こんにちは。
自動車保険の更改に時期がきました。たまたま、会社に来ているセールスマン(別の保険会社です)に見積もりをとったら、「SAP」と書いてありました。今、入っている保険は「VAP]となっています。どこが違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

VAPとは日新火災独自の保険商品(サービス)名です。


対して、SAPとは今まで一般的に最高であった保証内容を備えた保険の一般名です。
(SAPの他にPAPとBAPがある)
・VAP→固有名詞
・SAP→普通名詞
少し前から損保業界も競争が激しくなっており、各社横並びのサービスからそれぞれの独自のサービス提供の過渡期となっております。
他にもTAP(東京海上)やIAP(あいおい損保)などいろいろとありますね。
基本的にSAPに、各社が付帯的な独自のサービスを付与したものと考えて良いです。
満期になる保険を契約した時はこのような新しい取り組みがなく、SAPが最も充実したものだったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実は、ご指摘のとおり、わたしの加入している保険は日○火災の自動車保険です。VAPが独自の商品名とは知りませんでした。

そういえば、損保業界も競争が厳しく、「ハロースイ○」とか「アメリカンホーム・ダイ○○○」とか宣伝をしていますよね。競争が厳しくなって、消費者にとって良い商品がでるのであれば、大歓迎です。

で、実は見積もりをとった保険会社がもう一社あって、さっき、パンフレットなどを置いていったんですけど、それには「PAP」と書いてありました。これも、独自の商品なのかもしれませんね。ちょっと、調べてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/20 16:38

 こんにちわ。



 多分訳分からなくなると思いますが、ちょっと皆さんが書いてるのと最近は事情が違います。

 従来はSAP、PAP、BAPの3つでしたが、今はそこの会社独自にTAP、DAP、AAP、KAP、NAAP、IAP・・・とまぁ会社によります。ただ、三井住友のMOSTや日本興亜のクルマックスのように○APという表現を使わないところも出てきてます。
 実際の所補償内容次第ですから呼び名はあまり意味がありません。

 SAP 旧)車両保険必要 新)車両不担保可
 PAP 旧)対人示談代行 新)対人・対物代行

 上記は一部の会社の内容ですが、呼び名が同じでも従来と中身が別物というのが昨今の事情です。
VAP一本化した会社の例が出てましたが、SAPやPAPに一本化しようという会社があると言う事です。

>>それには「PAP」と書いてありました。これも、独自の商品なのかもしれませんね。
>PAPは違いますよ。PAPは従来の保険種類(種目)の1つです。

 当てはまる会社と当てはまらない会社があります。ニッセイ同和ではPAPに一本化しましたから名称は同じでもある意味独自の保険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にわからなくなってしまいました。
もう一度、セールスの人に聞いてみようと思っています。
それと、こんなにいろいろ種類があるので、単に値段が安いとか、セールスに人の印象がいいとか、では選ばないようにしたいと思います。

それにしても自動車保険でこんなに悩むとは思いませんでした。

お礼日時:2001/10/28 13:05

こんばんは。


皆さんの回答で大体理解できたかと思いますが、少し補足します。
今まで加入されてたVAPとは、good_speedさんのおっしゃる通り日○火災独自の
商品です。独自といっても、似たような商品は他の保険会社からも出ています。基本的には、今までの基本の保証内容(対人、対物、搭乗者傷害、*車両保険)に、人身傷害補償をつけてものです。若干違う点は、VAPでは車両保険を付帯しなくてもよい点です。当然保険料も他社と比べて安くなっているはずです。もともとSAPでは、必ず車両保険(自分の車の保証)を付帯しなければいけません。PAPは、先ほどの基本保証内容に車両保険を任意に付帯する形です。BAPは、対人のみとか単独の保証をつける形です。人身傷害補償とは、文字通り傷害保険です。あなたの身に(同居の家族も)後遺障害等の被害を被った時、その被害額を事故の過失割合に関係なく全額支払われるというものです。示談交渉は保険会社がやりますが、その示談が成立しなくとも被害額が確定すれば、その時点で保険金を受け取ることができるというのもメリットのひとつです。いろいろ書きましたが参考になりましたか?もうひとつお話すると、今年の10月に料率等の改定があり、日○火災では、今までのSAP、PAP、BAPという商品を、新VAPとして一本化しました。これは、それぞれの商品の垣根をとり、契約者が自由に設計できる保険と理解していただければよいと思います。このように保険自由化が進みつつあります。
損保に限らず生保もそうですが、保険会社にどこまでを保証してもらうかを、見直しされたらどうでしょうか?これとこれさえ保証してもらえればいいとか、万が一の為に保証を厚くするとか、あとはあなた自身の保険に対する価値観で決まると思います。長くなりましたが参考になれば幸いです。
最後に、私は決して日○火災のまわしものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これからは、保険会社任せではいけないと痛感しました。
大変参考になります。

