ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

はじめまして、私は25歳の女性です。
20歳の頃から病院の勧めにより子宮がん検診を受けているのですが、検査の結果はいつも疑陽性(3a:中等度異形成)となっており、ずっと不安の日々を送っております。

質問は2点ほどさせて頂きたいと思います。
1つは今日病院に行って、先日行った細胞診の検査結果をもらったのですが、その報告書の中で

【検体情報】
検体材料: C・EC・EM
コメント: 前回GO42900:IIIa mild dysplasia + HPV

【所見】
C・EC
IMT cellの異型細胞が出現しています。
今回スメアではHPV感染考える所見は不明瞭です。
EM
EC cell多数みられますが、EM cell採取されていません。

となっておりますが、
これはHPV感染しているということなのでしょうか?
また、この"検体情報"と"所見"から考えられることを教えて頂ければと思います。医師にもこの結果に関して説明を求めたのですが、忙しいのか、詳しい回答を得ることは出来ませんでした。

もう1点は、私のような疑陽性(中等度異形成)の場合、通常は細胞診以上の精密検査を受けるというような文面を多く目にしたのですが、本日医師に精密検査の希望を申し出たところ、その必要はないと言われました。
私の現状では精密検査の意味はないのでしょうか?

長文になってしまい申し訳ありません。
どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

hatsumi55さんの詳細を把握できないので、あくまで手掛かりとして申し上げます。



あなた様の場合、子宮頚部に軽度異形成を認め、内膜には異常はないと推測されます。子宮頚部の軽度異形成については、「定期的な細胞診」で経過観察することが、「必要十分な精密検査」と考えられます。

「定期的な」というところが大切です。

細胞診については、ここでも何度も紹介されているホームページをご覧下さい。

HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染の有無について確かめるには主治医に話して必要ならウイルス検査を受けてください。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/oniwa-kokko/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pathologyさん、お返事遅くなりまして大変申し訳ございません。
ご回答いただき有難うございました。

今は、とにかく定期的に検診を受けに行くことが最善の方法だということですね。
9月に次の検診があります。その時は、主治医の先生にHPVのウィルス検査について話を聞いてみようと思います。
参考URLの「お庭のこっこ」も大変勉強になりました。

不安を取り除いていただき、本当に有難うございました。
それでは失礼させていただきます。

お礼日時:2005/08/26 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検査していたのに子宮体がんが進行していました

お世話になります。
持病のために服用していた薬の副作用で2年程生理が止まっておりましたが、2月に突然生理の様な出血がありました。3月にクラミジアの感染があり、近所の婦人科を受診し、体ガンの細胞診を受け、擬陽性(クラスIII)の診断でした。クラミジアの治療後、5月に再度細胞診をしたところ、陰性(クラスII)となり、経過観察し、3ヵ月後に再検査をするよう指示されました。
その後、どんどん体調が悪くなり、有り得ない量の過多月経で6月に婦人科を受診、止血の注射と飲み薬が処方されました。
8月に細胞診を行ったところ、擬陽性(クラスIII)、超音波で「子宮は普通一本の線のように写るはずだが、少しモヤモヤしたものがあるので、筋腫か何かあるのかもしれない。MRIが取れる大きな病院に行って見る?」と言われ、紹介状を書いてもらい、大学病院に行きました。
そこで細胞診を行ったところ、クラスV、びっくりして癌専門病院にて組織診、MRI(CTはこれから)を行い、筋浸潤(かなり)と頸部への拡大が認められました。子宮温存は絶望的となりました。とても悲しいです。春から症状が出ていたのに、経過観察となって時間が経過したことが大変悔やまれます。

素人考えですが、現時点でかなりの筋浸潤と頸部へ拡大があるというのは、春に症状が出た時点で子宮体ガンだったのではないかと思っています。その前提で・・・

(1)擬陽性を経過観察するのが正しい判断なのか?
(2)5月に陰性となったのは、細胞採取のミスか病理検査の見落としではないのか?
(3)超音波でポリープすら見つけられなかったというのは検査の品質が低すぎるのではないか。

上記のようなこと(責任の所在)を明確にすることは可能でしょうか。
現在通っている専門病院の医師は、同業者だからかばうのか、「癌が急に増殖したかもしれないし」と言います。

