本の装丁に惹かれて、その本を買ってしまった!という経験がありますか。
(CDで言えば、ジャケ買いみたいなものです。)
あるよ!という方、具体的にその作品のタイトルを教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

装丁買いしてます!


本を購入する時の重要なポイントになってます。

「ユージニア」著・恩田陸 角川書店
カバーを外すと内側が写真になっています。表から見るとその写真が少し透けて見えるという風に。中にも凝った仕掛があります。内容も面白かったですよ。

「ぶらんこ乗り」著・いしいしんじ 新潮文庫
表紙が刺繍風で可愛かったので買ってしまいました。今読んでる最中ですがなかなか面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ユージニア」、とても素敵なデザインだなぁと思ったら、祖父江慎さんによるものだったんですね。
扉の部分があんなふうになっている本は、初めて見ました。おお~って感じです!
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/30 16:05

ハードカバーですが。



◆森博嗣「スカイ・クラウ」
 カバー自体がプラスチックで、1が青空、2が夕暮れ、3が雪の空みたいになっています。キレイで思わず。

◆紀田 順一郎「第三閲覧室」
 閲覧室の絵が描かれていて、カバーの真ん中ある窓が開いているのですが、その部分が切り抜かれていて本体表1に描かれた風景がみえます。窓を開けているように奥行きがあります。

◆ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」
 箱の絵も素敵ですが、本体が布製カバーで表紙・裏表紙にアウリンの型押しがしてあります。難点は読みすぎると手あかだの汗だので箱に入らなくなること。無理矢理入れると今度は出ません・苦笑 中も2色刷で見た目も中身もお気に入りです。

高いけど、遊びがあるのはハードカバーの方が多いのでジャケ買いはハードカバーが多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書店で見た、森博嗣さんの「ダウン・ツ・ヘヴン」の装丁がいいな~と思っていました。
これは回答者さんオススメの「スカイ・クロラ」シリーズの第3弾なんですね。
シリーズ3冊が揃うとキレイだと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 12:36

 一押しはこの本です。



「失はれる物語」著:乙一(おついち) 発行:角川書店

 ハードカバーの本なんですが、カバーが普通の本と違って、トレーシングペーパー(半透明の紙)を使用しています。
 髪の性質を最大限に生かした素晴らしい装丁です。ネット上で写真は見れると思いますが、ぜひ本屋で実物を見てください!直で見ていただけると、それが分かっていただけると思います。

 自分は本好きで沢山の本を読んでいますが、今まで出会った本の中で、最も美しい装丁だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この本、わたしも装丁買いしました(初版で!)。
トレーシングペーパーに楽譜が印刷してあったり、タイトル文字がにじんだようになってたり…、素敵ですよね。
自分と同じような方がいると知って、うれしかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/30 09:59

装丁買い、しょっちゅうしてますよう!




◆「女王の百年密室」(森博嗣)
タイポグラフィがカッコ良すぎるーー!

◆「醜い花」(原田宗典)
原研哉さんのデザイン。上品!うつくしすぎるーー!! webで良い写真が見つからなかったですが・・・あああ~。 立ち読みしてください気が向いたら!

参考URL:http://images-jp.amazon.com/images/P/4101394326. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原研哉さんの仕事は、わたしも大好きです。
「醜い花」は知りませんでしたので、早速立ち読みしてきました(*^_^*) 
装丁も素敵ですが、原田宗典さんの作品自体もとてもよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/30 10:07

こんにちは。



野中柊さんの「ジャンピング★ベイビイ」
小説です。
すこし寂しげな観覧車の写真が表紙でした。
ジャケ買いでしたが、内容も静かに感動できる秀作ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新潮社刊ということは、新潮社装幀室の仕事でしょうか。
どちらかというと、女性的な感じのデザインですね。
今度書店でチェックしてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/30 10:25

質問の趣旨と少し違うかもしれませんが、既に持っている本の別版を


装丁に惹かれて買ってしまったことはあります。
 
矢野徹氏「折紙宇宙船の伝説 」初版
文庫を持っていましたが、天野喜孝画伯の水墨画に惹かれました。
 
平井和正氏「超革命的中学生集団」
角川文庫版を持っていたのに古書店でハヤカワ文庫版を見て、即購入。
表紙の永井豪ちゃん♪のイラストを見てしまうと、、、。
 
筒井康隆氏「残像に口紅を」初版
正直、ハードカバーなんか買う気が無かったのですが、
装丁を見てつい購入してしまいました(笑
面白くなかったら返品可とも書いてありましたが、、、。

