【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

はじめまして、tosiyuki_31こと廣瀬敏之と申します。

(1)「飛び立つ」「飛び入る」は、各々「飛ぶ-立つ」「飛ぶ-入る」の様に、2つの成分から成る動詞ですが、このような2つ以上の成分から成る単語にそれを示す特有の名称はあるのでしょうか?

(2)「複合語」と「連語」のしめす対象には、どのような違いがあるのでしょうか?また、(1)の様な動詞はそのどちらかに属すのでしょうか?

 日本語構文解析ソフトを用いて「文体」の統計的分析を行っているうちに出てきた疑問です。道具(ソフト)の事をよく知らずに使うからだ、という叱責は甘受いたします。

 日本語は自然言語ですから単語の分類について厳密な答えは存在しないのかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

 goo辞典や、Web検索では明確な回答は得られておりません。

 (1)については、それが複合語や連語でないとすると、そもそもどう探してよいかよくわからないのが正直なところです。

 (2)については、一部の「和英辞典」で同一視しているものがあるようです。でも私が知りたいのは「日本語」についてです。また、ある構文解析ソフト用の辞書のホームページでは、同一項目の表題に両者が並べてありました。でも「広辞苑」では別に項目が立っています。どう考えればいいのでしょう?

 (1)は名無しで、(2)は、そもそも、あいまいなものなんだよ、という回答でもしかたがないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1) は,複合動詞といいます。



(2) ですが,連語よりも語同士の結びつきが弱いものを「連語」と呼びます。

[学校に] [大きなプールが] [建設された]
で,[ ] で囲んだ部分が連語で,動詞+助動詞を特に活用連語といいます。

複合語と連語の違いははっきりしないこともありますが,複合語は常に全体が一続きで発音され,アクセントも一つです。

なお,「菜の花」「袖の下」は,アクセントが一つですから,連語とも,あるいは一つの単語とも考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Nsuika さん

本当にありがとうございました。良くわかりました。

(2) ですが,連語よりも語同士の結びつきが弱いものを「連語」と呼びます。

1つ目の“連語”は「複合語」の間違いですよね、うん。

「複合動詞」がgoo辞書にあったのでめげている
tosiyuki_31 こと 廣瀬敏之

お礼日時:2005/07/26 17:58

(1)このような語については残念ながら名称を聞いた


  ことはありません・・。すみません。。
  「行ってくる」の「くる」、「試してみる」の
  「みる」などは補助動詞と習いました。

(2)複合語は「二つ以上の単語が合わさって一つに
  なったもの」です。
  ex.「草花」「山盛り」「咲きそろう」など

  連語は「二つ以上の単語が連結して意味のひとまとまりに
  なっているもの」です。
  ex.「桜の花」「食べました」など

  「飛び込む」の「込む」は「飛ぶ」状態を
  補足しているにすぎないので複合語では??

  自信ナシです・・・。

この回答への補足

gorou23 さん、ありがとうございます。

 (1)は無名称  (2)は違いがある

ということですね。

 (2)の違いを、もっと例を多くあげて教えていただけないでしょうか?恥ずかしながら、多数の例から帰納的に理解が進む人間なものですから……。

 「意味のひとまとまり」になっているかどうか、が重要な違いのようですが、演繹的に単語を思い浮かべられないので、いまひとつピンときません。

 特定の単語が複合語か、連語か、あるいは(1)か、を見分ける単純な手段はないのでしょうか?たとえば、

gorou23さんのあげられた例では、複合語は「広辞苑」の項目にあり、連語は項目にありませんでした。これは偶然?(「広辞苑」の各項目であげられている例ではそうなっていませんでした)

tosiyuki_31
廣瀬敏之

-----------------------------------------

 もっとも身近な例で「パーソナル-コンピュータ」はどうなんでしょ?でも「パソコン」は意味のひとまとまりになっているような気がしますし?(笑・これはジョークですョ)

補足日時:2005/07/26 05:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ように」って??