これから手術等の治療に入りますので、自分自身で動くのが難しい状況になると思いますが、訴訟とまでは行かなくても、正式に病院に対してクレームを申し入れ、責任の所在を明確にしたいのです。
そうしないと、他の患者さんも私のような経過をたどると思うのです。

このようなケースの対処方法についてアドバイスを頂きますよう、お願い致します。

お世話になります。
持病のために服用していた薬の副作用で2年程生理が止まっておりましたが、2月に突然生理の様な出血がありました。3月にクラミジアの感染があり、近所の婦人科を受診し、体ガンの細胞診を受け、擬陽性(クラスIII)の診断でした。クラミジアの治療後、5月に再度細胞診をしたところ、陰性(クラスII)となり、経過観察し、3ヵ月後に再検査をするよう指示されました。
その後、どんどん体調が悪くなり、有り得ない量の過多月経で6月に婦人科を受診、止血の注射と飲み薬が処方されました。...続きを読む

Aベストアンサー

ご心痛のことと思います。私は病理診断を専門としています。実際に検体を見たわけではないので確定的なことは言えません。わかる範囲で説明させて頂きます。
(1)子宮体癌は頚癌と違って病変を直接観察することができないため、普通の生検でヒットする確率が低く、どうしても「こぼれてくる細胞を拾う」細胞診に頼るところが大きくなります。典型的な内膜癌で、時期が合えば、細胞診で見逃しようがないほど多量の癌細胞が採取できるはずですが、検査の時に細胞が落ちて来なければ見つけられません。内膜を一部あるいは全面掻き取って組織検査をする方法(キュレッテージ)もありますが、侵襲がかなり大きいため、かなり強く癌を疑う場合に限定されます。腫瘍以外の子宮内膜炎などでも擬陽性細胞は見られるため、1回の擬陽性で侵襲の強い検査に踏み切ることは少ないでしょう。何回か細胞診を繰り返して次の手を打つかどうか検討するのが普通だと思います。
(2)標本を見ないと何とも言えませんが、上記のように医療ミスがなくても癌細胞が採取できないことは多々あります。
(3)癌にはいろいろな増殖形態があり、ポリープ状に隆起するものもあれば、扁平なままで広がるもの、既存の組織に食い込むように広がるものなどがあり、必ずしも画像診断で指摘できるわけではありません。ケースバイケースなので、超音波の画像を再検討しないと何とも言えないことです。
病院ではカルテや画像を保全していますので、時間ができたら説明を求められればいいと思います。治療の成功をお祈りしております。

ご心痛のことと思います。私は病理診断を専門としています。実際に検体を見たわけではないので確定的なことは言えません。わかる範囲で説明させて頂きます。
(1)子宮体癌は頚癌と違って病変を直接観察することができないため、普通の生検でヒットする確率が低く、どうしても「こぼれてくる細胞を拾う」細胞診に頼るところが大きくなります。典型的な内膜癌で、時期が合えば、細胞診で見逃しようがないほど多量の癌細胞が採取できるはずですが、検査の時に細胞が落ちて来なければ見つけられません。内膜を一部ある...続きを読む

Q子宮頸がん 疑陽性で保険加入できますか?

先日、子宮頸がんの検査を受けたら、細胞診の結果、IIIaで疑陽性、(軽度異型性)ということでした。
この状態で これから保険に加入できるのでしょうか?
医師には、今の状態はまだ癌ではなく、軽度異型性から癌化する人は5%くらいだ、と言われています。
ですので、手術とかも今のところなく、これから検査を3ヶ月ごとにしていって経過観察する予定です。
保険について知識が乏しく、どなたか教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も7月に近くの病院にてIIIa(中度異形成)の擬陽性と診断されました。

保険会社に擬陽性で癌化する可能性は低いが保険加入は可能か(がん保険)を電話で質問したところ、この時点で断られる会社が6割で残り4割が「お受けできますが審査結果次第です」という回答でした。
そこで、とりあえずAFLACに異形成と子宮筋腫を告知して申請したところ、見事に却下されました。
よって、現状での加入は非常に難しいと思います。
(代理店の担当者がソニー生命・損保だったら大丈夫かも?と言ってましたが)

私の内科の主治医が癌の専門病院の出身なので相談をしたところ、普通の病院だと誤診もあるので専門病院へ行くように勧められ、紹介状を書いてもらい、そこで検査してみると・・・細胞診・組織診・子宮体癌検査・血液検査の全てにおいて「異常なし」と診断されました。

