乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

検索して参考になる質問と回答もありましたが、まだ疑問があるので教えてください。

川で取ってきたメダカ20匹を45cm×45cm位(友人がくれたのではっきりとは不明)の水槽に入れました。
水草は母のくれた「ホテイアオイ」という浮草です。
うちにきて2週間です。
小石を入れています。日の当たる所には置けません。

エアポンプももらいました。ろ過装置は壊れていて使っていません。

現在の問題点は、水を替えても一晩たったら水面に顔を出すことです。友人曰く酸素不足ではないかと・・。だから育て方に書いてあるのとは違って、毎日水替えです。1/3位を、日干しの水で替えます。その繰り返しで、大変です。

水の汚れも、にごりはないですが消えない泡?があってぬるついてるのかな~と言う感じで。

エアポンプは水流が強く起こるので使っていないです。使った方がよいでしょうか?メダカたちは流されてまして、まともに泳げません。

あと、餌は2.3分で食べ切れるくらいとありますが、分かりやすい目安ってありますか?メダカ用の細かい粉末状のものです。水草が悪いでしょうか?水替えが多すぎですか?でも苦しそうで。

どこか、問題がありますでしょうか?ぜひアドバイスをお願いします。HPは飼い始めた頃検索して、色々参考にしたつもりですが。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

手短に要点を書いてみます。


まず、ホテイアオイは浮き草ですので、水中に酸素を供給しません。ですので、そのサイズの水槽にメダカ20匹と小赤2匹ですと、まちがいなく酸欠になります。ですので、前の方の書き込みにもありますようにアナカリスやカモンバなどの水草を入れてください。アナカリスなら、蛍光灯でも光合成してくれます。
それと、メダカは日光の刺激がないと体調を崩しやすいので、数時間でも明るい場所に水槽をおきたいところです。
そのサイズの水槽だと、20匹が限界です。エアがない場合、それ以上飼うのは無理でしょう。欲を言えば、10匹程度が理想ですが…。エアの水流でメダカが弱ったりしがちなので、できればエアを使わないにこしたことはないです。
水の汚れですが、川の石についているバクテリアが分解をしているんですが、水草がないとバクテリアが分解した物質が残ってしまい、透明なようで汚れている状態になりますので、そのためにも水草が必要です。
エサですが、20匹なので1回にひとつまみぐらいでしょうか。残らないほうがいいので、少し足りないぐらいでいいです。水槽が安定してくれば、発生した藻やプランクトンをつねに口にしていますので、大丈夫ですよ。
それと、金魚が一緒のようですが、金魚は口に入るものはなんでも食べてしまうので、メダカが攻撃されないように注意してくださいね。できれば別にしたほうがいいかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに酸欠でしょうね^^;可哀想ですね。ぶくぶくの強さを調整できるものを買いました。

実は、稚魚が一匹おりません。もしかして・・・。早く分けて住めるように環境を整えたいです。

餌の量も多いようです。参考になりました。頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 10:57

酸素不足ですかね。


あと水槽が安定していなくて濾過バクテリアがうまく繁殖していないのかな

とりあえず、水草(カバンボやアナカリス)を入れて金魚が居るなら濾過装置入れて下さい。
外掛け式のなら水量調整できるしエアーも入るのでよいですよ

金魚はかなり水を汚します。そして水草もかなりたべちゃいますので水草は餌とおもってまめに追加して下さい
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あぁ~昨日アナカリス入れたんですが、食べてます~金魚!!せっせせっせと。そしてフンがすごいですね。

ろ過装置も早速設置しました。外掛け式です。まだまだ安定するまでは気になりますが、これで上手に育ってくれたら子供も自信を持つと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 12:18

No.1です。



置き場は栽培棚の下ですので木漏れ日が入る程度です。多少、日光に当てた方がメダカは抵抗力がついて元気になるそうです。といっても普段は鉢欠けの中で大人しくしています。

書き忘れましたがメダカはストレスに弱いです。全面水槽でしたら、植木鉢の半割りなどを多く入れて、隠れ場所を増やしてください。発泡スチロール箱は上の面しか空いていないので理想的です。水草が茂っているのも良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

度々すいません。ありがとうございました。

ストレスに弱いとの事、なるほど、そうなんですね。
何か隠れるものを用意しようと思います。
本当は外で、適度に日光が当たるという環境が一番なのかもしれませんね。

せめて、出来る限りの環境は整えてやろうと思います。

お礼日時:2005/07/27 10:52

こんにちは


ろ過機、エアポンプ無しでも飼えますよ(^^)

