私は今公立の高校で教員として働いています。でも、どうしても臨床心理士になりたいのです。4年制大学を卒業していますが、理系の学部だったため心理学の知識は全くといっていいほどありません。臨床心理士になるには指定大学院を卒業せねばならないそうですが、どういう勉強をして良いのか分かりません。また、大学院に進む前に学部のほうでも勉強したほうが良いのではと思うのですがどうでしょうか。大卒なので2年次か3年次への編入も可能だと思うのですがどこで調べたら良いのか分かりません。もうひとつの方法として聴講生という形で心理学を一回勉強してから院に進むのもいいかなと思っているのですが聴講生の制度はどの大学にあるのか分かりません。今年度で仕事を辞めて自分の夢を叶えるために勉強したいのですが情報が少なすぎてどうしていいか分からない状態で焦っています。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は公立高校の教員として2年間大学院派遣を経験しましたので,


そのときの心理学専攻された方の状況を書いてみますのでご参考まで。

その方の大学院進学の理由は良好な人間関係を築けない児童(その方は
小学校教員でしたので)のカウンセリングや心理面での相談を受けたい
ということでした。でも,実際の講義ではまず,大学院の講義以外に
最低限必要だからということで学部の授業に参加して学部生と一緒に
心理学の基本と統計的な処理(このためにコンピューターを2台購入さ
れてました)を勉強された上で院の講義とゼミを受講されてました。
その方も「心理学って統計学だったのね。」とつぶやいてましたが,
カウンセラーを志して,心理学を専攻した学生にはこの種のギャップを
感じられる方が多いようでした。心理学というイメージが,実際の
学問としての心理学の内容と異なるようです。

心理学の教授の中では,学部で心理学を専攻していない方を大学院で
受け入れるのには反対の方が多いそうです。
それは以上のようにイメージ先行の方が多いこともあるようです。
もし,今教諭として働かれているのであれば,都道府県教育委員会からの
大学院派遣制度はありませんか?
臨床心理士としてどのようなイメージを抱かれているのでしょうか?
将来はどのようなお仕事を目指されているのでしょうか?
仕事を辞める決意までされているようですのでどうか慎重に,
進退を決定して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答ありがとうございます。自分の中でずっとなぜ心理学を学びたいのかということを考えていました。やはり一番思うことは多くの子どもたちと接している中で自分がどう子どもに接していったらいいのか,生徒は私が考えている以上に大人の影響、言葉の影響というのを受けやすいと思います。そういうときにどう接したらいいのか、また生徒たちはどう感じ,成長してくのか。あまりまだまとまっていなくてうまく伝えられないのですが。でもありがとうございます。派遣大学院のことについてもう少し調べてみ長と思います。

お礼日時:2001/10/29 23:14

 中央ゼミナール編「心理学を学びたい人のための大学・大学院の歩き方、第2版」(東京図書)、なるものが最近出ましたが、役立つと思います。

全国の心理系の大学の情報や入試(編入を含め)が出ています。雑誌「こころの科学」特集号「臨床心理士になるために」(これも本年9月刊行の最新版を見ること)も役立ちます。
 編入でも何でも、その後に大学院が控えており、その修了後、すぐに就職の見込みはありません。現職のままで勉強するようにするか、5年間くらいは生活できる貯金が必要ではないでしょうか。
 もちろん、一大決心も意味があります。意あるところ、道通ず。今度、立正大学に心理学部が出来ますが、その学部長になる、N教授は、高校の理科の先生だったそうです。40代になって米国に留学して、修士号を取り、自治医大に相談員を勤め、50代で医学博士号を取り、その後、自治医科大学教授、お茶の水女子大学教授を経て、現職に至る、という経歴だそうです。立正は東京の五反田にあります。東京にお住まいなら、コンタクトされてもよいのではないですか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。早速コンタクトを取ってみます。

