マンガでよめる痔のこと・薬のこと

私は今月慢性腎炎との診断を受けました。しかし、社会保険に加入しているだけで、生命保険には加入していませんでした。腎臓をはぶいたほかの部分だけでも病気になったときの補償をしてもらえる保険がないか探しています。病気になったから保険に加入したいというのはおかしいかもしれませんがよろしくお願いします。

私は23歳、慢性腎炎以外は病気、ケガ等なしです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

加入の審査基準は各社違います。



告知をして、部位不担保や特別保険料上乗せで入れる会社もあるかも知れません。
私の扱う会社でも引き受けの可能性はあります。
    • good
    • 3

こんにちは。

慢性腎炎はIgA腎症でしょうか?程度がわかりませんが慢性腎炎が軽いなら(例えば治療にステロイドを使わず抗血小板薬のみ投与しているもの等)は何年後かに治癒してから保険に入ったらどうでしょうか。現在、保険に入るのは無理か不利のどちらかだと思います。
    • good
    • 2

保険引き受け基準は、各社違いますので、ご希望の会社に聞いていただきたいのを前提に・・・・



慢性腎炎にでしたら、傷害保険とか、告知ない保険(あなた様のお年ではありませんが)は大丈夫、ガン保険は加入可能性ありますが、その他の保険は無理でしょう。

なお、慢性腎炎が将来完治して5年経ったら、告知しなくてよくなるので加入できます。(ただし、それまでに申し込み手続きして、病状を知られている保険会社は、この限りにあらず。)
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIgA腎症ですが、生命保険に入る方法はないでしょうか?

こんにちは。3年前に、IgA腎症という病気にかかりました。いろんな生命保険会社や、お医者さんに相談しましたが、この病気に関しては、「完治」がないそうです。

したがって、生命保険に入れません。
妻と1歳の子供がいますので、なんとかしたいのですが、いい方法はないでしょうか?

発覚後、すぐに入院して、扁桃腺を摘出し、その後、また入院して、ステロイド治療を行いました。
今は、3か月に1回定期健診をして、1日2回「コメリアン」という薬を飲む生活です。

定期健診をして、薬を常用している以上、「完治」とはみなされないとのことです。

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

通常の保険はほぼ無理です。

30歳以上ならば、アリコのずっとあなたと、という医療保険とスマイルという終身死亡保険でしたら、2年以内に入院がなければ検討できるでしょう。
40歳以上であれば、アフラックのやさしいEVERも選択可能。これは死亡保障をオプション選択できます。

料金的にはありこの方が安いですね。

QIgA腎症なのですが完治しないのでしょうか?

17歳のころ腎生検を受けてIgA腎症と判断されました。
現在30歳です。

特に症状はありません。
潜血が時々ある程度、蛋白はマイナスです。
今日、蛋白の精密検査を受けたら
限りなくゼロに近いそうです。
尿検査は潜血が12年ほど続き
現在は潜血も蛋白もマイナスです。

慢性腎炎は完治しないものなのでしょうか?
医師からは半年に一度の通院(尿検査)でよいと言われています。
1か月分のコメリアンをもらいました。

Aベストアンサー

主人(32歳)が2年前腎生検をしてIgA腎症と診断され、現在2ヶ月に1回通院して、同じくコメリアンを飲んでいます。

残念ながら完治はしないと把握しています。
今の状態を悪くならないようにいかに長く保つか・・を目標にしています。
主人は、透析までにはならない予後良好群といわれています。
状態は、潜血はずっとありますが、蛋白も軽く出る程度です。
質問者さんも、主人より状態は軽く予後良好群なんでしょうね。
なので、完治しないのか?もう安心してよいのではないか?と思われるかもしれません。

でも私は安心はしていません。主人は体調が悪いときは潜血・蛋白がひどくなり、薬をワンランクきつめにしようか?と言われたことがあるからです。

出された薬は主人が忘れないように声かけしています。
ご存知と思いますが、風邪などで扁桃腺をいためるとIgA腎症に良くないですよね?
この時期はうがいを徹底し、マスクも早めにしてもらってます。

神経質かと思われるかもしれませんが、慢性腎炎には一生透析の二文字がついてまわります。もし、不摂生をして透析までに至ったら後で後悔しても遅いので。。。
私はもと医療従事者でしたので、透析の大変さは知っています。