私のオススメは、マツモという水草です。
日当たりがよければよく酸素を出してくれるし丈夫です。
プツプツと酸素の気泡が出てる様は、面白いし綺麗ですよ。
水質浄化効果も高いです。

ウチでは使わなくなった火鉢に睡蓮とマツモ、メダカ&エビを入れています。
うまくサイクルしていて水質悪化することもなく、水換えしなくても汚れません。

参考URL:http://www.mie1.1st.ne.jp/~nao/suizokkan/mizukus …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日早速、ペットショップに行って来ました。でもせっかく教えていただいたのに、マツモという名前が思い出せなくて、「マ・・・」って感じで、買えませんでしたが、今日また行ってチェックしてみます。

本当は外で飼いたいのですが、アパートで無理なので、蛍光灯で挑戦してみます。鑑賞と言う点でもすぐれた美しい水草ですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 10:49

元々の水質が悪いのではないでしょうか。


底に敷いている小石が汚れていたとか、一度、全てを洗浄したほうが良いと思います。
水替えは、今の時期でも半月に一度程度(半分量)で十分だと思います。
水草は、観賞効果以外にも、魚の生活環境、水の清浄化の働きがあるもので、よくペットショップなどで市販されているカボンバやアナカリスが良いと思います、特にアナカリスなどは、多少水質が悪くても、どんどん成長します(水槽の設置場所は屋外?水温が30度以上は辛い)
水槽にたいしてメダカの数がその程度なら、ろ過装置は特に不要でしょう。
ろ過装置を使っていないと、水が緑色になりますが、これは動植物性プランクトンでメダカの餌にもなり、特に繁殖時の稚魚に最適です。

この回答への補足

質問させていただいてよろしいでしょうか?
今は部屋の中で飼っています。水温もそんなに上がることはないと思います。

元々の水質というのは、水道水がということでしょうか?採ってきた当初は川の水を一緒に汲んできて使っていました。川の小石も拾ってきましたが、洗ってはいません。これが問題でしょうか?

あと、書き忘れていましたが、金魚を2匹娘がもらってきて(小赤)一昨日よりとりあえず、一緒に入れていますが、フンが結構多いです。これも汚す原因でしょうか?

水草は違うものにしてみようかと思いますが、屋内の特に日の当たらない、蛍光灯の明かりだけの場所でも、水草の効果というのはあるのでしょうか?

補足日時:2005/07/26 14:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ろ過装置と水草を設置しました。これでうまくいくといいのですが。

金魚も入れているので早く別に飼うことが出来る環境を整えたいと思います。

アドバイス参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 12:20

私もメダカを飼っています。

3年前にホームセンターでヒメダカを10匹買いました。その中に黒メダカが1匹紛れ込んでいました。

水槽なんて無く、スーパーで拾ってきた40*50*15cmくらいの発泡スチロールに入れて飼っています。置き場所は屋外にある植物栽培棚の棚下です。

水草はホテイアオイ2株だけで、鉢の割れたのを適量。水は植物(蘭)に水やりしたものが適当に蒸発分を補充し、殆ど交換したことがありません。もちろんエアポンプなんてありません。

餌は、メダカ専用と書いてあったものです。本当に適当な量です。メダカはあるだけ食べてしまい、消化不良になるから少なめにと書いて有りました。冬は一週間に1~2回しか与えません。

昨年は、シュロ皮を良く洗って投げ入れておきました。5~7月の産卵期にはタマゴを生みましたので、もう一つの水槽を作って(これもスチロール)孵化させたら100匹くらいの子メダカが生まれ、今でも元気に泳いでいます。

この春、親戚の池に泳いでいた野メダカを100匹くらい貰いました。同じような水槽で飼っていますが、環境が変わったせいか初めの内は死んでしまうのもいました。10匹くらい旅だったかな?今は安定してきました。タマゴも生んでいます。

肝心の水ですが、井戸水を使っていますので殺菌剤は入っていません。そのへんの差があるようですから参考になるかどうか。

色々と飼育サイトもありますから参考にされたら如何でしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。お外で飼われているんですね。

ちなみに日光はどの程度当たる場所に置いてらっしゃいますか?実は採ってきてすぐ、外へ出していたら何匹か日光のためか死んでいました。

外で飼う人に聞くと皆さん、何もしてないよーとおっしゃるのですが、水草で陰になるから大丈夫ということでしょうか?

