以前どこかのサイトで
「温室効果によって気温が上がろうとしても、
それによって海水の蒸発量が増えれば大した上昇はないだろう」とか
「もう少しだけ気温が上昇してシベリアの永久凍土が溶ければ砂漠化によって農耕不可能になる土地よりも、広大な面積の農地が手に入る」
などという発言を見たことがあります。
「恐竜が住んでた時代はもっと暑かったし、逆に今は地球が冷えている時代」(だから恒温動物が栄えている)という意見もどこかで聞いたことがあります。
日本が住み難くなるとかの話ではなく、地球規模で見た際、現在の地球温暖化の傾向はアリなのかナシなのか。

皆さんのご意見を教えてください。

A 回答 (6件)

シベリアの永久凍土が解けたら、分解されずに蓄積された有機物がメタンを発生して、さらに温室効果を進めるので「もうすこしだけ気温が上昇して」なんていう虫のいい話はできなくなると思います。

シベリアって、温度が上がりさえすれば農業に適するような土地でしたっけ?面積だけでなく、降水量とか、いろんな要素が必要です。

海水の蒸発量が増えても、それが安定した水蒸気で存在するわけでなく、局地的な集中豪雨など、災害を招く可能性がずっと高いはずです。

恐竜の時代と較べてどうする。今年の夏の暑さでも、日本人はぎゃ―ぎゃ―言ってたはず。
    • good
    • 0

 第一に、地球温暖化の問題に関しては、確かに質問のような意見もあることも事実ですが、それはあくまでも可能性の1つに過ぎず、もちろん気温上昇による海面上昇も可能性に過ぎず、実際に起こってみないとどうなるかわからないというのが実際のところだと思います。

しかし、起こるかもしれない。起こらないかもしれない。という状況では、我々はどうすべきでしょうか。例えばもし火事が間違えなく起こるという状況であれば誰もが、なんらかの対策をするでしょう。貴重品だけでも外に出すとか、新しい家を準備しておくとか、あるいは火事が大きくなる前に何とかしようと消火器を用意しておくとか。しかし実際には、火事が起こるということは、可能性があるからみんな万が一のために備えているわけです。洪水や地震でも同じことでしょう。地球温暖化でもまったく同じことが言えるのではないでしょうか。目先の利益を優先して何も対策をしないで、のちにすべてを失うのと、とりあえず目先のことはある程度犠牲にして長い目で見て将来にわたって利益を得るのではどちらが賢い選択だと言えるでしょうか。
 第二に、確かにシベリアの永久凍土が溶ければ砂漠化によって耕作不可能になる土地よりも、広大な面積の農地が手に入る可能性も否定は出来ないかもしれません。しかし、ロシアいいかもしれませんが、砂漠化する土地はロシアだけではありませんし、むしろロシア以外の国でしょう。そこの国の人がロシアに引っ越して耕作するわけにもいかないので、結局は輸入するか、お金がなければ餓死するしかないのでしょうか。
 第三に、恐竜の時代は現代より暖かかったかもしれませんが、問題は急激に暖かくなることではないでしょうか。生態系と言うものは環境の変化に対応して徐々に変化するものですが、急激な変化にはなかなか対応しきれないものです。もちろん(ほぼ)全生物が滅びることがなければ、長い目でみれば順応してゆくのかもしれません。そこの滅びない生物に人間が含まれているかどうかはわかりませんが。しかし本当に地球の生態系のためには、そこで人間が滅びたほうがいいのかもしれませんが・・・。人間は過去の過ちに気づいていながら、同じことを繰り返す生き物ですから。
    • good
    • 0

私は「あり」だと思いますし、学者の意見もそうでしょう。


ただしその結果、人類が生き残れない可能性があります。
今まで、恐竜が全滅し、マンモスが全滅してきたわけで、
ヒトという生物が全滅することもあるでしょう。

もう少し「だけ」気温が上昇して...なんていうことはあっても、
そのさじ加減は人間が制御できるはずもなく、
それで永久凍土がどうこういうよりも、
今の状態を続けた方が人類にとって幸せでしょうね。
    • good
    • 0

