妻の浮気の場合、相手が独身男性のときはどの位の金額が請求でき、もらえる額はいくらくらいになるのでしょう。また、調停や裁判などをしないとだめなんでしょうか?

A 回答 (2件)

金額に関しては、ケースバイケースでしょうが、hanboさんの回答のように、家裁での調停も可能ではないでしょうか?



詳細は家裁で尋ねられては如何でしょうか?
(勿論、金額に関しては調停がなければ分からないでしょう!)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん愚問にお答え頂きありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 08:29

相手への慰謝料の請求金額は、基本的には当事者同士で話し合いにより決めることですが、なかなかまとまらない場合は、調停や裁判といった法的判断により決定することになります。



 当然、奥さんにも原因があるわけですのでその部分も加味し、浮気の期間やご主人への精神的苦痛の重さなどを総合して判断することになるでしょう。

 慰謝料は、「定価」がありません。ここの事情が、それぞれ異なるからです。100万を請求して相手が了承したら100万ですし、一概には言えません。ただ、過去の事例などは「参考価格」になるでしょうから、弁護士さんなどの専門家の方にアドバイスをいただくのも、方法でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃料減額請求の簡易裁判と調停

賃料減額請求の簡易裁判と調停

 賃料減額請求の簡易裁判と調停をしています。こちらは、原告です。
 10万円の賃料を6万円にと請求しているのです。商店街の景気の低下による店舗賃料の減額請求です。
 私と妹の二人の賃料合計20万円をそのまま賃貸人の賃料支払い18万円に使用されています。他の収入は、年金です。
 もし、私が、解約すると賃貸人の賃料収入が半分になり現在の状況では、しばらく、少なくとも、一年以上、新しい賃貸借契約は、望めない状態です。これなら、もし、私が、解約すれば、賃貸人は、賃料の支払いに困るのだから、賃料の減額に応じた方が、良いのではないか得策で無いかと言っているのですが、賃貸人は、具体的に内容を議論せず、話し合いに応じようとしないで、まちがっていると不愉快をあらわにしています。
 このような提示の仕方は、間違っているのでしょうか?
 賃貸人の回答書は、当方のことを侮蔑的な言葉で、さげすんだ感情的な内容になっています。相手は、どのような目的で、このような表現を取るのでしょうか?
 これでは、感情的な泥沼のような議論になりそうです。このような賃貸人の態度にどのように回答していけば良いでしょうか?
 たとえ一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。

賃料減額請求の簡易裁判と調停

 賃料減額請求の簡易裁判と調停をしています。こちらは、原告です。
 10万円の賃料を6万円にと請求しているのです。商店街の景気の低下による店舗賃料の減額請求です。
 私と妹の二人の賃料合計20万円をそのまま賃貸人の賃料支払い18万円に使用されています。他の収入は、年金です。
 もし、私が、解約すると賃貸人の賃料収入が半分になり現在の状況では、しばらく、少なくとも、一年以上、新しい賃貸借契約は、望めない状態です。これなら、もし、私が、解約すれ...続きを読む

Aベストアンサー

ええと、あなた(と妹さん)が店舗を借りている人も、他の人から借りたものをあなた方に貸している、という関係でしょうか?
でしたら、あなた方は「転借人」、貸し手を「賃借人=転貸人」と書いた方が分かりやすいと思いますが。

あなたの言い分が、「人の足元を見る」ものだと感じられて、「なんてひどいヤツだ」と思っているのでは?
あなたの言い分は「私らが出ていったら、あんたは大きな収入がなくなるんやで。すぐに後釜も見つからへんやろ。そうなったら困るやろ。値下げを飲んどいた方が賢いで」といっているように聞こえるのでは?

Q刑事裁判の訴訟費用はいくら位?

刑事裁判で有罪判決が下された時に裁判長が
「訴訟費用は被告人負担とする。」と付け加えられますが、
具体的にどれ位の金額を払うのでしょうか。
例 半年で5回の公判の場合
  1年で8回の公判の場合
など 教えてください。

Aベストアンサー

おおざっぱな数字です。

国選弁護人の場合、約15万円と約20万円。

私選弁護人の場合、いずれも0円。
ただし、私選弁護人に対し、依頼した報酬として
数十万~数百万円支払うことになる
(私選弁護人の報酬は訴訟費用に含まれない)。

また、国選・私選弁護人を問わず、証言した証人が日当・旅費を
請求した場合は、証人1人・1回につき、上記金額に約5000円が加算されます。

Q民亊調停裁判で和解したときの誓約書内容と金額

以前にも相談した者ですけど、自分の中で納得がいかないので相談する事にしました。
民事調停裁判の和解の時の条件で指定した損害金と別で1500.000万円を先に貰えるのを条件で和解しましたが、調停書を書類整理する時に読めば、1500.000円を差し引いた損害金で調停書をまとめていました。私は当時、間違いがあるといけないので弁護士さんを同席で和解しましたが
今頃になり、気が付きました。今現在は相手側から損害金は分割で受け取っておりますが、返済は済んでいません私はその1500.000円の差額は何処に請求できるか、如何すれば解決できるか教えて貰えませんか納得できません。私には1500.000円は大金であり未来に影響するほどの損害金です。