お礼日時:2001/10/29 23:16

「自分の夢」というのは? 臨床心理士になられて、どんな夢をかなえられたいのでしょうか。

心理カウンセラーになるということでしょうか。臨床心理士になってもカウンセラーになれる保障はありません。逆に臨床心理士にならなくてもカウンセラーになれます。別の方法もいくらでもあります。どうしても臨床心理士の資格をとられたいのであれば、やはり三年編入が近道の気がしますね。近道といっても随分年数がかかりますが。「臨床心理士入門、指定大学院編(こころの科学別冊)」(日本評論社)という本も出ていますので、参考にしてください。それから、確か臨床心理士の場合、聴講での心理学の単位は認められないと思います。学部に在籍して心理学の単位を取得しなければならないようです。最近、私は資格取得のために、心理学の聴講をしましたが、願書を出す時資格の取得が目的だと話すと、「臨床心理士の資格ではないんですね、聴講の単位が認められない資格もありますよ」と念を押されました。
大学院に社会人入試枠があったようにも思いますが、聴講の単位が認められないとすると、他学部からの社会人入試が、臨床心理士の資格取得目的の場合どうなるのか分かりません。ごめんなさい。その意味で三年編入が近道では、と申し上げた次第です。わからない点も多いのですが、何を調べればいいか少し見えてきたような。先ほど紹介した本にいろいろ書いてあったかも。頑張ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答どうもありがとうございます。3年次編入が一番近道だということでもう少しそっちのほうも調べてみようと思います。もうひとつ質問したいのですが・…大学で心理の勉強を去れたんですよね?教科書としてどういう本を勉強されたのですか?もしさしつかえなければおしえてください。

お礼日時:2001/10/20 13:42

臨床心理士は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定資格であり、「免許」ではなくてあくまで「資格」であり,現在の所は法的な裏づけはありません。



詳細は、下記のページをご覧ください。http://www1.odn.ne.jp/~caa70920/Q&A.html

参考URLもご覧ください。

参考URL:http://dir.lycos.co.jp/work/qualification/clinic …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。早速見てみます。

お礼日時:2001/10/20 13:43

http://clipsy.hoops.ne.jp/faq.html

詳細が書かれています
「臨床心理士」は国家資格ではないので、なくてはいけない(なれない)ものではありません。
あっても採用される友限らない・・ということです。

http://www2.gol.com/users/andrew/books_japanese. …
本もでていますのでご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/10/20 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカウンセリングを受けたいのですが、臨床心理士と精神保健福祉士はどう違うのでしょうか

 カウンセリングを受けたいという友人がいます。良いカウンセラーを探しているのですが、資格をもたれている方のほうがいいと考えているようです。
 ところが、臨床心理士と精神保健福祉士の2つの資格があるそうですね。
 臨床心理士は「日本臨床心理士資格認定協会」が認定している、精神保健福祉士は国家資格であることまでは、わかっているのですが、具体的に、仕事の内容などどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

誤解を恐れず書き込めば、精神疾患の背景を有する場合は『精神保健福祉士』そうでなく社会的な不適応などの背景からの相談であれば『臨床心理士』といえると思います。「うつ」のように双方に絡む場合はどちらも対応可能だと思いますが、本格的な精神疾患の場合、臨床心理士では対応できないでしょう。

○臨床心理士
http://www1.odn.ne.jp/~caa70920/clinical_psychologist.html
○精神保健福祉士とは
http://www.pref.miyagi.jp/hohusom/f9/9-245.html

Q実際に臨床心理士の仕事をする上で、臨床心理学系の大学や、大学院で勉強した方が良いことをお教えくださいませんでしょうか。

4年制大学の経営学部を卒業し、現在、臨床心理学科のある大学へ編入学を考えており、将来は大学院に進学し臨床心理士になりたいと考えています。聖徳、東京成徳、文教、目白大学などの臨床心理学科の各々の大学の資料などでカリキュラムなど特徴、内容の情報を集め比較しておりますが、まだ志望校を決めかねています。実際に、心理職のお仕事に就いていらっしゃる方(しておられた方)に大学、大学院でどのようなことを勉強しておくと良いのか、現場でどのようなことが必要とされ重要なのかなどをお聞きしたいと思います。また、現在心理系の大学、大学院に在学しておられる方(しておられた方)などでこの大学、大学院のこの様なところが良かったなどもしご存知でしたら、是非お教えいただきたく質問をさせて頂きました。また、合わせて、読んでおいた方が良い参考図書などご存知でしたらお知らせいただければ幸いです。お手数をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

立正大学にも臨床心理学科があります。4年間品川の大崎キャンパスでの一貫教育です。大学院もあります。心理学部は2002年設置ですが、大学、大学院共に年々入試倍率は高くなっているようです。都心にあり、大崎駅からも徒歩圏内で、通学にも便利かと思います。選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.ris.ac.jp

Q臨床心理士のこれから

閲覧ありがとうございます。

臨床心理士の待遇はこれから改善されると思いますか?

