お恥ずかしい質問ですが、氏神様にお参りなさいと言われましたが、氏神様が分かりません。どなたか、ご説明お願いします。また、どこにあるのか?参り方もご教授ください。自営業で、開業の時に、伏見稲荷に行き、神棚を奉っています。毎年、御札を交換しに、伏見稲荷へ行きますが、一日には神棚に御供えをし、それ以外は、榊・水・塩を毎週交換するだけです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 もちろん、現在普通に「氏神さま」というと地域を守る産土神・鎮守神と同様に使い、本来の意味に必ずしも限定されるわけではないので、その点は柔軟にお考えいただいたらよろしいかと思います。



 天王寺区の東高津宮[ひがしこうづぐう]は、仁徳天皇を主祭神とする神社ですね。

 仁徳天皇は大阪の基礎を造られた帝なので、ある意味、大阪市民全体の氏神といえるかもしれません。なぜなら、『日本書紀』に仁徳天皇は宮室である「難波高津宮[なにわのたかつのみや]」を堀江に造営されます(現在の上町台地と想定される)。

 この由来から貞観8年(866)に仁徳天皇を祭神として神社が創建されます。これが現在の「高津宮[こうづのみや]」です。ただし、現在の社地と「難波高津宮」とは関係はないようです。
http://www.kouzu.or.jp/index.html
 東高津宮は、元は平野社といい、ここも仁徳天皇を祭神とする東高津村に古くから鎮座する神社で、一説にはこの地が「難波高津宮跡」ともいわれていました。明治に現在の社名に改められますが、東高津町の産土神ですね。

 生玉神社というのが、生國魂神社のことであるならば、この神社は大阪全体の守護神とみることもできます。神武天皇が難波津[なにわのつ]にお着きになられた際に、石山崎(現在の大阪城付近)に生島神[いくしまのかみ]・足島神[たるしまのかみ]を祀られ、国土の平安を祈られたのが生國魂神社の始まりであり、各地の生玉神社・国魂神社の大元ともいわれます。

 住んでおられる地域をお守りされているのは東高津宮さんでしょうし、お店の地域をお守りされるのは生國魂さん。お稲荷さんと同様に感謝の念でお参りされたらよろしいでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧に、有難う御座いました。
よく理解できました。分かり易くて、興味深い内容でした。
早速、お参りに行ってきます。

お礼日時:2005/07/28 16:30

ほかの方の回答をよく読んでいないので、かぶる部分もあるかもしれませんが、ご参考ください。



氏神とはその一族の神のことです。
 
現在はそうとは限りませんが、古い時代にいくと、代々同じ場所に住んで、そこで生まれて育って死んでいゆく。というのが当然のことでした。

だから、その一族を守る神様と、その土地を守る神様(鎮守神)、そこで生まれた子供を守る神様(産土神=うぶすなのかみ)が同じだったのです。

ところが、時代が変わると人々の住む場所も変化します。家で子供を生むとは限らなくなってくるし、家族全員が一緒に住むとは限らなくなります。

よって、代々すんできた土地の神様は一族の守り神として氏神となり、現在住んでいる土地の神様が鎮守神、生まれた土地の神が産土神と別々になったのです。

だから、氏神はその家によって違います。厳密にいえば、途中で大きな引越しをしていて実は氏神は遠くにあるかもしれませんし、鎮守神を氏神として祭っているかもしれません。

もし、年上の親族の方に聞くことができるなら、そのほうがいいかもしれません。

私も厳密に言うとこの3柱すべて別の神ですが、氏神は鎮守の神になっています。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ありがとうございました。
分かり易くて、よく理解できました。

お礼日時:2005/07/28 16:18

 氏神は厳密には「氏一族の祖先神・守護神」という意味です。

ですから藤原氏の場合は、祖先神としてアマノコヤネノミコト、守護神としてタケミカヅチノミコトを氏神とします。それらの神を祀った社が奈良の「春日大社」ですから、藤原氏の系統の一族(近衛家・九条家・西園寺家など)の氏神は春日明神となります。同様に源氏は八幡宮。平氏は厳島神社などで、伏見の稲荷大社は秦氏の氏神です。
 しかし、時代が下がるに連れて氏神が、その土地を守る産土[うぶすな]神や鎮守と混同され、同じ意味で用いられるようになりました。ですから普通に「氏神様にお参りなさい」と言われる場合ですが、正しくは「その地域を守る産土神をお参りしなさい」という意味でしょう。
 本当の氏神を知りたいのであれば、自分の出生がどの氏族(藤原・源・平・橘など)に相当するかを調べることから始まりますけどね。