Aベストアンサー

その同席した弁護士は、質問者が依頼した代理人弁護士ですよね。
その代理人は、その差額とやらをどう認識していますか。
質問者が納得できないのなら、その弁護士に聞けば済むことです。

Q養育費請求を公正証書にするか、調停・裁判にするか

私は、夫から長年DVを受けて、精神科に通っています。

箇条書きでまとめると、

・普段から無断外泊をして連絡が取れない。給料明細やシフト表などを見せないので、夫がいつどこで何をしているかわからない。

・子供の児童手当などをスロット等に使ってしまう。

・女性の持ち物や、ラブホのライターが車に落ちているが、聞くと小学生でも付かないような嘘や逆切れ、無視などで、まともに取り合ってもらえない。

・新興宗教の信者であることを子供が生まれるまで隠しており、家に信者が定期本を持ってきたり、おかしな映画を見せられたりする。

言い訳の中にも、「女の家に泊ったが、何もしていない。死ねば判る」などと、少しまともな感覚から外れてしまった話をされる時がある。(というかそれで私が納得するだろうと思って真顔でそういうことを言われる)

・無視や、理屈の合わない言い訳をされて、こちらが「子供が可哀想!いい加減にして!」と肩を突き飛ばしたりすると、「いま突き飛ばしたな、正当防衛だからな」と言って、顔や腹を殴ってくる。


・生活費を入れない時があるが、後から数万渡されたりして、「あの時渡しただろう」と言ってうやむやにされる。
(普段から、証拠が残らないように、またこちらが頭を下げて貰うように、生活費は手渡しにされています。)
過去一年だけ、通帳引き落としにしてもらいましたが、12ヶ月中5ヶ月のみで、1か月分手渡しで貰いました。
もちろんボーナスも渡さないので、年収450万中300万くらいは夫のものなのに、ときどき3万~9万のクレジット明細や光熱費の滞納用紙が届く。


・よく事故を起こし、車を廃車にしたり、貴重品を紛失するが、こちらの親から車を貰っても、親に挨拶など一切しない。私の親の電話にも、自分の親の電話にも出ない。

ということで長年苦しんできました。

弁護士の方計4人にお話したところ、
法テラスで無料で相談した2人の方、県庁でやっている無料相談の方1人には、

「不倫の証拠は男女関係を思わせるメールだけでは弱いし、
ギャンブル・借金癖があり、収入も450万しかない相手のことを考えると、あきらめて早く別れた方がお子さんにとってもいいのでは」

というアドバイスでした。


ところが、有料でお願いした5人目の弁護士さんは、
「専業主婦だった間も生活費を渡していないんだったら、手渡しでもお金が増えたときは銀行口座に記帳があるのだから、それがほとんど無いってことは十分慰謝料は請求できると思いますよ。

不倫だって、「家に入ったけど何もしていない」だとか、

「インターネット喫茶のファミリールームに何度も二人で泊ったけど漫画読んだだけ」とか、

あなたは洗脳されてしまって証拠にはならないと思っているようですが、
調停員だって馬鹿じゃないんですから、話を聞けばおかしいってことくらい判りますよ。」

と言われました。更には、


「こうやって話を聞いているだけで、あなたはDV被害者に良く見られる、精神分裂気味の話し方がみられるし、
理不尽な責めたてばかり受けてきたために、それに怯えて、先回りして聞いてもいない言い訳をしようとしたり、
(夕食を作らなくなったのは夫が連絡をいれずに夕食を女と食べてくることが多く無駄になるからなど)

明らかに被害を受けているのに、「自分の社会性が低く、子供を養えるか不安だから、そんな目に遭うのも仕方ない」と、我慢しまっているあたりも、典型的だと思います。

なので、今は公正証書で月6万円(養育費3万、慰謝料3万)というお願いをしているということですが、

再婚して子供を作って養育費を減額するとほのめかしていることからも、
公正証書の手続きを長引かせている(慰謝料1万、養育費5万でないと了承できないといっている)ことからも、

やはりまずは、別居と言う形で「婚姻費用分担請求」の調停を起こして、
その際はあなた一人では心配だから、弁護士をつけて貰って、
(弁護士をつけると相手に後日内容証明郵便が届くらしい)

その後、離婚の調停をおこせばいいんじゃないですか」

と言うアドバイスをいただきました。


夫はかなりの高確率でアスペルガーのですが、誤解もあると思いあえて言わなかったのに、その弁護士さんは夫が人格障害かアスペルガーかのいずれかでしょうということを言い当てました。

