳密に言うと左室に後負荷がかかり)一時的に心筋の機能不全が起こって肺水腫になると言われています。

 また、肺の血管も交感神経の支配を受けていますから、カテコラミン放出により肺血管が収縮し、血管の透過性も亢進することなども関与していると言われています。

Q肺は痛みを感じない?

1ヶ月ほど前から肺の後ろ背中側が痛むようになりました。その後息を吸い込むと右側の肺の当たりが痛みます。心配になり医者にみてもらいレントゲンもとったところ何も異常がないとのことで、気胸でもないと言われました。しかし、未だに痛みがあります。お酒は時々ビールを1缶飲む程度で喫煙歴は、10年あります。
他にどういった病気が考えられるのか教えてください。
ちなみに肺は、痛みを感じない場所と先生は言っておられましたのでよけいにわからなくなり不安です。

Aベストアンサー

神経がないって事を言いたいんでしょうか?レントゲンだけでは気胸は否定できないかと・・・CTを念のために撮ったらどうでしょうか?背中の痛みなら、尿管結石とかの疑いかと・・・

Q不活動性肺結核

健康診断で不活動性肺結核と診断されました。具体的にどういう病気なんでしょうか?再検査が12ヶ月後なんでそれほど心配するほどの病気ではないんでしょうか誰か教えてください。

Aベストアンサー

おそらく胸部レントゲン写真で、大くは肺の上のほう(肺尖部と呼びます)か真中あたりに小さな石灰化像が写っているのをそういわれているのだと思います。

結核に知らずに感染して、その残りがあるということですが(厳密には、初期感染のプライマリー・コンプレックスの治癒像といいます)、その所見自体は、めずらしいことではなくて、最近の頻度がどれくらいかわかりませんが、一定の年齢以上であれば10人に1人かもっとあるようなものです。

BCGのあとが肺に残ってるようなもの(←という例えは適当ではないかもしれません)し、ふつうはまったく気にしなくていいものです。

#ただし、高齢になって糖尿病なんかになって免疫の力が低下(免疫能の低下)してくると、そういう病変から結核が起こることはないことはないです。が、レントゲン写真にそういう所見がなくても、結核になる人はなりますし、気にすることはないです(咳が微熱が続くようなら、はやめに胸部レントゲン写真を撮ることはおすすめしますが)。

蛇足みたいなものですが、ちょっと前に、結核にかかりやすい体質みたいなのが遺伝的に解明されたって話題になったことがありますが、結核に感染して空洞ができて喀血で死んでしまうような人もいれば、t1515さんのように健全な免疫力をもって、結核菌を撃退してしまう人もいる。

ってことで、結核に強い体質をご先祖さまから受けついでるってことで、考えようによってはいいことでは。(^^)

おそらく胸部レントゲン写真で、大くは肺の上のほう(肺尖部と呼びます)か真中あたりに小さな石灰化像が写っているのをそういわれているのだと思います。

結核に知らずに感染して、その残りがあるということですが(厳密には、初期感染のプライマリー・コンプレックスの治癒像といいます)、その所見自体は、めずらしいことではなくて、最近の頻度がどれくらいかわかりませんが、一定の年齢以上であれば10人に1人かもっとあるようなものです。

BCGのあとが肺に残ってるようなもの(←という例えは適当で...続きを読む

Q肺がんについて教えて!!

60歳の主人が肺がんの可能性90%以上と言われました。
まだ会社勤めをしてるので、健康保険は有ります。
手術費はどのくらい掛かるものでしょうか?
入院費は、医療保険に加入してるのでOKなのですが
古い保険で、手術費は最高で20万円しか出ません。
又、入院期間は最近は短いようですが、肺がんだとどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

まずは肺癌がどの程度の進行度なのかが重要です。
原発巣の大きさはどれくらいなのか、リンパ節転移はあるのか、遠隔転移はあるのかという指標をもって、「臨床病期(ステージ)」という指標が決められます。これによって、治療法が選択されます。これと腫瘍がどういう性質のものなのか(組織型)によって、手術が可能なのか、抗がん剤治療、放射線治療を選択されるのかが決められます。