主人は、潜血が続いていましたが若いからまだ腎生検まではしなくてもいいよ、と医師に言われましたが、心配だからと希望して病気が確定しました。

早く気づけたのをラッキーと思って、主人の今の状態がずっと続くように(悪くならないように)私が出来ることをしていきたいと思っています。

質問者さんも、どうか定期的に通院されて今の状態を維持されますように・・・。

余談ですが、主人と定年後に海外旅行に行きたいなぁという夢があるんです。元気なままで。

主人(32歳)が2年前腎生検をしてIgA腎症と診断され、現在2ヶ月に1回通院して、同じくコメリアンを飲んでいます。

残念ながら完治はしないと把握しています。
今の状態を悪くならないようにいかに長く保つか・・を目標にしています。
主人は、透析までにはならない予後良好群といわれています。
状態は、潜血はずっとありますが、蛋白も軽く出る程度です。
質問者さんも、主人より状態は軽く予後良好群なんでしょうね。
なので、完治しないのか?もう安心してよいのではないか?と思われるかもしれません...続きを読む

Q慢性腎炎患者の出産について

25歳の♀です。
中学の時から尿蛋白がおりるようになり、過去2度ほど腎生検を行い、22歳の時に慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)と診断されました。
尿蛋白以外の症状はありません。

私は、今年の9月に結婚することが決まっているのですが、結婚後、出産できるかどうか心配しています。主治医から、尿蛋白が2+のままでは薬の量を減らせないため、尿蛋白が-にならない限り、出産は難しいと言われました。

●薬は以下を服用中です。
朝:プレドニン(1錠)、ニューロタン(1錠)、コメリアン(1錠)
昼:コメリアン(1錠)
夜:ニューロタン(1錠)、ガスターD(1錠)、コメリアン(1錠)

●2005年の尿蛋白の検査結果は
 4月→2+
 5月→2+
 7月→2+
 8月→2+
 9月→± ※9月と10月だけ、検査結果が良い。
10月→±
12月→2+

●検査は、来院時の尿とたまに血液検査を行います。蓄尿はあまり意味がないと言われ、3年間で1度だけ行いました。

今日、病院でまた2+の検査結果で、落ち込んでしまいました・・・。2年後には、出産したいと思っています。でも、このままでは、現状維持のままで出産できないのでは・・・と思ってしまいます。
実際、ここ2年程、尿蛋白の検査結果が変化しているようには思えません。

(1)私と同じような症状で、出産を経験された方はいますか?
(2)3年ほど今の主治医なのですが、治療方針を信用していいのか悩んでいます。他の病院に変わったとしても、治療方針(薬の内容や検査方法)に変更はないのでしょうか?
(3)来院時尿を検査するとき、尿の量が少なく、紙コップ3/1くらいの尿しか出ない事があります。尿の量によって、蛋白の結果も変わるのでは・・・と単純に考えてしまいます。実際は、どうなのでしょうか?

上記についていろいろとアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

25歳の♀です。
中学の時から尿蛋白がおりるようになり、過去2度ほど腎生検を行い、22歳の時に慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)と診断されました。
尿蛋白以外の症状はありません。

私は、今年の9月に結婚することが決まっているのですが、結婚後、出産できるかどうか心配しています。主治医から、尿蛋白が2+のままでは薬の量を減らせないため、尿蛋白が-にならない限り、出産は難しいと言われました。

●薬は以下を服用中です。
朝:プレドニン(1錠)、ニューロタン(1錠)、コメリアン(1錠)
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、同じ経験をしたものです。
お気持ちお察しいたします。

20歳ごろIgA腎症とわかり、25歳で結婚、31歳で出産しています。
正直、子供はあきらめていました。
30歳を過ぎたときやはり子供がほしいと思うようになり
主治医に相談して、やっと許可をもらい妊娠しました。
そのころ尿蛋白は+2~+3でした。
プレドニンも内服していました。

妊娠中期より血圧上昇、尿蛋白増加、腎機能低下など
妊娠中毒症がひどくなり、予定日より2ヵ月半早く、
強制早産しています。帝王切開でした。
子供は1000gにも満たない超未熟児でした。
最初の3日は生命の危機もありましたが
おかげさまで無事に大きくなり、特に後遺症もなく
今は元気に幼稚園に通っています。生意気盛りです。