精神科医と臨床心理士、どちらが明るい未来でしょうか。

精神科医、臨床心理士になるならそれぞれどこの大学がオススメですか。

回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>臨床心理士の待遇はこれから改善されると思いますか?

 思いません。


 >精神科医と臨床心理士、どちらが明るい未来でしょうか。

 大体同じ。


 >精神科医、臨床心理士になるならそれぞれどこの大学がオススメですか。

 資格が取得できるなら、どこの大学でも同じ。

Q臨床心理士と、認定臨床心理カウンセラー&認定臨床心理療法士の違いを教えてください!

「臨床心理士」の資格は指定大学院卒業後、試験に合格した人が取得できる、民間でありながら知られている資格だと思いますが、
内閣府認証 特定非営利活動法人(NPO法人)日本臨床心理カウンセリング協会認定で、「認定臨床心理カウンセラー」や「認定臨床心理療法士」という資格が、日本カウンセラー学院で取得できると記載されていました。
これは知られている信頼できる資格ですか??
こちらだったら大学院でなくても臨床心理士に似た(?)資格が取れるということでしょうか。
詳しい方教えてください!

日本カウンセラー学院サイト
http://www.therapy.jp/pinpoint_shikaku.shtml

Aベストアンサー

1の回答の方は誤解があるようですが、臨床心理の分野に国家資格はまだありません。現在そういう動きはあるようですが、まだ決定事項ではありませんので。

何をもって信頼できる資格とするかは難しいところですが、就職ということでは臨床心理士しか選択肢はないと思ったほうが良いです。
他の資格では絶対無理とまでは言えませんが、その資格のみで就職したという人は、臨床心理士に比べると非常に少ないのではないでしょうか。

気をつけたいのは臨床心理士以外の資格だと、就職しているといっても実はそのカウンセリングの資格以外にも別分野の資格を持っており、それで(カウンセリングの資格に関係なく)就職できていることが多くあります。
体験談にはそのようなものが混じっていますので、だまされないようにして下さい。

病院や学校などはほぼ臨床心理士です。
産業分野では産業カウンセラーという資格がありますが、これも臨床心理士より下に見られますし、取ったからといってすぐに就職につながるようなものでもありません。

就職につながりにくい資格は、スクール内で雇用する制度や開業を前面に出していたりしますが、社会的に認知されていない資格だからスクール内で雇うという希望を持たせて生徒を集めるのでしょうし、ぱっと開業して上手くいくほど、甘い世界でもありません。

ただ臨床心理士であれ、資格を取ったら仕事が保証されているというわけではありません。他の資格よりはましとはいえ、食っていけるかどうかは本人次第です。

1の回答の方は誤解があるようですが、臨床心理の分野に国家資格はまだありません。現在そういう動きはあるようですが、まだ決定事項ではありませんので。

何をもって信頼できる資格とするかは難しいところですが、就職ということでは臨床心理士しか選択肢はないと思ったほうが良いです。
他の資格では絶対無理とまでは言えませんが、その資格のみで就職したという人は、臨床心理士に比べると非常に少ないのではないでしょうか。

気をつけたいのは臨床心理士以外の資格だと、就職しているといっても実はその...続きを読む

Q臨床心理士を目指しているのですが

現在中一の男子です。
将来は臨床心理士になりたいと思っているのですが
小さい頃から学者になるのが夢だったので心理学者にもなりたいですし
同じく小さい頃からの夢で医師にもなりたいのです。

臨床心理士受験資格は大学院卒なわけですから博士課程で博士号をとって臨床心理士になる、心理学者兼臨床心理士になれるわけですが
医師免許は6年制の医学部あるいは医大に行かないといけません。
医学部などに行って医師免許を取得して二年の臨床経験を得て臨床心理士になる事もできますが学者ではありません。

そこで医学部を卒業した後心理学系の大学院の博士課程に行き
臨床心理士になろうかと思っているのですが
そんな事が可能なのでしょうか?

