特に1番はきれいにやくできませんが、よろしくお願いします。
Wear
The progressive loss of substance from the operating surface of a body occurs as a result of relative motion at the surface.
Notes:
Wear is usually detrimental, but in mild from may be beneficial, e.g. during running-in;
A body may become unserviceable as a result of major plastic deformation. Small-scale plastic deformation occurs in almost all wear processes;
In English the general term Wear includes mechanical, chemical and thermal effects.
磨耗
物質の物体の操作表面からの進歩的な損失は、表面で相対的な動作の結果として起こる。
記録:
1.磨耗が通常の有害であるが、中からの時に有益であるかもしれない 例えばならし運転の間に穏やかである。
2.物体は主要な塑性変形の結果として役立たずになるかもしれない。小規模の塑性変形はほとんどすべての磨耗プロセスに存在する。
3.英語において 磨耗の一般用語が機械学, 化学および熱効果を含む 。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

The progressiveloss・・・はWearの説明ですが、この文章には動詞があります(occurs)。

文献の翻訳としたら、saekowさんの翻訳はほぼOKです。
ただし、「物質の」と「物体の」とが連続して出てくると、ちょっと読みづらいです。前者は「操作表面からの」の次に入れた方がいいでしょう。
また、「進歩的な損失」というのは奇妙です。「進歩的な」ということはいいことを指している言葉なので、「損失」(悪いこと)とは合いません。論文などでは「漸進的な」とか「累進的な」とかという言葉をよく見かけます。

なお、「The progressive loss of substance from ・・・occurs」を「substance is progressively lost from ・・・」と書き直して訳した方が日本語にしやすくなるし、わかりやすくなります。

Notesは注意、注、注釈などです。(前にも言いましたよね。)
その次の文章は、『Wearは通常は悪いことだけど、ある場合には有益なこともある』と言いたいわけです。
この文では、“摩耗が”ではなくて“摩耗は”として下さい。
mayは「~かも知れない」ではなくて「~こともある」とか「~の場合もある」と訳すのが適切です。
in mild fromというのはよくわかりません。スペルは正しいですか? 確認して下さい。
訳としたら、「中からの時に」ではなくて「場合によっては」というような意味でしょう。
つまり、「場合によっては有益なこともある。」というような訳がいいでしょう。
during以下はその「場合によっては」の「場合」の一例を挙げています。「場合によっては」の次に入れても構いません。
「場合によっては、例えばならし運転の際には、有益なこともある。」というような訳になるでしょう。
duringは「間」という訳もありますが、ここでは「際(さい)」とか「時」とか訳しましょう。
(ただし、英文が正しいかどうかが不明なので、この点についてはスペルを確認してからもう一度検討しましょう。)

次の文章中の major は「大きい」でもいいような気がします。その後の small-scale の対語ではありませんか?
occur は「存在する」ではなくて最初の文章の時と同じように「起こる」と訳せばいいです。occur と in は分離して考えましょう。in 以下は、「~においては」(「~の場合には」の意)です。「小規模の塑性変形」の前に挿入すると、日本語らしくなります。その場合、「塑性変形は起こる」ではなくて「塑性変形が起こる」になります(“は”が“が”になる)。

最後の文章では、筆者は、「英語では一般的に摩耗という用語には mechanical effect, chemical effect 及び thermal effectが含まれる。」と言いたいのです。摩耗は一般的に悪いことなので、effectは効果ではなくて影響と訳しましょう。効果というといいことのように聞こえてしまいます。

日本語、難しいですね。がんばれ!
    • good
    • 0

以下のような訳はいかがでしょう。



磨耗(摩耗)
作用面から、物質が進行的に失われることをいう。物体表面における相対運動の結果として起こる。

注記:
1. 摩耗は通常は有害なものであるが、それが穏やかなもの(に由来するもの)であれば有益なこともある。ならし運転(なじみ)が例として挙げられる。
2. 顕著な塑性変形がおきるならその物体は用をなさなくなることもある。小規模の塑性変形はほとんどの摩耗プロセスで起きるものである。
3. 英語で一般に"Wear"という場合、機械的な摩耗のほかに化学的、熱的な効果を含む。

*"operating surface"を「作用面」と訳しましたが、このような技術用語があるのか分かりません。この部分、自信なしとさせてください。

なお余談ですが、「見てもらいませんか」は「見てもらえませんか」が正しいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qslow downとslow up、fill inとfill out、in the week of とon the week of の使い分けのポイントをおしえてください

同義語なのか反対語なのかよくわからない英語の表現について教えてください。できましたら例文で教えてもらえると本当にたすかります。

Aベストアンサー

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
あと、
in the week of

on the week of
の違いですが、inのほうがonより「漠然とした」感じみたいですよ。逆に言えばonはもっとその時点(week)にフォーカスした感じで使われている、ということです。うまく説明できなくて申し訳ないけれど。わたしが聞いたとき、ネイティブの人も「うまく説明できなくて申し訳ないけれど」といっていましたっけ。

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
...続きを読む

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む

Qthe result と the results

『新・基本英文700選;駿台文庫(2002/01) 』の [83] [102] [263] には、「試験の結果」として、
the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?
また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?>

1.単数result:

「成り行き」「成果」「結末」という意味では、単数扱いになります。

「試験の結果は合格だった」などでは、「結末」「成果」という意味ですから、単数扱いになります。

2.複数results:

「成績」という意味では、複数扱いになります。

「試験は好成績だった」などは、good resultsと複数形で使われます。

3.使い分け:

The results of the research are being examined.
「その調査結果は、現在審議中だ」
*調査した結果出た、複数の結果報告をさします。

The result of the research turned to be fact.
「その調査結果は、事実と判明した」
*調査による「結末」としての結果なので、単数になります。


ご質問2:
<また、「試験の結果」を、特に文脈の無い日本文において英語に直す場合(短文の英作文ということです)、上記2つのうち、どちらがより一般的に使用されているのでしょうか。>

やはり文脈によります。どちらでも文法的に間違いありませんが、resultと単数が無難だと思われます。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<the result of the examination と the results of the examination が載っています。これらはどう違うのでしょうか?>

1.単数result:

「成り行き」「成果」「結末」という意味では、単数扱いになります。

「試験の結果は合格だった」などでは、「結末」「成果」という意味ですから、単数扱いになります。

2.複数results:

「成績」という意味では、複数扱いになります。

「試験は好成績だった」などは、good resultsと複数形で使われます。

3.使い...続きを読む

QThe lack of rain will result in a poor crop this y

The lack of rain will result in a poor crop this year.

とありますが

a poor crop → a poor crops
ではないのですか?

Aベストアンサー

ある程度丸暗記すると、法則が、文法が、見えてくるのかしら。

QLeaving the surface of the statue wrinkled and rip

Leaving the surface of the statue wrinkled and rippled, though, gives, the statue an effect it would not have if it were smooth.

英訳をお願いします

Aベストアンサー

しかし、像の表面をシワシワで波打った状態のままにしておくことによって、表面がなめらかな場合には出ないような効果が出る。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報