これらが判らない以上は、経験者のケースバイケースな参考意見は聞けても、質問者さんの場合に応じた、「かゆいところに手が届く」回答はできないと思います。

Q「煙草と肺がん」について詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

私は15歳の頃より煙草を吸っています。
吸い始めた日より25歳になる今日まで、1日1本も吸わなかった日はありません。
平均して1日2箱です。お酒を飲めば3,4箱吸ってしまいますし、風邪をひいた日などは2,3本という日もありましたが1本も吸わない日というのはありませんでした。
単純計算で
40本×365=14600本
14600本×10年=146000本吸ったことになります。
(たぶんもっと多いです)
大学生の頃に何度かやめようと思いましたがやめられず
社会人になっても煙草が手放せませんがさすがに最近は咳もひどく
息苦しさも少しあるので煙草をやめる決心をしました。
今はまだやめるに至ってませんが1日10本以内におさえています。
ところで質問なのですが

1,私はやはり肺がんになる可能性がかなり高いでしょうか?

2,今からやめると少しは体に良いでしょうか?

3,そもそも煙草と肺がんの因果関係は医学的に立証されているのでしょうか?

4,もし医学的に「煙草を吸う」=「肺がんになる可能性が高い」ということが立証 されているのでしたら私はすでに肺癌に冒されている可能性もあるのでしょうか?

5,癌は遺伝するのでしょうか?

1つでもご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。
HPの方は私なりに検索して探しました。

私は15歳の頃より煙草を吸っています。
吸い始めた日より25歳になる今日まで、1日1本も吸わなかった日はありません。
平均して1日2箱です。お酒を飲めば3,4箱吸ってしまいますし、風邪をひいた日などは2,3本という日もありましたが1本も吸わない日というのはありませんでした。
単純計算で
40本×365=14600本
14600本×10年=146000本吸ったことになります。
(たぶんもっと多いです)
大学生の頃に何度かやめようと思いましたがやめられず
社会人になっても煙草が手放せませんがさすがに最近は咳もひどく
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、私は在宅酸素療法(HOT)にたずさわっているものです。
職業柄、肺機能の衰えた方や呼吸器疾患の方とお会いして話しを聞く機会が多いの
ですが男性の患者さんの7割は元ヘビースモーカー、アルミの削りだしや炭鉱等のじん肺の方です。あとの3割は先天性の疾患の方です。(地域差はありますが)直接喫煙が原因とは言えませんが、必ずと言って良いほど皆さんは心当たり(喫煙)があります。当たり前ですけど直接肺に有毒な煙を吸うのですから結果は見えてますね。ただ、人間の体とは不思議なもので喫煙をしていても全然平気な人も存在します。これは持って生まれたもの、つまり体質というものだと思いますよ。インフルエンザにしても花粉症にしても平気な人は全然大丈夫ですから。
ただ、あなたの場合は自覚症状があるみたいなので努力してやめた方が良いのではと思います。禁煙は苦しいと思いますが、、、薬局でネオシーダーというタバコみたいな物(ニコチンは0です)が売っていますので口が寂しくなったら吸ってみたらいかがですか?あとはニコチンガム(ニコレット)ですかねー。
大まかな説明になってすいません。
今、HOTの患者さんの9割は禁煙というか喫煙できない体です、皆さん後悔されてます。肺ガンの患者さんもいますが日に日に弱り呼吸音なんかもゼーゼーとすごいというか怖いですよホント ぜひ、がんばってリスクを減らしてください

はじめまして、私は在宅酸素療法(HOT)にたずさわっているものです。
職業柄、肺機能の衰えた方や呼吸器疾患の方とお会いして話しを聞く機会が多いの
ですが男性の患者さんの7割は元ヘビースモーカー、アルミの削りだしや炭鉱等のじん肺の方です。あとの3割は先天性の疾患の方です。(地域差はありますが)直接喫煙が原因とは言えませんが、必ずと言って良いほど皆さんは心当たり(喫煙)があります。当たり前ですけど直接肺に有毒な煙を吸うのですから結果は見えてますね。ただ、人間の体とは不思議なも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報