最新閲覧日:

素朴な疑問なんですが。

FNキーって何の略ですか?
ファンクションかな~?と勝手に想像してるんですが。

また、いつごろからFNキーが登場しだしたんでしょうか?

昔は、なかったですよね?
それとも、昔からあったんでしょうか?

メーカーなどの違いもあるのでしょうか?

FNキーがついているキーボードと、
そうでないキーボードの呼び方は、
変わるんでしょうか?

(ノートパソコンにはついていますが、
デスクトップだと、ついていたりいなかったりしますよね。)

いっぱい質問してごめんなさい。
FNキーの機能と役割について、
(例CTRL+FN+HOMEなどの使い方は、
こちらの教えてGooで教えていただきました。)

説明していただけるか、参考URLなどを教えていただけると、
大変助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あまり深く考えたことは無かったのですが、メーカーの独自仕様だと思います。



たとえば、LaVieはFn+Home=Endですが、FMV-BibloではEndキーは独立しているので、Fn+HomeはHomeです。

手元のデスクトップ用のキーボードにはFnキーはありません。

ノートパソコンでキーの大きさを確保する為に、使用頻度の少ないキーはFnキーを割り当てているのではないでしょうか。最近では、ディスプレイの色調整も独立したボタンではなくFnに割り当てられていますね。

Fnがついていても、いなくてもキーボードの機能が同じであれば特別の呼び方はないと思います。
名前が変わるのは、
 半角/全角キー(日本語入力)
 Windowsキー
の有無ではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

なるほど、機能が足りないから割り当てるキーなんですね。
別名機能キーというのも、うなずけますね。

ノートによっても、機能がぜんぜん違うんですね。
驚きです。

補足日時:2001/10/19 16:45
    • good
    • 0

FNキーってキーボードの上にあるF1~F12ではなくて、左下にある「Fn」ってやつですよね?


たしかにこれは昔のパソコンにはありませんでした。少なくともMS-DOS時代のパソコンにはなかったです。私が持ってる初代PC9821(Ae)にはついてません。
Windows98が出たくらいから見かけるようになった気がするのですが・・・

このキーはノートパソコンでしか見たことがないので、メーカー独自なのかもしれませんね。ノートパソコンはキーの数が限られているので、有効利用するためにFnキーがつくられたのかも。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>FNキーってキーボードの上にあるF1~F12ではなくて、左下にある「Fn」ってやつですよね?

そのとおりです。
質問の仕方が悪くて申し訳ありません、

ノートパソコン特殊だと聞いていたのですが、
自宅にある富士通のFMVにはついていますし、
他のスクールでも、デスクトップ型(メーカーは不明)でも、
Fnキーがついているのをみたことがあって、
それで、「いつごろから標準装備(?)になったんだろう?」
と不可思議に思っており、質問させていただきました。

補足日時:2001/10/19 16:42
    • good
    • 0

たいていの場合、


ノートパソコン(一部のデスクトップ)は、
キーボード上に沢山のキーを配置することが出来ないため、
FNキーと他のキーを組み合わせることにより、
より多くのキー(最近は特殊機能の場合が多いみたいですね)を実現しています。

F~キーは、dulferさんがおっしゃられるように昔からありますね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
ということは、Fnキーは、昔からあるわけではないということなのでしょうか?

補足日時:2001/10/19 16:41
    • good
    • 0

ファンクションキーで正解ですよ♪



私の知ってるFNキーの歴史なんですけど、
FNキーは、最初からありました。

確か日本で初めて発売された(はずの)個人用パソコンは
今から20年くらい前に発売されたNECのPC-8001だったと思います。
それには付いていたと記憶してるんですが。
じゃなければ、そのあと発売されたPC-6001mk2には確実に付いてました。
F2が「load"」だったと記憶してるので、自信ありです。(元ユーザー)

で、そのあと富士通やシャープや日立からもパソコンが
発売されましたが、どの機種にも付いていたと記憶してます。

今ではマウスがあるので一般の方はあまり使わないですよね。

でも当時は、パソコン持ってる=自分でプログラムを入力する
っていう図式が成り立っていたにも関わらず、
(まだフロッピーすら無かったので、パソコン雑誌には
プログラムが文章で載っていて、本を見ながら手入力してた世界)
文字をコピーするという概念が無かったんですよ。

だから、同じ文章を何度も入力する(と本を見て感じた)時は
FNキーに登録しておくというやり方が主流でした。
それでも最大8文字だったと記憶してます。

あと、FNキーが標準でついている場合は「標準キーボード」
標準でついてない場合も「標準キーボード」
標準では付いて無いけど、特別についているのを「拡張キーボード」と呼ぶはずです。
少なくともひと昔のMacの世界ではそう呼んでました。

こんな感じでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

私の質問の仕方が悪くて、申し訳ありません。
F1~F12キーのことではなくて、

最近のノートパソコンなどについている
(私が持っている富士通のデスクトップにもついているんですが。)
Ctrlキーと、Windowsマークのキー(これも呼び方がわからない(ーー;))
の間にある、Fnというキーのことです。

NECPC9800(多分、9821シリーズ)を、
公立中学校で見たことがあるんですが、そちらには、
このキーはついていませんでしたので、
昔からあるとはおもってもいませんでした。

途中でなくなった時期があったのかもしれませんね。

補足日時:2001/10/19 16:35
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報