夏休みの宿題で読書感想文が出ました。
そこで皆様にお聞きしたいのですが・・・。
ⅰ:中~長編小説(必須)

ⅱ:戦争又は暴力が題材でなおかつ読後に考えさせられるモノ

ⅲ:作者が日本の方(必須)

ⅳ:(できればで結構です)感想文が書きやすそうなモノ

という本はあるでしょうか?
すでに大岡昇平氏の「野火」・野間宏氏の「真空地帯」・重松清氏の「疾走」は読み終え、候補になっています。これ以外に「これいいよ!」というものがありましたら教えてください。
よろしく願いします。

A 回答 (8件)

古処 誠二さんの作品はいかがでしょうか?



「ルール」集英社 
通達 人を食うべからず。
太平洋戦争末期、フィリピンの密林を進む日本軍は飢餓に喘いでいた。本隊からはぐれた鳴神中尉は、食らおうと襲ってくる日本兵に遭遇する…。
「七月七日」集英社
日本人と同じ顔、同じ言葉を喋るがアメリカのために戦う日系二世の語学兵、ショーティ。常に護衛という名目で監視をつけられながら日本人捕虜を尋問し、あるいは玉砕した日本兵の死体の山から血まみれの手帳を探り、敵部隊の動きを探る彼の孤独と苦悩の物語。
「接近」新潮社
 献身の代償が裏切りだとしても、それでも僕は信じていたかった……
米軍が侵攻しつつある沖縄。日本軍の崩れを予感しながら、それでも信じた11歳の少年の物語。
「分岐点」双葉社
日本人が本土決戦を覚悟し、中学生も勤労動員に駆り出された1945年8月。一人の少年が軍人を殺害した。体制を純粋に信じていた彼はなぜ敬うべき軍人を殺害したのか?

戦争体験のない若い世代(1970年生まれ)の作品。なので若い人には読みやすいかも(文章とか感覚とか)。
戦争の記憶がある作家の作品と読み比べてみたりしても面白いかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみませんでした。
実は「ルール」を読んだところなんです!
かなり衝撃的で(内容も結末も)1人でう~んと考え込んでしまいました。
確かに読みやすい作品でした。
他の本も読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 13:54

野間宏さんとか大岡昇平さんなどの戦後文学をご存知でしたら、もう既に読まれているかもしれませんが、


梅崎春生さんの「桜島」はどうでしょうか。
「中~長編小説(必須)」のようですので、ちょっと短いかなと不安なのですが、もし該当しないようでしたら、
この回答はボツということでお願いいたします。

おおくの戦争文学が、軍隊内部の問題とか、戦地での悲惨な体験などが主題となっていますが、
この「桜島」はそういった描写はほとんど無くて、本土決戦が囁かれているころ、
東京から桜島へ赴任してきた主人公が、死を目前にして、どうせ死ぬなら
美しく死にたいと決意しながらも、生に対する執念が断ち切れないこころの葛藤を、抑制された文章で
描かれています。
イデオロギーを述べるわけでなく、一個人が戦争という圧倒的な力に有無を言わさず巻き込まれ、これを
正面から受け止めようと苦悩する姿が、この本が現在まで読み継がれている理由だと思うのですが。


桜島・日の果て・幻化 講談社文芸文庫
梅崎 春生 (著)

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~pb5h-ootk/pages/U/um …

この回答への補足

皆様、ご回答ありがとうございました。
この数日、皆様に紹介いただいた本を読みました。
その結果、迷いましたが古処誠二さんの「ルール」で読書感想文を書こう、と決めました。
壮絶なフィリピンでの生活、食人などたくさんのことを考えさせられました。
これから頑張って書きます!本当にありがとうございました。

補足日時:2005/08/03 17:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

桜島、初耳の本です。
残念ながら感想文を書く本は決めてしまいましたが、これはこれで読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/03 17:12

こんにちは。

あんまり長くはないですが、「となり町戦争 (作 三崎亜紀)」はいかがでしょうか?
この話は実在した戦争ではなく架空の戦争の話です。現実感のない戦争に「偵察業務」という名目で参加することになった主人公、今までの戦争のイメージと全く違う役所ごとの、何のために戦うのか分からない戦争。

戦争ぽっくないですが読みやすい作品だと思います。
多分本屋に行けば平積みされてると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

未読です。
今初めて内容を知りました。
なかなか面白そうですね。
図書館にあるかわかりませんが探してみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 13:59

「野火」「海と毒薬」は私もオススメですね。


と、書きつつ先の大戦ものでは、

「遥かなインパール」伊藤 桂一 新潮社
はいかがでしょうか?

