プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は、転職活動をしており内定がでましたが、まだ他に探している状態です。とりあえず、資料だけ集めておこうと思います。

会社から入社時に必要なものが記載している紙が送付されてきました。
その中に源泉徴収票(本年度分)と書いてあります。

確か本年度の対象になる期間は今年の1月~12月までであり?、確か12月に会社から渡されるものだと思います。(ごめんなさい、よく分かりません。)

12月まで待たずに本年度分の源泉徴収票を取得できるのでしょうか?
ちなみに私は、今年の2月に会社を辞めております。
また、だらしのないことに去年の源泉徴収票は役場で納税申告へ行ってから紛失してしまいました。

去年の源泉徴収票の間違いですかね?その場合は、前職場で発行してもらうのですかね?期間は?


お願いします、教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

 


「給与所得の源泉徴収票」は、給与の支払者(法人や個人事業主等)が給与等を支払った場合、その支払者に対して全ての者に交付することになっています。

また、年の中途で退職した者の場合は退職の日以後1カ月以内に交付しなければならないことになっています(http://www.taxanswer.nta.go.jp/7411.htm)ので、本来2月の退職であれば既に交付されているべきですが、まだ未交付の場合は退職した会社に対して平成17年分(今年1月から退職時まで)の源泉徴収票を請求して入手してください。(これは所得税法第226条で規定されていますので遠慮することは無いです)

もし、平成17年分の用紙が無い等と言われた場合はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/an …)からDL出来ますし、または昨年の用紙(平成16年分)の年分のところを平成17年分に訂正して記載してもらってください。


それから源泉徴収票は12月だけに交付されるわけではないです。

例えば、1月から3月まではAという会社、4月から6月まではBという会社、7月から12月まではCという会社に勤務したとした場合、A社からは退職時に1月から3月までの源泉徴収票の交付を受けて、その源泉徴収票をB社に提出しますが、B社も中途入社中途退職となりますので、B社からの退職時には4月から6月までの源泉徴収票の交付を受けB社に提出したA社の源泉徴収票を返却して貰って、C社にA社とB社の源泉徴収票を提出します。

そしてC社ではその年最後に支払う給与時(12月)に年末調整を行いますが、年末調整はその給与の受給者がその年に受けた全ての給与を合算して計算しますので、C社では自社での給与等の支払いと、A社及びB社の源泉徴収票に記載されている情報(給与の支払金額や源泉徴収税額及び社会保険料等)を合算して受給者の年末調整を行い年税額を確定し、C社からその年の確定した源泉徴収票が交付されます。

このC社での年末調整時に、A社又はB社あるいは両社の源泉徴収票が無いとC社では情報不足で年末調整が出来くなるため、給与の受給者の前職の源泉徴収票が必要となります。


また、所得税は暦年(その年の1月から12月)で計算されますので、入社時の必要書類に源泉徴収票(本年度分)と書いてあれば今年(平成17年分)の源泉徴収票が必要で去年の源泉徴収票は必要ありません。(去年の源泉徴収票の間違いではありません)

あと、「だらしのないことに去年の源泉徴収票は役場で納税申告へ行ってから紛失してしまいました」とありますが、申告書に添付したために手許に無いのではないですか。
どちらにしても、もし後日その源泉徴収票が必要となった場合には、その源泉徴収票を交付した会社(事業所)に再請求すれば再交付してくれると思います。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
間違いではなかったみたいですね。理由まで教えていただき大変勉強になりました。
自分自身、紛失した記憶はないのですが、そういうことだったのですね。喉のつっかえが取れたようでスッキリしました。
役場の人に聞いても知らないかんじでしたからね。

お礼日時:2005/07/28 23:55

内定した企業が提出を要求している源泉徴収票は、今年の1月~2月までの期間に在籍した前職での収入金額、社会保険料及び所得税が掲載された源泉徴収票です。


それは、退職時に通常もらうものですが、お手元にはないようですので、前職の会社の給与担当部署に連絡して、発行をお願いしてください。自宅へ送付してくれると思います。
そもそもなぜ内定した企業が今年の1月~2月までの源泉徴収票を要求するかというと、日本の課税の仕組みが、1月~12月まで収入金額に対して、課税するということになっているからです。内定した会社での収入金額と前職の収入金額を合算して、今年の課税金額を確定することになります。
    • good
    • 1

専門家紹介

鈴木康浩

職業:転職アドバイザー

私は、人事総務・人事コンサルタント業務で30年のキャリアがあります。
 1部上場不動産会社で11年、外資系宝飾・時計ラグジュアリーブランド企業で8
年、
 現職人材紹介業を開業して11年です。
 採用・労務・人事制度に通じています。特に、採用関連に関しては、約6000名
を採用
 面接し、300名を採用した経験があります。人材紹介業においては、1500名
と面談し、
 コンサルテーションを行ってきました。お客様の様々な困難やトラブルに対して、
人的な側面から
 的確な回答をしたいと思います。

詳しくはこちら

専門家

2月に退職された会社に本年度分を請求すればすぐに発行してもらえますよ。


私も昨年、年度の途中で転職して同じように源泉を発行してもらいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どうやら、なんの問題もなさそうですね。

お礼日時:2005/07/28 23:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング