下に挙げる金属をそれぞれ処理すると、処理前に比べ、硬さがどう変化をするのか教えて下さい。
沢山あるのですが、どれか一つでも構いません。お願いします。

純銅版(元の厚み1.8mm)を400℃で加熱処理をし、全体の厚みを95%→90%→80%と薄くしていき、その後200℃→300℃→400℃と加熱処理した時。

ステンレスと鋼の合金(元の厚み1.8mm)を850℃で加熱処理をし、全体の厚みを95%→90%→80%と薄くしていき、その後400℃→500℃→850℃と加熱処理した時。

銀97%・銅7%の合金、銀67%・パラジウム25%・銅8%の合金、銀46%・金12%・パラジウム20%・銅20%その他2%の合金、金70%・銀8%・白金2%・パラジウム3%・銅16%その他1%の合金を、それぞれ750℃→400℃→500℃→750℃と加熱処理していった時。

純銅版を400℃→200℃→300℃→400℃と加熱処理していった時。

ステンレス・鋼の合金、炭素鋼(炭素0.4%)をそれぞれ850℃→400℃→500℃→850℃と加工していった時。

原子の変化の仕方や、硬さの変化する理由なども教えてもらえると、とても嬉しく思います。お願いします。

A 回答 (2件)

ステンレスはすでに、鉄とクローム等の合金ですし、


鋼は、基本的に、鉄と炭素とその他微量金属元素の合金です。
もう少し、修正を頂ければ、アドバイスできそうです。
よろしくお願いします。
    • good
    • 0

どうも冶金系の実験レポートのようですが?


考え方程度を
随所に「加熱処理」とありますが、「焼鈍」のことでしょうか?(処理時間不明)
「焼鈍」→「内部応力の緩和」、「結晶粒の拡大」の効果

>全体の厚みを95%→90%→80%(処理温度は加熱処理温度と同一? or 冷間加工?)
「冷間加工」→「焼鈍」と逆の効果

>750℃→400℃→500℃→750℃と加熱処理
「750℃→400℃」は加熱処理?「焼き入れ」では?

>銀97%・銅7%の合金、銀67%・パラジウム25%・銅8%の合金、銀46%・金12%・パラジウム20%・銅20%その他2%の合金、金70%・銀8%・白金2%・パラジウム3%・銅16%その他1%の合金を、それぞれ750℃→400℃→500℃→750℃と加熱処理していった時。
これが最後の課題のような気もしますが、これまでに習ったことを考慮しながら各段階での硬度(?) 変化から何が起こっているのか(状態図等があればそれを助けにして)考えるのでは?

もう1つだけ。
「焼き入れ」によって硬化が期待できる系は?純銅は期待できるの?

取りあえずこんなところでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物質の硬度と速度と質量の関係

聞きかじりではありますが、「モース硬度」や「ヌープ硬度」といった硬度基準値があると聞きます。

硬度では明らかにそこまで強くないプラスチック製のBB弾がガラスを割ってしまったりするのは、平たく言うとそのBB弾の持つ「勢い」(慣性とか?)のせいだと言うのはなんとなく理解はしているつもりですが、いったいどのくらいのレベルの運動量と質量で、どの程度の硬度が生まれるのかがふと気になりました。

(1)速度、質量と硬度の関係を一覧できるような資料、サイトはどこかにありませんでしょうか?

(2)速度と質量と硬度の関係を表す式のようなものはありませんでしょうか?
(例:モース硬度2、質量2gの物質を速度Xで射出した場合の力はモース硬度Yに並ぶ といったものなど)

摩擦係数や重力などは考えていると一生終わらなさそうなので無視で==。


車を運転していてふと思いついただけで、何が知りたいのかもはっきりとしていない状態なのですが、何方かご助力頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

 速度、質量と硬度の関係とのお尋ねですが、硬度(硬さ)とはそれぞれの物体の表面または表面近くの物理的性質のひとつで、速度、質量とは関係ありません。
 したがってそれらの関係を一覧できるような資料も関係を表す式もないでしょう。
 もともと硬さとは定義すること自体難しい概念で、いろいろな物質の硬さを一義的に数値で表すことは困難なのです。
 例に挙げられているモース硬度とは、単に基準とする10種類の鉱物を硬さの順に並べたときの順番を表しているだけなので、数量的な扱いは全く出来ません。


 
 

Q15℃の水素500molを 圧力一定で 500kJの熱量で加熱した 温度はいくらか?? 但し水

15℃の水素500molを 圧力一定で
500kJの熱量で加熱した
温度はいくらか??
但し水素は理想気体とし
定容モル熱容量20.3J/mol・k
気体定数は8.3J/mol・k

よろしくお願いしますm(_ _)m
たすけてください

Aベストアンサー

定圧比熱:Cp、定容比熱:Cv、気体定数:Rとすると、Cp-Cv=Rの関係があります。
したがって、定圧比熱Cp=Cv+R=20.3+8.3=28.6J/mol・K
500KJの熱量で、500molの水素を加熱するので、1molあたりの熱量=500kJ/500mol=1kJ/mol
定圧変化なので、温度変化は定圧比熱より、ΔT=1000J/mol÷28.6J/mol・K≒34.97K
初期温度=15℃より、加熱後の温度T=15+34.97=49.97℃→約50℃

