山百合の球根を貰いました。
球根の一片を植え付けて、たくさん増やせそうな気がしますが、、、大きな球根は分球するようでもあり、、、、
効率的に増やすにはどうしたら良いでしょう。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

初めまして、こんばんわ。


bhojiさんの説明が丁寧で解り易いです。
私からのアドバイスは・・・、球根が何年物で、直径何cmくらいかと言う事です。
山百合の場合、

A、5cmより、小さいとき・・・・鱗片(一つのかけら)をわけずに、もう少し、植えて球根を大きくしてからの方が、成功率が良いです。
nktさんは庭はお持ちと思われます。
必ず守っていただきたいのは、朝日が直に当たる所に植えてはなりません。
自然に、枯れうせます。朝日を避けて、日中に日が当たるところがベスト。
肥料は、牛糞堆肥1、腐葉土1、出来れば、米糠0.5(これがポイント)の割合で元肥として、土に混ぜ、深さ60cmは掘り起こして、良く耕して、空気を入れましょう。
肥料がなじんだら、球根をうえつけます。
ここで、注意したいのが、原種の山百合の場合に限り言える事です。
通常の球根やユリでしたら、球根3個分の深さに植えますが、山百合は、より深く植えるべきです。これは、山百合の球根が、大きくなると共に、自ら地中深く潜っていく性質が強いためですし、また、山百合を深く植える事で、他の改良種より急な低温に弱いので、後々病気に掛かり易くなるので、山百合の球根のみわざと20cm以深に植えて、ゆっくり発芽させます。
また、球根は、10月から、4月位まで、地中で発育してますので、冬でも、堆肥、花卉用肥料は蒔き与えますが、規定された量より少なめ。液肥を与えるのは、発芽後の、花芽を肥やすときにします。
植えた後は、藁を敷いて、冬ごしさせます。

B,5cmより、大きいとき・・・鱗片より増やせます。
bhojiさんが既に述べておられます。
○平植え・・・鱗片が土に隠れる位にさして、出来るだけ、水平に植えます。
野生の山百合など、比較的寒さに弱い品種に向いた植え方
○斜め植え・・・鱗片の、穂先が土から出るように植える方法
比較的、耐寒性がある品種、鬼百合などに向きます。

あと、鱗片を刺すとき、割り口がそのままで良いです。
家庭で栽培するときは、「珪酸白土」をぬらした鱗片の割り口にまぶし、刺せば安全です。
あとはbhojiさんと大同小異です。
宜しくご参考ください。
実家の近所では、一度に135個の花がつく、山百合があります。香りがすばらしく、結構です。
がんばって、栽培して下さいね。
    • good
    • 0

でも、ガーデニングは奥深いですね!(^^)


園芸種は、ものすごくいっぱいあるんで、
みんなで、知恵出し合いましょう!(^^)

bhojiさんが仰るとおり、その、帯花現象ってやつ、すごかった・・・。
百個以上花の付く、山百合の茎は、金槌の柄くらいになっています。
その山百合の所有者の方、近所の羨望の的です!
たまに、TVが取材に来ています。
その方、1本の山百合に、毎年、牛堆肥、50kgくらい、根元から離してまいてるんです。恐れ入ってます。(企業秘密もあるらしいです)
でも、その山百合、その方が家を建てる以前からあったらしく、ウン十年物だそうです。

参りました!

この回答への補足

物知りの方が多くおられて、敬服します。
私の質問が山百合談義になっているようで、
楽しいです。
でもここいらで、ぼちぼち〆切にさせて戴きます。
皆様どうもありがとうございました。
nkz

補足日時:2001/10/22 21:38
    • good
    • 0

書くのを躊躇した点を、albracさんに指摘されてしまった。

(^_^;)
それは起こす穴の深さ・・・60cmまでは思いませんでしたが、30cmが最低で
本当は40cm以上はほしいと思っていましたが、そこまで掘ってもらえるかどうか心配で・・・
同様に穴の深さに合わせて、球根の植付けの深さももう少し深い方が良いと思います。