#3の方が書かれている「惑星カレスの魔女」も無名時代のアノ人のイラストで
有名になってしまいましたが、作者が寡作な人で新潮文庫で出版された時に即購入しました。
その前に出版されていた「悪鬼の種族」も表紙を見て衝動買いしました。どちらも面白かったです。
 
トマス・M・ディッシュ「いさましいちびのトースター」
あじま画伯のイラストでSFマガジンに掲載されていましたが、
ハードカバーもあじま画伯のイラストで即購入しました。
その後、ディズニーで映画になった時は驚きました。
当然、あじま画伯の絵ではなかったんですけど、、、(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

挙げていただいた作品、すべて確認したかったのですが、古いものが多いようで…。
残念ですが、全部は確認できませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 21:11

「惑星カレスの魔女」


リンク先ご覧になれば判りますが、今や「世界の」が冠詞に付くだろうアノ人のイラストが飾っています。
SF好きだったんで即古本で表紙買い。
因みに挿絵は一枚もありません。表紙もそんなに中味とマッチングしているわけではないのですが。。。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19837248
    • good
    • 0
この回答へのお礼

装丁買いというより、イラスト買いですね(*^_^*)
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 20:57

終戦のローレライ(単行本)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

上下巻とも素敵なデザインですね。今度、書店で手に取ってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 20:54

★「スキッピング・クリスマス」 ジョン グリシャム (著) 



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093563 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かわいいイラストの表紙ですね。タイトル文字のデザインも素敵です。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/29 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国会図書館では、どんな本でもその本の値段の半額と図書館への配送代金が作者に支払われるらしいですが、一

国会図書館では、どんな本でもその本の値段の半額と図書館への配送代金が作者に支払われるらしいですが、一冊の本の出版料金はどれ位かかるのでさか?

Aベストアンサー

>国会図書館では、どんな本でもその本の値段の…

納本制度のことですね。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

>一冊の本の出版料金はどれ位かかるの…

一冊の本と言ったって、20ページほどの薄い本と 300ページの分厚い本とでは大違いですし、100冊しか作らないのか 10万冊作るのかでも大違いで、簡単に答えられる話ではありません。

まあ一般論として、本屋に並んでいる書籍の原価はおおむね 4割程度と言われています。

もし自費出版を考えているのなら、表紙からあとがきに至るまですべてを自分のパソコンで仕上げて、電子データを印刷会社に送れば、比較的安くできます。

例えば某社の例ですと、
・A5版
・表紙・フルカラー
・本文・モノクロ
・口絵・カラー両面2枚
・200ページ
・300冊
で税込み 1冊あたり 535円です。
http://www.inv.co.jp/~popls/

印刷会社にばらばらの原稿を渡してこれで本にまとめてくれと言うのでは、これの 2倍にも 3倍にもなりますよ。

>国会図書館では、どんな本でもその本の値段の…

納本制度のことですね。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

>一冊の本の出版料金はどれ位かかるの…

一冊の本と言ったって、20ページほどの薄い本と 300ページの分厚い本とでは大違いですし、100冊しか作らないのか 10万冊作るのかでも大違いで、簡単に答えられる話ではありません。

まあ一般論として、本屋に並んでいる書籍の原価はおおむね 4割程度と言われています。

もし自費出版を考えているのなら、表紙からあとがきに至るまですべ...続きを読む

Q具体的にどんな本なのか?

