今朝から、呼吸をしてもし足りないような感覚があり
大きく深呼吸しても、空気が足りないような変な感覚があり
ます。

朝は左の胸あたりがきりきりしていました。心臓なのか肺なのか
分かりません。たまたま別の病気で1週間ほどまえにレントゲンや
心電図の検査をしましたが、別に異常はありません。

これは精神的なものからきているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足にたいして



NO1の続きです。
私が貴方の主治医の内科医であったら、内科医の見地で検索をして異常が見られなければ、心療内科あるいは精神科のコンサルトを受けると思います。
更年期症状(ホルモンバランスが取れていない状況)でも軽い鬱を呈する事がありますし、いわゆる『仮面鬱』であれば本人の精神状況は全く変わらず(少なくとも本人は全く自覚せず)体の不調のみが表に現れる事があるからです。こういったことは今まで検査を受けた主治医の先生が一番よくわかっていることなのでよくご相談なさってくださいね。
    • good
    • 0

肺などの呼吸器からの場合と、ストレスなど精神的な者が原因となる場合があると思います。


先ずは、内科で診察を受けて、異状がなかったら心療内科に行かれたらよろしいと思います。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.hosp.go.jp/~aono/text/%8C%92%8DN%8Du% …
    • good
    • 0

空気を吸っても吸い足りないような気・・。


過呼吸かな?
でもこれは、痛みはともわないと、
思いますので・・・。
やはり、お医者さんに言ったほうが
いいと思いますよ。^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過呼吸のようなそうでないような・・・。

お医者さんに行くのが一番ですよね。
有難うございました

お礼日時:2001/10/19 22:12

あなたの既往(今までの病歴など)


パーソナルデータ(性別、年齢など)
そういったものと各種検査データを総合して医師は診断をします。場合によっては鑑別診断にとどめ薬剤の効果をみて「治療的診断」を下すこともあります。結局は診察を受けられるしかありません。

そういったことを全て含みおいてくださった上でお話すると、精神的な要因でそういった感覚にとらわれることもあります(一部の鬱病や過換気症などもろもろ、心療内科の範疇に属します)。十分に主治医にご相談なさってください。

この回答への補足

年齢は27歳、既往歴は幼少の頃の慢性腎炎、しかし完治して
います。あと、25歳で卵巣腫瘍摘出、来月も再発した卵巣腫瘍
を摘出します。

うつ病ではないと思います。何科にかかるといいのでしょうか。

補足日時:2001/10/19 22:09
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下痢が2ヶ月止まらなくて、消化器科を受診しました。腹部エコー、尿検査、心電図、腹部レントゲンを撮りま

下痢が2ヶ月止まらなくて、消化器科を受診しました。腹部エコー、尿検査、心電図、腹部レントゲンを撮りましたが異常はなく腸炎との事でした。腸炎だとすれば下痢止めは出されないそうです。本当に腸炎か怪しいです。大腸カメラ受けるべきでしょうか?

Aベストアンサー

下痢が2ヶ月と言うことは、慢性下痢の可能性が
ストレスや緊張、不安などによる精神的な影響や、
疲れや睡眠不足などが原因となっている可能性があります。
腸そのものに異常はないのですが、ストレスや緊張によって慢性的に下痢を繰り返してしまうタイプは、慢性下痢の約70%を占めるそうです。
お心当たりありませんか?

心当たりが無ければ病気が原因の可能性も。
でしたら、大腸カメラ 他も必要かも
http://www.skincare-univ.com/article/009185/

Qレントゲン・CT異常なし、でも胸痛と呼吸の苦しさが治りません。何の病気でしょう?

夫のことで困っています。
以前、胸が痛いと言い、深呼吸すると苦しいというので病院に行ったところ、レントゲンを撮りましたが異常なし、肋間神経痛と診断されました。

1~2週間で痛みは引いた(特に何もせず。痛み止めもなし)のですが、ここ数日、また痛みがひどいようです。今回も肋間神経痛かと思い数日放置していたのですが、日に日に痛みが増しているようです。

胸痛と息苦しさがひどいようなので、昨日もう一度病院に行かせました。
(私自身、何度も気胸をやっていて、症状が似ていたため)
結果、やはりレントゲンも異常なし、念のためCTで造影検査もしましたが異常なしとの診断でした。結局、痛み止めもなく、まだ痛みがひどくなっているようです。

肋間神経痛は、痛みはあるものの特定できる原因が見つからないときの診断とも聞いているので、もしかしたら他の何か大きな病気ではないかと心配です。

これ以上の検査というと、尿、血液くらいしかないかと思うのですが、なにか「この病気では?」「この検査を受けてみたら」などアドバイスお願いします。症状は以下の通りです。
 
 ・中心からやや左の肺(?)あたりが痛い。
 ・うつぶせ・あおむけになって寝ると苦しく、横を向いたほうがいくらか楽。
 ・座っていても、前かがみになったり極端に反ると痛い。
 ・今まで平気だった仕事(デスクワーク中心)がしんどい。
 ・お風呂(湯船はとくに)に入ると苦しい。
 ・上記の苦しい姿勢をとってしまったときに長く咳き込む。
 ・睡眠中、むせたり体がいつもよりもおおきくビクつく。
 ・タバコや食事で苦しいことはない。食欲もある。