ウイルスはアブラムシなどが媒介しますが、それ以外に花切りバサミなども移る要因となります。
ウイルスが入った球根からウイルスを取り除く事は現在の技術では不可能です。

多輪咲きは時々新聞のローカル面などに出ていますが、これは「帯化」現象で、特に山ユリは多いようです。
それにしても100輪以上は珍しいですね。
    • good
    • 0

 「鱗片挿し」は寒い所では発芽しても枯れやすいので、nkzさんのおっしゃるとおり、春でも良いと思いますが、花が咲くまでかなりの時間、手間、年数がかかるので、通販でいくつか買って咲かせた方が早いですね。


 鱗片はある程度傷がついていた方がそこから発根しやすくなるのでそれほどかわいそうに思わなくても良いと思います。
 無菌のパーライトや、バーミキュライトに挿すと良いと思います。

 ウイルスの件ですが、モザイク病を初めさまざまな病気にかかりやすいです。ウイルス病にかかったらもう引き抜いて処分するしかないので、予防しても難しい点もあります。
 園芸店や、ホームセンターなどで売っている球根殺菌剤(ベンレート)でもいいと思います。
 あとは発芽後、アブラムシなどの害虫駆除等をこまめにすることだと思います。 

 nkzさんは鉢栽培か、庭植えになさるのかわかりませんが山百合をはじめて栽培なさる場合は庭植えが宜しいかと思います。「鱗片挿し」とかは結構大変なので、栽培に慣れてからなさってみてはいかがでしょうか?

 山百合は気難しいので気長に付き合ってください。(^^)
    • good
    • 0

ご質問の文面から貰われた百合の球根は1球ではなく、複数のようですから次の方法で増やせます。



1.分球
ユリは普通、球根の中心部から茎が伸び花が咲き、今の次期は枯れた茎のあとが残っていますが、
それを中心に明らかに2-3個に分かれていて、枯れた根元だけつながった状態なら今が分球時期です。

2.鱗片挿し
この方法は一度に多くの球根を増やす方法ですが、小さいので大きくなって開花までに3年くらいかかります。
浅めの鉢かプラスチックの育苗箱にきれいな砂、鹿沼土、バーミキュラなど入れ1枚ずつ2-3cm間隔で
挿していきます。
はっきりとは覚えていませんが、鱗片の先が少しの出るくらいの深さだったと思います。

3.その他
ユリの植付けには深さ30cmの穴で腐葉土や肥料を混ぜて入れ、地面から球根の高さでマイナス3個目の
深さに埋めて下さい。
ユリの根は球より下の根と地面までの茎から伸びる上根(牽引根?)がありますから来年秋に堀上げる時に
この上根に付いている小球もあと2年で順調に大きくなれば咲きます。
球を大きくするには実を着けさせない事と、切花にするにしても茎の半分以上は残す事。
あとはウイルスに注意

参考URL:http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/l …

この回答への補足

もう少し教えてください。
分球できるものもあります。これば教えていただいた通り植え付けようと思います。
他のものは「鱗片挿し」してみようと思いますが、鱗は完全に独立しておらず、剥がすと根本は身が少し欠けるようでかわいそうです、消毒は必要ないでしょうか?
また、これは春に行うものでしょうね?
当地は秋田で、もうすぐ雪に埋もれます。
あと、ウイルスへの具体的な対処法はお分かりですか?
よろしくお願いします。

補足日時:2001/10/20 17:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチューリップの球根、植え付けたときの肥料ですが

すでに50球の球根を植えてしまっています。
少し遅く、12月に入ってすぐの植え付けでした。

その際、説明書には「暖効性肥料を混ぜて・」と書いてありましたが
特に何もまぜないで、そのまま植えてしまったのです。
とにかく時期的に早く・・と急いでいて。

で、植えつけた後から何だか不安になってしまって。
花はちゃんと咲いてくれるか。

これから先、芽が出てくる前の間に、
何かできることはありますか?

水遣りの際、液肥を薄めたものをあげるのはどうでしょうか?
それとも、土の上の方にでも肥料を撒いたほうがよいのでしょうか?

何かアドバイス等ありましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

植付けの際の肥料はあまり神経質にならなくても良いと思います。
毎年、チューリップや水仙の球根を植えていますが、植付けの
際は肥料をやっていません。

チューリップの場合、花を咲かせるのに大事なのは冬はきちんと
寒さを経験させてあげることと日当たりです。冬に寒いから
かわいそうなどど家の中に入れては逆効果です。

一番、肥料が大事なのは花が終わった後です。花が終わったら
終わった花は摘み取り肥料をあげてください。そうすると肥料を
たっぷりと吸収し、球根が丸々と太り翌年も花を咲かせてくれます。

Q苗と球根の植え付け、まだ間に合いますか?

年末といっても11月に購入した、バラの苗とチューリップ等の球根の植え付けがまだなんです…明日(今日?)やっと出来そうなのですが、球根等はもしかしてもう芽の出る可能性って低いんでしょうか…(:_;)

Aベストアンサー

すでに放置したままで芽が出てませんか>チューリップ。
確かに発育はちょっと悪くなるかもしれませんがたぶんまだ大丈夫です。芽を傷つけないように植えてください。乾燥しすぎてしなびていたらちょっと無理ですね…すでに葉っぱが出ている苗を買ってしのぎましょう。

バラについては今はまだいい時期です(芽が活発に動き出す前なら何とかなる)。
バラは世間で言われているよりかなり強いですから少々変な扱いをしても(植え付けのときに極端に根を乾燥させたりしなければ)根付くと思います。

Qジャガイモの植え付け時期について等々・・・

園芸店で売られていた種イモ用のジャガイモを、つい購入してしまいました。
しかし・・・帰ってからいろいろ見ていると、植え付け時期は、どうやら私の地方(西日本の平地部です)では、2月下旬なのだとか・・・

そこで質問なのですが、
(1)購入した種イモを2月下旬まで保存しておいてもいいものかどうか、また、いいのであれば保存方法はどうするのか。
(2)いっそのこと時期を待たず、今植えてしまってもいいものかどうか、また、いいのであれば気を付ける点は何か。

以上について、御教示のほどお願いいたします><

Aベストアンサー

遅くなりましたが...

(1)別に2月下旬まで保存して置いてもなんの問題もありません。(質問者様が購入した種芋はおそらく北海道で9月頃収穫した物と思われます)保存方法は床下収納でいいと思います。

(2)今植えても、2月(3月)まで待って植えてもどちらでも構いませんよ。ただ、今植えるとなると、凍結する恐れがあるため、稲わらや、籾殻などを着せて(不織布でも)種芋を凍らせないように!

私の家(関西暖地)では毎年2月上旬に植えて、収穫が6月上旬ですので、質問者様の地域では収穫が6月中下旬ぐらいになると思いますよ。

豊作をお祈りしま~す!

