人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

父母は33年前に離婚し、私は実母についていきました。その後お互い再婚し、実父の方には子供(私の異母妹)ができたと離婚から数年後、実母から聞きました。
先日実母が亡くなり、急に実父のことを思い出しました。実母は実父から慰謝料や養育費はまったくもらっておらず、完全に絶縁状態だったようで、今現在実父が生きているのかすら、私にはわかりません。
万一、実父が既に亡くなっており、実父側の親戚達が長女である私を意図的に排除して相続が済んでしまっていたら、と思うと心配でたまりません。
確実に私にも遺産がわたるように、こちらから何か手をうつことはできるでしょうか?ちなみに私が知っているのは、実父の実名と、離婚当時の実父の大凡の住所(町名まで)くらいです。離婚後は一度も実父と会っていません。

A 回答 (4件)

遺言がある場合とない場合で違ってきます。



遺言がない場合は、相続人全員が同意した遺産分割協議書がなければ、
遺産を処分することはできません。
従って、相続人である「aneja」さんが同意しない遺産分割協議書は無効です。
遺産分割はいついつまでにしなければならないというものではありませんので、
「aneja」さんはいつでも(相続開始から何年たっても、あるいは
相続開始を知ってから何年たっても)相続権を主張できます。
つまり、「aneja」さんが実父の死を知っていよういまいと、
「aneja」さん抜きの遺産分割協議書は作成しても効力を持たない、ということです。
ただし、遺産が負債の方が多い場合など、相続権を放棄したいときは、
相続開始(=被相続人の死亡)を知ってから3ヵ月以内に家裁に申述しなければなりません。

一方、遺言があった場合、その内容が最優先されますので、
基本的には相続人の同意は不要で、遺産分割協議書がなくても遺産分割できます。
ただし、その内容が「aneja」さんの遺留分(法定相続分の2分の1)を侵害するものだった場合、
遺留分減殺請求によって、侵害された部分については請求することができます。
ただし、この請求権は、遺留分侵害を知ったときから1年、さらに知らなくても10年で消滅時効にかかります。
従って、最悪実父が「aneja」さんに全く遺産を残さない旨の遺言をして、
10年以上前に亡くなっているような場合、「aneja」さんが相続権を主張することはもうできません。

早急に生死を確認し、もし存命ならば
これから先10年に1回以上の生存確認をされるとよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しいご解説、ありがとうございました。
やはり遺言書は重要なのですね。とても参考になりました。

お礼日時:2005/07/30 11:43

#1です。



遺言があるケースでは#3氏の書かれているとおりとなりますので、定期的な確認を行う方がいいというご意見に賛成です。

他人の戸籍を取得するには利害関係を有することを証明しなければなりませんが、実の親の戸籍を取得するわけですので、それを証明する自分の戸籍の謄本を窓口で提示するか、郵送請求の場合には謄本のコピーでも添付して請求するようにすれば取得できるでしょう。
郵送の際には連絡先の電話番号を記載しておくようにすれば書類に不備等があったときに連絡を受けることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の質問にもご丁寧に答えていただき、ありがとうございました。思っていたより手続きが易しそうでほっとしました。

お礼日時:2005/07/30 11:45

>実父が既に亡くなっており、実父側の親戚達が長女である私を意図的に排除して相続が済んで…



遺産の請求権は、死亡したことを知った日から 3か月以内と定められています。ポイントは、「死亡した日から」ではなく、「死亡したことを知った日から」という点です。
あなたに知らせないまま相続が済んだとしても、風の便りに死亡したことを知らされれば、それからあらためて分割協議のやり直しということになります。

また、仮に、あなたを除外するような遺言書が書かれていたとしても、「遺留分」といって、法定相続分の 1/2 は請求できる権利が残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「死亡を知った日から」というのは、とても心強いです。でも、風の便りに知るということはありえないと思います。実父側の人間との共通の知り合いもいないし、私がいる所は実父が離婚当時住んでいた地域とは数百キロも離れています。
でも、実父の生死を調べる方法は何かありそうですね。調べてみます。

お礼日時:2005/07/27 11:31

相続するにあたっては、「相続人全員」で遺産分割協議を行う必要があります。


意図的に誰かを排除するようなことはできません。
たとえば、不動産の登記を行うにあたっては、相続人全員がわかる戸籍類一式及び相続人全員が実印を押印して印鑑証明書を添付した遺産分割協議書が要求されます。
被相続人の銀行預金についても同様の書類等が要求されます。

生前にできることは特にないでしょう。
あえて上げるとすれば、被相続人にあたる「父」に遺言書を書かせる/書かせないという働きかけをするくらいでしょうか。

なお、「父」の現住所を調べるには、自分の戸籍から遡るように戸籍をたどり、「父」の記載を見つけ、次に「父」の現在の戸籍までたどり、「父」の現在の戸籍に添付されている「附票」を取り寄せれば可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「父」の現住所を調べる方法は、とても参考になりました。教えていただいた方法は、役所でお願いすれば普通に取り寄せていただけるのでしょうか。

お礼日時:2005/07/27 11:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離婚した父親が死亡した場合

私の父は私が小さい頃に母と離婚し
母親に育てられました。父は再婚し、子供も3人いるそうですが、私とは全く交流が無く、子供が3人というのも
人の噂で長い年月のうちに知りました。
もし、この父が死んでしまったとき
私は法律的に言って、誰からも父親が死んだことを
教えてもらえないのでしょうか?
たとえば、遺言などがあれば知ることになるかもしれませんが
もし、そういうものがない場合、実の父が死んだ事も
知らずに過ごすことになるのかと、空しいです。
どこからか、通知などこないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私は法律的に言って、誰からも父親が死んだことを…

法律的にとなると、死亡時点で正の遺産が銀行 (等) にたくさんあるか、負の遺産がかなりあるかの場合だけでしょう。

まず、死亡後に銀行預金 (等) を引き出す場合、銀行 (等) は相続人が何人いるかわかるように戸籍抄本などの提出を求めます。この時点であなたが相続人の一人であることが明らかになります。その上で銀行 (等) は相続人全員の同意書を持ってこなければ、引き出しに応じません。
結果として、あなたにお父様の死が知らされることになります。

遺産が現金のみであったり、死亡前に引き出されてしまった場合は、銀行は関与しませんので、あなたに知らせるかどうかは、現在お父様と暮らしている人の判断次第です。

また、お父様の遺産が負であった場合、債権者はあなたに、相続割合に応じて返済を求めることになります。
この場合も結果として、あなたにお父様の死が知らされることになります。

>実の父が死んだ事も知らずに過ごすことになるのかと、空しいです…

お気持ちは十分理解できます。
ただ、遺産相続の問題がなければ、公的には何もありません。
とはいえ、後妻さんや異母兄弟さんから連絡が来ることはなくても、お父様の兄弟とか少々遠い親類であなたのことを知っている人が、
「お父さんは何もしてやれなかったが、せめて線香だけ上げてやってもらえないか」
と知らせてくれますよ。それが人情というものです。

>私は法律的に言って、誰からも父親が死んだことを…

法律的にとなると、死亡時点で正の遺産が銀行 (等) にたくさんあるか、負の遺産がかなりあるかの場合だけでしょう。

まず、死亡後に銀行預金 (等) を引き出す場合、銀行 (等) は相続人が何人いるかわかるように戸籍抄本などの提出を求めます。この時点であなたが相続人の一人であることが明らかになります。その上で銀行 (等) は相続人全員の同意書を持ってこなければ、引き出しに応じません。
結果として、あなたにお父様の死が知らされることになりま...続きを読む

Q実の親の生死を確認したい

私が幼いときに親が離婚し、母方に引き取られました。
その後、母が再婚しました。
今、私自身は、結婚し、籍が変わりました。

噂で実の父が、死亡したと聞きました。
義理の父とは本当の親子のようで、もちろん感謝はしていますが。。。
本当の父は、病弱で、一人寂しく生活保護を受けながら生きていると聞いたことがあったので、もし本当に亡くなっていたら、一度くらいは墓参りしたいと思ってます。

ただ、確かめるすべがありません。
噂を持ち込んだ本人は、聞ける関係ではありません。
母は、実の父の話は一切教えてくれません。

出来ることなら、戸籍上で正確な情報を確認したいんですが、可能でしょうか?

ちなみに、実の父の実家や住所は全く覚えてません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

可能です。

まず自分の戸籍謄本を取得します。
次にその戸籍の記載事項を読んで、自分がどこの戸籍から移動してきたかを読み取り、その戸籍謄本を取得します。
おそらく母親が筆頭者となっている戸籍から移動してきているでしょう。
その戸籍を取り寄せれば、さらにその前の戸籍がわかります。
おそらくそれは両親の婚姻当時の戸籍でしょう。
その戸籍を取り寄せれば、父親の記載があります。
父親が生存しているか、どこかの戸籍に移動しているか、死亡しているかなどはその戸籍を取り寄せてさらに調べることが可能です。

ちなみに、最終(現在)の戸籍には「戸籍の附票」が備え付けられており、ここには最終の住所が記載されています。
生存されている場合にはこの住所地に住んでいるということです。

戸籍の読み方については住民課でも教えてもらえるでしょう。
また、司法書士に相続のためとして依頼して取り寄せてもらうことも可能でしょう。


人気Q&Aランキング