妊娠出産は私の腎臓に大きな負担だったことは否定できません。
でも産んだことを後悔はしていません。
子供がいるから自分も大事にできる。
この子のために頑張れる。そう思います。

妊娠出産だけでなく、育児も大変な仕事です。
自分が体調悪くても、子供の世話はしなくちゃいけません。
ミルクを飲ませ、おむつを替え、熱が出たら寝ずに看病をし、
それはそれは体力が必要です。
家族の協力があって、やっとなんとかこなしています。

私は、産んでよかったと思っています。
娘がいつかお嫁に行き、子供を産むとき
元気なおばあちゃんでいることが私の目標です。

私は幸い、信頼できるセカンドオピニオンがいて
困ったときには相談しています。
いつも的確なアドバイスをもらえるので頼りにしています。
同じ腎臓内科医でも意見が違うこともあるので
別の病院で相談なさってみてはいかがでしょうか。

何かもっとお力になれるとうれしいのですが。。。
どうぞおだいじになさってください。

はじめまして、同じ経験をしたものです。
お気持ちお察しいたします。

20歳ごろIgA腎症とわかり、25歳で結婚、31歳で出産しています。
正直、子供はあきらめていました。
30歳を過ぎたときやはり子供がほしいと思うようになり
主治医に相談して、やっと許可をもらい妊娠しました。
そのころ尿蛋白は+2~+3でした。
プレドニンも内服していました。

妊娠中期より血圧上昇、尿蛋白増加、腎機能低下など
妊娠中毒症がひどくなり、予定日より2ヵ月半早く、
強制早産しています。帝王切開でした。
...続きを読む

Q検査入院(腎生検)の保険給付される?

30歳の男性です。
健康診断で、尿の潜血と蛋白数値に問題があると診断され、
腎臓内科の病院で検査を受けました。
病院の判断は、腎炎の可能性があるので、4日入院して腎生検を
受けたほうがよいとのことでした。
年齢が若いこともあって、検査入院しようと思っているのですが、
保険会社(アフラック)に聞くと、保険は出ませんと言われました。
しかし、叔母や友人に聞くと、保険は適用されるはずだと
言って、保険会社を変えたほうがいいと言われています。
どちらが正しいのか分かりません。どなたか同様の件で
分かる方教えてください。

Aベストアンサー

健康保険の適応にはなりますが、多くの保険会社では「“治療”入院」しか適応にしていない場合があります。これは特殊なことではありませんし、「検査入院特約」でも無い限り、ほとんど全ての保険会社で同様です。叔母さんや友人の勘違いで、アフラックの見解が正しいものです。

叔母さんやご友人は入院日数の「4日」からだけを考えて「適用されるはず」と言っていると思いますが、これは間違いです。

よく考えてみるとわかることですが、検査入院の状態ではまだ病気ではないのです。検査入院時のカルテをご覧になるとわかりますがその時点ではまだ病気ではないので「○○病の疑い」という病名欄の記入になっています。健康保険は「疑い」でも使えますので通常は3割負担となります。けれども任意保険は「疑い」ではダメなのです。病気になって初めて支払われるのが保険です。

もし「疑い」だけの入院で保険がおりるとすれば、みんなこぞって検査入院して保険の支払いを受けることができますよね。疑いで延々と入院し、実際には外泊を続けていれば、ひと財産稼げますようね。それはおかしいわけです。

検査入院の結果「○○病」と診断がついて、引き続き入院した場合には保険が適応されますのでその場合には請求ができます。ですから、その時点で請求すればよいのです。検査入院の段階では保険会社は「支払えない」と回答するのは当然です。

健康保険の適応にはなりますが、多くの保険会社では「“治療”入院」しか適応にしていない場合があります。これは特殊なことではありませんし、「検査入院特約」でも無い限り、ほとんど全ての保険会社で同様です。叔母さんや友人の勘違いで、アフラックの見解が正しいものです。

叔母さんやご友人は入院日数の「4日」からだけを考えて「適用されるはず」と言っていると思いますが、これは間違いです。

よく考えてみるとわかることですが、検査入院の状態ではまだ病気ではないのです。検査入院時のカルテをご...続きを読む

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q県民共済の健康告知に関して

県民共済の健康告知に関して

こんにちは、
県民共済に加入しようかと考えています。 申込用紙が思いのほか、簡単なもので
驚いていますが、健康告知とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?