Q植え付け時期

家庭菜園を始めて2年目なのですが、この春にきゅうり、ミニトマト、ピーマン、ナスを苗から植えようと思っています。
また、エダマメ、とうもろこしを種から植えようと思っています。
僕は愛知県の平地に住んでいるのですが、どれぐらいの時期の苗を買った方が良いのか、また、いつぐらいに植えた方がベストなのか教えてください。
すでに、苗は近くのホームセンターでも売っているのですが、まだ、少し早いような気がして・・・
それでは、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トマト、ナス、キュウリなどの果菜類の植え付けはビニールトンネルなどの防寒対策をしないで植え付けるには5月のゴールデンウィーク頃が植え時です。できれば地温上昇と土の跳ね返りによる病害を予防するためポリマルチをしてください。地温が15度以上が夏野菜の植え付け時期です5月になればポリマルチをすれば地温は18度くらいに上がります。えだまめは土に直接蒔く直播と移植栽培が有りますが家庭菜園程度でも実が良く付く移植栽培をオススメします。蒔く時期は今からでも蒔けます蒔き方は土を良く耕したいらにしてたねを蒔き3センチほど覆土します土を固めないように藁かこもを掛けておきますなければ新聞紙でもかまいません。発芽したらかけてあるものを取りますだいたい2週間くらいで本葉が開いた頃が植え時です。畝間45センチ株間15センチに1本ずつ植えます。5月になれば畝間60センチ株間20センチに広げてください。だいたい75日から85日で収穫できます。えだまめは収穫適期が短いので一度に多く蒔かず数回に分けて播種してください。
トウモロコシは非常に霜に弱いので遅霜がおりなくなる時期が蒔き時ですから五月に入ってからのほうが間違いないと思います。大きな穂を収穫するために必ずマルチ栽培にしてください。9235と言う番号の穴あきマルチがトウモロコシには最適です。大きなホームセンターや農協や種苗店には置いて有ります。一穴に二粒か三粒播種してください一五センチくらいに成長してから一本にします。このとき必ず抜かずにハサミで切り取ってください引き抜くと根を傷めます。成長して小さな穂がいくつか出ますから一番上の穂を残して取ってください。二本付けることの出来ますが大きくなりませんし甘みも落ちます。トウモロコシは非常に肥料を必要としますから元肥を充分に施肥してください。

トマト、ナス、キュウリなどの果菜類の植え付けはビニールトンネルなどの防寒対策をしないで植え付けるには5月のゴールデンウィーク頃が植え時です。できれば地温上昇と土の跳ね返りによる病害を予防するためポリマルチをしてください。地温が15度以上が夏野菜の植え付け時期です5月になればポリマルチをすれば地温は18度くらいに上がります。えだまめは土に直接蒔く直播と移植栽培が有りますが家庭菜園程度でも実が良く付く移植栽培をオススメします。蒔く時期は今からでも蒔けます蒔き方は土を良く耕したいらに...続きを読む

Q果樹を植え付ける土壌について

果樹を(リンゴ、ミカン、ブドウなど)を来年、庭に植えようと思っています。
それでそこの土壌はどういう状態にした方が良いのですか?

石が多いのでそれは取り除こうとは思いますが…

Aベストアンサー

 
 今の状況はどうなっていますか?何か植物が生えてますか?

 何かが生えているなら、基本的にあまり心配する必要はありません。石を取り除くのは、良いですね。

 ただ、深さがあまり無いと、木が大きくなってから倒れやすいです。少し掘ってみて、すぐ下が岩盤やコンクリートではないことは確認しておいた方が良いかも。

 そのついでに、土に空気を含ませてふっくらさせたうえ、粒状の苦土石灰を土に少し混ぜると、なお良いです。苦土石灰は、必要な時(土が酸性の時やマグネシウムが不足している時)に使うと効くのはもちろん、必要が無い時(土が中性や弱酸性の時)に入れても悪さしません(ただし大量に入れたりしたら別)。
 土が痩せているなら、肥料も入れた方が良いです。ただし強い肥料(鶏糞や化学肥料など)は、根から少し離れた所に。堆肥や腐葉土は、私は、根の近くも含め、土に混ぜちゃいます(深い所にはそのまま入れちゃうこともあります)。

 因みに私も、大して知識や経験がある訳ではないのですが、りんご、ぶどうの他、梨、桃、さくらんぼ、キウイ、ポポーなどを始めました(みかんは植えていません)。雑草が生えていた所や、2年前まで表面が薄いコンクリだった(下の土はすごく痩せていた)所などがありますが、いずれも特に問題は生じていません。

 
 今の状況はどうなっていますか?何か植物が生えてますか?

 何かが生えているなら、基本的にあまり心配する必要はありません。石を取り除くのは、良いですね。

 ただ、深さがあまり無いと、木が大きくなってから倒れやすいです。少し掘ってみて、すぐ下が岩盤やコンクリートではないことは確認しておいた方が良いかも。

 そのついでに、土に空気を含ませてふっくらさせたうえ、粒状の苦土石灰を土に少し混ぜると、なお良いです。苦土石灰は、必要な時(土が酸性の時やマグネシウムが不足している時)に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報