温暖化で砂漠化したり水面下に沈んだりして滅びる国はあっても、ただちに種としての人類が全滅するほどの話ではないと思います。



また地球上の生物種全体としてみても、環境変化で滅びる種もあれば、それを契機に勢力を拡大する種もあり、また新たな環境に適応する種もあり、全滅することはないでしょう。地球史的には、一過性の流行病のようなものです。

ただし、そういった環境変化が与えられてから、再び安定した生態系バランスを構築するまでの時間が一万年なのか百万年なのか一億年なのか、ともかく地球史的にはそれほど長くないけれど、人類の時間間隔からすればおそろしく長い時間が必要です。その間、農業分野での害虫の異常発生など、生態系不安定に起因する不都合を被りつづけるのが嫌ならば、環境変化は「程々」に抑制した方が人類としては得ではなかろうかと思います。環境への影響をゼロにはできませんから、「程々」の影響を与えることによる不都合は、子々孫々にいたるまで甘受する覚悟を持ちましょう。
    • good
    • 0

ご質問の内容にあるような発言をされる方たちが、多くいることは存じております。


個々の現象を、ミクロ的に見ればすべておかしいとは言い切れませんが、問題の根本を履き違えています。
また、科学者が陥りやすい間違いの一つに、「現時点における知見」というものがあります。
現在の科学の知識では、可能性はないと考えられる。というものです。
これは、一般常識からすれば、大変に身勝手な論法ですが、彼らの世界では通用してしまいます。
科学者にとどまらず、政治家も良く使う手ですがね。

温暖化に対する是非は、本来、可能性で考えるべき問題です。
知見が及ばないのなら、その現象が起きる可能性に沿って対処するべき問題です。

温暖化のことを真剣に考えるならば、エネルギーレベルを下げる方策を考えすぐに実行するべきです。
化石燃料の枯渇を問題にする前に、化石燃料を使い切ってしまうことの是非をハッキリするべきです。(ハッキリしているとは思いますが)

私は、人間という生物は、全生命体の中で最も知能が低い生命体だと思っています。
自らの「種」が滅亡するかもしれない、可能性の考えられる「愚行」を気が付きながらも止められない。

温暖化の問題は、温度が何度上がるのか、大昔は寒かったなどという次元の問題ではないと思います。
地球上の生命体に、危害が及ぶかもしれない行為を、即刻止める。
そのためには今、どのように行動すべきか。

本来は、「種の保存」のレベルで考えるべき問題と承知しております。
    • good
    • 0

何の専門的知識もないので分からないのですが自分の思う所を書いてみたいと思います。


 温暖化によって気温が上がっても海水面への影響はないというのは以前ニューヨークタイムズで見たことがあります。しかし、化学的なことは分からないのですがもし仮に海水面の変動がなかったとしても、気温が上がるということはもっとたくさんの影響が出るように思います。例えば新たな疫病がでてきたり、生物の生態系が壊れたり、その他予期しないことがたくさんあると思います。
 大昔は温かい時代があったというのもありますが、それは自然の成り行きで気温が変動したわけですからそれはゆっくりとした変化だったのだと思います。ですから生物もそれに順応してゆくだけの時間があったのだと思います。しかし今現在のは人工的なものなので急速に変動しています。ですからその変化に生物が順応していけないということも考えられると思います。
 ですから自分の考えとしては自然に起こる気温の変動意外に人工的な気温の変動要因をあたえるべきでないと考えます。我々も自然の生き物なのですから
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温室効果(地球温暖化)を予言した人

温室効果(地球温暖化)を予言あるいは最初に警告した人って誰でしたっけ?
忘れてしまいました。

Aベストアンサー

物理現象としては古くから知られていました.

地球温暖化としては,確証はありませんが,1960年頃には
そういう可能性があることは提唱されていたと思いますし,
金星探査を行っていた頃ですから,金星の気候モデルにも使われていました.

日本では,1980年に放映された,カール・セーガンによる「COSMOS」で一気に広まったと思います.
従って,日本では,と言う条件を付ければ,カール・セーガンでしょうか..