インパール戦記は数々あれど、多くの参加兵士から作者自身が聞いたことを作品にしたものなので、多角度・客観性に特徴があると思います。

戦死者より餓死・病死・自殺者の方が多い戦いなのですから戦争というより、これって戦争?!という内容です。いろんな「野火」を集めたと言ってもいいかもしれません。
「これって戦争?」という内容が、逆に「戦争とは何か」の良いツッコミになり、感想文も書きやすいのではないか、と思い選んでみました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103018 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまってすみませんでした。
初耳の本です。
いろんな野火を集めたって・・・。
かなり惹かれます。
感想文が書きやすいっていうのも魅力です。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 13:50

こんばんは。


たくさん本を読んでいらっしゃるようなので、すでにご存知かもしれませんが、
遠藤周作『海と毒薬』

戦争末期、アメリカ人捕虜を人体実験のために殺害した事件を元に書かれた小説です。

実は、高校生の時、この本で読書感想文を書いたことがあります。ジワジワ~と重い気持ちが押し寄せて…一気に書き上げたことを覚えてます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101123 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遠藤氏の小説はとても好きなので昔に読みました。
私もこれや「沈黙」で感想文を書こうとしたことがあるのですが、重すぎてずっと沈んでたので書けませんでした(汗)
もう一回チャレンジしてみようかなぁ・・・。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/07/27 21:27

既に色々な本を読破されているということで、少々趣向が変わったものはいかがでしょうか^^*;



『水木しげるのラバウル戦記』

はいかがでしょうか?水木しげるさんはご存知ゲゲゲの鬼太郎の作者として有名なお方ですが、実は戦争で片腕を失っています。
考えさせられる…かどうかはわかりませんが(なんて無責任な)どんなことがあっても生きる、という精神力にはただただ頭の下がる思いです。
文体もとてもおもしろいですし、読書感想文の本、とまでいかなくても、普通に読んでみることをオススメします。

あんまり力になってませんね…失礼しました~Uu
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この本、昔に読みました。
「この人すごいタフだ・・・。」と謎な感想を持ってしまったことが印象深いです(笑)
そういや本棚の隅に追いやられてるなぁ・・・。
この機会に読み直してみます!
新たな発見があるかもしれませんしね☆
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 20:57

澤地久枝の「滄海よ眠れ」文春文庫 上下2巻をおすすめします。

ミッドウエー海戦で散った日米の若者達のノンフィクションです。戦った日米の若者達の境遇が似ていることに、戦争とは何か、戦争とは権力者が若者を犬死にさせることだと深く考えさせられる名著です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ノンフィクション・・・!!
この言葉にかなり惹かれます。
ミッドウエー海戦のことは名前しか知らないので是非この本を読んで勉強したいと思います。
頑張って探します!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 20:52

『戦艦大和ノ最期』吉田満 講談社文芸文庫.



少し前に、内容が事実無根だと言うクレームが入った本です。
文語調で読みにくく、感想文に適しているかわかりませんが…。
↑条件に合ってないですね。

※クレームの内容
大和が沈んだ後、救助活動していた救助艇に助けを求めた兵隊を、これ以上乗ると救助艇が沈むと言うことで日本刀で彼等の手首を切り落とした。という表現があるが、それは事実無根だとクレームが付きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦艦大和のお話ですか!
かなり興味がvv
文語調には慣れてるので読んでみたいと思います。
クレームの内容の内容(助けを求めた・・・)に衝撃を受けました。
本当に事実無根だったんでしょうか・・・。
そうであることを願います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/27 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読書感想文の書き方を教えてください。

読書感想文の書き方を教えてください。

大学生です。レポートではなくて、小説系の読書感想文です。

お願いします。

Aベストアンサー

難しい事は何もありません。読書「感想」文ですから、その本を読んで、純粋に自分で感じた事を書けば良いんです。小説の概要をごくごく「まとめた文」から書き始め、全体を通しての感想でも良し、特に感銘を受けた箇所に関する感想でも良し、とにかく「自分が読み感じた事、思った事」を書かないと読書感想文にはなりません。小説の著者、著者の略歴、時代背景等を書き連ねるのがレポートです。