「花のように」を文節に分けると、何文節ですか??
できれば理由もつけて教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 No.1さんや、No.4さんがおっしゃっているように、「花のように」で1文節です。

 助詞と助動詞が付属語で、その他の品詞は自立語なのはご存じですよね。

 「花のように」を単語に分けると、No.1さんがお書きになっているように、

> 花   の  ように
> 名詞 格助詞 助動詞

となり、自立語+付属語+付属語で、自立語は一つしかありません。(付属語は、それだけでは文節になれなくて、自立語に「付属」しないと文節にはなれない単語でしたよね。)
したがって、一文節です。

 「ね」を付けてみて文節に区切る方法は、簡便ないい方法ではありますが、この「ように」や、No.4さんが挙げていらっしゃる「そうだ」(これも助動詞で付属語)などの場合はうまくいきません。

 たとえば、「ヒレがあって、水の中で泳いでいるのがサカナ」という見分け方だと、クジラもサカナになってしまいます。「ね」で区切るのは、初心者が理解しやすいように用いられる便法で、厳密な区別の方法ではないのです。

 ここからは、本題から外れるかも知れませんが、自立語と付属語の区別について少し書いてみます。自立語はそれだけで文節になる単語ですから、その単語だけを用いて話すことができます。
 
 例を挙げてみます。「犬・見る・美しい・おだやかだ・ようだ」という5つの単語の品詞は、順に名詞・動詞・形容詞・形容動詞・助動詞で、初めの4つが自立語ですよね。これらは、
 「何を飼っていますか。」「犬。」
 「今夜のテレビ映画劇場どうする」「見る。」
 「彼女をどう思いますか。」「美しい。」
 「今日の海の様子はどうか。」「おだやかだ。」
と、質問に対してその単語だけで答えることができます。これらの場合は一単語で一文節で、しかも一つの文になっているわけですが、ともかくその単語だけで一文節ですから、これらの単語は自立語です。

 ところが、「ようだ」は、
 「今のお気持ちは」「夢のようだ。」(「夢」が名詞で自立語。「の」は助詞。)
 「明日、雨はどうでしょう。」「降るようだ。」(「降る」が動詞で自立語。)
などと、他の単語と一緒に用い、「ようだ」だけで用いることはありません。

 (「彼は来ないね。」「(来ない)ようだね。」などと、ことさら省略をした言い方をするか、「先の5つの単語の中で付属語はどれですか。」などという場合には「ようだ」だけで用いることもあるでしょうが、それはあくまで例外的な用法です。)

 同じように「が」や「の」や「のに」や「さえ」などの助詞、「れる」「ます」「た」などの助動詞もその単語だけ単独で用いることはありません。これらが付属語です。

 以上の説明で、「花のようだ」は、一見「ね」を入れて区切れそうなのに、「ようだ」は付属語で独立した文節にならないで、「花のようだ」で一文節になる理由がお分かりいただけだでしょうか。

 (なお、文法に関しては研究者によってさまざまな考え方があります。私の説明は中学校で、高校では古語(文語)で習う「学校文法」の考え方に基づいたものです。)

 長くなりましたが、確かにややこしい、誤解しやすい問題だと思いましたので、書いてみました。参考になれば幸いです。

 No.1さんや、No.4さんがおっしゃっているように、「花のように」で1文節です。

 助詞と助動詞が付属語で、その他の品詞は自立語なのはご存じですよね。

 「花のように」を単語に分けると、No.1さんがお書きになっているように、

> 花   の  ように
> 名詞 格助詞 助動詞

となり、自立語+付属語+付属語で、自立語は一つしかありません。(付属語は、それだけでは文節になれなくて、自立語に「付属」しないと文節にはなれない単語でしたよね。)
したがって、一文節です。

 「ね...続きを読む

Q『成長』と『生長』の使い分け

ある原稿を作成するにあたって困っています。

「観賞魚がせいちょうした」と書きたい場合、『成長』、『生長』どちらが適切でしょうか。

ご存知の方、簡単な解説もつけていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

『広辞苑』からの抜粋引用です。

【生長】(1)うまれと育ち。うまれ育つこと。
(2)俗には発育と同じ意味で用い、生物学では生体の量の増加を指し、形態形成あるいは形態変化に対していう。成長。

【成長】(1)育って大きくなること。育って成熟すること。
(2)生長(2)に同じ。

一方、国語審議会が示している「同音異義語の使い分け」には、次のように解説されています。

【生長】植物などが伸び育つこと。(例)稲が生長する。
【成長】人間・動物などが育ち成熟すること。(例)子どもが成長する。

つまり、言語学的には、明確に線を引きにくい部分もあり、混用されるおそれもあるので、国語審議会が使い分けの指針を示し、現代日本語の標準的な書き表し方としたのです。
したがって、ご質問のケースでは、「観賞魚が成長した」と書くことになります。

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q文節を考える・複合名詞って?

「男の子が遊ぶ。」
文節に分けました。
男の/子が/遊ぶ

でも
「男の子」は複合名詞だそうで
これで1つの単語だから
正解は
男の子が/遊ぶ

なら 「男の赤ちゃん」も
これで1つの名詞でしょうか?
違いますよね
「男の赤ちゃんが生まれた。」
男の/赤ちゃんが/生まれた。

私は 納得してないんです。

複合名詞って
基準は何でしょうか?

Aベストアンサー

複合名詞とは、一つの名詞に一つ以上の単語が結びついて新しい名詞となったものです。
しかし、例えば「交通安全」「鍋奉行」など名詞と名詞が直接結びついたものや、「枝垂れ桜」「割り箸」「寒空」など用言と結びついたものは比較的わかりやすいのですが、
間に助詞が入っているものは分かりにくいですね。

ただ、この例に限っていうなら、説明はそれほど難しくありません。
例えば、「男の」を取り去ってしまった時に、
それぞれ「子が遊ぶ」「赤ちゃんが生まれた」となります。
ご覧の通り、両方とも形の上では「主語-述語」の関係がきちんとしています。
にもかかわらず、前者は明らかに不自然、あるいは元の文と違う意味に受け取れさえするのに対して、後者は文字通り「男の」という情報が削除されただけです。
つまり、
「男の」+「赤ちゃんが」は、「赤ちゃんが」+「生まれた」と同等またはそれより弱い結びつきなのに対し、
「男の」+「子が」は、「子が」+「遊ぶ」よりも強く結びついているわけです。


また、共通語の場合は、No.1さんの指摘のようにアクセントの位置変化も目安になります。
アクセントが高くなる位置を「/」、低くなる位置を「\」で表します。

「お/とこの」+「あ\かちゃんが」⇒「お/とこのあ\かちゃんが」
と、「赤ちゃんが」のアクセントは変化しないのに対して、

「お/とこの」+「こ/が」⇒「お/とこ\のこが」
のほうは「子が」のアクセントが消失しています。

つまり、この時「子(が)」は一つの単語として認識されていないことが分かります。

ちなみに「子が」を、例えば「息子が」の意味で発音した場合は、
「お/とこの」+「こ/が」⇒「お/とこの\こ/が」
と、アクセントに変化は生じません(試してみてください)。


すべてとはいえませんが、だいたいの場合はこの要領で説明がつくのではないかと思います。

複合名詞とは、一つの名詞に一つ以上の単語が結びついて新しい名詞となったものです。
しかし、例えば「交通安全」「鍋奉行」など名詞と名詞が直接結びついたものや、「枝垂れ桜」「割り箸」「寒空」など用言と結びついたものは比較的わかりやすいのですが、
間に助詞が入っているものは分かりにくいですね。