補足日時:2005/07/26 14:20
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカが毎日死んでいきます

毎日メダカが死んでいきます。
.水槽を購入したのは2月24日でW30,H25,D18の大きさで温度を保つ装置(25度にしかなりません)、ろ過装置が付いています。
.水道水を汲み置きしてメダカ用のカルキぬきの液を使い1晩置きました。
.水槽購入翌日の25日にめだか12匹を水槽に入れました。(袋のまま30分くらい水槽に入れ温度合わせをしました。)
.餌はメダカ用のドライタイプを1日2,3回。水草は本物ではなくにせものを3つ入れました。
.水草の裏に挟まるような形で死んでいることが多かったので、水草を1つとりました。またろ過装置の水流も弱めました。
.3月1日にもう10匹メダカを購入し温度合わせをしてから水槽に入れました。(当初から20匹くらい買いたかったので)水草の代わりに水をきれいにする作用のある石を入れました。
.3月4日メダカを更に15匹飼い始めました。これはメダカが少なくなったためです。現在6日の時点で37匹購入したのに15匹しかいません。

長くなりましたが、最近は1日に死ぬメダカの数も増えてきており心配しています。(今日は朝夕で3匹づつ)
白い点がつくなどの病気は見た感じ無いようだったのですが、今日死んだ2匹は体が赤く傷ついているようでした。(1匹は昨日の時点で気づいたので隔離していました。)
一応今新しいお水を作っている最中なのですが、こういう状況の場合は全部水を替えたほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

毎日メダカが死んでいきます。
.水槽を購入したのは2月24日でW30,H25,D18の大きさで温度を保つ装置(25度にしかなりません)、ろ過装置が付いています。
.水道水を汲み置きしてメダカ用のカルキぬきの液を使い1晩置きました。
.水槽購入翌日の25日にめだか12匹を水槽に入れました。(袋のまま30分くらい水槽に入れ温度合わせをしました。)
.餌はメダカ用のドライタイプを1日2,3回。水草は本物ではなくにせものを3つ入れました。
.水草の裏に挟まるような形で死んでいることが多かったので、...続きを読む

Aベストアンサー

魚が泳がないで止まった時にあまり流されてなければ水流はいいんじゃないでしょうかね。

健康なのは、起きてる時は上の層で活発に泳ぎまわって餌を探してますね。
底でじっとしてるのは弱ってると思います。
エラを良く見て、魚全体がバクバク呼吸が早いような時は水が汚水化してますね。要換水だと思います。

特定の固体だけがエラがバクバクしてるなら、その固体には何か問題がありそうです。
その呼吸にも早さが色々あって激しい時は重い病気かもしれないですね。
エラ病なのかエロモナス病なのかさっぱり分かりませんけど、感染力のある病気であれば怖いので隔離してメチレンブルーや塩投入してます。
治るのもいます。

見た目問題無いのに突然死するのも結構いて、こんなのは分からないですよね。こっちの方がちょっと怖いです。

水換えは餌をやると結構水が悪化しやすいですね。
何日に一度と言うより、状態を見てやったら良いと思います。
なるべく餌をやらないようにして、エラ見てバクバクしてたら緊急水換えですね。なるべくそうなる前に換えた方がいいですけどね。
水量の割に過密で、濾過が出来あがってないとすぐそんな状態になるんじゃないでしょうかね。アンモニア中毒なのか分からないですが。

魚が泳がないで止まった時にあまり流されてなければ水流はいいんじゃないでしょうかね。

健康なのは、起きてる時は上の層で活発に泳ぎまわって餌を探してますね。
底でじっとしてるのは弱ってると思います。
エラを良く見て、魚全体がバクバク呼吸が早いような時は水が汚水化してますね。要換水だと思います。

特定の固体だけがエラがバクバクしてるなら、その固体には何か問題がありそうです。
その呼吸にも早さが色々あって激しい時は重い病気かもしれないですね。
エラ病なのかエロモナス病なのかさ...続きを読む

Qメダカが底に沈んで動かなくなります。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた水の両方を使いました。
(↑以前からこの方法です)

普段から1ヶ月に2~3度くらいは水を替えていますが、
上記のように立て続けに★になったのと、
底に横たわるようになったメダカをみるのは初めてです。

ポンプでエアーを送っていますが、酸素不足でしょうか。
エアーはろ過ドームを使っています。ろ過剤は水交換のたびに新しいものと交換していますが、ドーム本体は最初に買ったものを使っています。

