伝聞の限りでは、わが国に比べて、欧州には「寝たきり」の老人が少な
いのだそうですが、何故でしょうか? わが国に「寝たきり」老人が多い
理由、または所感をお書き頂いても宜しいです。 
また、これから更に急速に高齢化が進んで行く中で、「寝たきり」老人の
比率を増やさないためには、どのような防止策が考えられるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私が以前聞いた話では、欧州では自分でできることは


自分でやらせたり、動けない方もベッドごと動かして
日光浴をさせたりするため、「寝たきり」の方はいないそうです。

日本ではお年寄りの介護は、介護する側が
世話を焼きすぎてしまうため、お年寄りの方が自分でできたものも
だんだんできなくなってしまうということでした。ただ、今は
介護の仕方も変わってきているようです。

蛇足ですが、日本では、例えばお酒が体に良くないと
診断されると、我慢して飲まない方が一般的ですが
欧州では、何と診断されようとも、好きなものは
我慢せずに飲んだり食べたりするようです。

「寝たきり」の方の比率を増やさないためには
動けるうちは自分でできることはしてもらい、
動けなくなってもベッドを動かすことで気分転換を
してもらう、というのはどうでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
残存能力の活用に関する環境と方法との差異が、わが国に「寝たきり」老人を多くするのでしょうか。
元気な人は元気なのですけれど……ネ。

お礼日時:2001/10/20 00:18

 ある雑誌に載ってました。


 欧米は、朝、起こすから。日本は、寝たままにさせるから、いざ起きようとすると、かなり力がいる。普段から起きていれば、力は余りいらない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難う御座いました。
勉強になりました。

お礼日時:2001/10/20 23:26

今勉強中のものです。


欧州には俗に言う「寝たきり」の方はいないです。「寝たきり」は日本独特の言葉なんですねぇ。(欧州で「寝たきり」と言っても「なんですか?それ」と言われてしまいます。)
では何故いないのか。私たちが普段している食べる、歩くなどの動作、日常生活動作(ADL)と言うのですが、ADLが大きいからです。
殆どの方は自分で身の回りのことを行ないます。それはリハビリの一環になっているんですが、少しでも体に残された機能を使うことで「寝たきり」を防いでいるのです。

では何故日本には「寝たきり」が多いのか。
一般に老人自身と周りの環境、介護者に問題があるということが言われます。
介護されることを受け入れられず老人自身が生きる気力を失うとき、
介護者の体力や時間がないとき、又、周りの人間関係が悪いとき、(介護が嫌になってほったらかしにするなど)の時に老人は寝たきりになってしまいます。
そして日本では、介護者が「寝かせきり」にしてしまうことがあると言います。

ではその予防策。今「新ゴールドプラン」というものがあります。
その中に「寝たきりの十か条」というものがあります。
(1)脳卒中と骨折予防 寝たきりゼロへの第一歩
(2)寝たきりは寝かせきりから作られる 過度の安静逆効果
(3)リハビリは早期開始が効果的 始めようベッドの上から訓練を
(4)暮らしの中でのリハビリは 食事と排泄着替えから
(5)朝起きて先ずは着替えて身だしなみ 寝・食分けて生活にメリハリ
(6)「手は出さず目は離さず」が介護の基本 自立の気持を大切に
(7)ベッドから移ろう移そう車椅子 行動広げる機器の活用
(8)手摺りつけ段差を無くし住みやすく アイデア生かした住まいの改善
(9)家庭でも社会でも喜び見つけ みんなで防ごう閉じこもり
(10)進んで利用機能訓練デイサービス 寝たきりなくす人の和地域の輪

これを一気に行なおうとするのではなく、少しずつ行なっていくことで、
「寝たきり」は防げるのではないでしょうか。
なんだか長くなってしまってすみませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。

ただ、教科書の転用とも思える文であり、残念です。不明なところも有ります。
「ADLが大きいからです。」という意味が解りません。
Activities of Daily Living(日常生活動作)が大きいからです。

お礼日時:2001/10/21 00:42

 