Q上流に農耕地のない地点(河川の上流側)の硫酸イオン濃度が、農耕地を持つ

上流に農耕地のない地点(河川の上流側)の硫酸イオン濃度が、農耕地を持つ地点(下流側)のおよそ2倍の値を示しました。
アンモニウムイオンなど、施肥の影響を受けるイオンは農耕地を持つ地点の方が高濃度を示しています。それではなぜ、硫酸イオン濃度だけ上記のような結果になったのでしょうか?

調査日当日は雨でした。
調査対象の河川はpH7強で、pH・ECともに下流側の方が高くなっています。
2地点間の距離は1km程度です。

理由として、以下の4つを考えたのですが、どれも可能性が低いように感じます。
1.降雨流出
 他のイオンが下流へ行くに従って増加していることから考えにくい
2.支流の合流による希釈
 1同様考えにくい
3.土壌吸着
 対象河川は整備されており、コンクリートの用水路となっているため、考えにくい。
4.硫酸還元菌
 対象河川に土壌が少ないことから、考えにくい。
 また、3.4の場合、1kmの距離で半減させるほどの働きが見られるかが不明。


どなたか知恵をお貸し下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

上流の土地が硫酸イオンを排出しやすいのだと考えれば、容易に説明できると存じます。
そう考えれば、1と2いずれも硫酸イオン濃度低下の理由になります。
4にかんしては、どのような根拠で土壌が少ないと判断なさったのかが気になりますが、
仮に土壌が少ないとしても、対象としている河川の硫酸イオン濃度が高い理由として、その土地の土壌の性質があると考えることと、何ら矛盾しません。

Q地球平均気温のグラフ

タイトルの通り、地球の平均気温の変化を示すグラフを探しています。しかし、なるべく年ごとに平均気温の書いてあるグラフがほしいです。
お願いします

Aベストアンサー

「平均気温」ということで出しているのはほとんどありません

日本の気象庁は「偏差」で出しているし、そもそもの測定データは
IPCCのいう1,000~1,500箇所の都市部が半分以上です
(そもそも日本のデータも都市部の物中心にしか、データ化していません)

全地球規模で求めようとすると、イギリスとアメリカの2国が行っているのが
認められているだけで、特にイギリス気象庁は30,000箇所を測定点にして
出して居ます

ただ、ここも10年ごとにしか出して居ませんので、2010年までのデータしか
公表はされていません

大学との連携での観測もされているようですが、昨年の大学との共同発表
では、地球の平均気温は1997年以降は上昇していないと発表されており
とくに南半球での気温低下は、この報告だけがふれた事実です

IPCCの報告では「北半球に限れば...」と注釈がつくのはそのためでしょう

全地球的には高止まり状態のようですが、平均気温のグラフとしては公開されてはいません

Q地球の温度上昇について

よく、地球の表面温度が上昇という言葉を聞きますが、表面温度とは具体的にはどういうことですか(どのあたりの温度かなど)。
また、地球の「表面温度」の上昇率と、地球の「気温」の上昇率は一致するのですか?それともやはり、それは一致はしないで比例するのでしょうか。それとも比例もしないのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

地球の表面温度と言う場合、地上(海上)の気温の意味です。

つまり、地上(海上)1mぐらいの所の気温です。
(地表面の細かい状態の影響を避けるためなど)

海上でも、そのような意味です。


特段断りなく、単に気温と言ったら、そのような地上(海上)の気温の意味です。


なお、
地表面温度で、地表面温度をさす場合もありますが、霜などに関しての場合です。

Q最近5年間くらいの日最高気温、日最低気温を知りたい

先に質問させていただいたのですが
書き忘れがあったので再度投稿させていただきます。
こんどは
最近5年間くらいの毎日の日最高気温と日最低気温を知りたいのです。
希望する地域としては愛知・名古屋、三重・津です。
今年の分については掲載HPがあるのですがどちらかで簡単に調べられる、あるいは掲載のあるhPをご存じであれば教えてください。

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=146157

Aベストアンサー

地方自治体が大気汚染の監視を24時間自動測定していますが、そのとき気象データも24時間測定しています。最寄の地方自治体(県)に問い合わせて、地殻の測定地点があるかどうか聞かれたらいかがですか。データはコンピュータ処理されていて、毎日の最高最低など数値が出ているはずです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報