毎朝、★になっていないか、ドキドキして水槽をチェックしています。
どうすればまた元気に泳ぎ回るでしょうか。
よろしくお願いします。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材に定着するまで、約一ヶ月かかります。
この一ヶ月の間に、金魚や他の観賞魚は死ぬことがあるのです。
ただし、微生物が定着すれば、亜硝酸が硝酸へ変換できる環境になるので、
水が原因で死ぬことはめったになくなります。

質問者様のように、一ヶ月に3回程度の水換え頻度だと、
低濃度でも亜硝酸がいつまでも残り続け、やがて中毒になります。
頻度をもっと増やせばいいのですが、面倒なのでおろそかになるものです。
もちろんろ過ドームだけで育てている人も居ますが、
水換えは月に5、6回以上になるでしょう。それだけ亜硝酸が怖いからです。

ろ過ドームだけで1ヶ月1回水換えは逆に全滅コースです。
ろ過能力が足りないからです。なので、別のろ過装置が必要になります。

別のろ過装置の場合、最初の一ヶ月を乗り切りさえすれば、
微生物のおかげで亜硝酸はほぼゼロになるんですよ。
たとえ一ヶ月の間にサカナが全滅しても、病気ではなく亜硝酸のせい。
一ヶ月経ってからべつのサカナを入れてあげれば、まず死にません。
まぁ、めだかは乗り切れるでしょうね。うちは大丈夫でした。

その後、ろ過材は捨てずに、軽く表面を洗うだけで数年は同じものを使うのです。
底砂もそうです。3ヶ月か半年に一回軽く洗うだけ。

そして、洗うときに注意するのが、飼育していた水槽の水だけで洗う事。
水道水をつかうと、塩素で微生物が死ぬからです。
バケツやボウルに飼育水を少し移して、そこで優しくもみ洗うだけで大丈夫。

なので、メインのろ過を別の装置で行い、
エアレーションのついでにろ過ドームを入れる、
ろ過ドームはメインじゃないから定期的に中身を替えても問題なし、
というやりかたが普通のやりかたです。あくまで補助ですね。

亜硝酸はこれでなくなりますが、かわりに発生する低毒の硝酸を捨てるために、
一ヶ月に一回程度水替えをします。それでもサカナには最高の環境です。




外掛けフィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/12305/

ろ過

ボール状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/20780/
リング状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10184/
ウールマット
http://item.rakuten.co.jp/chanet/42720/



外掛けフィルターの中にはろ過ドームのような使い捨てフィルターが入っています。
これを使ってしまえばろ過ドームの惨劇再びですので、
中身を使わずに、別のろ過材を入れるのが一般的です。
ボール状やリング状のろ過材を90%入れ、
ウールマットでウンコを濃し取る。そんな環境にします。
もちろんウールマットは適性なサイズがないんで、はさみで適当に切ります。



ただし、お金に余裕があるのなら、外部フィルターをおススメします。

外部フィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10080/

外掛けよりもはるかに多くのろ過材が入ります。
水流が強いので水の吐き出し方向の調節が必要ですが、
これに勝るフィルターは無いといっても過言ではありません。
もちろん、中身は先ほどのろ過材を使います。

ただし、外部フィルターの場合は酸素不足になりがちです。
なので、エアレーションを別に用いるか、ろ過ドームを併用しましょう。



ちなみに酸素の供給についてですが、泡がいくら発生しても意味ないですよ。
水面から供給される酸素が大半ですので、水面がかるく波立つ状態が理想です。
とはいっても、めだかなんかは水流に弱いので、本当に軽いエアーで十分。
水流が強すぎると、泳ぎつかれて死ぬ可能性もあります。



さらに、メダカの数ですが、少々飼い過ぎです。
水1リットルに対し、1cmの観賞魚とお考え下さい。
なので、14リットル入るとすれば、14cm分です。
つまり、2cm程度のめだかであれば、7匹が限界です。
3cmから4cmまで成長しますから、5匹以内が望ましいですね。
タマゴもガンガン産んで増えますし…。

楽しい観賞魚ライフを!