夫のことで困っています。
以前、胸が痛いと言い、深呼吸すると苦しいというので病院に行ったところ、レントゲンを撮りましたが異常なし、肋間神経痛と診断されました。

1~2週間で痛みは引いた(特に何もせず。痛み止めもなし)のですが、ここ数日、また痛みがひどいようです。今回も肋間神経痛かと思い数日放置していたのですが、日に日に痛みが増しているようです。

胸痛と息苦しさがひどいようなので、昨日もう一度病院に行かせました。
(私自身、何度も気胸をやっていて、症状が似ていたため)
...続きを読む

Aベストアンサー

可能性としては、1.心臓、2.整形外科的な問題(筋肉)3,心因性、といった所でしょうか。
やはり怖いのは心臓(狭心症など)ですから、心臓の検査を受けておいた方がよいかと思います。今まで、心電図は行ってませんか?採血、安静時の心電図、心エコー、負荷心電図、24時間心電図などいろいろありますが、何を行うかは、担当医の指示に従って下さい。病院によって、内科と大きなくくりになっている所もありますが、循環器専門の先生と指定すれば、診察は受けられると思います。
ある特定の姿勢で症状を自覚されるのであれば、整形的なものも考えられます。レントゲンも撮影条件が、骨を撮るときと肺やを撮るときでは変わってきますので、整形外科未受診でしたら、受診しても良いかと思います。
いずれにしても、総合病院の方がいいでしょうね。

Q肺のレントゲン写真

検診を受けました 異常は無かったのですが肺のレントゲンをみて医師に
肺が汚れている?綺麗ではないといわれました

喫煙者ではありません

どうしてこういう状態になるのか教えてください

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
「異常はないけれど肺が汚れている」どういう意味でしょうね?私にもわかりません。
レントゲンの読影は正常と比較して違いがあるか・ないかで行います。
なので、何か影があれば原則として異常です。

よく過去の肺炎、軽い結核などの古い炎症の跡が、楔状や線状の影になることがあります。(自覚がなくても影がある方は結構います。)
この変化は痕跡であり、病的な意義はほとんどありません。
こういったものを今回の検診では異常として指摘せずに、「病的な異常ではないけど、こういった古い変化はあるよ」という意図で説明されたのかもしれないですね。

「明らかな異常がある」と説明されたのでなければ心配は要らないと思いますよ。
もし機会があれば、何の影か、生活面で何を気を付けたらいいかを指導された先生に伺ってみてください。

ちなみにタバコ、汚い空気、排気ガスなどによる汚れそのものはレントゲンにはうつりません。
肺気腫などの病気になった場合には変化として現れることはあります。

Q胸部レントゲンで肺に影

先日、胸痛がするのと、咳がでることから、胸部レントゲンを撮りました。
昨日結果が出て、肺の肺門部のあたりに影があるので、CTを撮るように言われました。
癌かもしれないし、リンパ節かもしれなしい、レントゲンじゃ影がなんだかはわからない・・・と言われ
不安で仕方ないです。
肺門部の癌の場合、ほとんどが喫煙に関係すると
いうことなのですが、
私は喫煙はしません。受動喫煙もないです。
3ヶ月前にも胸部レントゲンを撮りましたが、そのときには何の指摘もされませんでした。
最近した血液検査も炎症反応なしで、血沈とか白血球とか
何も問題を指摘されたこともないです。
私のような場合、どんなことが考えられますか?

最近、シェーグレン症候群の疑いで膠原病科にかかり、こちらも検査結果待ちです。
それと関係することもあるのでしょうか?

どんなことでも構いませんので、お教えください。

Aベストアンサー

知らない間に結核になってなおっていたりした場合にも影は出ますよ。何でもないといいですね。

Q肺レントゲン検査について

先日健康診断の肺レントゲン直接撮影で、右肺に石灰化かbone islandと診断され、6ヶ月後に再撮影となりました。
医師の説明も何もなく、石灰化といわれてもさっぱりわかりません。
お医者様か、同じような診断を受けた方がいらっしゃるのなら、返事お願いいたします。

Aベストアンサー

健康診断の胸部レントゲン写真は一方向からしか撮影しないので、ちょうど骨と重なった部分は、肺の中の病変か骨の病変か区別がつかないことがあります。

明らかな陰影があリ、その濃度が高いために石灰化が疑われるものの健診の写真では肺だか骨だかわからない。しかしいずれにしても活動性のある病変とは思えないから、半年間経過を見ようというわけです。(肺の石灰化はほうっておいてもかまわないし、肋骨の骨島(bone island)は病的意義がほとんど無い)

肺か骨かの鑑別は、2方向から撮影する(濃度が薄いと難しい、石灰化ならわかるでしょう)か、CTを撮ればすぐわかります。

ご心配なら、何年か前の健診のフィルムを取り寄せて比較をしてもらい、変化が無いことを確認してもらえばよいと思います。
今回が初めての健診で、どうしても不安なら再撮影までの期間を2~3ヶ月に短縮するしかないかな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報