  わたしは、医学や医療についてまったくの素人ですので、以下はあくまで想定の答えです。
 
  人間は年齢を取りますと、身体を動かす筋肉も老化して行きます。従って、歩行なども段々困難になって来ます。しかし、困難になるのであって、筋肉が機能しており、大脳の感覚運動系と多分小脳などが連動して機能している「歩行能力」が維持されていれば、毎日少しづつでも歩行していれば、寝たきりにはならないようです。
 
  ところで、高齢者が、病気とか怪我で、長期に寝た状態の生活をしていると、筋肉が段々うまく機能しなくなって、ベッドなどから立ち上がれなくなるということが起こります。そうすると、そうなった人は、自分で歩行できないので、車椅子を使って運動できる人は車椅子を使うようになりますし、そうでない老人は、そのまま寝たきりになります。病院から退院しても、車椅子生活、または寝たきり生活です。
 
  しかし、最近の医学の研究で、一旦病床等に長期間伏して、立ち上がったり歩行できなくなった老人でも、脳の歩行神経機能はまだ有効で、歩行等のための筋肉も弱ってはいるが、まだ有効であるケースが非常に多いと言うことが判明しました。この場合、歩行できないからと言って、車椅子を使ったり、また寝たきり状態にしておくと、まだ有効であった神経機能も劣化して恒久的に機能しなくなり、筋肉も機能しなくなるという結果になり、いわつる「寝たきり」になります。しかし、多くの高齢者は、病床から立ち上がる時、車椅子など使わず、また寝たきりにせず、少しずつ自分で歩く訓練をすると、自分で歩行できるよう弱っていた機能が回復するという臨床データが出たそうです。
 
  つまり、車椅子を使うとか、歩くのは無理だから、寝たままで、という方針が、本来リハビリすれば歩けるようになる高齢者を、回復不能の寝たきり状態にしていたのだということが分かったことになります。
 
  外国(と言っても、高齢者の生存率の高い先進国、つまり、欧米諸国ですが)の場合、ベッドで眠るのが一般的で、何か用事をしようとすると、ベッドから「降りなければ」なりません。歩行できない老人でも、ベッドから降りることはできることが多く、その場合、練習すれば、歩けるようになるのではないかと考えやすいので、ベッドで寝ている老人も、少しづつ歩く練習をする結果、歩行機能の回復が起こっていて、寝たきり老人が少ないのではないかとも想像できます。また欧米人は、自立心が旺盛で、老人で寝たきりになっても、自分で歩きたいという人が多く、自分でも歩行努力をする結果、機能回復する人が多いのだとも思えます。
  
  他方、日本の場合、ベッドを使っている場合も増えていますが、高齢者は、畳の上で、布団に寝ることが多く、布団だと、布団から出ても、単に、畳に転がり出るだけで、ベッドから降りるというような、筋肉を複雑に使った運動を行わない結果、また、日本では、住宅事情等もあり、老人がリハビリのため、動きまわろうとすることを歓迎しない向きがあって、寝たきりになった人に、「無理せずに、横になっていて」というようにして、寝たきりのままの方が扱い易く、また老人にも楽だろうと言う考えで、歩行のリハビリを家族が奨励せず。また高齢者自身も、諦める人が多いというので、寝たきりの人が多いのではないでしょうか。
 
  解決は、一旦、寝たきりになったように思えても、リハビリをすれば、歩行できるようになるという知識の啓蒙普及と、それに沿っての、本人自身への励ましと、医療機関・家族の理解と援助や、また住宅事情の改善だとも思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。

尖足になってしまった人も、歩けるようになるのでしょうか。
だとすれば、素晴らしいことですね。
EPC(=血管新生療法)も凄い技術ですが、アルツハイマー型痴呆症も、ある種のコレステロールにより予防できるようになるそうで、結構なことであると思います。

お礼日時:2001/10/20 00:48

将来的には医学は予防医学へと向かっていくと思われるので,やはり月並みですが,健康増進運動などを行ったり,理学療法士などが率先して,地域での健康指導を行うことによって,


寝たきりの原因となる脳卒中などを予防することによって,寝たきりの方を減らせると思います.