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材...続きを読む

Q1匹だけ強いめだかが…

2週間前から屋外の睡蓮鉢で睡蓮や水草を育て始め、1週間前からその中にめだか(ヒメダカ)を6匹入れました。
めだかの飼育は初めてで緊張しましたが、今のところみんな元気に過ごしてくれています。
そのうち産卵などしてくれたらな…、と思っていますが、6匹のうち1匹がものすごく縄張り意識?が強く、ひとりで鉢の中心でがんばっている感じで、他のめだかが近付くと追いかけ回しています。(よく見ていると、しつこく追いかける時とそうでもない時があるのですが)
何しろ初心者で他の飼育環境をじっくり見たこともなく比較ができないのですが、この威張ってる子はこのまま一緒に飼育しても問題ないものでしょうか?
怪我をさせたりすることまではなくても、こう鉢の中が騒々しいのでは、なかなか落ち着いて産卵する気分にもなれないのではないかと思ったりしています。
それとも、めだかの世界というのはこんなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 完全なテリトリー争いです。メダカは自然界では視野に入らないエリアに達するまで繰り返しをしますし、オス同士の場合では最悪ですと殺し合いになり、メス同士の場合は卵や稚魚を食い殺す場合があります。

 貴方の場合ですが、睡蓮鉢の大きさや匹数によりますが、隔離以外では隠れ場所を作ると問題はありません。隔離の場合では水槽等の引っ越し等はテリトリーを主張するメダカを隔離せずに、他のメダカを隔離し、後からテリトリーを主張するメダカを入れると大人しくなります。

 現在の段階では繁殖を念頭に於いて飼育を考えているならば、繁殖は残念ですが無理です。稚魚の段階では自然淘汰されますので、問題はありません。

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Qメダカは水草を食べますか。

メダカを初めて飼い始めて4日目です。

餌は全く与えていませんが、痩せていくわけでもなく、糞もしています。
かなり元気そうに見えます。

水槽は立ち上げたばかりで、微生物もあまりいないと思います。
マツモとアナカリスだけはたくさん入っていますが…。

メダカってマツモやアナカリスのような大きい水草も食べるんですか?
もし水草も食べるなら餌はどれくらい与えたら良いですか?

Aベストアンサー

 お礼に書かれている点について補足を兼ねて回答をします。

 川魚の大半は餌を食べ損なわない様に一気食いをしていますので数日餌を与えていなくても生き延びますし、同居するミナミの飼育が長いのならばバクテリアや動物性プランクトンがいますのでそれを餌にしています。また、モス、アルジーには購入時から植物性プランクトンは住み付いていますからそれを食べていますし、ミナミの稚エビ等も食べますのでメダカ等の川魚はタフです。

 これからは室内でなければ餌を与えなくても越冬しますし、温度が高ければ其れなりに餌を与え、様子を見てから餌を与えると水は腐敗して硫酸塩を生じる事はありません。私の場合はメダカ、アカヒレがメインですからこの方法で与えていますし、エビ等には夜遅くに多く餌を与えて対応させています。

 

Qメダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

メダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

今日、メダカを飼い始めたんですが
水槽に蛍光灯のライトがついています。

メダカも明るいと寝れないと聞いたので夜は消そうと思うんですが、何時ごろ消せばいいですか?


水槽がある場所は
昼は日光が自然に入るのでライトをつけるのは大体暗くなってからです。



それと
水槽のライトを消していても
部屋の明かりがついてると、メダカは寝れませんか?

水槽がある部屋は
夜中まで明かりをつけていることがよくあるんですが…メダカに影響ありますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家は実に適当なのですが、照明は自分のためと、水草の為です。
外泊するとき消し忘れたら帰って来るまで、点灯したままの時のも有れば、朝点け忘れて暗いままのときも有り、小口モーリーの水槽なんか、稚魚の隠れ家として繁殖しているアメリカンスプライトに、遮られて殆ど明かりの無い状態が、2ヶ月ほど続くことも有りますが、元気です。
明かりには、神経質に成らなくても、大丈夫だと思います。

それより、温度管理と、水質管理が大事です。
他の方と同じですが、窓辺は、温度管理が難しいので、対策が必要かなと思います。

Qメダカの卵が孵化しない!

