面白いミステリーが読みたいのですが、なかなかこれだ!と言うものに巡り合いません。
面白いミステリーをご存知の方がいればぜひ教えて下さい。

切ない話が好きで、猟奇的なものは嫌いです。
出来れば日本の作家が書いたものを読みたいです。
好きな作家は恩田陸、加納朋子、北村薫、宮部みゆき、乙一(切ない話のみ)などなど。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

説明不要の人気作家もので



伊坂幸太郎 『重力ピエロ』
      『アヒルと鴨のコインロッカー』

本多孝好  『MOMENT』

柳原慧   『パーフェクト・プラン』

島田荘司  『透明人間の納屋』
        ↑特にこれをおすすめします。
謎がある、ストーリーの着地点の意外性、…せつないというか…最後は泣きながら読みました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

伊坂幸太郎!この人の本は面白いですね!
でも「アヒルと鴨のコインロッカー」は読んだことがありません。読んでみますね。

本多孝好、島田荘司も聞いたことはありますが、読んだことがありません。早速探してみます。

柳原慧は初めて知りました!知らなかった作家を知るのはほんとに嬉しいです。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 10:06

こんにちは<(_ _)>



切ないミステリー・・・私のお勧めは
○貴志祐介 『青の炎』
○宮部みゆき 『クロスファイア』
○赤川次郎 『三毛猫ホームズの推理』
です。どれも有名な作品なのでお読みになったことあるかもしれませんが・・・。

また、切なさはあまりないのですが、綾辻行人の“館シリーズ”本格ミステリーとしてとても面白いのでお勧めですよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三毛猫ホームズは読んだことがありません。
綾辻行人も試してみますね!
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/04 11:10

こんばんは。



ここまでに推薦されていない作家さんで、

 『 花の下にて春死なむ 』 北森 鴻

 『 いまひとたびの 』 志水辰夫

をお薦めしてみたいです。

北森鴻さんは短編の名手です。この連作短編集は
KoL418さんがお好きな作家さんたちと雰囲気が
似ていますね。私も、恩田陸さん、加納朋子さん、
北村薫さん、宮部みゆきさん、乙一さん、大好きです。
とくにみなさんの初期の作品たちは、ほんとに
愛おしいくらい良い作品ばかりですものね。

志水辰夫さんのこの作品は、涙無しには読めない
珠玉の短編集です。厳密にはミステリの範疇では
ないのかもしれませんが、とにかく、切ないです。
外出先で読んだのですが、人目もはばからず、
おいおい泣いてしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北森鴻、父が大好きです。私も骨董屋の女性の話を読みました。(タイトル不明)でも「花の下~」は読んだことがないと思います。
志水辰夫、紹介文だけで読みたくなってきました!
ありがとうございます!

お礼日時:2005/08/04 11:08

東野圭吾さんの文庫化された物はほとんど読みましたが、今のところ(私には)はずれがありません。


ただ、どちらかというと短編はユーモラスな物が多いので、切ない話がよろしければ長編の「白夜行」がお勧めです。切ないです!
他に「昔僕の死んだ家」「分身」なども《切なさ》お勧めです。
乃南アサさんは、短編集でも「花盗人」「悪魔の羽」などでしたら、女性読者には切ないと思うのですがいかがでしょう・・。
実は私が最近これだ!と思ったミステリーは「不安な童話」なので・・もう読まれてますよね(笑)?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東野圭吾の作品も面白いですね!ありがとうございます!

お礼日時:2005/08/04 11:05

加納朋子さん、北村薫さんがお好きとのことなので、日常の謎系のミステリで、坂木司さんの引きこもり探偵シリーズ『青空の卵』(ほか『仔羊の巣』『動物園の鳥』)、同じく坂木さんの、クリーニング屋さんが舞台になっているミステリ『切れない糸』など如何でしょう?



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488012 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

坂木司、多分「青空の卵」だけ読んだことがあります。探してみますね!
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/04 11:03

有栖川有栖はお読みになっているでしょうか?


特に江神シリーズの『月光ゲーム』『孤島パズル』『双頭の悪魔』の三作と、『幽霊刑事』をお勧めします。

あと、加納朋子さんや北村薫さんがお好きでしたら、米澤穂信さんの作品などいかがでしょう。
『氷菓』『愚者のエンドロール』『春季限定いちごタルト事件』などが出ています。

そしてそれとは全然関係なく(笑)自分の好みでお勧めしたいのが倉知淳。この人の作品は、探偵役がどれも何処か飄々とした感じなのが好きです。
代表的なのは猫丸先輩のシリーズ『日曜の夜は出たくない』『過ぎ行く風はみどり色』『猫丸先輩の推測』など。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有栖川有栖、なんとなくグロイイメージがあるのですが・・・そうでもなさそうなのを読んでみます。

米澤穂信、はじめて聞く名前です。作品の題名からしてなんだか面白そうです!

倉知淳もはじめて聞く名前です。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/04 11:02

私のお勧めは東野圭吾さんです。



東野さんの小説はジャンルもいろいろ、長編短編もいろいろなのですが、私のお勧めは短編です!
ミステリーのお約束を破った「名探偵の掟」が、現在一番のヒットです。はじめの内は(こんなのアリ?!)って思ったけど、読み始めたら止まらなくて…。
あとミステリーというよりはブラックユーモア?なのですが、「怪笑小説」「毒笑小説」もお勧めですよ。

ゼヒゼヒ読んでみて下さい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東野圭吾、読んだことがあるのは長編のみです。
短編も読んでみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 10:03

乃南アサさんの本がお勧めです。


短編ではなくて、えっこんなに太い本読めるかしら・・・と思う程の長編がおすすめです。


詳しい題を忘れてしまいあいまいですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは多分、「凍える牙」などの音道貴子シリーズでは??と私は思いました。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 10:02

こんにちは。



最近読んだ中で、一番面白かったのは雫井脩介さんの「犯人に告ぐ」ですね。
「切ない」というのとは違いますが、ラストには泣いてしまいました。
ただし、雫井さんの他の作品はあまり気に入りませんでした。

あとはミステリーというよりは、サスペンス(謎解きもある)に近いのですが、
横山秀夫さんの作品は、おおむね好きです。
なかでも感動した作品と言えば、「クライマーズ・ハイ」が一番ですね。

これもミステリーとは違いますが、福井晴敏さん「終戦のローレライ」は
2回ぐらい泣いてしまいました。
長いですし、若干子供じみてはいますが、読ませる作品です。

因みに、自分で思うに私は「感動屋さん」だと思います。
宮部みゆきさんの「火車」読まれましたか?私はあれで泣いたクチです。
ですから、少し割り引いて読んで下さい(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

雫井脩介、初めて知りました。
知らない作家を知るのはすごく嬉しいことです!
早速探してみます!

横山秀夫も面白いですね!好きな作家に上げればよかったかもしれない・・・(^^;)

福井晴敏は「亡国のイージス」が映画化されましたね~「川の深さは」を読んだことがあります。
「終戦のローラレイ」にも挑戦してみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 10:00

映画でもやってますが、京極夏彦さんはどうでしょうか?



私は特に「魍魎の筺」が好きです。

うんちくが長いですが、読み始めるとはまります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

京極夏彦、あのうんちくが私は好きです(笑)
どの本だったか忘れましたが、「時間と空間の概念」についてのうんちくがあって。
しばらくどういうことだろう・・・とずっと考えてました。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 09:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作家の乙一さんについてです。

乙一さんの書いている本の中で、俗に「白乙一」と呼ばれている作品のタイトルを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下記の参考URLが参考になると思います。
具体的には、
『失はれる物語』
『君にしか聞こえない』
『さみしさの周波数』
『暗いところで待ち合わせ』
『失踪HOLIDAY』
などのようです。

参考URL:http://myshop.7andy.jp/myshop/yukiichigo?shelf_id=08

Q作家もタイトルもわからないミステリー

イギリスが舞台で、違法に死体を解剖しているのがばれそうになり、死体を煙突に隠したのに
それが消えていた・・・という話と平行してもうひとつのストーリーが展開するような内容

昨年の夏に買った雑誌(男性向けのPCの特集なんかしてるもの。これもタイトル忘れて(涙))
のコーナーで紹介されていました

女性作家でタイトルが文章になっているものでした(「ごらんいただきました」みたいな)
死体解剖の話なのを象徴するような言葉だったんですけど・・・・

コーナーを書いている人は「BL小説」みたいに書いてましたが、作家さんはそうではありません
当時検索したときは修道院物の女の子の話が電子書籍で売っていたように思うのですが・・

結局購入しなかったのですが、急に「あれ?なんだっけ」と思ったら気になって仕方ありません

どなたかご存知の方 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に作品を読んでいないので自信ナシですが、
皆川博子さんの『聞かせていただき光栄です』ではないかと思います。
<参考>
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201110200166.html

Q恋愛やミステリーものではない小説ばかりを書いている作家

なんでもない日常やそういう人格だからこそ見える世界、みたいなものを書いている作家さんを探しています。学生モノは苦手なのでそれ以外でお願いします。

Aベストアンサー

「ぶたぶたシリーズ」(矢崎在美)をおすすめします。ぶたのぬいぐるみの姿をしているおっさんがちらちらと現れては、ふつうの生活をしている人たちに少しだけ影響を与えていく、というシリーズです。
いろいろな出版社から出ていたりしますが、わりとどこから読んでも大丈夫なつくりになっています。私は光文社文庫から出ているシリーズが好きです。最初に読むなら「ぶたぶたの食卓」(光文社文庫)がおすすめです。

Q内田康夫、西村京太郎以外のお勧め旅情ミステリー作家は?

ミステリーものではトラベル関係が好きで、
浅見光彦の内田康夫、十津川警部の西村京太郎を
愛読してきました。しかしながら、作品数には限界があり、上記は読破してしまい、次に木谷 恭介もほぼ読んでしまいました。
比較的新しい作家で、いまだに定期的に発行がある旅情ミステリー作家でお勧めの方いましたら、ぜひご紹介下さい。
ちなみに山村美紗や赤川次郎のようなミステリーはあまり好きじゃないです。あくまでもトラベル関係で
古くない人でお願いします。

Aベストアンサー

木谷恭介さんはいかがですか?

参考URL:http://ryousyo.hp.infoseek.co.jp/kitani.html

Q基本ミステリー作家で読みやすく(余談など少なく展開も早い)脚本が面白い

基本ミステリー作家で読みやすく(余談など少なく展開も早い)脚本が面白い作家を探しています。
山田悠介さんと東野圭吾さんの作品を何冊か読みました。個人的感想ですが、

山田悠介…長所→とても読みやすく展開も速く飽きさせない
     短所→現実離れしすぎ。結末がハッピーでないものが多い。
東野圭吾…長所→脚本がしっかりしてるし内容も面白い。
     短所→やや余談的なものも多く読みにくい。

私的な意見で申し訳ございません。
これらのいいとこ取りした作者を探してます。。。
(列車ミステリー・トリック殺人以外でお願いします)

Aベストアンサー

面白いかどうかは好みにもよると思うので自信ナシですが、
読みやすいという意味でなら、
今野敏(こんの びん)氏の小説はわりと読みやすい方だと思います。
有名なのは「隠蔽捜査」「安積班シリーズ」「STシリーズ」など。
個人的には「触発」「とせい」「武打星」なんかが好きです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報