74LS74のD-flipflopを二つカスケード接続して、
入力パルスの整形(クロック間隔と同じ幅のパルスにする)
を行う回路を作ったのですがうまく動きません。
スタンダードな回路だと思うのですが、問題点を教えていただけ
ませんでしょうか。

回路は、7474を直列接続して、
+------------+
| |
trigger->|D Q |-+>|D Q | +--+
| Q-bar| | Q-bar|-----+AND--->

のようにして、入力トリガを整形します。
もちろん、クロック(~1KHz)は入れていますし、
クリヤとプリセットはdisenableです。

問題は、データがつつぬけになっているようであることと、
(LS74は、リーディングエッジトリガのはずなのに、、、)
もう一つ、
LS74は、立ち上がりトリガのみ動作するとデータシートに
書いてあるのに、立下りでも動いてしまうということです。

説明不足かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

blue_monkeyです。

No1,No2のアドバイスで、おそらく解決済みかもしれませんが、お猿さんのお話を追加させていただきます。意味不明な点がありましたら猿の戯言と言うことで、読み捨ててください。

第一部
【立ち上がり検出回路の動作条件】
trigger信号のパルス幅T(ms)が、D-FFに使用しているクロック(システムクロック)の周期Tcに対して、Tc<Tなら(クロックの立ち上がりで、必ずtrigger信号レベルの変化をたたけると言う意味です)、No1のアドバイスで説明されている回路で、所要の動作が実現できると思います。また下記の【別回路】でも実現可能と思います。

【別回路】
また、No1で記述されている回路と同じ動作をさせるものとして、次のような回路も考えられます。
ck_sys=DFF1.ck=DFF2.ck
DFF1.D=trigger
DFF2.D=DFF1.Q
DFF1.Vc=DFF2.Vc=+5V
DFF1.GND=DFF2.GND=0V
DFF1.clr_=DFF2.clr_=DFF1.prs_=DFF2.prs_=+5V
trigger信号の立ち上がり検出信号OUTは
OUT=DFF1.Q&DFF2.Q2_

上記式の定義は、
1段目のDFFのクロック入力と、2段目のDFFのクロック入力にシステムクロック(例えば、1kHz)を入力する。
1段目のデータ入力にtrigger信号を入力する。
2段目のデータ入力に1段目のQ出力を入力する。
「&」の記号は、A&Bで信号Aと信号BのANDを取ると言う意味です。
また、A_は信号Aの反転信号ですぅ~。

No1で説明されている回路を上記の式で記述すると
ck_sys=DFF1.ck=DFF2.ck
DFF1.D=trigger
DFF2.D=DFF1.Q_
DFF1.Vc=DFF2.Vc=+5V
DFF1.GND=DFF2.GND=0V
DFF1.clr_=DFF2.clr_=DFF1.prs_=DFF2.prs_=+5V
trigger信号の立ち上がり検出信号OUTは
OUT=DFF1.Q&DFF2.Q2

のようになります。

第2部
【条件】
trigger信号のパルス幅T(ms)が、D-FFに使用しているクロックの周期Tcに対して、
Tc>Tで、クロックの立ち上がりで、必ずtrigger信号レベルの変化をたたけると言う保証がない場合。
但し、trigger信号がシステムクロック(例えば1kHz)を元に作られており、システムクロックの立ち上がりで、trigger信号のレベル変化を必ずたたけるという、システムクロックとtrigger信号のタイミングに同期的な関係のあるケースは除きます。この場合は第1部で記述されている別回路、No1のアドバイス回路でOKですぅ~。
【回路】
ここに提示する以外にも、同じ動作をする回路があると思います。
SR1.S_=trigger_
SR1.R_=DFF2.Q_

ck_sys=DFF1.ck=DFF2.ck
DFF1.D=SR1.OUT
DFF2.D=DFF1.Q_
DFF1.Vc=DFF2.Vc=+5V
DFF1.GND=DFF2.GND=0V
DFF1.clr_=DFF2.clr_=DFF1.prs_=DFF2.prs_=+5V
trigger信号の立ち上がり検出信号OUTは
OUT=DFF1.Q&DFF2.Q2

上記の記述で、SRとはセットリセットラッチ回路を意味します。
SRラッチを用いることで、クロック周期よりパルス幅の小さなトリガー信号の変化を検出するのに使います。

【注意】
・但し、使用できる、trigger信号のパルス幅は、セットリセットラッチ回路の特性より下限が決まります。いくらでも細くはできません。
・この回路は、trigger信号の立ち上がりを検出してから約4~3システムクロック分の間は、次のtrigger信号がやってきても検出できません。
trigger信号の不感期間を最小(1~2クロック)に押さえるためには、非同期的なデジタル回路で構成する必要があるかと思われます。
ヒント:RSラッチのリセット信号をDFF2.Q出力を用いて、ゲート遅延を使って細いパルスのリセット信号を作るのかなぁ~?
blue_monkeyは、非同期回路は、キライですぅ~。

誤記・ウソがありましたらゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとかうまく行きました。
原因は、実は、教えていただいたRS-FFの回路が先頭に入っていて、
これの論理ミスが原因でした。それに気が付かず、7474の方が
おかしいと思い込み、トレースしようとして、手動のスイッチ回路
でトリガーを作って、チャタリングを出してしまった、、、、、。

blue_monkeyさんの回路を参考にして、もう一度、細いパルス対応に
改造してみるつもりです。
今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/24 16:44

スイッチは、接点が衝突したときにバウンドしてチャタリングが出ます。


回路的に例えば積分するとかして対策するのが一般です。
    • good
    • 0

回路図がよくわからないのですが、次のようになっていますか?