やはりまずは,地域などの単位で個人個人に,そういった基本的な知識を与えることが大事になると思います.

個人的な考えを述べさせていただきました.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
ご意見拝誦致しました。
アルツハイマーも予防できるようになるようですネ。……

お礼日時:2001/10/20 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寝たきり老人の介護の選択肢は?

 実家の祖母-95歳-のことで相談です。祖母は10数年来特別養護老人ホームに入所していましたが身体能力の衰えが進み、父母に聞いた話では、食事が摂れなくなったためここではもう看られずしかし疾患があるわけではなく普通の病院へは入院できないので、点滴などの処置もできる施設-自宅から30キロほどと遠いのですが近隣にはそこしかないということで-を紹介するといわれたそうで、先月末28日に移ったということでした。
 体力がついて回復すれば元のホームに戻れるといわれたそうですが、先日9月23日に私が見舞ったところとてもそのような期待ができそうにない状態でした。もともと意思の疎通はほとんどできない状態でしたが、目は開いていてもこちらの呼びかけに明らかな反応はなく時折眉を動かしたり顔を向けようとする程度ですし、もちろん寝返りなどできません。排泄も見たところ留置カテーテルでの導尿のようで、ベッド脇のパックにはかなり赤っぽい尿が溜まっていました。栄養の摂取も点滴のみだそうです。
 一時間ちょっとようすを見ていましたが日曜日だったからでしょうか、見かけたスタッフは通りがかった人も含めて4人、詰め所らしきところにも誰もいません。一人が洗濯物の片付けに入ってきただけで、ベッド脇に書いてあった体位交換の時刻を30分過ぎても誰も来ませんでした。元のホームのほうがよほど手をかけてもらっていたと思います。一ヶ月で15万円くらいかかるそうですが、祖母自身年金などの収入がなく、父母の経済事情から見てそう何ヶ月も払っていける額ではありません。
 父母は独身寮の管理人の仕事を常駐でしているため短時間家に戻ることは可能なもののつきっきりにはなれませんが、このような祖母の身体状況で自宅介護は可能でしょうか。その場合どの程度の労力が家族に必要になってくるのでしょうか。

 実家の祖母-95歳-のことで相談です。祖母は10数年来特別養護老人ホームに入所していましたが身体能力の衰えが進み、父母に聞いた話では、食事が摂れなくなったためここではもう看られずしかし疾患があるわけではなく普通の病院へは入院できないので、点滴などの処置もできる施設-自宅から30キロほどと遠いのですが近隣にはそこしかないということで-を紹介するといわれたそうで、先月末28日に移ったということでした。
 体力がついて回復すれば元のホームに戻れるといわれたそうですが、先日9月...続きを読む

Aベストアンサー

正直かなりの労力が必要とされるのではないかと予測されます。
また、それに加えて医学的な知識(点滴・留置カテーテルなど)も勉強していかなければならなくなると思われます。

自分が通常 高齢者の介護の ご相談を受けた場合には『介護者は最低2人が交代で お互いを助け合っていかないと大変ですよ』と お話しさせていただいています。

介護者の方も ご飯を食べたり、入浴されたり、のんびりする時間も必要だと思いますので、最低ラインで お2人が必要だと考えます。

また、その施設に苦情処理の部門(看護師長・相談員など)は無いのでしょうか?
お感じになられた事を相談されてみられたらいかがでしょうか?

