昨晩、眠れないほど胃のあたりが痛くて、なんだか、
おなかがふくれてきました。
でも、朝しばらくしたらある程度収まったのですが。
1週間ほど前にも同じような症状がありました。
考えられる病名は何でしょうか?
医者に行くべきでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もよくなります。

極度の緊張やストレスのために、
空気を吸い過ぎて、お腹の中にたまった空気のために
苦しくなるのです。
私は昔からで、昔、あまりひどくて医者に行った時、
お腹の下腹部を触診されました。
医者のマッサージによって、グルグル、と音がなり、
ここにガスがたまってるよ、と教えられました。
結局、緊張したりストレスで知らぬ間に吸い込んでいるわけですから、治す方法はなく、とにかくたまったガスを抜くこと。そのためには左右の下腹部を上から下に向かって何度も何度もマッサージします。
ストレッチなどの体操も合わせて、お腹を動かしてやることです。多分、そうしていると、グウーっと
ゲップが出たり、ガスが出たりして楽になるはずです。お試し下さい。
    • good
    • 0

いわゆる膨満感ってやつですかね?


私は食いすぎたときや、体調が悪いときなるときがあります。
で、そんなときは空気抜きのため、炭酸系の飲み物を飲んで強制的にゲッブすることで楽になります。
なるべく炭酸が飛ばないように、口に含まずにそのままゴクゴクいっちゃいましょう。ちょっと辛いですが、出るとスッキリしますので。

でもあんまり続くようなら、病院ですね。
    • good
    • 0

イライラしている時など、よく「腹が膨れる」といいます。


実際そういった時は、気づかぬうちに空気を飲み込んでおり、胃に貯まっていることがよくあります。
貯まった空気はゲップか、おならとして出されます。
胃痛を感じた時に、おなかがふくれてきたのは、そのためかと思います。
慢性胃疾患でも、急性胃炎・胃痙攣などでも自覚症状の一つとして、よくみられます。
やはり、一度消化器科を受診されると良いと思います。
    • good
    • 0

症状が続くなら受診をお勧めします。


病気かも知れませんが、単なる消化管のガスによるものかもしれません。続くなら検査が必要でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q10歳の娘が昨晩11時から朝方7時まで8回ぐらい嘔吐しました。最後の方は胃に何もなく空えずきで苦しそ

10歳の娘が昨晩11時から朝方7時まで8回ぐらい嘔吐しました。最後の方は胃に何もなく空えずきで苦しそうだったので水を少し飲ませて吐かせてました。現在下痢はなく胸やけがして熱が38.5度です。脱水にならないように薄い麦茶を少量づつ与えて夕方5時に固形物の薄くスライスしたリンゴを少量食べさせました。食べるとまだムカムカするようです。胸やけには生姜湯などがいいとネットで書かれていますが嘔吐した後でも大丈夫でしょうか?又、胸やけが治る家庭医療方が有れば教えて下さい。よろしくお願いします。
m(_ _)m

Aベストアンサー

直ぐに病院に行くことをオススメします。熱中症とかでよくある症状のようにも思えますが、激しい嘔吐と発熱だと食中毒もあり得ます。どちらも放置して治るようなものでもないので、お医者さんに診てもらいましょう。意外と点滴で症状が治まったりもします。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q昨晩の9日に家族で焼肉に行きました。食べ終わりは18時頃です。今日1朝、ランニングに行ったところ胃に

昨晩の9日に家族で焼肉に行きました。食べ終わりは18時頃です。今日1朝、ランニングに行ったところ胃に不快感、酸が上がってきました。何とか帰宅しトイレに駆け込んだのですが、嘔吐物が墨のように真っ黒で…(汚くてすみません)下痢はしていません。


お肉は時間が経ち嘔吐すると、黒くなるものなのでしょうか?びっくりしてしまいました。

Aベストアンサー

もしかしたら消化管出血かもしれません。
胃からの出血などで、血液が胃酸で消化されると真っ黒な嘔吐物があります。下痢はないようですが、便も黒いとかはありませんか?
早めに内視鏡検査の出来る病院に行くことをお勧めします。

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Qおなかの音

おなかの音について悩んでいます。
一つは、空腹時の音です。学生なので、
シーンとした教室の中でおなかが鳴るのが恥ずかしくて困っています。
なにかいい方法はありませんか?
また、朝食をしっかり食べてもおなかが鳴ってしまうのですが、朝食を食べ過ぎると(そんなにたくさんは食べませんが)胃の働きが良くなってしまって逆効果なのでしょうか?ぐーぴたなどが市販されていますが、なんだか教室でそれを出すといかにもおなかの音を気にしているようで抵抗があります。。飴とかなら食べやすいのですが。