大学生です。
本を読んだら知識が深まるという言葉をよく耳にしますが、具体的にどのような本を読めばいいか分かりません(^_^;)
本の名前やオススメの著者などいたら教えてくれませんか?
またその本によってどのような知識が学べるか教えてほしいです

Aベストアンサー

本屋に行ってみることをお勧めします。タイトルやまえがきから、自分が読んでみたい本、読むべき本は直感的にピンとくると思います。

人気があるとか、おすすめだとかはあまり参考にしないほうがいいかと思います。本は著者の世界観の写しだと私は思っています。

例えば、海外旅行ならインドが最高という人もいれば断然ヨーロッパだという人もいます。当人の感性によって判断はまちまちです。

本も同じで、とも0806さんの感性に合うかどうかは本の知名度や売れ行きからだけではわかりえないことだと思います。


私も大学に入って間もないころ、読書を習慣にしようと思って本屋に行きました。最初に手にした本はサミュエル・スマイルズの『自助論』でした(よく売れているというのは後から知りました)。この本に出会ったおかげで4年間の自分の行動指針が定まりました。在学中に奨学金を得て英国留学をすることができたのもこの本の教訓にしたがって日々実践してきたからだと思います。

いわゆる知識を得られるタイプの本ではありませんが、大学生活は自由であるが故に誘惑や悩みも多いので、そうしたものに惑わされないための心構えを身につけるのには最適だと思います。私にとって最高の1冊で、今でも机のすぐ手に届くところに置いてあります。

とも0806さんも最高の1冊に出会えますように。

本屋に行ってみることをお勧めします。タイトルやまえがきから、自分が読んでみたい本、読むべき本は直感的にピンとくると思います。

人気があるとか、おすすめだとかはあまり参考にしないほうがいいかと思います。本は著者の世界観の写しだと私は思っています。

例えば、海外旅行ならインドが最高という人もいれば断然ヨーロッパだという人もいます。当人の感性によって判断はまちまちです。

本も同じで、とも0806さんの感性に合うかどうかは本の知名度や売れ行きからだけではわかりえないことだと思います。
...続きを読む

Q物語の構造そのものを飲み込んだ作品

物語、創作の世界というのは一つの作られた世界であり
それを表現する構造、構成、ルールがあると思います。

この構造やルールそのものの枠を打ち壊して
ネタに組み込んだ作品があったら教えてください。

たとえば、酒見賢一「語り手の事情」

これは、三人称で語られる物語における「語り手」
本来人格がなく、誰も見ていないはずの事件をどこからともなく目撃し読者に説明したり
誰も知りえない心理を客観的に述べてみたり
その語り手に人格が与えられ一登場人物として一人称の語り手になります
創作主は館の主人として登場し
この主人と会話したり交渉したりもします。