個人の通院記録が見れるというわけですか?
企業に勤めておらず健康診断も受けれない人などは どのように見なされるのでしょうか?
人によってはずっと病気だと気づかず 加入の際なんの告知もしていない人もいるのではないでしょうか?
今加入しようとしている県民共済の健康告知が以下のものです。
1 現在 病気や怪我の治療中または検査・治療が必要もしくは検査中
→ 病気やけがなど 表現が大まかな気がします。怪我でも小さいものと大きいものの判別が個人でつくのでしょうか?
2慢性疾患のため 医師から治療をすすめられた
→ 慢性疾患と気づく症状がなかったら?
3 薬の常用 鎮痛剤も含むと書かれていますが 偏頭痛持ちでも 薬常用者になるうるんじゃないでしょうか?常用なんて 告知しなければ 誰もわからないことでは?
4 過去一年以内に14日以上の入院もしくは20回以上の通院治療
→ 極端なところ歯医者も? 虫歯がたくさんあれば20回はこえる可能性も・・

など つっこみどころがたくさんあります。どこまで厳しく審査されるのでしょうか?
長文 失礼いたしました。

県民共済の健康告知に関して

こんにちは、
県民共済に加入しようかと考えています。 申込用紙が思いのほか、簡単なもので
驚いていますが、健康告知とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?

個人の通院記録が見れるというわけですか?
企業に勤めておらず健康診断も受けれない人などは どのように見なされるのでしょうか?
人によってはずっと病気だと気づかず 加入の際なんの告知もしていない人もいるのではないでしょうか?
今加入しようとしている県民共...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?
(A)まず、大きな誤解をしておられるようなので……
県民共済と「県」とは、何の関係もありません。
単に名前がそうなっているだけです。
全労済の「こくみん共済」が国とは何の関係がないのと同じです。
県民共済は、全国生協連が行っている共済事業であり、
万一、県民共済が破綻しても、県は何の援助もしてくれません。

さて、調査をするときには、被保険者の個人情報開示の承諾書でもって、
病院のカルテなどを調べます。
共済金の申請をするなら、個人情報開示に同意しなければなりません。

(Q)健康診断も受けれない人などはどのように見なされるのでしょうか?
(A)国民健康保険に加入しているならば、自治体が実施する健康診断を
受けているということが前提になっています。
受けていなくても、不問です。

(Q)人によってはずっと病気だと気づかず 加入の際なんの告知もしていない人もいるのではないでしょうか?
(A)います。そういうリスクは織り込み済みです。

(Q)現在 病気や怪我の治療中または検査・治療が必要もしくは検査中
(A)申込者の判断ではなく、医師の判断です。
大小に関係なく、医師が治療・検査が必要といえば、必要なのです。
従って、医師の診察を受けていなければ、告知不要です。

(Q)慢性疾患のため 医師から治療をすすめられた
(A)上記と同様に、医師の判断を質問しているのです。
申込者が慢性疾患に気がついていようが、いまいが、関係ありません。
医師の診察を受けていなければ、告知不要です。

(Q)薬の常用 鎮痛剤も含むと書かれていますが 偏頭痛持ちでも 薬常用者になるうるんじゃないでしょうか?常用なんて 告知しなければ 誰もわからないことでは?
(A)告知しなければ誰にも分らなくても、告知しなければならないなら、
告知が必要です。
常用とは、ほとんど毎日飲むことです。
頭が痛くなったとき飲むのは、常用とは言いません。
誰にもわからない……ということはありません。
それなりに、必要な事は調べる方法があるのです。
極端に言えば、薬を常用していても、毎回、買う薬局を変える、
薬を飲んでいるところを誰にも見られたことがない、
誰にも話したことがない……ならば、調べるのは困難でしょう。

(Q)過去一年以内に14日以上の入院もしくは20回以上の通院治療
(A)虫歯は対象外と書いてあると思うのですが……

ご参考になれば、幸いです。

(Q)とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?
(A)まず、大きな誤解をしておられるようなので……
県民共済と「県」とは、何の関係もありません。
単に名前がそうなっているだけです。
全労済の「こくみん共済」が国とは何の関係がないのと同じです。
県民共済は、全国生協連が行っている共済事業であり、
万一、県民共済が破綻しても、県は何の援助もしてくれません。