そんな訳で、まずセカンドオピニオンにかかる事をお勧めします。(できるだけ大きい病院で)
擬陽性と診断されただけでも大きなストレスなのにその上、電話での問い合わせ→断られるとなると、かなりヘコみますので。

又、アフラックへ専門病院にて異常がなかったが一度却下された結果が変わるかどうか問い合わせをしたところ、一旦診断されるとダメとのこと(数年経ったら可能性あり)だったので、保険会社を変えて代理店へ経過を説明した上で加入手続きをしたところ(子宮筋腫・卵巣内膜症の告知)、現状では却下される可能性もあるので追加告知書なる書面にて、「筋腫、内膜症も経過観察中で治療・投薬の必要なし」を強調して記入し、現在申請中です。

良性の腫瘍ですら、保険会社は嫌がる・・・というのが実際のところみたいです。

長文・乱文にて失礼致しました。お役に立てたら幸いです。どうかご自愛なさってくださいませ。
私も10月に再度検査して参ります。。。。

私も7月に近くの病院にてIIIa(中度異形成)の擬陽性と診断されました。

保険会社に擬陽性で癌化する可能性は低いが保険加入は可能か(がん保険)を電話で質問したところ、この時点で断られる会社が6割で残り4割が「お受けできますが審査結果次第です」という回答でした。
そこで、とりあえずAFLACに異形成と子宮筋腫を告知して申請したところ、見事に却下されました。
よって、現状での加入は非常に難しいと思います。
(代理店の担当者がソニー生命・損保だったら大丈夫かも?と言ってましたが)

私の...続きを読む

Q子宮頸がんの検査で陽性。子作りは可能?

子宮頸がんの検診で『IIIa疑陽性』となりました。

所見は…核の腫大、核形不整、核濃染、核周囲明庭を伴う表・中層形扁平上皮細胞を認める。
HPV感染を伴う軽度異形成
ベゼスタ:LSIL

4月に稽留流産(9W)していて、不妊治療もしており、早く次の妊娠を望んでいるところでした。
先生は子作りに問題は無い、気にしなくて良いととおっしゃっていますが、なぜ大丈夫なのかよく分からず、心配です。(ちなみに私の両親共に癌家系です。)

・本当に妊娠、出産をしても大丈夫でしょうか?
・夫も診察したほうがいいですか?
・流産したことに関係はありますか?

ちょっと心が折れそうです…

Aベストアンサー

・本当に妊娠、出産をしても大丈夫でしょうか?
手術(円錐切除)を考えるのはIIIbが連続して出るようになったあたりで大丈夫というのが一般的かな? まあ、後数年は様子見ていても大丈夫と判断しているのだと思います。

・夫も診察したほうがいいですか?
ハイリスクHPVの検査はしましたか? 16が出ていて、ご主人に尖圭コンジローマがあれば診察したほうが良いかもしれません。 そうでもなければ、まあ不要だとは思いますが、担当医にご相談ください。

・流産したことに関係はありますか?
関係ありません。


できることなら(早産等のリスクを減らすために)円錐切除は分娩後にしたいところですので、挙児希望であれば、お早めにといった所なのだと思います。 円錐切除後でも、妊娠分娩はできますが少々早産のリスクが増えます。 子宮頚管縫縮などで、対応できますがそうしないですむなら、しないほうが良いというのが一般的なんだと思います。

Q子宮ガン細胞診(3)bの状態とは

いつもお世話になります。
先日、子宮ガン細胞検診で(3)bと診断され、不安に押し潰されそうだったのをこのコーナーの皆さんに勇気を与えて頂き、先週の土曜日に組織検査をしてきました。
組織検査自体は想像ほど痛みはありませんでしたが帰宅してから下腹部と腰が痛くてその日は熟睡できず3日経った今も腰は苦るし下腹部も重たいです。。
昨日は頭痛も伴って二度嘔吐してしまい
「もしかして末期ガン・・」
と頭を過ぎり、組織検査の結果が怖くてなりません。
実際のところ、(3)bとはどの程度の状況なのか良く解りませんし必要以上に考えてしまいますので、知識をお持ちの方、経験者など御存知の方に教えて頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
26歳の時にした検査で3bと出ました。数ヶ月前の検査ではまったく出なかったのに...。