Q村上春樹氏の『海辺のカフカ』の感想

村上春樹氏の小説を初めて読んだ『10代の方』限定でお願いします。

私は10代の時に村上氏の『風の歌を聴け』を読みました。(それ以降すべての作品を読ませていただいています。)

そのころ私が感じた感覚と同じようなモノを、現在の10代の人は『海辺のカフカ』から感じ取るのだろうか?
というのが質問の動機です。

暫くの間締切らない予定ですので、暇な時にお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、最初に呼んだのは『風の歌を聴け』です。
読んだ時期は高1の春休みごろでした。

感じた・・・「人生ってなんか儚いものなんだなぁ
今当たり前にあるものも、時間が経つにつれてなくなってしまうのかな」

あまりうまく伝えられないですが、こんな感じです(^^;
感じたことなので簡潔に書きました。
ご参考になればうれしいです。

Q読書感想文の上手い書き方

読書感想文の書き方がわかりません
読書の本も決まらずの困っています 
書き方・本 を教えてください

Aベストアンサー

私も小学生のころ、「読書感想文」が苦手でした。多少誇張すれば、だらだらとあらすじを書いて、最後に「とてもおもしろかったです。」と結ぶような稚拙な文章を書いていました。

それでもある程度年をとると、「感想文」といっても、これでは自分の感想は「とてもおもしろかったです」だけじゃないか、「とてもおもしろかった」ではなくて、自分にとって、どこがどのようにおもしろかったのかを具体的に書かないと「読書感想文」にはならないじゃないか、などということに自然に気がつき、まあ普通には書けるようになりました。

なおよく「素直に自分の思ったように書けばいい」と言われますが、実はこの「自分が思ったことをその通りに表現すること」が一番難しいので、「自分が書きたいように書けばいい」くらいに気楽に考えた方がよいと思います。ただし、文章の表現は、ひとりよがりの「自分だけにしか通じない」ものではだめで、自分の考えが読む人に正確に伝わるように、親切にわかりやすく書くことが大事だと思います。そのためには書いた後で声を出して何回も読み直して、わかりにくいところはないか考えてみることも必要でしょう。

私も小学生のころ、「読書感想文」が苦手でした。多少誇張すれば、だらだらとあらすじを書いて、最後に「とてもおもしろかったです。」と結ぶような稚拙な文章を書いていました。

それでもある程度年をとると、「感想文」といっても、これでは自分の感想は「とてもおもしろかったです」だけじゃないか、「とてもおもしろかった」ではなくて、自分にとって、どこがどのようにおもしろかったのかを具体的に書かないと「読書感想文」にはならないじゃないか、などということに自然に気がつき、まあ普通には書けるよ...続きを読む

Q重松清の「流星ワゴン」に感動したので

重松清さんの「流星ワゴン」に感動したので、もちろん彼の著書はいろいろ読みました。そこで、私のように「流星ワゴン」が好きな方がおすすめする長編小説(重松さん以外)を是非教えて欲しいのです。ジャンルは何でもかまいません。読んで本当によかった!と思える本に出会いたい35歳女です。皆様、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

奥田さんの伊良部シリーズは、「空中ブランコ」が一番面白いです。全ての中でも「空中ブランコ」が一番好きかも。あの頃よく読みました。今は「無理」を買って読もうかどうか、迷っております。奥田さんは「最悪」の時も「邪魔」の時も、「最悪」「邪魔」な、タイトル通りの感じだったので、この本は「無理」なんじゃないかと…。笑

角田さんは当たり外れがありますが(どの作家もそうかな)、どれも面白いですよ。中年女性(30,40代)の心を的確に描いています。「八日目の蝉」は、ファンからするとある意味角田さんらしくない本、ですが、とてもいい本であるに違いはありません。短編集もたくさん出されてますので、気軽に読めますよ。あと、女性作家系では山本文緒さんの短編もお薦めです。

親子感動系を1つ忘れていましたが、横山さんの「クライマーズ・ハイ」もお薦めです。横山さんの最高傑作だと思います。重松さんに比べると、少し文章が堅苦しい方かもしれませんが、とても感動します。これも映画になったかと思います。