しかしこんかい調停をおこすにあたって問題が二つあり、

●その弁護士さんは夫の住所の管轄から非常に遠方に住んでおり、
一回の調停でもかなりの費用が掛かってしまう。

●その弁護士さんは、「公正証書で強制力をつけても、結局旦那さんのような人は逃げるから、
そうなってくると毎回探し出すのが大変。

それに、貯金も無く給料が少ないからって、慰謝料を分割にすれば、児童扶養手当もその分貰えなくなる上、途中から払わなくなると言うリスクもある。

それだったら、一度離婚の調停のために別居して、婚姻費用を請求して、その後、裁判で慰謝料をとったほうがいい。もちろん慰謝料は一括で貰うべき」と言っていたが、

もし別居となると、その間保育園も夫の収入での金額になるし、県営住宅にも入居できないし、そもそも公正証書を作っても仕事を辞めて払わないのなら、婚姻費用も払わないのでは?
という問題があります。

デパスを飲みながら働いている今の私の状況では、頭が良く回らず、どうしたら一番良いのかがわかりません。

夫は、「月6万は払うが、それはあくまで養育費で、不倫や生活費を払わないという証拠が無いのだから、お前に慰謝料をはらうつもりはない。」と言っています。

公正証書で慰謝料・養育費を請求するのと、裁判で請求するのとでは、どの様なことが違ってくるのでしょうか。
そもそも、夫のような人間に、調停や裁判を起こして、こちらが勝てるのでしょうか。

実家の近くには信頼できる弁護士さんはいますが、夫の管轄の地域には、DVに強い弁護士さんがほとんどいません。
とても心配で、動けずにいます。
どうか助けてください。

私は、夫から長年DVを受けて、精神科に通っています。

箇条書きでまとめると、

・普段から無断外泊をして連絡が取れない。給料明細やシフト表などを見せないので、夫がいつどこで何をしているかわからない。

・子供の児童手当などをスロット等に使ってしまう。

・女性の持ち物や、ラブホのライターが車に落ちているが、聞くと小学生でも付かないような嘘や逆切れ、無視などで、まともに取り合ってもらえない。

・新興宗教の信者であることを子供が生まれるまで隠しており、家に信者が定期本を持ってきたり、...続きを読む

Aベストアンサー

Q  公正証書ではなく調停のほうがいいと思った理由(山積みの問題)というのは、どのような点でしょうか。
A 公正証書ですと、内容に不履行があっても、金銭以外の強制執行はできないことになっています。その点、調停ならば、離婚でも財産分与でも親権でもその他の取り決めでも不履行があれば一方的に強制的に内容を実現(それを「強制執行」と言います。)することができるので、公正証書よりも調停の方がいいと思うわけです。もともと、離婚は調停から始めなければならないことになっているので、そのことから言っても調停をお勧めするわけです。
なお、相手が大うそつきだからこそ、権利の実行を確実にするために、調停によって確保するのです。
Q 来年からは、このような案件について、どの様に法や制度が変わるのですか?
A この種の法律は、「非訟事件手続法」「家事審判法」「民法の一部」等別々な法律でした。それらを一つにまとめ「新家事事件手続法」とするのです。ですから、全く別な法律ではないので、新しい社会情勢に見合う点が新設された以外に基本的にはそれほど変わりません。
Q  なぜ今年中の申請が良いのでしょうか。
A ご質問の内容から判断して、なるべく早く解決する方がいいと思っただけで、来年でもかまいません。なお、他の方が言っているようなテレビ会議方式など今でもあります。これを新法にも取り入れるとと言うだけで、最初から最後までテレビ会議方式に変わるわけではないです。
最後の書面は公文書になるわけですから、原則的には従前の方法で手続きは進めます。

Q  公正証書ではなく調停のほうがいいと思った理由(山積みの問題)というのは、どのような点でしょうか。
A 公正証書ですと、内容に不履行があっても、金銭以外の強制執行はできないことになっています。その点、調停ならば、離婚でも財産分与でも親権でもその他の取り決めでも不履行があれば一方的に強制的に内容を実現(それを「強制執行」と言います。)することができるので、公正証書よりも調停の方がいいと思うわけです。もともと、離婚は調停から始めなければならないことになっているので、そのことから言...続きを読む

Q賃金未払い請求判決後の損害金・訴額金額

建築業の個人事業主です。
発注先の元請けが、支払いを約半年の間 一度もしなかった為に、簡易裁判所に未払い請求の訴えを起こし、判決は請求額の全額と訴訟費用を被告の負担とする。と言うものでした。
ココでの質問は、訴訟費用とはドコからどこまでのことでしょうか?
また、遅延損害金の請求は何か基準やマニュアルとかはあるのですけね?

それと、判決文には利息については記載が無かったですが、年利6%も請求しようと思っていますが、問題が
有るようでしたら教えてください。

Aベストアンサー

>ココでの質問は、訴訟費用とはドコからどこまでのことでしょうか?

 訴状に貼った収入印紙代、郵送料、訴状作成提出費用、原告出廷日当及び費用、などです。

 根拠法は、民事訴訟費用等に関する法律です。

>遅延損害金の請求は何か基準やマニュアルとかはあるのですけね?
>判決文には利息については記載が無かったですが、年利6%も請求

 請負代金請求に付随して請求できるのは、「利息」ではなく「遅延損害金」です。
「遅延損害金」は、支払期日後の日数に応じて請求できます。

 ただし、質問文からすると、判決では遅延損害金については判断されていないので、遅延損害金について強制執行はできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報