入力→1D
1~Q→2D
2Q→A
1Q→B
(A AND B)→出力
クロック→1CK, 2CK
(~は負論理を表わす)

想像ですが、1Q→2Dになっていませんか?また、クロックの立下りで動作するようだったら、クロックがチャタリングしていないか確認してみてください。オシロで水平の掃引時間を短くすればわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お世話になります。ありがとうございます。
>>回路図がよくわからないのですが
見直してびっくり、スペースが消えている、、、。
なぜでしょうか、、、。
ご指摘の回路になっています(少なくとも、いるつもりです)。
もう一度、確かめてみます。

>>クロックがチャタリングしていないか
1KHzのクロック(SPGで発生)を入れてもうまくいかなかった
ので、手動クロックでフローしてみようと、スィッチを付けた
のですが、スイッチ直付けではやはりチャタリングがでますか、、、。

少なくとも、74×2カスケードで、うまくいくはず、という
ことがわかって安心しました。もう少し、粘ってみて、
ご報告申し上げます。

お礼日時:2001/10/20 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qp、q、r、が定数で、かつ、p|x-q|の解は(ア)。 連立不等

p、q、r、が定数で、かつ、p<q<rのとき、
不等式|x-p|>|x-q|の解は(ア)。
連立不等式|x-p|>|x-q|>|x-r|の解は(イ)。

この問題の解き方を至急教えてください!
よろしくお願いします!

答え
(ア)x>p+q/2
(イ)x>q+r/2

Aベストアンサー

||の中が両方とも正の時、x-p>x-q → p<q
||の中が両方とも負の時、-x+p<-x+q → p<q xは関係ない
||の中が左辺が負の時、
-x+p<x-q
-2x<-q-p → x>(p+q)/2
||の中が右辺が負の時は、
x-p>-x+q
2x>p+q → x>(p+q)/2 ∴x>(p+q)/2

(イ)は、更に|x-q|>|x-r|の関係で同様の計算を行う。

QIC:74LS138についてです

選択された信号でLEDを光らすためにIC:74LS138を使用していて疑問に思った事があります。IC:74LS138は5V電源を使用しLEDを発光させる場合、電流を何mAまで流しても大丈夫かと言う事です。
74LS138のデータシートを見ても「推奨動作条件」の項目に電流の事はかかれていないのです。現在は330Ωの抵抗を使って正常に動作をしていますが、この抵抗で大丈夫なのでしょうか?
電気電子に関して、初心者なものでどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

LEDを点灯させる場合の電圧と電流は通常 2V で10~20mAを流します。(20はちょっと多いかな)
ICの仕様書が手元にないので分かりませんが端子から点灯用として5Vが出力されているのであれば
抵抗を入れてLEDに流れる電流とLEDにかかる電圧を制御します。
LEDに入れる抵抗の計算式は
(電圧-LEDの両端にかける電圧)/電流(A) で計算します。(オームの法則で抵抗に
かかる電圧と流れる電流から抵抗値を求めています)

実際は (5 - 2)/0.01 = 300 (オーム)ですので

330Ωの抵抗で問題ありません。

Q|x+4|=5の解はx=1ですが、 x>-4の場合とx<4の場合で考えると、 x<4のとき、 -x

|x+4|=5の解はx=1ですが、
x>-4の場合とx<4の場合で考えると、
x<4のとき、
-x-4=5x
x=-2/3
となります。
しかし、これは、x<4を満たしていないため
不適です。
なぜ、不適な解が求まったのですか?

Aベストアンサー

既に答えは出ていますが。

|Z| は
Z≧0 のとき Z
Z<0 のとき -Z
です。

Z>0,Z<0という場合分けだと、 Z=0 の場合が抜けます。
Z=0のとき、 Z=-Z=0 なので Z≦0, Z≧0 のどちらでもいいのですが、普通は Z≧0 にします。

今回、 Z=x+4 ですから
x+4≧0 のとき x+4
x+4<0 のとき -(x+4)
です。

慣れた人なら、|x+4|を見ただけで x>-4,x≦-4 と判断できますが、それができない(自信が無い)うちは、Z<0,Z≧0 から求めましょう

Q因数分解を教えて下さい。 ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc 途中式、解説

因数分解を教えて下さい。

ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc

途中式、解説を付けて頂けると助かります。
中3です。明日がテストで…
助けてくださいm(._.)m

Aベストアンサー

素直に一度全部を展開しましょう。

a^2b+ab^2+b^2c+bc^2+c^2a+ca^2+3abc  次にaについて整理します。

(b+c)a^2+(b^2+3bc+c^2)a+bc(b+c) 

たすき掛けで、 左が b+1と1 右側が bc b+c になれば良いので、
{(b+c)a+bc}{a+(b+c)} =(ab+bc+ca)(a+b+c) となります。

参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報