傾向は特にないということで、お薦めだけずらりと挙げておきます。内容の紹介は下手なので、どうぞアマゾン等をご参考下さい。手抜きですみませんが、本当にお薦めのものばかりなので、ぜひお暇な時に読んでみてくださいませ。

(★=映画、または映像化した本/私の知らないものもあるかも;)

■感動系
・「明日の記憶」荻原浩著★
・「ビタミンF」重松清著(短編)
・「東京タワー」リリー・フランキー著★
・「博士の愛した数式」小川洋子著★
・「クライマーズ・ハイ」横山秀夫著★
・「対岸の彼女」角田光代著★

■スポーツ系
・「DIVE!!」森絵都著★
・「一瞬の風になれ1~3巻」佐藤多佳子著★
・「風が強く吹いている」三浦しをん著★(今月映画公開)

■恋愛系
・「センセイの鞄」川上弘美著★
・「蕎麦屋の恋」姫野カオルコ著(短編)
・「だれかのいとしい人」角田光代著(短編)

■ミステリ・サスペンス
・「悪人」吉田修一著
・「火車」宮部みゆき著
・「柔らかな頬」桐野夏生著
・「理由」宮部みゆき著★
・「さよなら渓谷」吉田修一著★(来年映画化)
・「七回死んだ男」西澤保彦著
・「扉は閉ざされたまま」石持浅海著★
・「容疑者Xの献身」東野圭吾著★
・「犯人に告ぐ」雫井修介著★
・「ジェネラル・ルージュの凱旋」海堂尊著★

■その他
・「パレード」吉田修一著(連続短編)★(来春映画化)
・「レボリューションNo.3」金城一紀著(連続短編)
・「絶対泣かない」山本文緒著(短編)
・「プラナリア」山本文緒著(短編)
・「太陽と毒雲」角田光代著(短編)
・「中国行きのスロウ・ボート」村上春樹著(短編)

ちなみに私は吉田さんと角田さんがとても好きです。他にも好きな作家さんはたくさんいるのですが、2人の本はいつでも楽しみです。
ながながと失礼しました。私もゆっくり本を読みたいと思います。

奥田さんの伊良部シリーズは、「空中ブランコ」が一番面白いです。全ての中でも「空中ブランコ」が一番好きかも。あの頃よく読みました。今は「無理」を買って読もうかどうか、迷っております。奥田さんは「最悪」の時も「邪魔」の時も、「最悪」「邪魔」な、タイトル通りの感じだったので、この本は「無理」なんじゃないかと…。笑

角田さんは当たり外れがありますが(どの作家もそうかな)、どれも面白いですよ。中年女性(30,40代)の心を的確に描いています。「八日目の蝉」は、ファンからするとある意味角...続きを読む

Q読書感想文の書き方を教えて下さい!!

中学1年生です。
夏休みの宿題で、読書感想文を書くことになったのですが、いまいち書き方がわかりません。
どうゆうふうに書けば良いのでしょうか?
教えてください!!
また、読書感想文の書き方などについて書いてあるサイトなどがあるのであれば、教えてください!!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

このサイトがわかりやすいと思います

http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/dokushopeji.htm

Q読書感想文に使う本

題名のとおり、読書感想文に使う本を探しています。
夏休みに入る前から探しているのですがぴったりくるのが見つかりません。
希望としては、強い主張をしている本とか問題提起している本などテーマのわかりやすいものを探しています。
ちなみに中学三年生です。
出校日も間近に迫りかなり焦っているので、ご回答いただけたら大変うれしいです。

Aベストアンサー

こんばんわ~。
私の娘は、森村桂の『天国に一番近い島』で読書感想文を中学の時に書きましたよ。
これはすぐに読み終われるし、内容は全て実話です。
娘はこの舞台になったニューカレドニアへ幾度か行ってますが、改めて本を読んでみて、『30年前の事とは思えないくらい、この島は変わってないんだね』って言ってました。

一気に吸い込まれるように読めますよ。

Q読書感想文の書き方教えて下さい!

読書感想文の書き方教えて下さい!!!!!!!!!

Aベストアンサー

下記サイトを参考にしてみてください。

http://www4.0038.net/~kanso-bun/

参考URL:http://www4.0038.net/~kanso-bun/,

Q読書感想文を書くためのオススメの本

こんばんは
課題で読書感想文が出ているのですが、普段本を読まないために
どんな本を読めばいいかまったくわかりません・・・
そこで質問なんですが
200ページ以下(前後)で、読書感想文にふさわしそうな本を紹介していただけませんか?