メダカが卵をぶら下げていたので、卵を別の容器に入れて、孵化を待っていたのですが、カビみたいなものが、生えて死にました、なんで死んだのかわかりません、太陽の下に卵をおいていたからなんでしょうか?
早く孵化さしたいんで、一日中、蛍光灯に当てるのもだめなんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありません。

卵の殻は非常にカタイので、水から出してカレンダーなどの厚紙の上で指先でコロコロ転がしながら糸を切ることができます。50個くらいの卵をコロコロ転がすと、かなり大きな糸玉ができますよ。

糸で絡まりあったままの状態で卵を飼っていると、水の通りが悪くなって雑菌が繁殖しやすい状態になります。また、カタマリの真ん中の卵が酸欠状態になります。だから、大きな水槽の中の藻についた卵のように水通りの良い場所なら問題ないのですが、小さな容器に入れて孵化させるときは、付着糸を切って卵をばらばらにした状態で飼います。
メチレンブルーは雑菌の繁殖を抑えてくれます。水がほんの少し青っぽくなるくらいの量で十分です。生きている卵はメチレンブルーに入れても透明なままですが、死んだ卵は真っ青に染まりますので、見た目で生死がすぐに判別できるようになります。

太陽の下におくと、今の時期なら水温が上がりすぎますので、卵が死にます。
直射日光の当たらない部屋の中に置いておけば大丈夫。光を当てても当てなくても、あまり関係ありません。
温度が安定していれば、真っ暗でも早く孵化します。

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありま...続きを読む

Qメダカは元気だけど水草がすぐダメになる

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買いました。
(後からネットで見たら、バコパという種類かな?と思います)
店員さんに「買ったポットのまま(土ごと)鉢に沈め、根っこがつかるくらいの水かさを保てばOK」と言われそのようにしていた所、3週間くらいでポツポツ花も咲きました。
が、1ヵ月くらいしたら粉状の(最初は花粉かと思った)大量の虫がびっしり発生し、捨ててしまいました。

その後、別のホームセンターでアマゾンソードというのを購入。
店員に「このまま鉢に全体が沈むように入れる」と言われ行いましたが、1週間足らずで茶色くなってダメでした。

現在は、小さな木に刺さったかわいい水中草(種類不明)を入れてますが、
最近、上のほうの葉が白くなり、下のほうの葉はポロポロ崩れて原型がなくなって来ました。
買った時は赤茶っぽい葉っぱでした。

質問ですが。
メダカが長生きする環境とは思われますが、水草ももう少し長持ちさせたいです。
ただ、肝心のメダカは元気ですし、うちの鉢がインテリア性の高い、かわいい楕円の花器なので、器具をつけたくないんです。
日当たりは抜群の場所に置いてます。

スペースもないので水草を沢山増やしたいほどではないですが、何が不足ですぐダメになってしまうんでしょう?
酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?
(コケは出る前に丸洗いしてるのでいらない気もしますが)
何か具体的な品名で教えていただけると助かります。

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買...続きを読む

Aベストアンサー

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば、日当たり。
部屋の奥側くらいの暗さだと光が足りず弱ってゆきます。多くの水草には日当たりは良い方が向いていますが、直射日光はコケが生えたり水温が上がりすぎたりと水槽としてマイナス面も強いので避けた方が無難です。強い光を嫌う水草もあるので、鉢の置き場所は直射光が入らない窓際などの明るい場所がベターです。
例えば、肥料分。
水草も植物なので肥料分は必要です。光合成では必要な栄養素が摂れません。少量なら魚の糞などが分解されて肥料になりますが、大量にまたは大きく育てたい場合は、魚に害のない水草用の肥料も使います。
例えば、二酸化炭素
植物は、明るい時に二酸化炭素を吸収して光合成をしますので、ある程度の二酸化炭素が必要です。水草が少量なら、飼っている魚の出す二酸化炭素である程度賄えますが、水草が多い場合は昼間だけ人工的に二酸化炭素を添加することも必要です。ちなみに、夜は水草も酸素を吸って呼吸していますが、魚が生きているのなら足りています。

>酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?

この手の物は不要です。効果はほぼありません。
それよりも、鉢の置き場所を水草に合わせる事と、鉢の環境にあった水草を選ぶ事が大切です。条件が合わない水草では枯れるのは目に見えています。まずは、マツモや金魚藻(カボンバやアナカリス)など丈夫な水草を入れてみてはいかがでしょうか。
カボンバはアルカリ性や高温に弱いなどちょっと条件にうるさいところがありますが、うまく合えばメダカの産卵場所にもなりぴったりです。アナカリスは兎に角丈夫で、よほどのことがなければ枯れません。30℃を越えるような高温では弱りますが、それ以外は丈夫で増えすぎるて困るくらいです。

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば...続きを読む

Qメダカが水面に結構いて泳いでます。なんかの合図ですか?