それと僕は将来的にはアメリカなど海外の学校に行きたいのです
アメリカ(できればイギリスなども)でも同じ事が可能でしょうか?

Aベストアンサー

中一でここまでしっかり調べて知識を持っているのは立派ですね。
なりたいものをすでに明確に定めているんですね。余談ですが、
あなたよりもっと年上のいい大人なのに、臨床心理士になる方法を
自分で調べないで平気で人に聞いている人間もいますからね。

ただ、残念ですがちょっと間違えている部分もあります。
臨床心理士の受験資格をこちらでよく見直してみてください。
http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/siken.html

まず、大学院修了といっても臨床心理士になるために「博士号」まで
とる必要はありません。「修士課程」もしくは大学によっては
「博士前期課程」という名称になりますが、博士課程にいく前の段階で
十分です。資格認定協会が「第一種」「第二種」に指定した院に限られますが。

それと、どんな学問についても、博士号取得の院卒=全員学者、とも
限らないんですよ。博士号を持っていても、学者や研究職ではない仕事に
就いている人、企業で働く人もたくさんいます。研究をメインに
しているという意味では、大学院生も「学者のはしくれ」とも
広い意味ではいえますが、一般的には学者とは、修士・博士の学位を
とったうえで、かつ教育機関(大学・大学院の教員)・研究機関に入って
研究活動を仕事とすることではじめて「学者」という職業になります。

臨床心理士も同じです。臨床心理士の資格を継続するためには
研究活動も行う必要がありますが、病院などで働くカウンセラーが
治療した事例をもとに論文を書いてもいいわけです。臨床心理士は
「研究者」としての自覚ももつべき、と臨床心理士の団体では
言われていますが、あくまで「研究者でもあるという態度を身に
付けなさい」という範囲のものであり、必ずしも「職業としての学者」
じゃなくてもいいのです。だから、医学部を出て心理系の大学院を出ても、
研究機関・教育機関に入れなければ「学者」とはいえないんですね。

海外留学については、受験資格を見直してみてください。
日本の大学と同じレベルの勉強や臨床経験があれば、日本で
「臨床心理士」の資格がとれます。ただ、海外の資格や海外での
心理臨床の事情となると、資格の種類も多ければ、国によっても
制度が違うので、その国の事情を個別によく確かめる必要があります。
ちなみに、私の知人は日本の大学を卒業後、アメリカ留学で心理学を
学び、帰国後臨床心理士の資格をとりました。「臨床心理士」としての
仕事をしながら、ある大学院で「研究職」も兼業しています。

ちなみに、医学部から心理系大学院へ入ること自体は十分可能でも、
院では大学4年分の心理学の知識があって当たり前になるので、
他学部から入る人は心理学部4年分の基礎から学んでくるか、
入ってから非常に苦労する、という話も聞きます。医学部の6年間で
医学とともに心理学部並み、もしくはそれに近い勉強を同時に
しなきゃいけませんね。医師が臨床心理士の資格をもつことの
意味については、下記も読んでみてください。
http://www.heartclinic.jp/mag/vol004.htm

中一でここまでしっかり調べて知識を持っているのは立派ですね。
なりたいものをすでに明確に定めているんですね。余談ですが、
あなたよりもっと年上のいい大人なのに、臨床心理士になる方法を
自分で調べないで平気で人に聞いている人間もいますからね。

ただ、残念ですがちょっと間違えている部分もあります。
臨床心理士の受験資格をこちらでよく見直してみてください。
http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/siken.html

まず、大学院修了といっても臨床心理士になるために「博士号」まで
とる必要はあり...続きを読む

Q現在、放送大学大学院の臨床心理学科で修士選科生として勉強をしています。

現在、放送大学大学院の臨床心理学科で修士選科生として勉強をしています。

予定では、このまま選科生として勉強を続け、来年の8月に大学院の修士選科の
受験に挑戦しようと思っていましたが、現在、ふと学部生の3年編入から勉強する
べきか?と思い始め、悩んでいます。