二つ目は、食後のゴロゴロとした消化音です。
実はこちらの方が悩んでいて、とにかく食後ガスが溜まるんです。
なので午後の授業はとても苦しくて、運が悪ければ大音量でギュ~~~!
と鳴ってしまい泣きそうになってしまいます。とにかくその場からいなくなってしまいたいと思うばかり。ガスを鳴らないようにこらえても、おしりの穴近くで同じようにギュ~~~!と鳴って、思いっきりオナラをしている人みたいになっちゃいます。
怖くて昼食は今までの半分ほどしか食べられなくて、帰宅してから残りを食べる、という形です。ガスピタンという薬を買ってみたのですが、今もゴロゴロとガスの音がしています。
1日3錠と書いてありますが、その通り飲まなければ効き目がないのでしょうか。それだと結構な出費になってしまうので。。
以前胃腸科に行った際は過敏性腸症候群と言われました。でも薬はあまり効きませんでした。
なにか良いアドバイスがあったら是非お願いします。

おなかの音について悩んでいます。
一つは、空腹時の音です。学生なので、
シーンとした教室の中でおなかが鳴るのが恥ずかしくて困っています。
なにかいい方法はありませんか?
また、朝食をしっかり食べてもおなかが鳴ってしまうのですが、朝食を食べ過ぎると(そんなにたくさんは食べませんが)胃の働きが良くなってしまって逆効果なのでしょうか?ぐーぴたなどが市販されていますが、なんだか教室でそれを出すといかにもおなかの音を気にしているようで抵抗があります。。飴とかなら食べやすいのですが。

...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
おなかの音、恥ずかしいですよね!私も学生なのでよくわかります。
これはラジオで紹介されていて、私も実際やっているのですが、医学的根拠は皆無だと思いますので、ご参考までに。
親指と人差し指の間を、反対側の親指と人差し指ではさんで、ぎゅぎゅぎゅっと押すんです。
うっ、やばい鳴る!と思ったときにやってますが、私には結構効いているような・・・気がします。
効かなかったらごめんなさい!><

あと、ぐーぴたは、教室で出すのが恥ずかしいなら、ポーチにいれてどこか人目につかない所で食べるといいと思います。トイレとか・・・トイレで食べるのは嫌か;

なんだか深刻な質問にこんな中途半端な回答をしてしまってすみません!ご気分を害すことがなければいいのですが・・・;
解決することを祈ってます!がんばって!

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Qおなかに力が入らない・・

 おなかに力が入りません。頭がぼーっとしています。よく丹田を鍛えるといいといいますが、ただそこに意識しているだけではダメですよね・・・行動する気力がどうしてもでてきません。春ボケしてるんでしょうか?自分を変えたいです!なにか良い方法があれば、教えていただきたいのですが・・腹にエネルギーをこめるにはどうしたらよいですか??

Aベストアンサー

気の持ち方次第です。人間ダメだダメだと思い始めるとますます深みにはまります。健康診断を受けてみてとくに異常がないのであれば、自分の好きな事柄に全身で打ち込んでみることです。戸外で運動するのも良いでしょう。汗をかけば心も晴れてきます。

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Qおなかが張ります

30代女性です。
数年前から仕事の会議や人がたくさんいてシーンとした場所に行くとおなかが張り、おならがでそうになってしまうんです・・・
笑いごとではなく、それがすごく苦痛です。
これは精神的なものなのでしょうか??
何か解決方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

あきらかに神経性ですね。下痢ならば過敏性腸炎というような病名がつくのですが、腸内発酵のみですので、神経性、緊張性膨満感あたりでしょうか。
会議室は冷えませんか。最初の体験でこういう場所でお腹が鳴ったりすると、次からもお腹に意識が集中して、腸の動きが活発化して、鳴ったり発酵したりします。
自律神経のせいだと言えばそのとおりなのですが、かなり苦痛ですよね。
緊張性下痢と同じ治療しかないようですね。内服による治療もありますが、仕事中に精神安定剤を飲んでフラフラしてもいけませんし、多分温めても緊張すればガスが発酵するでしょうね。
医師に相談して腸の動きを止める内服薬をいただいてもよいかと思いますが、便秘症ならば無理ですね。膨満感を抑える内服はありますので、よく聞いてみてくださいね。
私は昼食前の会議が苦痛で胃腸が鳴ることがよくあります。空腹やコーヒーが原因ですが、何かお菓子を一口食べて臨むと意外に鳴りません。
薬に頼らず、緊張しない自分を目指すのが一番なのですが、頑張ってくださいね。


人気Q&Aランキング