Q鉄鋼の硬度について質問です。よく調質(マルエイチ)の依頼の時に指定硬度があるのですが、硬度はだいたい

鉄鋼の硬度について質問です。よく調質(マルエイチ)の依頼の時に指定硬度があるのですが、硬度はだいたい決まっているのでしょうか?SC材のHRC(ロックウェル)で教えていただけると助かります。なるべく詳しく教えていただきたいです。SC材の熱処理前、調質後の硬度一覧みたいなものがもしパソコンなどで印刷できるのをご存知でしたらそれも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

炭素鋼(調質鋼)の場合、SC材でしたらまず炭素量が判らないと答えようがないです。
(私は現在、材料の基本データを手元に持っていないので答えられません)
そして、それ以外の化学成分によっても影響を受けてきます。
また、調質条件でも材料強度は変わってきます。
↓少し調べて出てきたのですが、他所の会社の製品のページです。あくまで参考です

http://www.tokkin.co.jp/materials/special_steel/carbon_steel

規格内でも炭素量が下側によっているのか上側になっているのかでも材料の強度特性は変わってきます。
また熱処理条件でもγ化温度が何度でどれくらいの時間を保持したのか、冷却に水を使うのか油を使うのかそれらの温度は何度なのか、
もっと言うと水や油内での材料の姿勢が材料特性に影響することもあります。

焼戻し条件でも変わってきて、温度と時間が重要になってきます。

それと材料のサイズによって同じ熱処理をしても材料強度は影響を受けます。
大きな材料になる程、加熱冷却の速度が十分に確保できなくなり、調質工程を行ったが表面しか効果がない等の現象が出てきます。
サイズを考えて熱処理条件を決定するのは重要なことになってきます。
大きなものを熱処理する時には、SC材の規格にはないバナジウムを少量添加することもあります。

熱処理をする側は熱処理条件による強度の変化のデータは持っていると思いますが、ネットなどで丹念に自分で調べるしかないように思います。
ロックウェル硬さとのことですが、便覧になったJISの巻末に引っ張り強度や他の硬さ試験からの換算表がついていたように記憶しています。

炭素鋼(調質鋼)の場合、SC材でしたらまず炭素量が判らないと答えようがないです。
(私は現在、材料の基本データを手元に持っていないので答えられません)
そして、それ以外の化学成分によっても影響を受けてきます。
また、調質条件でも材料強度は変わってきます。
↓少し調べて出てきたのですが、他所の会社の製品のページです。あくまで参考です

http://www.tokkin.co.jp/materials/special_steel/carbon_steel

規格内でも炭素量が下側によっているのか上側になっているのかでも材料の強度特性は変わってきます...続きを読む

Q太陽光発電の蓄電池問題を水素吸蔵合金が解決する! 水素吸蔵合金は容量の1000倍の水素を蓄積出来る

太陽光発電の蓄電池問題を水素吸蔵合金が解決する!

水素吸蔵合金は容量の1000倍の水素を蓄積出来るらしいです。

トヨタのミライの蓄容量と効率はどのくらい上ですか?

あと従来の太陽光発電から電気を蓄積するパナソニック?の蓄電池が世界ナンバーワン効率って言ってた気がしますがこれもこの清水建設が開発した水素吸蔵合金に比べるとどれくらいの倍率になってますか?

清水建設が開発して製造元はどこに発注してるとか分かりますか?

これからは水素ビル、水素シティの時代ですね!

Aベストアンサー

ここ「その他(学問・教育)」で聞く内容か?
お前の質問は常にカテ違いだが、私は過去の質問で、それについて「Gooのアプリ」を使わずにスマホから↓に行けるか聞いている。

【カテゴリー一覧】
https://oshiete.goo.ne.jp/category/list/

それに対して、お前は「アプリの方が質問が楽」だと言っている。
(しかし、私が聞いているのは「可能か否か」であって、お前が楽かどうかではない)




>太陽光発電の蓄電池問題を水素吸蔵合金が解決する!

水素=電力ではないと思うが。

お前が言っていることは、以下の事か?

現在の蓄電池は効率が悪い。(それが自然エネルギーのネックになっている)
その電力で水素を作って水素吸蔵合金に貯めておけば問題は解決する。



>水素吸蔵合金は容量の1000倍の水素を蓄積出来るらしいです。

「容量」の意味が不明。
(言っておくが「体積」と「容量」は全く違う意味だぞ)

出来るというソースを要求する。
「~らしい」という推測や願望による論理を考察させるな。



>トヨタのミライの蓄容量と効率はどのくらい上ですか?

トヨタの「ミライ」とは、車の事か?
自分がたまたま知った知識=世間の常識 と思うな。

そもそも、何の蓄容量と効率と比較しているんだ?