参考URL:http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/ujigamisama/
    • good
    • 5
この回答へのお礼

よく分かりました。有難う御座います。
出生がどの氏族か調べてみます♪

お礼日時:2005/07/27 14:52

そもそも氏神様というものは、その土地をお守りいただいている神様のことです。

つまり原則としてお話をすれば、あなたのお近くの神社ということになります。
例えば「~神社氏子総代会」というような組織があなたの地域でもあるはずです。
なので、若し差し支えなければご近所の皆さまに、この地域の氏神さまを教えてくださいと仰ってはいかがでしょうか。
場合によってはその土地周辺の神様を合祀(集めて祀ること)されていたりしますし、
大体氏神様でしたら、宮司様など関係者の皆さまが居られるはずです。
うちの氏神様もそうです。
どこにあるのかというのはその土地の方しかご存じないはずです。
なお、神道では、伊勢神宮を除いて(伊勢神宮も今はこの方式ですが)、
(1)2回お辞儀をします。
(2)2回拍手します。
(3)最後に1回礼をするのが作法です。
手水の正式な作法もあります。
まず、水は飲まないこと。飲む方が結構居られます。
口をゆすぎ、神様に清浄な状態でお参りするためのものです。
まず、二回三回と手水を使う方が居られますが、これも間違いで、手水の作法は
(1)一回水をひしゃくにとって
(2)左手を洗う
(3)同じように右と手を洗い清め、
(4)左手で水をすくい、口を洗う。まぁ、口につけるということです。
(5)さらに左手を洗い、
(6)最後は次の人のために余った水でひしゃくを洗う。
という程度です。
長いですが、こういうことで、よろしかったですか?
また補足があればお話します。

この回答への補足

有難う御座います。丁寧にご回答頂き、助かりました。
大阪の天王寺区に、住んでいます。家の斜め前が東高津神社で、店の裏側には、生玉神社があります。
どちらに行くべきでしょう?両方に行くべきですか?

補足日時:2005/07/27 14:53
    • good
    • 3

その土地に宿る神様、先祖代々を見守ってくれている神様、ということだと思います。

ですからご自宅に近い神社に行けばいいのでは。近所の方に聞いてみてはどうでしょう。
本当は初詣やお宮参りも氏神様に行くべきなんですよね。つい大きな有名どころに行ってしまいますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね!近くの神様がいらっしゃるのに、失礼な事をしていました(反省)大阪の文教区に住んでるので、お寺や、神社はいっぱいあります。
ご近所さんに聞いて見ましたが、分からないです。
ご年配の方で、古くから商売されてる方に、聞いてみたら
宗教を勧められました。なかなか大変です(辛い)
一番近い神社へお参りに行ってきます。
有難う御座いました。

お礼日時:2005/07/27 15:05

http://www.okos.co.jp/oosaki/knowlege/deities.html
質問者様のルーツが判りませんので、どの神様が質問者様の氏神様なのか判りません。

参考URL:http://www.okos.co.jp/oosaki/knowlege/deities.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。勉強になりました。

お礼日時:2005/07/27 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社へのお賽銭について いつも100~200円を入れるのですが、お賽銭には決まりがあるのでしょうか?

神社へのお賽銭について

いつも100~200円を入れるのですが、お賽銭には決まりがあるのでしょうか?

健康や縁結びなどでもまた違ってきますか?

分かる方教えてください
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

よく言われるのは 5円。「ご縁がありますように」という言葉にかけています

で、その5円にさらに、他の言葉をかけあわせて金額を作れるようになっています。
まあ気まりじゃないですが、「縁起担ぎ」ですね。

気にしないなら好きな額でいいと思います

https://nanapi.com/ja/112125

それから、お願い事をするときは、きちんと住所と名前を名乗って
日頃の感謝を表してから
お願いごとを言う、です。
ただ、他力本願にただ、お願いをいうのではなくて
自分がこれを頑張ります、っていう誓いをする。
人事で届かない運や災いとかその辺で助力してもらう感じでしょうね