漫画だと「めだかボックス」が近いでしょうか。
主人公だから、とかそういった設定が重要になったり
物語の中で公然と語られてしまう。


部分的に作者が出てくるとか
前のページのキャラの脚が次のページに突き出てるとか
物語の外からペラっと喋ってしまう、とかは除外でお願いします。

スケットダンスのロマンとか
「この作者はこういうの好きだな」みたいなセリフとか
部分的なものではなく

構造全体とか、物語のテーマそのものに関わってるものでお願いします。

物語、創作の世界というのは一つの作られた世界であり
それを表現する構造、構成、ルールがあると思います。

この構造やルールそのものの枠を打ち壊して
ネタに組み込んだ作品があったら教えてください。

たとえば、酒見賢一「語り手の事情」

これは、三人称で語られる物語における「語り手」
本来人格がなく、誰も見ていないはずの事件をどこからともなく目撃し読者に説明したり
誰も知りえない心理を客観的に述べてみたり
その語り手に人格が与えられ一登場人物として一人称の語り手になります
創作主は館の...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと 違うのかも しれませんが、五感に 訴える 筆力が あって、
ストーリーも 面白く かつ 筋が 通って居り、そのような 事象を
重層的に 組み込んで 居られる ように 思った ものを いくつか …
 ホセ・カルロス・ソモザ 『イデアの洞窟』
古代ギリシャの ミステリーを 翻訳中の 訳者の 身に 生ずる 怪異を
脚注 等 も 用いて 同時進行的に 書かれていた かと …
最初は 面白かった のですが、だんだん グロテスクに なっていき …
最後は かなり 気持ち悪くなった ので その後 敬遠していた のですが、
そろそろ 薄れ、この かたの 『ZIGZAG』 を やっと 読み始めた 処 …
 ジャスパー・フォード (文学刑事サーズデイ・ネクスト・シリーズ)
 『ジェイン・エアをさがせ !』 『さらば、大鴉』 『誰がゴドーを殺したの ?』
やはり 作中人物が 脚注を 電話のように 使って 連絡を 取り合っているのが
印象に 残っています。 その他 誤植などが フジツボのように増える 等 文学、
出版の形態・事象 自体が 社会現象と なっている 世界を 面白く 描いています
 キアラン・カーソン 『シャムロック・ティー』
『琥珀捕り』 も そう なの ですが …
多岐に 亘る 話が 脱線しつつ 絡み合って 行きつ 戻りつ …
 エンリケ・アンソル・インぺル 『魔法の書』 (短編集)
目を放すと 文字の並びが 滅茶苦茶になって 読めなくなってしまう
古代の 書 … 見かけは 薄い冊子 … 食べ物、飲み物、明かり 等 を
周りに 揃え、何としても 読み通そうとした 男の 物語 他 …
 クリストファー・プリースト 『魔法』
こうしたものでは 古典に 入るのかな とも 思うのですが …
はっきり その 形態を とっている のは こちら ですが、
近作の 『双生児』 の ほうが 複雑で 面白かった … 居るはずのない …
双子の 片割れの、双方の 子孫が 逢える はずもない のに 出逢う 冒頭から …
 トマス・ウォートン 『サラマンダー 無限の書』
確か (世界を 物語る ?)植字機を 操ると 時間の進み方が 変化して、
18世紀の 沈みゆく 海賊船の上 ? で 主人公のみが 無音の 重圧の中
高速で 動いていく シーンが なかなかの 迫真感をもって 描かれていた
処が あったと 思うのですが …
その他
ウィリアム・コツウィンクル 『ファタ・モルガーナ』
ロバート・アーウィン 『アラビアン・ナイトメア』
ジョン・バンヴィル 『無限』
ルパート・トムソン 『終わりなき闇』
(以下、短編集)
テッド・チャン 『あなたの人生の物語』
ケリー・リンク 『スペシャリストの帽子』 『マジック・フォー・ビギナーズ』
アヴラム・デヴィッドスン 『どんがらがん』
ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語
チャイナ・ミエヴィル 『ジェイクをさがして』 『都市と都市』
等 も そういう処が あったかと …
でも、明確に 作者が 作者として 出てくる のは、ソモザ と プリースト 位かも …
長々 すみません …

ちょっと 違うのかも しれませんが、五感に 訴える 筆力が あって、
ストーリーも 面白く かつ 筋が 通って居り、そのような 事象を
重層的に 組み込んで 居られる ように 思った ものを いくつか …
 ホセ・カルロス・ソモザ 『イデアの洞窟』
古代ギリシャの ミステリーを 翻訳中の 訳者の 身に 生ずる 怪異を
脚注 等 も 用いて 同時進行的に 書かれていた かと …
最初は 面白かった のですが、だんだん グロテスクに なっていき …
最後は かなり 気持ち悪くなった ので その後 敬遠していた のですが、
そろ...続きを読む

Q安部公房さんの本は、一通り全部読みました。 ここでですが、 1 安部公房さんの作品で、特に一番内

安部公房さんの本は、一通り全部読みました。
ここでですが、


1 安部公房さんの作品で、特に一番内容が深いのは何だと思いますか?

私が思うには、なかなか難しいところですが、やはり「燃えつきた地図」とか、またはデビュー作の「壁」か、最終作の「カンガルー・ノート」でしょうか?甲乙付け難いです。

また、

2 皆さんは、安部公房さんの作品では、何が一番好きですか?

私は、「砂の女」、「壁」、「砂漠の思想」が断トツで大好きです。

Aベストアンサー

電波少年のネタにされたことで、箱男が有名ですね。
カフカの変身とちょっと似た印象です。

第四間氷期が印象にのこってます。
氷河期という単語はよく耳にしますが、間氷期という表現からはまりました。

Q1通りの有名な作品を読み尽くしてしまいました。何かおすすめの本、ありますか?あるのであれば、教えてく

1通りの有名な作品を読み尽くしてしまいました。何かおすすめの本、ありますか?あるのであれば、教えてください。

Aベストアンサー

飢餓海峡は如何ですか。水上勉の作品です。
映画では三国連太郎と左幸子のデビュー作でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報