図書館で借りようと思っていますのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.1です。
質問者さんは冒険系のマンガ、海賊マンガが好き、
図書館にありそうな本ということでこういうのはいかがでしょう。
 ・宝島 R・スティーブンソン著
 ・海底二万マイル ジュール・ヴェルヌ著
 ・トム・ソーヤーの冒険 ハックルベリー・フィン著
いずれも児童文学ではありますが、
その分読みやすく、ボリュームも多くはありませんし
かつ、内容は真剣に捉えれば奥が深いです。
ネタバレになりますのでここではストーリーには触れずにおきますが
わくわくしながら読み進めます。
偉人伝や歴史小説でも海賊が主人公、または出てくる話はたくさんあります。

あと、課題図書ってご存知ですか?
某読書感想文コンクールのために毎年選ばれる本で、
小学生から高校生まで、その年代にあわせて選ばれています。
高校生向けには
「ロビンソン・クルーソーを探して」「自由を我らに」「そして、奇跡は起こった!」など
冒険・海洋小説に近い本もあります。
よい感想文が書けるような本に出会えるといいですね。

Q読書感想文の書き方

読書感想文の書き方を教えて欲しいです。
高校で岩波ジュニア新書の本の読書感想文が課題で出されました。私は、「新 エイズの基礎知識」という本を選びました。
ですが、感想があんまり書けずにとても困っています。
少しでもいいので教えて欲しいです。協力お願いします。

Aベストアンサー

読書感想が大嫌いな僕が回答します。僕がよくやる手法は以下の通りです。ただし以下の手法は「課題をだすためにしょうがなく取り組む人」向けであり、「読書感想文のなんたら賞を狙ってる」とかの人には向いていません。
1 本文引用
本文の一部を引用しまくります。例えば「私は『なんたらかんたら』という文章に興味をもちました/感動しました/共感しました」という文章をしょっちゅういれます。このとき、ただ闇雲にいれると先生に怒られそうなので、文章の最初のほうに「私はこの本をよんで○個の文章が特に心に残りました」と書いておくとそれっぽくなります。
2 本の紹介文を参考にする
本の裏とかに本の簡単な説明や紹介があるときがあります。その文章はプロがその本の魅力を要約したものなのでそれを参考にすると本の主題をうまくまとめることができると思います。
3 パソコンをつかう
ワードとかを使ってパソコンで文章を作っていきます。紙にいきなり書き始めると追加したい文章がでてきたりしたときに消さなくてはいけませんし、推敲もしにくく、するとなると紙がくしゃくしゃになって書く気が失せます。ワードで作れば挿入やコピベが簡単にできますので文章を膨らませやすいです。
4 簡単な感想文を書く
本の中の書きやすそうなテーマを何個かあげて試しに書いてみます。(2)の紹介文で取り上げられてるテーマなんかもいいかもしれません。書くときはパソコンで書きます。簡単な感想文ができたら文章と文章の間に追加していきます(悪く言えば水増し)。
5 段落変更
多用禁止技ですがどうしても行数を稼げないときに。そのまんまです。段落を変えます。行の最初数文字書いたら段落を変更します。そうすると変更した分だけできた空白のマス分楽になります。句読点を上手に使って自然に段落を変更できるよう計画的に文章を作ります。

その本がどのようなものかわからないので具体的な文章をかくことができませんが、少しは参考になると思い回答しました。
長文失礼しました。

読書感想が大嫌いな僕が回答します。僕がよくやる手法は以下の通りです。ただし以下の手法は「課題をだすためにしょうがなく取り組む人」向けであり、「読書感想文のなんたら賞を狙ってる」とかの人には向いていません。
1 本文引用
本文の一部を引用しまくります。例えば「私は『なんたらかんたら』という文章に興味をもちました/感動しました/共感しました」という文章をしょっちゅういれます。このとき、ただ闇雲にいれると先生に怒られそうなので、文章の最初のほうに「私はこの本をよんで○個の文章が特に...続きを読む

Q重松清が好き。好きな作家を発掘したい。

タイトルのとおり重松清の本は好きなものが多いです。
登場人物の温かみ、感情がストレートに表現されてるあたりが特に、です。
逆にあまりに背景描写が多い本は好きではありません。