でも、本音では、頭の中が混乱してきて、何を選べば良いのか、わからない状況です・・・

お礼日時:2001/10/28 13:01

>それには「PAP」と書いてありました。

これも、独自の商品なのかもしれま
>せんね。
PAPは違いますよ。PAPは従来の保険種類(種目)の1つです。#3でも書きましたがSAP、PAP、BAPと3種類が従来の各社共通の取り決めがある保証内容です。
BAPはSAPから車両保険を抜いたものです(任意で付帯)。それとURL(今回は日産火災の例)にもありますが、PAPの場合は対物での示談交渉サービスが受けられませんのでご注意を。BAPはあまりお勧めできないのでSAPか、各社の独自のもの(VAPとかTAP)を検討して選ばれた方が良いかと思います。では。

参考URL:http://www.kurikoma.or.jp/~matsu/sonpo/son_cs.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんか、とってもややこしいですね。
よく、内容を見てみて、どれに入るか考えたいと思います。

何度もご指摘いただきまして、本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/10/28 12:59

こん○は!



SAPとVAPについては知らないんですけど、いろいろな保険会社から見積もりを取り
ましたが、各社微妙に違うので全く同じ保険自体がありませんでした、やっぱり
対応が良くて、もちろん自分が欲しい保証の付いている保険に決めました。
なかなか選ぶのが難しくなっています。それと保険会社も自分のところの保険しか
知らないと感じました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんです。おっしゃるとおり、種類が豊富になって、かえって頭がこんがらがってきているような気がします。

これでも以前金融関係に勤めていたので、この手の話は少しはわかるかと思いましたが、保険は生命保険も含めてお手上げです。

お礼日時:2001/10/22 11:20

最後の一文に錯誤がありました。


今までがVAPでしたよね。kyaezawaさんのURLを参考にして今までの保証内容が良ければそのセールスマンにその会社で同サービスではいくらになるのか見積もりを出してもらう必要がありますね。そして今までの日新火災にもVAPで見積もりの提示を受けて比較検討すると良いでしょう。逆にSAPで充分であれば、各社間で基本的に保険料やサービスに差はないのでセールスマンの印象で決めるのも良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。

ご提案のとおり、VAPの内容でいくらになるのか、見積もりをとってみるつもりです。

お礼日時:2001/10/22 11:17

VAPは人身傷害補償つき最上級商品「総合自動車保険」で、SAPは 自家用自動車総合保険(SAP)といい、保証内容に大きな違いがあります。



参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.din.or.jp/~jisa/VAP/hp_vap_2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそくURLを見てみました.
ほんと、保証の内容に違いがあるものですね。

お礼日時:2001/10/20 16:30

http://www.din.or.jp/~jisa/VAP/hp_vap_2.htm
詳細はこちらを!!

SAPは車両保険がついています。
VAPなら単独事故を含め、こちらの過失の有無に関係なく全額保証(免責はあるかもしれませんが)
他にも違いがありますが、比較してみてください。
料金もちがうでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「S]と「V」の違いって結構あるものですね。

参考になりました。

お礼日時:2001/10/20 16:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車保険の中途更改とは?