理由として私は英文科卒での学部経験しかなく(20年前に卒業)、その後、
海外留学先でゲシュタルトやTA等の短期のワークショップで勉強をした経験と、
産業カウンセラーの資格(おととし取得)があるものの、きちんと統計学の勉強
や論文等を書いた経験が無く、このまま大学院を受験しても受からないのでは
ないかと思っています。また、教授の知り合いの後押しが無い場合、書類先行で
不利になるとの情報が入ったからです。

ただ、3年編入で心理学を勉強と言っても時間および経済的に無駄な勉強はしたくない
とも思っています。

産業カウンセラーの資格を取ってから即仕事に結び付けようと、電話カウンセリング
等の仕事をやり始めましたが、すぐ行き詰まり、きちんと臨床心理士の資格を取り
たいと思うようになり、現在の状況に至っています。

因みに既婚、6歳の子どもが居て経済的に余裕が無いために勉強は、放送大学意外
では考えれらません。

このような状況で将来セラピスト/カウンセラーになるためにはどのような道を
歩んだら良いかアドバイスをしていただけないでしょうか?

現在、放送大学大学院の臨床心理学科で修士選科生として勉強をしています。

予定では、このまま選科生として勉強を続け、来年の8月に大学院の修士選科の
受験に挑戦しようと思っていましたが、現在、ふと学部生の3年編入から勉強する
べきか?と思い始め、悩んでいます。

理由として私は英文科卒での学部経験しかなく(20年前に卒業)、その後、
海外留学先でゲシュタルトやTA等の短期のワークショップで勉強をした経験と、
産業カウンセラーの資格(おととし取得)があるものの、きちんと統計学の勉強
や論...続きを読む

Aベストアンサー

私も現在放送大学修士全科生を受験すべく受験勉強をしています。もし、院の勉強内容がイマイチ理解できないなら、そして、心理学の学部勉強をなさっていないのなら、放送大学はお勧めです。臨床心理学に必要は教材が豊富に揃っています。しかも教授陣も充実しています。唯、勘違いしてはいけないのは、その勉強をしたからその分野はわかった、のではなく、広大な領域であるという事が分かるという事です。私自身、文系の医学部と思っています。いろいろな資格を取っても、現場で行き詰るのは当然です。自分が人間として研鑚の途中にあるのですから。これは、クライエントに真摯に向き合おうとするカウンセラーなら、一様に思い知らされる思いだと思います。それでいいのです。
 さて、本題にもどりますが、学部で勉強をすれば臨床心理という分野の入口に立つことは出来ます。でも、授業や教材の中にちりばめられた枝葉の知識をどんどん追求しなければ、またすぐ行き詰ってしまうと思います。教授の後押しとか、よけいな心配かと思います。より充実した勉強をお望みなら、単位テストで全てA+を取り、卒論でもA+を取るぐらいのお気持ちで向かう事を薦めます。それが、院側の審査基準の一つになるでしょうから。それから、小論文、統計のお勉強は大切ですね。それは、卒論で鍛えられるのではないでしょうか?自己実現に近道はありません。他人の心にかかわるのですから自分の未熟さを日々痛感させられる事が一番の勉強になると思います。

私も現在放送大学修士全科生を受験すべく受験勉強をしています。もし、院の勉強内容がイマイチ理解できないなら、そして、心理学の学部勉強をなさっていないのなら、放送大学はお勧めです。臨床心理学に必要は教材が豊富に揃っています。しかも教授陣も充実しています。唯、勘違いしてはいけないのは、その勉強をしたからその分野はわかった、のではなく、広大な領域であるという事が分かるという事です。私自身、文系の医学部と思っています。いろいろな資格を取っても、現場で行き詰るのは当然です。自分が人間...続きを読む

Q臨床心理士と医療心理士の差

臨床心理士と医療心理士の差について教えてください。
私が特に疑問に思っているのはこの辺りです。
・大学へ進学する場合、学部などはどう変わるか
・必要となるそのほかの資格は異なるのか
  (臨床心理士なら、臨床心理士資格の他に
       ○○資格があった方がいい。など)
・就職先の違い
・重点的に学ぶ内容の違い

自分のイメージでは、臨床心理士=学校や役場でのカウンセラー、
医療心理士=精神科医(病院の医者)という感じなのですが…。
明確な線引きが難しいのかもしれませんが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