メダカが水面に結構いて泳いでます。なんかの合図ですか?
メダカ飼ってるんです。

Aベストアンサー

 こんばんはカラーメダカを100匹以上飼育していますが、家のカラーメダカは結構水面を泳いでいますよ。メダカとアカヒレは私と父が担当していますし、金魚や錦鯉等を曽祖父の代から飼育しています。

 朝の早い時間で陽気が良い状態ですとメダカの学校の歌詞ではありませんが、列を作り泳いでおり、その姿は実に綺麗な物で何時まで見ていても飽きません。ただ彼らは臆病な所もありますので、戸を開ける音等がすると一斉に潜りますが、暫くしてこちらが何もしないと再び整列し、泳ぎだし始めます。

 家にいるカラーメダカはヒメダカ以外には、楊貴妃、琥珀、銀河、幹之、白、青、緑、茶、紫がおり、宝石箱の中身を見ているみたいです。私の場合は仕事の行き帰りに彼らの泳ぎを見ると癒せますので、毎日が楽しいですよ。父の場合はエサを撒く時に整列し、泳ぎますので私同様に癒されています。

 屋外飼育で睡蓮鉢に水草はホテイアオイと熱帯睡蓮が入れてありますので、こちらから酸素が出ますので、エアによる酸素供給はしていませんが、問題はないですし、植物の方は二酸化炭素をメダカの排泄物等から供給していますので問題はありません。屋内飼育では植物も制限されますので、エアは必要になりますし、照明ですが点燈時間が長いとストレスになりますので、なるべく少なめにしてください。

 こんばんはカラーメダカを100匹以上飼育していますが、家のカラーメダカは結構水面を泳いでいますよ。メダカとアカヒレは私と父が担当していますし、金魚や錦鯉等を曽祖父の代から飼育しています。

 朝の早い時間で陽気が良い状態ですとメダカの学校の歌詞ではありませんが、列を作り泳いでおり、その姿は実に綺麗な物で何時まで見ていても飽きません。ただ彼らは臆病な所もありますので、戸を開ける音等がすると一斉に潜りますが、暫くしてこちらが何もしないと再び整列し、泳ぎだし始めます。

 家にいるカ...続きを読む

Qめだかに日光が必要?

ブクブクろ過付き水槽でめだかを20匹ほど室内飼育し始めたばかりです。めだかには日光が必要と聞いた事がありますが、窓越しで置ける場所がありません。水槽の蛍光灯をある程度つけるだけではダメでしょうか?

Aベストアンサー

> めだかには日光が必要と聞いた事がありますが、
・メダカの生態リズムは、日長作用と水温に深く関係しています。
メダカは、日の長さと水温により、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が活発になり、産卵します。
メダカは、屋内の水槽飼育よりも、屋外の大水量(プラ舟)飼育の方が良く繁殖します。

メダカは365日、同じ水温と同じ照明時間の水槽飼育でも、ちゃんと産卵し繁殖するので心配いりません。
屋外飼育よりも、産卵数と産卵回数が少ないだけの違いです。

> 水槽の蛍光灯をある程度つけるだけではダメでしょうか?
・蛍光灯で十分、メダカは飼育できます。
メダカだけの飼育であるならば、照明器具は必要ありません。
室内の明るさだけで十分に飼育できます。
その代わり、繁殖率もドーンと下がります。

照明を使う目的は、産卵床である水草を育てるため。
水草の生長は、pHや硬度などの水質安定にも役立ち、結果としてメダカも棲みよい水槽環境になります。
そして、照明は水槽を美しくディスプレイします。

メダカは、金魚藻などの水草に産卵します。
水草の育成に必要な照明時間は、一日あたり8時間程度の点灯が基本になります。

> めだかには日光が必要と聞いた事がありますが、
・メダカの生態リズムは、日長作用と水温に深く関係しています。
メダカは、日の長さと水温により、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が活発になり、産卵します。
メダカは、屋内の水槽飼育よりも、屋外の大水量(プラ舟)飼育の方が良く繁殖します。

メダカは365日、同じ水温と同じ照明時間の水槽飼育でも、ちゃんと産卵し繁殖するので心配いりません。
屋外飼育よりも、産卵数と産卵回数が少ないだけの違いです。

> 水槽の蛍光灯をある程度つけるだけで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報