最新閲覧日:

下に挙げる金属をそれぞれ処理すると、処理前に比べ、硬さがどう変化をするのか教えて下さい。
沢山あるのですが、どれか一つでも構いません。お願いします。

純銅版(元の厚み1.8mm)を400℃で加熱処理をし、全体の厚みを95%→90%→80%と薄くしていき、その後200℃→300℃→400℃と加熱処理した時。

ステンレスと鋼の合金(元の厚み1.8mm)を850℃で加熱処理をし、全体の厚みを95%→90%→80%と薄くしていき、その後400℃→500℃→850℃と加熱処理した時。

銀97%・銅7%の合金、銀67%・パラジウム25%・銅8%の合金、銀46%・金12%・パラジウム20%・銅20%その他2%の合金、金70%・銀8%・白金2%・パラジウム3%・銅16%その他1%の合金を、それぞれ750℃→400℃→500℃→750℃と加熱処理していった時。

純銅版を400℃→200℃→300℃→400℃と加熱処理していった時。

ステンレス・鋼の合金、炭素鋼(炭素0.4%)をそれぞれ850℃→400℃→500℃→850℃と加工していった時。

原子の変化の仕方や、硬さの変化する理由なども教えてもらえると、とても嬉しく思います。お願いします。

A 回答 (2件)

ステンレスはすでに、鉄とクローム等の合金ですし、


鋼は、基本的に、鉄と炭素とその他微量金属元素の合金です。
もう少し、修正を頂ければ、アドバイスできそうです。
よろしくお願いします。
    • good
    • 0

どうも冶金系の実験レポートのようですが?


考え方程度を
随所に「加熱処理」とありますが、「焼鈍」のことでしょうか?(処理時間不明)
「焼鈍」→「内部応力の緩和」、「結晶粒の拡大」の効果

>全体の厚みを95%→90%→80%(処理温度は加熱処理温度と同一? or 冷間加工?)
「冷間加工」→「焼鈍」と逆の効果

>750℃→400℃→500℃→750℃と加熱処理
「750℃→400℃」は加熱処理?「焼き入れ」では?

>銀97%・銅7%の合金、銀67%・パラジウム25%・銅8%の合金、銀46%・金12%・パラジウム20%・銅20%その他2%の合金、金70%・銀8%・白金2%・パラジウム3%・銅16%その他1%の合金を、それぞれ750℃→400℃→500℃→750℃と加熱処理していった時。
これが最後の課題のような気もしますが、これまでに習ったことを考慮しながら各段階での硬度(?) 変化から何が起こっているのか(状態図等があればそれを助けにして)考えるのでは?

もう1つだけ。
「焼き入れ」によって硬化が期待できる系は?純銅は期待できるの?

取りあえずこんなところでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