どこかで昔読んだのは、願い事だけぱっと言って帰るのは
ピンポンダッシュみたいなものだとかなんとか。
うまいこというな、と。

もちろん鳥居に一礼、参道は真ん中を歩かないなど細かい決まり事はほかにもありますね

Q 学問の神様として祀られている菅原道真は、いつ頃から学問の神様として祀

 学問の神様として祀られている菅原道真は、いつ頃から学問の神様として祀られ受験生の参拝の対象となったのでしょうか。

 かつては、京の重職を左遷されたことで怨霊となり、事ある毎に災害や異変が起きると京都の人々は、菅原道真の怨霊だと恐れていましたが、怨霊封じで神社を建立し、英霊とすることで怨霊封じから学問の神様という流れになってきたとも思いますがどうでしょうか。

 分かる方おりましたらご回答ください。

Aベストアンサー

学問の神様と広く言われるようになったのは江戸時代からです。
徳川綱吉が湯島に学問所を作って以来、学問所の近くに元々からあった湯島天神が、学者さんや学生さんに信仰されるようになりました。その後、寺子屋でも祀られて庶民にまで浸透しました。

ちなみに湯島の学問所では、公式には孔子を祀っていました。

Q神社のお賽銭について

神社のお賽銭では金額や硬貨の枚数によって色んな縁起がかけられていますよね。

私は数年前に一度だけ500円玉でお賽銭を投げたことがあり、それからの運気がとても良かったです。
少し不思議な事もあったので、神様がそうしてくれたのかな、なんて思ってしまう始末です..普段はそこまで信仰深い人間ではありません。

しかし、調べてみると500円玉ってお賽銭としてはあまり良い意味で無いことが分かりました。

迷信のようなものなので、500円玉に良い意味がなくても、あまり気にせずこれからも500円玉でよろしいでしょうか。(^_^;

Aベストアンサー

意味付け、というのは重要です。
特に信仰における行事などにおいての物品の選定や
位置、所作、順序などは、すべて意味があり、信仰の根幹にかかわります。

お賽銭も民間信仰の一つです。
質問者様が仰る様に、各賽銭の額には意味付けがなされていますが
言葉遊び、言霊によるものです。
それによって信仰の意義がつけられ、自己暗示によって行動のわずかな部分を変え
結果、良い方向に導こうというのがその本質であると思います。

なので、500円玉でお賽銭をすることがあまり良くない、と思うであれば止めておくべきでしょう。
逆に、自分が500円玉でお賽銭をすることで、結果良くなったという事実を自分の信じるところとし、
その結果を得るために信心に基づいて500円玉でお賽銭をするならば
それもまた正しい行動と言えます。

要は、気の持ちようですね。
なんか難しそうなことを並べたてましたが、結局は自分の気持ち次第です。
どのような言葉遊びや言霊で意味づけられていても
神様に対してお願いするときに、自分の気持ちを表す金額に決まりなどありません。
1万円札を入れて明日が晴れますようにと願っても雨が降ることもあります。
1円玉を入れて世界平和を願ったらその日はちょっと平和だったりするかもしれません。
52円を入れても出会いの一つもない年もあるでしょう。

感謝と自分の信ずるところを以て投げるお賽銭であれば
500円玉でも全く問題なく、神様はぼーっと、願いとちゃりんという音を聞いていると思いますよ。

意味付け、というのは重要です。
特に信仰における行事などにおいての物品の選定や
位置、所作、順序などは、すべて意味があり、信仰の根幹にかかわります。

お賽銭も民間信仰の一つです。
質問者様が仰る様に、各賽銭の額には意味付けがなされていますが
言葉遊び、言霊によるものです。
それによって信仰の意義がつけられ、自己暗示によって行動のわずかな部分を変え
結果、良い方向に導こうというのがその本質であると思います。

なので、500円玉でお賽銭をすることがあまり良くない、と思うであれば止め...続きを読む

Q伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏

伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏
は今でも続いているんでしょうか?それとも滅んだんでしょうか?

Aベストアンサー

大名家は直系の子孫は絶えることが少なくなく、親戚周りから養子が入って血脈を継ぐことで氏族としては繋がっています。
北条氏も狭山藩1万石の大名として幕末まで続き、創価学会の北條浩(4代目会長)などが出ています。
徳川氏は家光の(男系の)血脈は館林藩越智清武で絶えていますが、8代将軍吉宗の血脈として、德川恒孝氏が徳川宗家でしょう。
豊臣氏は氏(うじ)ですから、木下家が豊臣氏であり、足守藩木下家として幕末を迎えます。
血筋としては、真田信繁の3男に秀次の血が入っており、出羽亀田藩の家臣として三次氏を称しています。

Qお寺ではお賽銭に5円玉は使わない?