さて、調査をするときには、被保険者の個人情報開示の承諾書でもって、
病院のカルテなど...続きを読む

Q身体検査の尿蛋白がでないようにするには

身体検査で尿蛋白が+だったためか再検査を求められ
明日再検査をするつもりですがどうすればいい結果が得られるでしょうか?
僕はいつも尿蛋白でひっかかる体質みたいなのですが
いつも二回目の再検査で結果はどうだったのか知れませんが
再検査なしで通ってきました
確かに僕自身腎臓などに不安を覚えたこともないので
検査してる人もそれを考慮してただ疲労がたまっててたまたま
出たんだろうということで妥協して二回目は通してたり
してるのではないかと考えてしまいます。
しかし今回は公務員の身体検査の再検査でちゃんと通るか不安です
尿蛋白が通るようにするには今どうすればいいでしょう?
手淫などはもちろん控えるつもりですが
他に検査時のコツなどできることがあれば教えて下さいお願いします

Aベストアンサー

尿蛋白はほとんどは腎臓機能の低下から発生するものです。
自覚症状が無いというのは、まだ初期症状だからではないでしょうか。
去年も出ていて、今年も出たということは、精密検査をしておいたほうが今後のためにもいいでしょう。

健康診断で1回目で引っかかり再検査で何も言われないというのは、良いにしろ悪いにしろ、健康診断での再検査は1回で終わりです。
1回目も+、2回目も+と言う記入になります。
ですので診断医はこの人は腎臓が悪いのかな、と言うことになります。
採用基準に一連の検査で引っかかった人は採用しないという項があれば、これだけで不採用となるでしょう。

公務員の採用試験では明らかな病気でなければ採用基準には明記されていないはずです。

お勧めは出来ませんが、検査前日から水分を多量に飲んで、尿を何回も出す。検査するときの尿はなるべく希釈された尿を提出する。

でもこれは自分のためには何にもなりませんよ。
くれぐれも自分自身のこれからのために自分の身体を考えてください。

Q尿蛋白が陽性になりました

尿蛋白が出ています。心配です…。

こんにちは。20歳の大学生、女性です。
去年の4月の学校検診で、尿蛋白が±でした。(潜血、糖は-でした)
再検査しても同じ結果なので、要経過観察でした。
今年の1月に糖尿病が疑われ、尿検査を含む検査をしました。(結局糖尿病ではありませんでした)

そのときの結果が蛋白2+、糖・潜血は-でした。
この結果を見て、腎臓病じゃないかと不安です。
検査の際に37.5度の発熱と、強い精神的ストレスと不安・就職活動や卒論などによる、長期のたまった疲れなどがありました。月経後でもありました。お医者様には、「脱水症状を起こしている、尿がとても濃い」といわれました。何かの話で、尿が濃いと蛋白が降りることがあると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?
お医者様(内科)は「蛋白が2+出てるね」とおっしゃっただけで、ほかには何も言わないで、私が「蛋白が出ているということですが…」と聞いたとき初めて「そんなに気になるんだったら腎臓内科に行ったら?」と言われただけでした。

また、先日、内定先に健康診断書を出さなければいけないので、健康診断を受けました。同時に膀胱炎の症状も出てたので尿検査も受けました。健康診断の項目に尿検査は入っていなかったので、診断書には載らなかったのですが、尿検査の結果を待たずして、「異常がないから健康診断書、発行するね」とおっしゃって、発行してくださいました。

母親は、「異常がないことが明らかだから診断書を発行してくれるのよ。何か異常の可能性があったら即日発行してくれない」と言っていますが、自分が何かの病気なんかじゃないかと思うと不安で仕方がありません。

最近では自分が腎臓病だと決めつけて、インターネットの医学辞書を調べてしまう始末です。

お医者様がなにも言わない以上、だいじょうぶなのでしょうか?