Q寝たきり老人の口腔ケア

タイトルのとおりなのですが
歯ブラシは使用せず、棒か指にガーゼを
巻きつけてケアをすると聞きました。

1、棒とは実際はどのようなものがよいのでしょうか?
一般的に売られている身近なもので代用できるのでしょうか?
割り箸は細かいくずが出てて危ない気がするし
ストローは柔らかすぎるのきがします。

2、またこのことが乗っている詳しURLなどありましたら
教えて下さい。

Aベストアンサー

私の勤めている特養では、指にガーゼ(イソジンの希釈液を浸したもの)を巻いて行っています。
ので、棒については何が適当なのかよくわからないですが・・・イソジンの希釈液に浸したはぐき用の歯ブラシや舌磨きも使用してます。結構舌って汚れるんですよ。

Q寝たきりの老人への話しかけ方(長文です)

私の祖母は86歳で認知症です。
腰の骨を折ったきり病院で寝たきりの状態となっていますが、話しかけると反応はします。
例えば、「○○だよ。解る?」とか「寒くない?」と問いかけると、入れ歯がないので何を言っているか良く聞き取れないのですが、一生懸命何か言おうとしたり、頷いたりします。

先日お盆の際にお見舞いに行った時に、介護士を今年から始めた従兄弟が来ていました。私がいつも話しかけるときは祖母から30~50cmぐらい離れた距離から、ちょっと大きめの声を出して話しかけています。
ですが、従兄弟が話しかける時は、祖母の耳元に口を寄せて、私と同じぐらいの声の大きさで話しかけていました。
普通の人がやられたら、多分「うるさい!!」って言いたくなりそうな状態だったのですが、祖母の様子を見てても特に変化(嫌そうとか)がなかったので、びっくりはしましたが、取りあえずその場では何も言いませんでした。

別れて家に帰ってきてから、なんか悶々として気になってしまうのですが、30~50cmぐらいの距離から話しかけても反応できる祖母に向かって、耳元で大きな声で話しかけるのって、ちょっと納得がいかないのです。
祖母が自分で上手く意思表示できないので、もし「うるさい」と思ってたら可哀想だな・・・とか色々考えてしまいます。

私は介護の知識は全く無いです。従兄弟は始めたばかりと言っても一応教育(研修?)を受けてる人なので、間違ってるとは思いにくいのですが。。。
祖母の本当の気持ちなんて解らないのは重々承知ですし、耳が遠い/遠くないなんて本人の状態によると思いますが、介護士の方や介護の経験がある方、どのようにお考えになりますか?
従兄弟本人にはちょっと聞きづらかったので、質問させて頂きました。

私の祖母は86歳で認知症です。
腰の骨を折ったきり病院で寝たきりの状態となっていますが、話しかけると反応はします。
例えば、「○○だよ。解る?」とか「寒くない?」と問いかけると、入れ歯がないので何を言っているか良く聞き取れないのですが、一生懸命何か言おうとしたり、頷いたりします。

先日お盆の際にお見舞いに行った時に、介護士を今年から始めた従兄弟が来ていました。私がいつも話しかけるときは祖母から30~50cmぐらい離れた距離から、ちょっと大きめの声を出して話しかけています。
...続きを読む

Aベストアンサー

寝たきりの高齢の方といっても、人それぞれ状態は違いますから、
声かけするときに気をつけることの基本は、
他の皆さんが仰るように、ゆっくり・はっきり・わかりやすい言葉で。。。
などありますけど、お祖母様が30~50cm程度の距離からでも、
聞こえているように思われるのなら、わざわざ耳元で大声を出す必要は、
ないんじゃないかなと思います。
コミュニケーションというのは、言葉と言葉のやりとりだけでなく、
例えば目をみる、表情を見る、唇の動きを見るなど、
他にも色んな方法がありますし、
ちゃんと聞こえているのなら、相手の顔を見て話した方が、
声をかける方も、かけられる方も、嬉しいものだと思います。
お祖母さまが、耳元で話しかけられることを、
うるさいと思っているかどうか、それはわかりません。
意外と、少し離れた距離から話しかけられるよりも、
はっきりと聞こえていることもあるかもしれませんね。
それは、質問者さんたちが、お祖母様に関わる中で、
お祖母様をよーく観察して、気が付いてあげるしかないと思いますよ。
または、病院のスタッフに、様子を聞いてみてもいいんじゃないでしょうか?
何かを話したり、頷いたりするのが大変そうということですが、
YES/NOで答えられる質問で、答えがYESだったら、
手をぎゅっとにぎって!・まばたきを3回して!・鈴を鳴らして!
など何か簡単に答えられる方法を決めたらどうかなと思います。
手や指を動かすことができるのなら、色違いのカードなどで、
はい/いいえ を伝えることもできると思いますし、
50音を書いた表などを使えば、聞き取りづらい単語の文字を、
指差すなどして表現することもできるかと思います。
お祖母様の認知症の程度がわかりませんが、文字を選ぶのが難しそうであれば、
絵が描いてあるカードなどを使うのも1つです。