心理学科の学生です。

医療心理士は医療心理師と同じことだと思いますので。それを前提に…

医療心理士は衆議院が解散したので現在の動きは把握してません。
なので私の知っている範囲です。

臨床心理士は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の民間資格で、この協会が認定した大学院を卒業するか、臨床体験を5年積んでから受験資格が与えられるというものです。臨床心理士に関しては参考URLをご参照していただければ1番かと思います。
ですので、臨床心理士であれば、心理学科以外の出身でも大学院に進学すれば資格は得ることが可能です。(大学では心理の授業を中心にとっているので特にコレという授業はありません)
臨床心理士は心理系のTOPの資格ですので、他の資格を取るときにこの資格を持っているほうがいいというので以前高校生時代に聞いたことがあります。
医療心理士は、厚生労働省管轄の医療分野の心理職の国家資格の仮称です。大学は、心理学系の大学学部を卒業する必要があって、カリキュラムは基礎的な心理学の単位中心です。しかし、医学関連の単位十数単位を含むのが特徴です。

まず。民間と国家という資格の違いがあり、医学関連の単位の取得の有無、大学での学部という違いがあります。

臨床心理士は、学校や役場でも確かに活躍はしていますが、教育・医療・保険・福祉・司法・矯正・労働・産業などさまざまな職場がありますし、個人で開業している方もいます。
医療心理士は、確かに病院なのですが、精神科医の同様の仕事はできません。あくまで、タグを組んで指示の元仕事をするので「医者」とまではいえないかと思います。これは、臨床心理士でも同様です。1人でなにかするといったことはできません。

医療心理師はあくまでまだ存在していないので「こうだ!!」といえませんが、臨床心理士と資格は似ていて、学歴・資格が民間か国家かとう違いと現在は認識しています。

と、こんな感じでしょうか?なにか質問などあればわかる範囲ではお答えできます。一応、臨床心理士はないりたいので。

あと、現場を知るという点では「症例A」という本をお勧めします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043690010/250-4711279-6519461
臨床心理士と精神科医の立場が伺えるかと思います。実際読んでいてとてものめりこめたので、もしこっち方面に進むのであれば損はないかと思います。

なんか、一気に書いてしまったのでうまく伝わるかわかりませんが、このような回答にさせていただきます。

あ、どちらにせよ、大学は「心理系」に進むべきなのはどちらの資格を得るにしてもいっしょです。

では、失礼します

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/

心理学科の学生です。

医療心理士は医療心理師と同じことだと思いますので。それを前提に…

医療心理士は衆議院が解散したので現在の動きは把握してません。
なので私の知っている範囲です。

臨床心理士は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の民間資格で、この協会が認定した大学院を卒業するか、臨床体験を5年積んでから受験資格が与えられるというものです。臨床心理士に関しては参考URLをご参照していただければ1番かと思います。
ですので、臨床心理士であれば、心理学科以外の出身でも大学院に進学...続きを読む

Q臨床心理の大学院を受験するのに必要な英語の勉強の仕方を教えて下さい。辞

臨床心理の大学院を受験するのに必要な英語の勉強の仕方を教えて下さい。辞書はどんなものを用意したらいいでしょうか?持ち込みようも含めてお願いします。

Aベストアンサー

決まった勉強法があるかどうか分かりませんが、私が受験した際の状況をお伝えしたいと思います。

まずは、心理学の専門用語(単語)を暗記しました。
ある単語でも、心理学では訳が異なることが多々あるからです。
これは用語自体の理解をするとき、同時に英語表記を調べ(辞書をひけば出ています)、ノートにまとめました。
それと同時に、心理学の内容の英文をひたすら読みました。
とりあえず、ヒルガードの本が一番やりやすいと思います。
後は、論文とかでしょうか。。。
最初は時間を決めずに、とにかく丁寧に和訳することを続けました。
きちんと一文を訳せる、というのは何より大事だと思います。
それに慣れてきたら、徐々に読む速度を上げ、要約するような形で文章を理解できるように練習しました。
本番の試験では、限られた時間におよそ内容を理解することが求められます。
一文ずつ読んでいたのでは、時間が全く足りない状況で、とにかく時間との勝負になるはずです。

それから辞書ですが、以前先生に聞いてみましたが、特におすすめのものはないと言われました。
学生向けではなく、いわゆる社会人向けの一般のものでいいと思います。
これは書店に行って、実際に見比べて見たほうがいいと思います。
むしろ、基礎的な心理学用語がわかっていれば、そんなに一般辞書は必要ないと思います。
ちなみに私は東京書籍のものを使っていました。

最後に、受験してみて思ったことですが…
辞書持込可の大学は、文章が難しいです。(だからこそ持込可?)
不可の大学の方が、さーっと読んで内容の理解がしやすかったように思います。
英語はとにかく諦めずに最後まで読む、ことに尽きるのでは??