質問があります。自動車保険で期間の途中で
解約して再度加入することを「中途更改」と
されていますが、たとえば契約者の都合(知識不足?)などで
勝手に「任意解約」して新たに加入する場合
通常は中途更改なら「(日割)解約(中途更改)」→「新規(中途
更改)」となると思うのですが、

「(月割)任意解約」→「純新規」(ただし前契約あり)と
なるのでしょうか?
それとも「(月割)任意解約」→「新規(中途更改)」という
形にしなければおかしいのでしょうか?

6等級以上の等級の場合で考えています。
考えてたら訳がわからなくなってしまいました・・・
どなたか基本的なことから教えていただけると
うれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO1です
車両入れ替えが出来るものを中途更改されたということですが、その場合保険の種類によりますが、短期率か月割りです。
グレードが上がる=約款が違うので車両入れ替えできないのであれば日割り解約です。
会社によって違うと思いますので、参考にしてください。

ただ、解約して他の会社につける場合日割り解約はありません。

中途更改で、保険の終期を旧契約にあわせて契約する場合も上位の保険にしなければ日割り計算できませんし、他の会社につければ短期率解約、短期率での新契約となり保険料は新旧あわせると高く払うことになります。

6等級の場合、6等級新規と6等級フラットの二通りがあります。
現在の6等級が純新規なら次も新規でも損はないでしょうが、フラットの場合は引継がないと損です。
フラットというのは、前契約があり5等級から上がった、9等級から下がった場合が考えられます。
純新規とフラットでは保険料が多少違います。

Q自動車保険の一括見積もりで

自動車保険の一括見積もりをしようと思っています。
一括、個別見積もりに限らず色々情報を入力しないといけませんが、
なぜ、車のナンバーが必要なんでしょうか。

地名の次の番号で車両の種類がある程度分かるというのは
判断基準になるとは思いますが、
個別の番号まで入力することに(特に一括のサイトでは)少し抵抗があります。

Aベストアンサー

 こういったサイトは「見積もりをする」とは名ばかりで、実際には「申込書を作る」サイトとなっています。契約に必要な情報はすべて必要になります。

 考えても見てください。保険会社や代理店が見積もりをしたところで、儲かるのでしょうか?こういったサイトで割引等の特典があるというのは、その分だけ保険会社等の手間が省けているからです。

Q自動車保険一括見積もりだとDMが毎年来ますか?

自動車保険一括見積もりだとDMが毎年来ますか?
一括はありがたいのですが、毎年来るとなると面倒だなあと思うのですが。
そんなことなく、見積もりを一括でとる方法ってご存知ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

来ますよ~~~~ww
毎年、更新時期前にはね
御かげで未更新にはなりませんけど

殆んどがPCメールですけど

DMが迷惑と思うのなら読まずに捨てる。
又ネットのDMなら捨ADで見積もればいいじゃん

Q火災保険の保険料は会社によってこんなにも違うもの??

新築戸建(建売)を購入するにあたり、ローンを組む金融機関が提案してきたもの以外に別の損害保険会社から火災保険の見積りを取り寄せたところ、あまりにも保険料が違う(倍ほどの開きがある)のでびっくりしてます。さらに言うと集団扱が適用される金融機関の見積りのほうが高いのです。
その保険会社の方は『保険料も自由化のなので、地震保険以外は結構違いがありますよ』と言っていましたが、実際こんなに違うものなのでしょうか?
ここ数年の自動車保険のことを考えれば別に不思議ではなという気がしなくもないのですが…。
因みに、金融機関からの要請でいずれも『長期一括契約』で、『火災単品』と『家財を含めた住宅総合』の2パターン(いずれも地震保険付)で見積りを取り寄せています。

Aベストアンサー

こんなに?と言われても、それってどんだけ?
、か解らないので適当に基本だけ書きます。

住宅専用の火災保険は大きく三つに分けられます。

・普通火災
・総合火災
・保険会社毎の新火災保険

で、
普通火災と総合火災は昔からある保険で、
昔と言うのは、保険自由化の前の保険料横並び(どの保険会社でも保険料は同じ)時代の事です。
従って、同じ普通か総合の保険であるなら集団割引の使えるローン金融の保険が絶対的に安いものでした。