神社ではお賽銭に5円玉を使うと思うのですが、お寺ではお賽銭に5円玉は使ってはいけないという風にいわれたのですがこれは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
5円玉を使っても特に差し支えは無いと思います。
もっと大きい額のお賽銭のほうが、お寺さんは嬉しいと思いますが。

Q日本の神様とキリスト教の神様は

日本の神様とキリスト教の神様は別物ですよね。

仮に十字軍の時代に日本がすぐ隣に隣接してた国だったとしたら

日本はキリスト教の率いる十字軍に侵攻されてたのでしょうか?

Aベストアンサー

十字軍の時代に日本が隣接していたら、その時代のまえにキリストや12使徒などが熱心に布教してとっくにキリスト教になっていたでしょう。

大陸に近いイギリスもキリスト教ですし、アイスランドもキリスト教です。

Q有名どころの神社には、お賽銭は幾らくらい集まるものなのでしょうか?

有名どころの神社には、お賽銭は幾らくらい集まるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

明治神宮の参拝者数は例年317万人だそうです
仮にこの人数全員がお賽銭を入れたとして一人5円だとしましょうか

3170000 × 5 = 15850000
1585万円ですね
最低でもこの値段は集まると考えていいでしょうね

Q氏神様

氏神様>分家となりましたが、本家の地域(おじいちゃんの家の地域)

産土様>出生した地域(育ちは違うが、生まれた病院の地域、また子供と親では出生地が違うので別々になるのでしょうか?)

鎮守様>現住まいの地域(住民登録住所と別の場合両方関係するのでしょうか?)

以上のように解釈していいのでしょうか?

今までぜんぜん知らなかったので挨拶に行きたいのですが、どんなときにいけばよいのでしょうか?詳しい方教えてください。

また、社務所などがない寂しいところでも神様はいるのでしょうか?挨拶には何を持参すればよいのでしょうか?手を合わせて感謝してくるだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

氏神・産土神・鎮守神の違いは、このページに書いてあります。一般的には、昔は別の神だったが、現在は、ほぼ同じ神とされています。ただし宗派によっては、別の神とされています。
挨拶は、行きたいときにいっても、行事のあるときにいってもどちらでもいいかと思います。
寂しいところでも神様は、います。
持参するものは、お賽銭でもお神酒やお供え物でも気持ちがこもっていれば、なんでもいいかと思います。
いいことを、なされますね。

参考URL:http://www.okos.co.jp/oosaki/knowlege/deities.html

Q初詣のお賽銭額は?

もうすぐ、初詣。 本人の気持ち次第なのは重々承知しているけれど、やっぱり気になるお賽銭。
先日ネットで、「50円以上の銀貨6枚(6倍だったかな)が良い」とかの記事を見つけたものの、プ
リントアウト忘れて、用意もできず。 お賽銭の額は、何が良いのか教えて下さい。 

Aベストアンサー

語呂合わせほどいい加減な迷信もありません。五円だの十五円だの・・。
大体「円」なんていつから最低通貨になったのか、考えてみれば如何に最近のでっち上げかが判ると言うもの。それに三途の川を渡るんじゃあるまいし、六枚だなんて何処からそんな発想を出したのか創作者を小一時間ほど問い詰めたいですね。

中には「これくらいならいいだろう」と思う金額の三割り増しだという人もいます。ちょっと無理する。この方が受け入れられると思います。
神頼みは棚ボタではありませんから、出しっぱなしではだめ。ちょっと無理して「せっかく出したんだから努力しなくちゃ」と思うくらいが一番いいということらしいです。
努力した人にこそ御神徳は得られるということです。

我が家は氏神様への初詣は500円か1000円と決めています。それが私のちょっと無理した金額ですから。

Q【北野天満宮って何の神様ですか?】 なぜ菅原道真は権力争いに敗れて殺されたのにそれがなんで学業の神

【北野天満宮って何の神様ですか?】

なぜ菅原道真は権力争いに敗れて殺されたのにそれがなんで学業の神様なのだろう?

学業優秀なら権力争い(受験戦争)に負けた人間を学業の神様って奉るのはおかしいと思う。

Aベストアンサー

>北野天満宮って何の神様ですか?

学業の神様。

>なんで学業の神様なのだろう?

学業優秀だから

>負けた人間を学業の神様って奉るのはおかしいと思う

権力争いは受験戦争ではないから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報