>あと従来の太陽光発電から電気を蓄積するパナソニック?の蓄電池が世界ナンバーワン効率って言ってた気がしますがこれもこの清水建設が開発した水素吸蔵合金に比べるとどれくらいの倍率になってますか?

水素と電力の容量を比較することに意味があるのか?

この場合、問題は「その水素でどれだけの発電ができるか」であり、それは発電システムを無視しては語れないと思うが。


それから、お前の文章は話の順序がおかしい。
(まず最初に「清水建設が水素吸蔵合金を開発した」という「事実」を話せ)

それに、お前は「清水建設の水素吸蔵合金」について何の情報も出していないんだが、そもそも製品化されているのか?



>清水建設が開発して製造元はどこに発注してるとか分かりますか?

製造しているというソースを要求する。
開発=製品(販売&実用化)ではないぞ。

ここ「その他(学問・教育)」で聞く内容か?
お前の質問は常にカテ違いだが、私は過去の質問で、それについて「Gooのアプリ」を使わずにスマホから↓に行けるか聞いている。

【カテゴリー一覧】
https://oshiete.goo.ne.jp/category/list/

それに対して、お前は「アプリの方が質問が楽」だと言っている。
(しかし、私が聞いているのは「可能か否か」であって、お前が楽かどうかではない)




>太陽光発電の蓄電池問題を水素吸蔵合金が解決する!

水素=電力ではないと思うが。

お前が言っていることは、以下...続きを読む

Q金属の硬度 

この前、刃物の硬度試験をして貰ったのですが、HRC硬度(ロックウェル硬度)は知っているのですが、HV硬度の欄にしるしが付いていて『HV748』と表示されていました。
これはHRC硬度に変換するといくつ位の硬さになるのでしょうか?
また、HRC硬度は一番上がダイヤモンドの『100』ですよね?
HV硬度の一番上は?
その他にも硬度を表す表示はあるのでしょうか?
超鋼、チタン、タングステン等の硬度も知りたいのですが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここに換算表がありますが・・・

http://www.showatool.com/en/pdf/p157.pdf

Q850gの□%は、1.36kgである。 □に入る数字は何?

850gの□%は、1.36kgである。
□に入る数字は何?

Aベストアンサー

1.36Kgの60%は850gです
850gの□%は1.36Kgです、□の中が60%では上の表現と食い違います、1.36Kgのほうが大きいので100%以上は確定済です。
理解能力が大切ですね。
%=100に対する割合、倍数=基本の何倍か、指数=基本を1または100とした場合の複数の数値の値(基本として倍数になるが単位はなし)。
通常はそれぞれに応じて適当な表現が使われます。

Q水の硬度について

 水道水の水質基準等で表されている、硬度は全硬度なのでしょうか??カルシウム硬度なのでしょうか??
教えてください

Aベストアンサー

硬度は全硬度だと思います

計算の方法が載っていましたよ

参考URL:http://www.imaginet.ne.jp/~tambe/coffee/Hardness.html

QA工場での生産が40%.B工場での生産が60%とするとき、不合格の製品がA工場で1%、B工場で2%出

A工場での生産が40%.B工場での生産が60%とするとき、不合格の製品がA工場で1%、B工場で2%出るものとする。
不合格の製品のうちA工場で生産したものである確率を求めよ

これの答えがなくてこまってます!
助けてください!

Aベストアンサー

「A工場での生産が40%.B工場での生産が60%」というのは、たとえば、
A工場で400個作った。
B工場で600個作った。
という意味。
A工場の不合格製品⇒400個の1%=400個×0.01=4個
B工場の不合格製品⇒600個の2%=600個×0.02=12個
不合格品の合計⇒4個+12個=16個
A工場の不合格製品の確率=4個 / 16個=0.25
つまり 25%。

Q硬度の換算計算式

悩んでます。教えてください。鋼材の硬度測定をしました。硬度単位は普通はHv、Hs、等なのですが、HL(リーブ硬度)で測定してしまいました。HLをHvに換算する計算式をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

例えば
http://www.fujimfg.co.jp/benri/hard.htm

しかし、そもそも測定原理が違うので、換算は単純ではありません。
なお「硬度」よりも「硬さ」で検索したほうが良いと思います。

Q消費税1%上がるごとに税収は2兆円増えるそうです。 逆に言うと消費税が8%から10%になると国民の

消費税1%上がるごとに税収は2兆円増えるそうです。

逆に言うと消費税が8%から10%になると国民の負担は4兆円増えると言うことです。

日本の総人口は1億2681万人ですので一人当たり年間3154円の負担になります。

現在の日本人は所得がない人が5割いるので大変な負担増と言えます。

専業主婦で子供1人の家庭では旦那さんの負担は年間9462円です。

これで景気が良くなると思いますか?

消費税10%になると景気が良くなるという理屈を説明してください。

Aベストアンサー

消費税が上がって景気が良くなることはありません。
最初に3%にした時は大きな所得税減税があったのですが、そんな知恵も自民党にはないようです。


人気Q&Aランキング