で、自由化後の新火災保険です。
これは実は殆どの会社が、火災保険ではなく動産総合保険をベースに保険を作っていますので、単に自由化で保険料の値下げをしている訳ではなく、保障の仕方が全く違うのです。
従って基本的言うと必ず安いと言う訳でもないのですが(正直に基本的に言うと高い、しかし保障内容は良い)、場合によって安くなる事もあります。

それは従来の普通・総合では全ての住宅に対して均等に付けていた保障の中で不要なものを外せる、かつ他より危険度が低い場合、割り引けるようになっているからです。


水災不担保(津波・洪水・浸水・土砂崩れだと保障しないけど良い?)
電化建築による割引(ガスを一切使わないならガス爆発も天麩羅火災もないから割引)
新築割引
既契約者割引
耐火構造割引
等など(保険会社によって違います。)

補足
水災不担保や電化割引は元々のリスク(険料)が高いので通常の3割引近くになったりもします。

但し、此処まで書いてなんですが、
単なる担当者の面積や構造や地域の入力間違いという事も、よくある事です。念のため。

こんなに?と言われても、それってどんだけ?
、か解らないので適当に基本だけ書きます。

住宅専用の火災保険は大きく三つに分けられます。

・普通火災
・総合火災
・保険会社毎の新火災保険

で、
普通火災と総合火災は昔からある保険で、
昔と言うのは、保険自由化の前の保険料横並び(どの保険会社でも保険料は同じ)時代の事です。
従って、同じ普通か総合の保険であるなら集団割引の使えるローン金融の保険が絶対的に安いものでした。

で、自由化後の新火災保険です。
これは実は殆どの会...続きを読む

Q自動車保険更新時に保険会社&契約者を変更したい

私=息子(27歳)、同居の父(63歳) 現在の保険内容が以下の通りです。
契約代理店(ディーラー):東京スバル
保険会社:日本興亜損保
車両所有者(車検証の名義):父
保険契約者:父
主な運転者:私
運転者限定:家族限定
免許の色:ゴールド(昨年変わったばかりなので次回更新時まで適用されないそうです)
等級:20等級
満期日:4月30日

現在父は要介護3で車の運転は出来ないので保険契約の名義を私(=息子)に変えようと思うのですが
1,名義変更によるメリットデメリット
2,等級の引き継ぎ
3,支払い方法に制限はあるか?(現在はコンビニ一括払い)
4,保険会社を変えて保険料を抑えたいのでこの条件でネットの一括見積もりを利用できるか?
を教えて頂ければ幸いです。

また、現在契約して貰っているディーラーによると
5,「車両所有者=保険契約者 でなければならないので契約者名義だけを変えることは出来ない」
だそうですが他の保険会社でもそうなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同居の親族間での名義変更は車の所有者が違っていても可能です。
何ら問題はありません。

1,名義変更によるメリットデメリット

  デメリットは何もありません。メリットは等級の引継ぎができ 
  安い保険料のまま契約が出来る事です。
  また 名義変更をわざわざしなくても
  補償内容や条件は何ら変わることもありません。
  しいて言えば契約者名は変えずに被保険者名だけの変更でもいいわけです。
  先々の事を考えれば あなたに変更しておくに越した事はありません。


2,等級の引き継ぎ

  出来ます。

3,支払い方法に制限はあるか?(現在はコンビニ一括払い)

  何もありません。
  コンビに払いの他 口座引き落とし クレジットカード払いも出来ます。

4,保険会社を変えて保険料を抑えたいのでこの条件でネットの一括見積もりを利用できるか?
  を教えて頂ければ幸いです。

  可能だと思いますが 
  下手して割引が飛んでしまっても損ですから、デーラーとかの保険代理店ではなく
  損害保険専門の代理店で相談された方が確実だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報