ただ、この例に限っていうなら、説明はそれほど難しくありません。
例えば、「男の」を取り去ってしまった時に、
それぞれ「子が遊ぶ」「赤ちゃんが生まれた」となります。
ご覧の通り、両方とも...続きを読む

Q「」(かぎかっこ)と『』(二重かぎかっこ)の使い方

私は小学校の時の原稿用紙の使い方の授業で
「二重かぎかっこはかぎかっこの中に入れる」とならいました。
しかし、成長した今、色々な文章を読んでいると二重かぎかっこが外側に来ているのをよく見ます。
そのうえ、先日の現代文のテストに『○○テスト第○回「現代文」』とあって、さらに混乱しています。
(国語の先生のつくったものだから間違っていないだろうという考えです。)

「『』」と『「」』、用法としてはどちらが正しいのでしょうか?
小学校に習ったものが違っていたのか、この4~5年で慣習が変わってしまったのか、
詳しい方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://lightnovel.jpn.org/study/bracket.html
に「」『』の使い方の例があります。『』は書籍タイトルを示す意味でも使用するようです。

一方以下のページには、
http://www.sezax.co.jp/infomation/pdf/vol_66.pdf
 『 』 二重かぎ、二重かぎ括弧 引用や参考にした書籍や
  定期刊行物を囲むために使用。
   (論文や作品名は普通のかぎを使う)
とあります。

テストのタイトルは「」『』どちらになるか判然としませんが、出題した先生はタイトルを明示する目的で『』でくくり、「」は"現代文"を強調する目的で使用したのではないかと思います。

何にせよ先生に直接聞いてみたらいかがですか?
変な聞き方をして揚げ足取りと思われたら困りますが…

Q連体修飾における「内の関係」と「外の関係」について

連体修飾節は、修飾節と被修飾語との関係によって、「内の関係」と「外の関係」の二つのパターンに分けられると言われますが、この二種類について、どう弁別すれば良いのかわかりません。

(1)その代議士が新聞に書かれた批判は手厳しいものだった。
(2)その代議士は、職務上知りえた秘密を漏らしているのではないかという批判を受けた。
(3)その代議士は、特定業者に便宜を図った批判を真摯に受け止めて辞職した。

上記の三つの文を比べて、修飾節と被修飾語「批判」は、内の関係か外の関係か、さらにどのように意味が違うか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

批判に対する連体修飾節は課題文(1)、(2)、(3)それぞれ
(1)その代議士が新聞に書かれた批判
(2)職務上知りえた秘密を漏らしているのではないかという批判
(3)特定業者に便宜を図った(という)批判
です。
このうち、
(1)は「その代議士が新聞に批判を書かれた。」
と言うように被修飾句の「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作れます。このような関係を「ウチの関係」と言います。
(2)、(3)は被修飾句「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作れません。この場合を「ソトの関係」と言います。

一般に「ソトの関係」の被修飾句には次のようなものが使われることが多い。
(1)「うわさ、評判、伝言、こと、事件、経験、仕事」などの「という」を用いることができる発話や思考の内容
  彼が結婚するという噂を聞いた。
(2)「声、音、におい、痛み、絵、写真」などの感覚や知覚の内容説明
隣室で笑う声が聞こえた。
(3)「原因、理由、結果」などを意味する名詞
一生懸命勉強した結果大学に合格した。

「ウチの関係」の被修飾句、修飾節は無限に作れますから説明は省略します。

批判に対する連体修飾節は課題文(1)、(2)、(3)それぞれ
(1)その代議士が新聞に書かれた批判
(2)職務上知りえた秘密を漏らしているのではないかという批判
(3)特定業者に便宜を図った(という)批判
です。
このうち、
(1)は「その代議士が新聞に批判を書かれた。」
と言うように被修飾句の「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作れます。このような関係を「ウチの関係」と言います。
(2)、(3)は被修飾句「批判」を、格助詞を使って修飾節の中に取り込んで文章が作...続きを読む


人気Q&Aランキング