尿蛋白が出ています。心配です…。

こんにちは。20歳の大学生、女性です。
去年の4月の学校検診で、尿蛋白が±でした。(潜血、糖は-でした)
再検査しても同じ結果なので、要経過観察でした。
今年の1月に糖尿病が疑われ、尿検査を含む検査をしました。(結局糖尿病ではありませんでした)

そのときの結果が蛋白2+、糖・潜血は-でした。
この結果を見て、腎臓病じゃないかと不安です。
検査の際に37.5度の発熱と、強い精神的ストレスと不安・就職活動や卒論などによる、長期のたまった疲れなどがありまし...続きを読む

Aベストアンサー

Iga腎症と言う腎臓病を患っているものです。

尿蛋白が出ている症状から言って、腎臓病があるのかないのかは、よく分かりません。

万一腎臓病だったとしても、一刻を争うようなモノではないと思いますが、時間を見つけて腎臓内科を受診される事をおすすめします。
尿潜血や尿蛋白が出ているだけでは、腎臓病かどうかの診断は難しいので、腎臓内科に行っても最終診断は出ないことが多いです。

質問者さんの場合、自覚症状はなく、尿検査をした時点で異常が出ているだけなので、この程度の、症状であれば、しばらく腎臓内科に月1位のペースで通って尿の状態を確認して、常に蛋白が出ているようであれば、腎臓病の可能性が疑われるので、腎生検(腎臓の細胞の一部を取り出して顕微鏡で調べる)をすると言う事が多いと思います。

+-位なら、健康な人でもよく出ますが、蛋白2+はちょっと多いので心配ですね。

腎臓病の怖い所は、自覚症状が全くないので、気づかないまま(何十年も放置しておくと)進行して、いつの間にやら、尿毒症の自覚症状が表れた時には、もう手遅れで、即、透析導入と言うことが多いらしいです。

万一、腎臓病なら早いところ発見して、対策をすれば透析になる可能性をグンと減らせます。
そうでない事が分かれば安心もできる事ですから、是非腎臓内科を受診されることをおすすめいたします。


腎臓病は初期は自覚症状のないものです。また、自覚症状が出たときには、治療が出来ませんので、透析なしでは生きていけません。
また、腎臓病は、(消化器や循環器系に比較すると)マイナーな病気なので普通の内科の先生はほとんどの場合詳しくは知りません。ですから、やはり腎臓内科を受ける事をおすすめいたします。慌てて病院行く必要はないですが、くれぐれも放置なさらないように。

Iga腎症と言う腎臓病を患っているものです。

尿蛋白が出ている症状から言って、腎臓病があるのかないのかは、よく分かりません。

万一腎臓病だったとしても、一刻を争うようなモノではないと思いますが、時間を見つけて腎臓内科を受診される事をおすすめします。
尿潜血や尿蛋白が出ているだけでは、腎臓病かどうかの診断は難しいので、腎臓内科に行っても最終診断は出ないことが多いです。

質問者さんの場合、自覚症状はなく、尿検査をした時点で異常が出ているだけなので、この程度の、症状であれ...続きを読む

Q「IgA腎症疑い」の保険、住宅ローン

健康には自身があった35歳男性です。。
今年5月の健康診断で尿潜血、蛋白でひっかかり、7月に精密検査をしたところ
「IgA腎症の疑い」と診断されました。尿蛋白90mg/day程度であり、腎生検までは
する必要は無く、治療も必要ない。とのことでした。

先月、子供の学資保険に加入しようとしたのですが、上記内容を申請したところ
加入できませんでした。
近々住宅購入を考えていたのですが、団信難しい状況なのでしょうか?
他質問で「IgA腎症」で治療している場合、団信入れないといった回答は見られましたが、
上記の状況においても加入は難しいのでしょうか?
そもそも申請が必要な内容なのでしょうか?
実際の窓口で相談するのが一番とは思いますが、知り合いにわざわざ申請するほどの
ことでも無いのではないかと指摘されたこともあり、詳しい方に事前に教えていただきたいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一般論としてお答えします。
個別の判断は、各保険会社の判断なので、断定的なことを
申し上げる事はできません。

IgA腎症は、生命保険、医療保険が契約不可になる代表的な疾患の
一つです。
また、保険では、「○○の疑い」は、○○と同等と考えます。
従って、「IgA腎症疑い」ならば、保険に契約できないと思ってください。
では、どうなれば、保険に契約できるか?
それは、疑いが晴れることです。

尿蛋白90mg/dayというのは、グレーゾーンです。
医師は、グレーゾーンなので、様子を見ましょう(経過観察)……
という判断をしたのだと思いますが、保険では、様子見では、
疑いが晴れたことになりません。
(尿蛋白90mg/dayならば、無罪放免にする医師はいないと
思いますが……)

言うまでもないことですが、
IgA腎症疑いを告知しなければ、告知義務違反となります。
なので……

結論
現状では、保険契約は無理だと思ってください。
翌年の健康診断まで待つか、
または、腎生検をして、IgA腎症かどうかの確定診断をするしか、
方法はありません。

翌年の健康診断で、尿タンパクが陰性ならば、問題なし。
再び、IgA腎症の疑いとなれば、同じことの繰り返しです。

一般論としてお答えします。
個別の判断は、各保険会社の判断なので、断定的なことを
申し上げる事はできません。

IgA腎症は、生命保険、医療保険が契約不可になる代表的な疾患の
一つです。
また、保険では、「○○の疑い」は、○○と同等と考えます。
従って、「IgA腎症疑い」ならば、保険に契約できないと思ってください。
では、どうなれば、保険に契約できるか?
それは、疑いが晴れることです。

尿蛋白90mg/dayというのは、グレーゾーンです。
医師は、グレーゾーンなので、様子を見ましょう(経過観察...続きを読む

Q生命保険加入診査について気になっています。

主人が損保系生命保険会社の生命保険に加入するにあたり、病院で医師の診査を受けることになりました。
診査内容は体格測定、聴診、脈拍、血圧、検尿…となっています。血液検査はないようです。
実は毎年の健康診断の尿検査で、1年おきぐらいに「潜血」というコメントをもらっていてそれが気がかりです。健康診断の総合診断結果は「健康」で、潜血については医師から「心配する程度ではないから年に一度の健康診断を受診してれば大丈夫」と言われています。
保険の診査の場合、検査結果が厳密に反映されるということなので、尿検査でひっかかるのではないかと気がかりです。
★保険診査の厳密度について、ご存じのかたがおられたら参考までに教えてください。
★結果保険加入に問題が生じた場合、理由(尿検査に問題あり、血圧に問題あり等)を具体的に教えていただけるものなのでしょうか?
★問診内容に「2年以内の健康診断での検査の異常の指摘の有無」というのがあるのですが、上記のようなあいまいな結果はどのように伝えるべきなのでしょうか。
以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずご質問の文中にある文言について。

>保険の診査の場合、検査結果が厳密に反映されるということなので、尿検査でひっかかるのではないかと気がかりです

誤解されている方が多いのですが「医師の診査」だから厳しくて、告知書なら甘いということは断じてありませんのでご留意を。告知書では引受不可な健康状態の方が社医(会社指定の医師)の診査を受けて条件付で加入できたという事例も多くあります。

ではご質問順に。
●診査の厳密度
まず「潜血」がどのような意味を持つか確認しましょう。尿潜血検査が陽性な場合、最も多い可能性としては「膀胱炎、腎臓や尿管の結石」が考えられます。つまり臨床医学的には「心配する程度ではない」としても、保険医学的に見ると「数年以内にこれらの病気で入院・手術が大いにあり得る」という見方をされるわけです。ただし保険会社では過去の膨大な統計データに基づいて告知・診査結果を数値的に判定していますので、あなたのご主人を「個別診断して」ご主人は病気だから入れませんという意の回答を出すのではないのでお間違いなく。

この場合、医療保険系の商品であれば一般的に「割増保険料」というような条件つきで引受そのものは可能とすることが予想されます。死亡保障系商品はもっと緩やかかも知れません。(ただし尿蛋白や尿糖の検査異常がない場合)
なお保険会社によって査定結果は異なる場合があります。

●加入に問題が生じた場合
もし引受不可となったり特別条件がついたりした場合にその理由を知りたいというご要望に対しては「告知・診査結果によります」という回答しか得られない場合がほとんどです。ただしよほど強い希望を出せば特認という形で血液検査・血圧測定といった「数値データ」のみを被保険者本人限定で開示する会社もあります。

上述しましたが臨床医学(疾病の治癒が目的)と生命保険医学(将来に向かっての統計的リスクが目的)とは考え方が全く異なります。つまり「なぜ無条件で加入できないの?」と問い質しても、保険会社が個別具体的に「△△だからお引受けできません」と回答することは大きな混乱を招いてしまうからです。またプライバシー保護から見ても問題が多いのです。生保会社では査定結果は営業担当者にも「告知・診査結果による」としか教えていないのが一般的です。
ですから「△△に問題あり」というような回答を得ることはまず無理だと思われます。

●上記のようなあいまいな結果をどのように伝えるか
良い結果を出すために一番オススメしたい方法を述べます。過去数年間(できれば5年分)の健診結果票コピーに「原本写しに間違いなし」と署名押印をして任意提出することです。(ただし尿潜血以外の異常指摘がない場合です)

質問文を拝読する限り毎年異常が指摘されているのでは無いなら前述の「膀胱炎、腎臓・尿管の結石」という疾病の疑いを低く見てもらえる可能性があるからです。また検査数値の経年変化を見て「この人はこういう体質で安定しているんだ」という有利な見方をしてもらえるということもあります。

つまり「任意の積極開示」によって保険会社に対して「この人のリスクは低いのだ」と見れるような材料を与えるということです。

残念なことに「告知・データを出せば出すほど保険に入りにくくなる」という誤解をしている営業マンが多いのです。もちろんガン・脳血管疾患・心臓疾患のようにいくら詳しくデータを提出しても引受できない場合やデータが出るほどヤバクなる場合もありますが、あなたのご主人程度(失礼)の体調不調はむしろデータを詳しく提出することで「そんなにリスクは高くない」という有利な査定をしてもらえる期待の方が大きいと思われます。

以前私の営業先で「高尿酸・高脂血症で投薬中」というお客様がいらっしゃいました。ちょうど競合していて他社の営業員は「告知したら入れないから書かないで」ということを言っていたようですが、私は過去5年分の健診結果と投薬剤名を「正直に」提出してもらいました。結果はなんと無条件引受でした。もちろんそのお客様は私からご加入されました。正しく告知したうえでの保険ですから何があっても間違いなく保険金を受け取れる契約になったのです。

もし5年分は無くてもあるだけの検診結果コピーを任意提出した方が良い結果を期待できると思います。
但し繰り返しますが「尿潜血」以外の異常や「要精密検査」なんて指示が出ていたら別です。

質問文では損保系生保とのことですが、私が知っているある大手損保系生保はかなり丁寧な査定をしてくれるそうなので、まずは「正々堂々と有りのままの告知」をして天命を待っていただきたいと思います。

それから今回の保険とは別にご主人の健診でもし「要精密検査」とか「要再検査」という指摘が出たら億劫がらずにちゃんと受診するようにお伝えください。また生活習慣病にもご注意ください。
また私は全社の運用を知っているわけではなく、記述と違う結果になることもあるかも知れませんのでその点はご理解ください。


最後に余計なおせっかいのご注意を。
「健診結果での尿潜血異常を告知しない」というワザはお勧めできません。「保険に入れないかもしれない」との考えのもとでこうした行為を行うと告知義務違反に抵触する恐れがあるからです。

また「2年バレなければ告知義務違反にならない」という風説を耳にすることがありますが正しくありません。約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として
●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
(※簡略化。また会社により表現相違あり)
としています。この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約から2年間に支払事由があればアウトです。(余談ですがワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もありますので、2年我慢して請求しないというのもアウト)

約款には「詐欺による無効」という条項もあります。
●契約に際して詐欺の行為があったときは契約無効とし既払込保険料は払い戻しません
(※同上)

詐欺無効の規定には2年というような時効がありません。

不告知・不実告知をめぐって告知義務違反や詐欺を争った裁判は数多くあります。
「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より抜粋

正々堂々と正しくやりましょう。そうすれば将来に対して何の不安もない保険を得られるはずです。
また困ったことがあればアップしてください。

まずご質問の文中にある文言について。

>保険の診査の場合、検査結果が厳密に反映されるということなので、尿検査でひっかかるのではないかと気がかりです

誤解されている方が多いのですが「医師の診査」だから厳しくて、告知書なら甘いということは断じてありませんのでご留意を。告知書では引受不可な健康状態の方が社医(会社指定の医師)の診査を受けて条件付で加入できたという事例も多くあります。

ではご質問順に。
●診査の厳密度
まず「潜血」がどのような意味を持つか確認しましょう。尿潜血...続きを読む


人気Q&Aランキング