このような僕にオススメの作家さん、心当たりございましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
重松清、私も好きです。
不器用だけど、優しくて、
うまくいかない事や、人間の弱さに対しても、
見捨てないような優しさが感じられて好きです。

登場人物の心理描写が丁寧な作品が多く、
なおかつ、うまくいかないにしても、
どこかしら「希望」を感じさせる作品が多いような気がします。


・・・なので、
私からは、「浅田次郎」をオススメします。
不器用だけど、あたたかい・・・という作品が、
多い作家です。


1、浅田次郎

●「プリズンホテル」シリーズ
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30829791
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844461
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30870880
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30893539

ヤクザ小説を書く小説家が、その親戚(ヤクザ)が経営するホテルで、
いろいろな客と出会う話。
おもわず、笑ってしまうような軽妙なやりとりもある反面、
ホテルで働く人達、ホテルに訪れる人達、
の歩んできた人生にホロリとさせられる事が度々ありました。
一見嫌な人間に思えても、実は・・・
という人間が多いのも、似ている気がします。



●「民子」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30881738

猫のCMのために書いた、
実話に基づく絵本形式の写真集。
猫と小説家の交流を描いた作品です。


あと、以下の作品も、
個人的に雰囲気が似ているかな・・・という気がします。

2、湯本香樹実

●「ポプラの秋」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19963580

父を亡くした少女と、引越し先の大家さんとの交流を描く作品。
人を大事に思う気持ちが実感できる作品です。

●「夏の庭」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30855644

小学生3人と、近所にすむおじいちゃんの交流を描く作品。
はじめはぎこちないのですが、
徐々に話をしたり、食べ物を食べたり、
仲良くなっていきます。
この作品もあたたかい雰囲気がします。


3、梨木果歩

●「西の魔女が死んだ」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844535

学校に行く事が怖くなってしまった少女と、その祖母の話。
「オールドファッションかもしれないね。」と話す祖母ですが、
とても魅力的です。
実は人は気づかないながらも、見守られて生きているのかも、
と感じる、とてもあたたかい作品ですよ。


4、瀬尾まいこ

●「図書館の神様」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31311235

スポーツ一筋だった女性が、教師になって、
「文芸部」の顧問になる話。
この作品は、人によって、好き嫌いが出るかもしれません。
私も当初はスポーツ一筋の主人公に違和感がありました(笑)。

でも、人が犯してしまったあやまちを、悔いる行動に対する眼差しが、
とてもあたたかいので、私はいつのまにか引きこまれた作品です。
何かを大事にし過ぎて、他の人や他の事を傷つけてしまう事についても、
考えさせられました。


5、星新一

●「ブランコのむこうで」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31155570

自分にそっくりな少年を追いかけて、違う世界に足を踏み入れてしまう作品。
表に見えているだけが、全てじゃなく、
怖そうに思える人でも・・・
といった、人間に希望を感じる作品です。

星新一は、SFやブラックユーモアで有名ですが、
この作品はとてもあたたかい雰囲気がしますよ。

6、宮部みゆき

●「今夜は眠れない」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30965152

いきなり5億円を遺贈された母を持つ中学生の話。
なぜ母に?という疑問を探っていくうちに・・・。
図書館で借りた文庫本にはパラパラマンガがついていました(笑)。
「家族に対する優しさ」を考えさせられましたが、
どこか清清しさがある作品です。

●「龍は眠る」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31030905

人の本音を知る事ができる、少年と出会った後の、
雑誌記者の話。
「超能力」を扱った作品ですが、胡散臭くならず、
「人と違う事」に葛藤する心理描写が、とてもていねいです。
切ないですが、とてもあたたかい作品です。
宮部作品は、心理描写がとても丁寧が多く、
重松作品が好きなら、
もしかして、この作品がお気に召すかもしれません。



参考になれば幸いです。

こんにちは。
重松清、私も好きです。
不器用だけど、優しくて、
うまくいかない事や、人間の弱さに対しても、
見捨てないような優しさが感じられて好きです。

登場人物の心理描写が丁寧な作品が多く、
なおかつ、うまくいかないにしても、
どこかしら「希望」を感じさせる作品が多いような気がします。


・・・なので、
私からは、「浅田次郎」をオススメします。
不器用だけど、あたたかい・・・という作品が、
多い作家です。


1、浅田次郎

●「プリズンホテル」シリーズ
http://www.7...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報