英語と心理学の勉強は同時進行がお奨めです。
答えになっているか分かりませんが、よかったら参考にしてみてください。

ご検討、お祈り申し上げます。

決まった勉強法があるかどうか分かりませんが、私が受験した際の状況をお伝えしたいと思います。

まずは、心理学の専門用語(単語)を暗記しました。
ある単語でも、心理学では訳が異なることが多々あるからです。
これは用語自体の理解をするとき、同時に英語表記を調べ(辞書をひけば出ています)、ノートにまとめました。
それと同時に、心理学の内容の英文をひたすら読みました。
とりあえず、ヒルガードの本が一番やりやすいと思います。
後は、論文とかでしょうか。。。
最初は時間を決めずに、とにかく丁...続きを読む

Q臨床心理士について

精神疾患経験者の臨床心理士や発達障害をもつ臨床心理士っているのでしょうか?

Aベストアンサー

ADHDで臨床心理士資格を持っているという書き込みがありました。
http://www.e-club.jp/report/newslettter/1803.html
(傾聴は苦手だそうです)

ADHDで精神科医とか、医師という方なら複数の話を見かけました。有名なのは星野仁彦先生。発達障害の本をお書きになっていますね。
※医師と臨床心理士は仕事内容が異なります。

発達障害の方でも個人差があるようですので、他者に共感する力がある人なら臨床心理士もできるのかもしれません。

臨床心理士資格と心理カウンセラーはイコールではありませんが(臨床心理士でなくてもカウンセリングを行える)、カウンセリングを行うことを考えると

クライエントの整理されていない、時として筋道がゴチャゴチャしたり話が飛ぶような複雑な話を聞いて理解する。
クライエントの話に共感する。
場合によっては適度に言葉を挟んだり質問をする。→タイミングを見計らう必要あり。
クライエントの話や態度に自分がイライラしても、自分の心をコントロールしなければならない(怒るときもあるが制御なしに爆発するのとは違う)

などのコミュニケーション能力や自制心が必要になりますので、そのあたりが苦手な人だと難しいんじゃないかと思います。
(定型発達者にも難しいんですけどね)

ADHDで臨床心理士資格を持っているという書き込みがありました。
http://www.e-club.jp/report/newslettter/1803.html
(傾聴は苦手だそうです)

ADHDで精神科医とか、医師という方なら複数の話を見かけました。有名なのは星野仁彦先生。発達障害の本をお書きになっていますね。
※医師と臨床心理士は仕事内容が異なります。

発達障害の方でも個人差があるようですので、他者に共感する力がある人なら臨床心理士もできるのかもしれません。

臨床心理士資格と心理カウンセラーはイコールではありませんが(臨床心...続きを読む

Q臨床心理面接学と臨床心理査定学について

こんにちは!
今、臨床心理学の参考書を読んでいたのですが、「臨床心理面接学」「臨床心理査定学」についてどういった学問領域なのか分かりません。
検索しても出てきません。
できれば、私は臨床心理学初心者なので分かりやすく説明していただけたらうれしく思います。
また、どういった参考書ならこの領域について分かりやすいとかありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類できます。質問紙法、作業検査法、投影法です。
 質問紙法では、MMPIやYG検査、EPPS、CPIなど標準化された質問紙検査について学びます。私の場合は、ここで簡単に、質問紙の妥当性や信頼性の意味、相関や分散、標準偏差の意味なども教えています。
 作業検査法では、代表的なのは、内田クレペリン検査ですよね。
 投影法は、ロールシャッハや、バウムテスト、PFスタディーなどでしょうか。

関連書籍をURLに掲載しておきます。

参考URL:http://www.seishinshobo.co.jp/rinshou.html

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類...続きを読む


人気Q&Aランキング