教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

タイトルに書いたとおりなんですが初めてするので詳しい事がわからなくて困ってます。
みなさんにいろいろ聞きたいと思ってます。
やってよかった事や失敗談などあったら教えてくださいm(--)m

A 回答 (5件)

バーベキューを行える場所(バーベキュー公園やバーベキュー場)でのバーベキューと仮定します。

まず、必要な代表例がバーベキューコンロ・燃料(炭)・着火道具(チャッカマンなどの柄の長いライターなど)・食材です。

バーベキューコンロはホームセンターなどで売っていますが、あまりに安いものはすぐに穴が空いたり、足が折れたりします。多少高くとも(例えば5000円とかでも良いと思います)そこそこのものを選んだ方が何かと良いでしょう。
燃料もホームセンターにいくらでも売っています。つい備長炭を選びたくなるかもしれませんが、備長炭は着火が難しいですのでお薦めできません。輸入物の軽い炭、またはバーベキュー用の固形燃料が良いでしょう。着火剤は取り扱いに若干気を遣いますが、あれば火起こしが楽になります。無くても新聞紙などがあれば点火はそれほど難しくないですので、買わないと決めたらそれでもOKです。

その他、レジャーシート、軍手、うちわ(安いものでOK)、トング(炭ばさみ、食料用の2つがあると完璧です)、新聞紙、レジャーマット、サラダ油(小さなボトルに移しておくと吉)、割り箸(案外忘れます)、スチロール製のトレー(行楽用)、紙orビニールコップ、洗剤&スポンジ、ウェットティッシュとティッシュペーパー、ゴミ袋(大きいものを数枚以上)などが必要ですので、準備しましょう。100均のお店でもかなりのものが揃います。

逆に、ホームセンターにあって、結局あまり使わなかったものの代表例が水タンクですね。ちょっとしたバーベキューなら水も飲み物もペットボトルで持っていけばいいですので、わざわざ水をタンクに入れる必要はありません。特に、バーベキュー用に整備された場所なら、洗い物用の流しがあることが多いですから、利用後のバーベキューコンロを洗うのも大丈夫でしょう。もちろん水場のない場所でのバーベキューにチャレンジしたいなら、水タンクは必要でしょうが。

食材(肉・野菜)は、予め切ってビニールに入れておくと現地で楽が出来ます。ただ、現地の近くのスーパーマーケットで肉や野菜を購入して現地に向かうという方法でも楽は出来ます。どちらでも良いでしょう(後者の場合はまな板と包丁を荷物に入れましょう)。調味料は焼き肉のたれでとりあえずOKです。クレイジーソルトなどの調味料入り岩塩だけでも十分美味しくいただけます。その他、シーフード、冷凍焼きおにぎり、焼きそば、ハンバーグ、サンマ(秋だけですが)など、何を持っていくのも自由だと思いますので、お好みで選ぶと良いでしょう。

バーベキュー場についたら場所を確保し、バーベキューコンロを設置します。火起こし班は火を起こします。一枚ごとに固くねじった新聞紙をバーベキューコンロの中に2~3個置き、細くて火が着きやすそうな炭を選んでその上にいくつか載せます。チャッカマンで新聞紙に何カ所か火を着け、うちわで扇げば、すぐに炭に火が着くでしょう。その後は新聞紙の灰を炭ばさみで取り除きながらうちわで強く扇ぎ続けます。炭の火が徐々に大きくなってきたら、さらに炭を追加して扇ぎ続けます。火が大きくなるのに多少時間がかかりますので、現地に到着してすぐ火起こしをするくらいの気分でも良いでしょう。石油系の着火剤があれば、ある程度時間を短縮することは可能ですが、強燃性の物質ですので取り扱いには気をつけてください。

その間、調理班は食材の準備をし(もちろん下拵え済みの食材を持参した場合は不要)、網や鉄板にサラダ油を塗り、食材を焼き始めます。火力は炭の量で調整します。火力が足りないときは適宜うちわで扇いでください。味付けは焼き肉のたれや調味料入り塩で十分です。炭が食材を美味しくしてくれますから。

食べ終わったら、バーベキューコンロの中で燃えている分の炭を燃やし尽くしてしまいましょう。ある程度白い灰になってきたら、水をかけて消火します。一番良い方法は、ずぶ濡れになるまで水をかけた新聞紙を地面に敷き、バーベキューコンロを傾けて炭をその上に落とし、さらに上から水をかけて消すことです。その後、完全に消火したのを確認してから、新聞紙ごと丸めて、ビニール袋に入れて持って帰りましょう(炭を捨てる場所がある場合はそこに捨てます)。
バーベキューコンロをさましている間に、トレーや割り箸、コップなどを回収し、ゴミ袋にまとめます。網or鉄板は、流しで軽く洗ってからしまい、家で再度洗って乾かしてからコンロと共に保管すると良いでしょう。くれぐれもゴミを放置することのないよう、気をつけてください。