病院のスタッフの方も、気をつけているかとは思いますが、
寝たきりとのことですので、褥瘡(床ずれ)ができないよう、気をつけてあげて下さい。
私の祖母も寝たきりです。
国外にいるので、なかなかお見舞いにいくということができませんが、
いつも祖母のことを考えていますので、
質問者さんが、お祖母様をご心配されるお気持ち、よくわかります。
お祖母様、お大事になさってくださいね。

寝たきりの高齢の方といっても、人それぞれ状態は違いますから、
声かけするときに気をつけることの基本は、
他の皆さんが仰るように、ゆっくり・はっきり・わかりやすい言葉で。。。
などありますけど、お祖母様が30~50cm程度の距離からでも、
聞こえているように思われるのなら、わざわざ耳元で大声を出す必要は、
ないんじゃないかなと思います。
コミュニケーションというのは、言葉と言葉のやりとりだけでなく、
例えば目をみる、表情を見る、唇の動きを見るなど、
他にも色んな方法がありますし、
...続きを読む

Q施設入所の寝たきり老人の体重管理について

 お世話になります。
 私の祖母が、とある老人施設にお世話になっているのですが、毎日施設に通って、祖母のリハビリをさせている父が、祖母の体重が最近どんどん体重が減っていると言うのです。
 なんでも、以前入所していた施設のころは便が硬かったらしいのですが(父は、自分がリハビリをやりやすいように職員に代わっておむつ交換もしているようです。)、今回の施設に入ったとたん、便の色が茶色から黄色に変化し、泥状便が、毎日続いているというのです。(入所から3ヶ月ほどがたちますがほぼ毎日ということです。)
 私が面会に行ったときも、祖母の元気さが面会するたびにどんどん無くなって表情も消えていっているような気がします。
 父いわく、下剤を相当量投与しているのではないかということですが、施設が、体重管理のために(悪く言えば、元気をなくすために)下剤を投与することはあるのでしょうか。
 現在、体重は、衣服含めて38kgということです。(以前は45kg以上ありました。)
 教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体重管理の為に下剤?
ありえません。
減量目的で下剤は投与しません。
高齢な方は、生活環境の変化にも敏感で、体調の変化も起こりがちです。
食事内容・摂取量の確認も1つですが、新たな疾患の有無についても心配だと思います。
担当医師に相談してみて下さい。
(私的には、家族から相談しないといけないなんて
その施設は、入居者様の観察・健康管理が出来ていないと情けなく感じます)

Q老人保健施設と介護老人保健施設はどう違うの?

「老人保健施設」と看板に書かれている施設は「介護老人保健施設」とは違うのですか?単に「介護」を省略しているだけですか?或いは「介護老人保健施設」としての役割の他に何か役割があるのですか?

Aベストアンサー

元々老人福祉法という法律があって、その後に介護保険法が出来たから、複雑怪奇になってしまっている。

大きく分けると、「介護老人福祉施設」、「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」の3種類がある。

「介護老人保健施設」は介護保険法が出来る前には「老人保健施設」と読んでいた。

だから、昔から「老人保健施設」として運営していて、途中から呼び名がかわったけれど、看板はそのまま・・・、と言う事でしょう。

参考ですが、介護老人福祉施設も、また、以下の様に細分されている。
・・・もう、訳が解らないでしょう??・・

1.認知症対応型生活介護(グループホーム)
2.有料老人ホーム
3.老人福祉施設
・老人デイサービスセンター
・老人短期入所施設
・養護老人ホーム
・特別養護老人ホーム
・軽費老人ホーム
・老人福祉センター
・老人介護支援センター


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報