その後の組織診では0期の癌である事が分かり円錐切除法という手術で癌の部分だけ切り取りました。

開腹ではなく経膣です。
私の場合は発覚後にすぐ転院したので状況が分からずメスを使ったのですが、よく見極めればレーザーも有効です。

3bということは擬陽性と思われるので、直→癌ではありません。癌のステージを計る目安とごっちゃにされますが、癌の進行度を見る検査ではないのです。

私の場合は医師に不安を感じたのでセカンドオピニオンを持って転院しました。
少しでも不安がある場合はセカンドオピニオンを持つことも有効ですよ。

私も冷静な姉にさとされなければセカンドオピニオンを持つ勇気は出なかったかも知れません。
転院前の大学病院では子宮全摘が前提で話が進んでいて、自分の力では止められないと(疲れからか?)思ってしまい、ずいぶん悩みました。

組織診で前癌状態(高度細胞異型性)だったとしてもこれから長い付き合いになると思うので信頼できる医師と出会えるといいですね。

最悪の状態で見つからなくてよかった!
早く見つかってよかった!と私は思うことにしています。

お体気をつけて下さいね。

こんにちわ
26歳の時にした検査で3bと出ました。数ヶ月前の検査ではまったく出なかったのに...。

その後の組織診では0期の癌である事が分かり円錐切除法という手術で癌の部分だけ切り取りました。

開腹ではなく経膣です。
私の場合は発覚後にすぐ転院したので状況が分からずメスを使ったのですが、よく見極めればレーザーも有効です。

3bということは擬陽性と思われるので、直→癌ではありません。癌のステージを計る目安とごっちゃにされますが、癌の進行度を見る検査ではないのです。

私の場...続きを読む

QHPVハイリスク型について教えて下さい。

(長文で申し訳ございません。)

私は2年前に市の子宮頸がん検診をした際、細胞診で『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断され、その後コルポスコピー検 査、組織診をして、軽度異形成だったので、半年ごとの経過観察をしていました。

今年の夏から妊活を始めて、違う病院で、市のがん検診をしたところ、細胞診ではまた、『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断されました。HPV検査もしたはずですが、陽性か陰性かは教えてもらってません。おそらく陽性だったからか、HPVの型を調べた方がいいといわれ、ジェノタイプ判定を受けました。結果の紙には『中~高リスク型 HPVDNA』判定
陰性と書いてありました。
インデックス値も陰性(0.45)と、書いてあります。
なのに、違う場所には検出型52とあります。その時は陰性については触れず、私も意味が分かっていなかったのですが、52型についての説明はありました。
先生には52型はそんなに心配することない。中等型だから、定期的に検査していけば大丈夫!といわれました!私はそこですごく安心したんですけど、心配になって、ネットで調べると52型は日本ではハイリスク型で癌に進行しやすいと書いてあります。これは先生が勘違いしてるんでしょうか?私も先生がもってるHPVの型の表みたいのをみせてもらいましたが、52型は確かに16型と同じグループではあるので気をつけなければいけないけど、中等レベルって書いてありました!私は何がなんだかわからなくなりました。しかも、中~高リスク型 陰性っていうのはなんでなんでしょうか?この病院がいい加減なのでしょうか?ここは不妊治療専門の病院なので、あんまり詳しくないのでしょうか?来週に、以前コルポスコピーをやってもらった病院でこの結果を説明して、再度、コルポスコピーと組織診断をやる予定ですが、すでに進行してしまっているのではないかと心配です。

(1)中~高リスク型 陰性、インデックス値 陰性、なのに、52型検出なんてありえますか?

(2)52型はハイリスク型で、この先、免疫力でクラス、IやIIになる事は少なからずあるのでしょうか?

(3)52型のみ感染の場合、16型、18型予防ワクチンは受けた方がいいのでしょうか?

(4)組織診で高等度だった場合、円錐切除をした方がいいんでしょうか。子供を来年までにはとは考えているので、レーザーの方がいいのでしょうか?



よろしくお願いします。

(長文で申し訳ございません。)

私は2年前に市の子宮頸がん検診をした際、細胞診で『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断され、その後コルポスコピー検 査、組織診をして、軽度異形成だったので、半年ごとの経過観察をしていました。

今年の夏から妊活を始めて、違う病院で、市のがん検診をしたところ、細胞診ではまた、『HSIL IIIa 中等度異形成』と診断されました。HPV検査もしたはずですが、陽性か陰性かは教えてもらってません。おそらく陽性だったからか、HPVの型を調べた方がいいといわれ、ジェノタイプ判定...続きを読む

Aベストアンサー

HPVがどのようなメカニズムでがんを発生させるのか、
まだわかっていません。
では、ハイリスクとは何を言うのか?

それは、子宮頸がん患者から、どの程度の割合で
HPVが検出されるのか?
ということで、判断しています。
ちなみに、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000014wdd-att/2r98520000016rqg.pdf
HPV型別の頻度は、上位からHPV16(44.8%)、HPV18(14.0%)、HPV52(7.0%)、HPV58(6.7%)、HPV33(6.3%)、HPV31(5.1%)、HPV35(2.3%)、HPV51(1.0%)、HPV56(0.9%)

ということになっています。
がん患者でHPV16と18の検出率が高いことから、この2つの
危険度が高いと言われています。
しかし、それは、がん患者での検出率が高いと言うことであって、
がん患者でない人の検出率がわかっていません。
つまり、例えば、HPV16を持っている人の何%が癌になり、
何%が癌にならないのか、という根本的なところが
分かっていません。

つまり、HPV16の検出率が高いと言っても、
HPV16の感染者のうちの10%ががん患者で、
HPV18の感染者のうちの50%ががん患者となれば、
患者の割合は、HPV18の方が低いが、危険度は
HPV18の方が高い……ということになります。
ですが、これが「わかっていない」のです。

つまり、がん患者から検出されるのでハイリスクに分類されて
いるのですが、どの程度ハイリスクなのか、という評価は
されていないと言うことです。

従って、現状では、がん患者の7%を占めるだけなので、
慌てることなく、経過観察をしましょう、ということです。

ワクチンは、無駄です。
円錐切除をするのは、高度異形成以上になったときでしょう。
円錐切除をすると妊娠しにくくなりますよ。

HPVがどのようなメカニズムでがんを発生させるのか、
まだわかっていません。
では、ハイリスクとは何を言うのか?

それは、子宮頸がん患者から、どの程度の割合で
HPVが検出されるのか?
ということで、判断しています。
ちなみに、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000014wdd-att/2r98520000016rqg.pdf
HPV型別の頻度は、上位からHPV16(44.8%)、HPV18(14.0%)、HPV52(7.0%)、HPV58(6.7%)、HPV33(6.3%)、HPV31(5.1%)、HPV35(2.3%)、HPV51(1.0%)、HPV56(0.9%)

ということになっ...続きを読む

Q子宮頸がん検診のクラス分類について

子宮頸がん検診を過去2回受けて2回とも「クラス2」でした。
クラス2までは陰性であり問題ないという事はわかっていますが、
果たして受検者のうち、統計的にはクラス1とクラス2はどちらが多いのでしょうか?
いろいろなサイトを調べてみましたが
「大多数がクラス1」という情報と「クラス2の方が多い」という情報がありました。
実際はどうなんでしょうか?
検査機関によっても、クラス分けの判定が違ったりするのでしょうか?
陰性という事なのでそれほど心配はしていませんが、
自分が少数派だと思うと少し不安になります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は実際に子宮癌の検査を行っている者です。頸ガンの検査のクラス1と2の違い…ということですが、まずクラス分類は他の方が書かれたのとほぼ同じです。

クラス1:全くの正常(陰性)です
クラス2:全く正常とは違うが反応性のもの(陰性)具体的には、感染症、炎症、物理的刺激による反応な    ど。
クラス3a:軽度、または中等度異形成と呼ばれる状態で、HPVというウィルスに感染している場合が多く、そのほとんどが癌化せず、可逆性あり(勝手に正常にもどる可能性あり)。→要経過観察
クラス3b:高度異形成と呼ばれる状態で癌化する可能性が高いが、可逆性あり。→要経過観察
クラス4:上皮内癌。簡単に言うと初期の癌。→要精密検査
クラス5:浸潤癌→要精密検査

となります。クラス1と2については、正直申言って、検査する施設によって変わります。例えばカンジダ、トリコモナスなどの感染症に感染している場合など、明らかな要因がわかっていれば誰の目にもクラス2となるのですが、明らかな要因は見つからないが、細胞に少し異型がある(核が大きい、濃いなど)場合だと、それが正常の物とどの程度違うのか、どこまでが正常範囲なのかの判断は困難です。あくまで細胞診は、細胞の形態を人間が見て判断する検査ですから。
心配であれば、クラス判定のみでなく、具体的な所見を先生にお聞きしてみてはどうでしょうか。検査士はクラス判定だけでなく、検査結果に所見を書いていますから、先生の手元には検査の詳しい所見があると思いますよ。
特に感染症の疑いなどを言われていないのであれば、反応性に変化したものと思いますから心配ないと思います。
統計学的なことはよくわかりませんが、クラス(2)は少数派ではないと思いますよ。
以下のサイトに細胞診検査についてかなり丁寧に書かれています。ご参考まで・・・

参考URL:http://www2.plala.or.jp/oniwa-kokko/saibousin/hajimeni.html

私は実際に子宮癌の検査を行っている者です。頸ガンの検査のクラス1と2の違い…ということですが、まずクラス分類は他の方が書かれたのとほぼ同じです。

クラス1:全くの正常(陰性)です
クラス2:全く正常とは違うが反応性のもの(陰性)具体的には、感染症、炎症、物理的刺激による反応な    ど。
クラス3a:軽度、または中等度異形成と呼ばれる状態で、HPVというウィルスに感染している場合が多く、そのほとんどが癌化せず、可逆性あり(勝手に正常にもどる可能性あり)。→要経過観察
クラス3b...続きを読む

Q子宮頸がん 組織診後のセックス

会社の健康診断で子宮頸がんの結果がIIIaと出たので、婦人科へ精密検査へ行きました。

10月22日に組織診をしてパンチと呼ばれるもので組織を切除し、当日はガーゼをいれたままでお風呂は禁止と言われました。
翌日23日にガーゼを取り、出血が止まっていなければ他の処置とするとのことだったのですが、当日は全く出血もなく、翌日朝に見てもらった時も大丈夫とのことでお風呂もOK、3時間つけておくタンポンとナプキンを頂きましたが昼間の間は全く出血していませんでした。
その日の夜にセックスをしてしまったのですが、少し出血してしました。シーツにはつかないぐらい、ふき取った際に血が滲んでいた程度で、その日の夜もそれ以降出続けるといったことはなかったのですが、治りが悪くなる?とか他の感染症など少し不安になってきました。

先生に結果が出るまでの間も子作りしても良いかと聞いたところ、「全く問題ないですが、検査の当日とかは控えて下さいね」とだけ言われておりました。

検査結果は三週間後ですが、それまでセックスは控えた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

子作り=セックス、が「全く問題ないですが、当日は控えてください」と言われたのですよね?
私の勘違いならごめんなさい。
先生がおっしゃったとおりで構わないと思います。

Q子宮がんの検査で出血はいつまで続きますか?

不正出血があり病院に行ったら子宮がんの検査二つをしましょうって言われて検査をしたのですけど出血が止まりません。
30日の日からずっと鮮血な出血で量はそれほどでもないのですけどお腹の張りがあり冷や汗もありました。
昨日の夜から生理のように出血が出てきてそれも鮮血なんですけど、その時もお腹に張りがありそして時々オリモノみたいな小さなかたまりがあります。
今もナプキンをしているのですけど、今も鮮血な出血でめまいと吐き気があります。
病院の方では15日以降に来て下さって言われているので病院にはいけません。
だけど出血はいつになったら止まるのか不安でたまりません。
こんなことははじめてなので戸惑っています。
誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

出血が止まらないと不安ですよね。
少し時間が経ちましたが出血は止まりましたか?

私も不正出血がありがん検診をしました。
二つの検査って「子宮頸がん」と「子宮体がん」の検査ですよね。

「子宮体がん」の細胞診検査は子宮内部を削るので
痛みもありますし出血もあります。
私の場合は割とすぐに出血は止まりましたが
痛みがなかなかひかずしんどかったです。

まだ出血があるのでしたら次の予約が15日であろうと
すぐに行かれる方がいいと思います。
(生理が来てるってことはないですか?)

私が通っている婦人科の先生は不正出血があったら
すぐに飛んできなさい。と、毎回仰って下さるので。

病院に行きづらいのでしたら
お近くに個人の婦人科クリニックとかないですか?
とにかく出血をそのまま放置しておくのはまずいと思います。

Q子宮頸がん クラス3aでの手術の必要性

先日子宮頸がん検査でクラス3aと診断され、本日再検査に行ってまいりました。

再結果が出る前の話なので、かなり先走った内容ですが・・・
クラス2以下であれば経過観察、クラス4以上であれば手術になると思うのですが、再検査の結果がクラス3a~bの場合の手術の必要性はどんなものなのでしょうか?
調べてみると、3aで手術された方も経過観察になった方もいらっしゃるようなので、気になりました。

既婚、結婚3年目、生理不順あり、今のところ焦って子供をつくろうとは思っていません(この先はわかりませんが・・・)。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は市の子宮頸がん検診で3aと診断されました。
その後、組織診を行ったところ3b…高度異形成でした。

この病院は円錐手術か、子宮全摘を勧めてきました。
まだガンにもなっていないのに子宮全摘?
不審に思い、子宮頸がんに力を入れられている有名な先生のいる
大学病院に行ったところ、
『手術の必要はないよ!組織診=治療になるから経過を見て行けば大丈夫』と言って下さいました。
ただ、子宮頸がんの原因のヒトパピローマウィルスの型によっては手術を考えましょう、とウィルス検査をし結果を待ちました。

残念ながら、私の型は18型というハイリスク型でしたので、先日円錐手術をしてきました。

組織診=治療とは、先生があやしいと思われる箇所を採取していくうちに異形成がなくなってしまうとの事です。
私もローリスク型であれば、よかったのですが…。
でもハイリスク型と分かった上での手術でしたので納得してできましたよ。
ヒトパピローマウィルス検査は保険がきかないため18000円と高額でしたが、今後の治療のためにも調べられることをお勧めいたします。

その後、結果は出ましたか?
早期発見ができて、お互いよかったですよね!

私は市の子宮頸がん検診で3aと診断されました。
その後、組織診を行ったところ3b…高度異形成でした。

この病院は円錐手術か、子宮全摘を勧めてきました。
まだガンにもなっていないのに子宮全摘?
不審に思い、子宮頸がんに力を入れられている有名な先生のいる
大学病院に行ったところ、
『手術の必要はないよ!組織診=治療になるから経過を見て行けば大丈夫』と言って下さいました。
ただ、子宮頸がんの原因のヒトパピローマウィルスの型によっては手術を考えましょう、とウィルス検査をし結果を待ちま...続きを読む

Q子宮がん検査で、HPV高リスクと判断されました。

現在20歳、アメリカに留学しているものです。
留学先の医務室?のようなところで子宮がん検査を受けました。
結果はHPV HIGH RISK, ASC-USとでました。
生理が一週間おきにくるという生理不順があったので、検査をうけたら、こういう結果になったわけです。
初めてこのウイルスを知ったので、不安だらけです。ネットでもいろいろ調べましたが、
SEXをしたことがあるひとならだれでも持っている可能性があり、持っているからと言ってだれでも癌になるわけではないということですが、HIGH RISKとありますし、いったい自分がどうなるか不安でしょうがないです。

そこで質問なのですが、

1)HPVが原因で、ASC-USが起こっているという説明を受けました。ASC-USは、明確に判断ができていない状態と、ネットに書いてあるのを見ましたが、HPVが高リスクとうことは、陽生である可能性が高いですか?HPVとアスカスの関係性がいまいちよく理解できていません。

2)産婦人科の予約をするようにいわれ、約二週間後に予約をしました。そこで行われることは、さらに精密な検査でしょうか?それともがん予防でしょうか?

3)男性経験は2人ですが、一人目の人は童貞ですので、二人目の人からもらった可能性高いと思いますが、その人と初めてSEXしたのは二年前くらいです。もし、二年前にそのHPVをもらっていたとしたら、今回の発見は、早期発見といえますか?

4)アメリカの大学で検査をうけました。日本との大きな違いはありますか?


質問が多くてすみません、少しでも応えていただければ助かるので、よろしくお願いします。
なお、下に詳しいことを書いたので、時間のある方は読んできただければと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



もともと不正出血がよくあり、中学生くらいのときに、生理不順ということで、血液検査、尿検査、と、受けたことはありますが、異常がないということだったので、ホルモン剤をもらったことはあります。
それと、19歳の時に、SEXした次の日くらいに不正出血があったので、婦人科にいき、性病を疑われ、淋菌とクラミジアの検査をしました。どちらにも感染していなく、異常はないといわれました。

今までの男性経験は、二人ですが、一人目は童貞のひとで、二人目は、童貞ではありません。
どちらのひとともコンドームなしでSEXしたことがあります。

アメリカで検査をうけた、というのも今留学中で、(まだ英語が流暢でないため)すべて耳で話を理解することができませんでしたが、結果のコピーがあり、それをネットで調べて、今、HPVの存在を知りました。

とりあえず高リスクなので、文字ばっかりが頭をよぎり、不安で仕方ありません。もし、がんになったら、親に心配させてしまうし、子供もうめなくなるし、これから先、また新たなパートナーが見つかったとしても、HPVに感染しているというのが後ろめたいです。自分が悪いのは百も承知です。もし体験談やアドバイスなど、いただけましたらうれしいです。

現在20歳、アメリカに留学しているものです。
留学先の医務室?のようなところで子宮がん検査を受けました。
結果はHPV HIGH RISK, ASC-USとでました。
生理が一週間おきにくるという生理不順があったので、検査をうけたら、こういう結果になったわけです。
初めてこのウイルスを知ったので、不安だらけです。ネットでもいろいろ調べましたが、
SEXをしたことがあるひとならだれでも持っている可能性があり、持っているからと言ってだれでも癌になるわけではないということですが、HIGH RISKとありますし、い...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ベセスダ資料 http://www.ccv.ne.jp/home/pinetree/bethesda.htm
日本だとASC-USでHPV陽性とは、ハイリスクHPV感染でLSIH(軽度異形成疑い)と同様の扱いで精密検査へ。

(2)異常なしかCIN(異形成)が有るかを調べる精密検査です。HPV感染だと精密検査(コルポ診+組織診)へ進み結果は、異常なし,CIN1(軽度異形成),CIN2(中等度異形成)等で確定します。精密検査前では、異常なし,CIN1,CIN2の3つの"疑い"段階です。

<< 組織診結果後のフォロー >>
・異常なし→半年毎の細胞診再検査又はHPV検査

・CIN1有り→HPVタイピング検査→16,18,31,33,35,46,52,58は3ヶ月毎のフォロー
 CIN1有り→上記以外の型1年毎のフォロー

・CIN2有り→HPVタイピング検査→CIN1と同型は3ヶ月毎のフォロー又はレーザー蒸散か円錐除去手術
 CIN2有り→上記以外の型は半年毎のフォロー

CIN3(高度異形成)は、円錐切除手術推奨ですが、これも癌ではなく質問者様の場合、精密検査後にCIN3が出る確率はかなり低い。

※ 必ず上記のフォローではなく、患者個別の状態や年齢等にもより医師の方針で変わる。

(3)癌発見ではなく異形成疑いで引っ掛かった。早期と言えば早期だが、HPV感染でも異常なし(炎症の疑い含む)の人も居れば、異形成の人も居る。異形成は癌ではなく、フォローで定期検査をし仮にCIN3や上皮内癌(筋層に浸潤なし)なら円錐除去で間に合う状態です。

(4)ASCCP(米国コルポスコピー子宮頸部病理学会)のガイドラインを参照下さい。

資料を見ても解る通り、HPV感染すれば必ず異形成や頸癌になるとは限らず、元に戻る確率の方が遥かに高く、30歳未満は優位にHPVを排除し易いとの学会(日本)のデータも有ります。

>>これから先、また新たなパートナーが見つかったとしても、HPVに感染しているというのが後ろめたいです。
防げない程に蔓延したウィルスでワクチンも一部予防程度。出所を探るより各々が癌へ進展しない様に検診を受け、未然に防ぎ自己の免疫で排除する事が大切では。日本ではASC-USに限り保険適用。頸癌検診時にHPV検査も同時に盛り込む方針が有り、試験的に限られた施設で行われています。

(1)ベセスダ資料 http://www.ccv.ne.jp/home/pinetree/bethesda.htm
日本だとASC-USでHPV陽性とは、ハイリスクHPV感染でLSIH(軽度異形成疑い)と同様の扱いで精密検査へ。

(2)異常なしかCIN(異形成)が有るかを調べる精密検査です。HPV感染だと精密検査(コルポ診+組織診)へ進み結果は、異常なし,CIN1(軽度異形成),CIN2(中等度異形成)等で確定します。精密検査前では、異常なし,CIN1,CIN2の3つの"疑い"段階です。

<< 組織診結果後のフォロー >>
・異常なし→半年毎の細胞診再検査又はHPV検査

・CIN1有り→HPVタ...続きを読む


人気Q&Aランキング