それでは火傷にはくれぐれも気をつけて、楽しいバーベキューを。
    • good
    • 0

単なる焼肉です。


ちょっち炭に火をつけるのに手間取る程度です。

【着火】
ゲル(液体?)上の着火剤はやめといて固形の着火剤を使ってやれば火は待てば付きます。新聞紙は風に舞うので着火に使っちゃだめよ。牛乳パックは使えるかな。
【食材】
牛、豚、鳥、シシャモ、ホッケ、ソーセージ、きのこ類あたりを買って前の日に準備してクーラボックスに入れてもってく。野菜は炭火で焼くと焦げる(炭火は水が出ないから焦げる一方さ)焼肉のあとは焼きそばかな。野菜類は焼きそばに投入さ。
という風にオーソドックスなのがよろしいかと。
僕もいろいろやったけど、やっぱBBQの王様は肉よ。
とは言えメンバーの好き嫌いとかあらかじめ把握ね。
慣れてきたら魚介類とかもありだけど食あたりには注意。
    • good
    • 0

やりかたは、皆さんがすでに書かれていますが。


友達と良くするのは、魚介類の網焼きですね。
貝やエビなんかを焼いて軽く醤油をたらしていただきます。

野菜やエビなどを焼く時には、刷毛で油を塗りながら焼くと、カピカピにならなくて良いですよ。

あと、良くある失敗なんですが。食材を多く準備しすぎてしまうんです。
案外食べなかったりするんですよね。
    • good
    • 0

レシピというほどのものではありませんが・・・



とうもろこし。
皮付きのまま買ってきます。
皮をちょっと広げてバターかマーガリンを身に塗り、皮をもとどおりにして焼きます。皮がまっくろけになったころがたべごろ。

シュラスコ。
2kgくらいの牛ももかたまりを用意します。
塩こしょうをすりこんで、包丁で10カ所くらいぶすぶす穴をあけ、ニンニクをねじ込みます。
金くしを3本くらい刺して(1本だと肉が回ってしまう)焼きます。焼けたところを包丁でそぎ取って食べます。そぎ取ったところには塩こしょうを追加します。
豪快さでウケます。
    • good
    • 0

sinobu_wednesday さんが詳しく書かれていますので、補足程度のことを書き込みます。



…バーベキューコンロは、出来れば、一度行く前に、実際に火を熾してみて下さい。易いものは、塗装の嫌なにおいがするものもあるようですので、一度、使っておくと、嫌なにおいはしなくなります。
…軍手は、やっぱり、レジャー用を使って下さい。
安い10束298円とかだと、化繊が多くて、火を使うのには、不向きです(融ける)
…コンロに火をつける際にコンロの風穴と風の向きに注意します。風が通りやすいように、してください。
炭も同様です、空間が出来るように置いて下さい。やたらめったに詰め込まない。
…コンロのそばには、可燃物は置かないように、風で火の粉が飛ぶと怖いです。
…火をつけなれていない人が、炭を熾す場合は、やっぱり不必要に、煙でる場合があります。出来れば、サングラスとマスクがあればいいですよ。
…直火OKというところで、コンロを使わずに石を組んでその上に網を掛けて楽しんでいる方を見かけますが、川原の場合は、石に水を含んでいるものもあり、破裂する(破裂までいかなくても、割れる)ことがありますので、最低条件として、使った形跡のある石にすると、危険度は、下がるようです・・・初心者は、やらないほうが無難。
…黒く(煤けて)なっても良い、やかんがあれば、バーベキューの後で、網の上で、お湯を沸かして、コーヒーを飲むのもいいですよ。夏にホットのいいものです。
…我が家では、バーベキューが終わったあと、その残り火で、ジャガイモ・サツマイモを洗っておいて、新聞紙の濡らしたもので1つ1つ包み(1枚1個)さらに、アルミホイルを2重にして1つづつ包み、網の下の炭の中に直接いれます。上にも炭を!!、芋の大きさにもよりますが、十数分程度で焼き芋の出来上がりです。(串か割り箸を刺してみて、す~と通ればOK)ジャガイモはバターか塩で、さつまいもはそのまま  これは、いけます!!

…最近、びわこの湖周道路を週明けに走ると、ごみごみで・・・びわこがかわいそうです。ほとんどが、休日バーベキューのごみ・・・
こんなことが無いように、きれいな自然を大切にしたものです。
sinobu_wednesdayさんも書いておられますが、ごみの件よろしくお願いいたします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング