初心者なんですが、今日音楽とか焼く為CDRを買いにいきました。ものすごい種類があってびっくりしました。
そこで疑問がおこったんです。CDRとCDR-Wって違う物なんでしょうか?
CDRの650MBと700MBどっちのほうが使い勝手がいいんでしょうか?16倍速と24倍速があったんですが16倍買いました。
結局20枚で1380円のTAIYO YUDENってのかいました。
お勧めなんかあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

CD-RはCD-Recordableの略で追記型光ディスクのことです。

その名の通り、追記は可能ですが書き換えはできません。write onceのメディアで1回限り焼けます。
このメディアはCD-ROMとの互換性(反射率CDの約8割)が高く、最近のほとんどのPC用CD-ROMドライブと音楽CDプレーヤーで再生できます。(一部プレーヤーなどを除く、また音楽CDプレーヤー再生などは音楽CDに準じた書き込み時のみ)
互換CDや音楽CDを作成するには最適です。

CD-RWはReWritableの略で、書き換え可能なCD媒体となります。これは書き換えが4倍速までのメディアで1000回前後、10倍速メディアで1万回以下の書き換えが可能とされています。
こちらは、CD-ROM互換性(反射率がCDの20%)が乏しく、マルチリード対応のCD-ROMドライブ(最近のPC用ドライブは全てが対応)とCD-RW対応のCDプレーヤーでしか再生できません。こちらは、書き換えメディアですから、頻繁に扱う(書き換える)データの保存などに向きます。

次に、メディアの種類ですが、あなたのPCが何倍速のドライブを利用しているか、どのメーカーかなどで異なります。特にCD-RW書き込み4倍速のドライブでHigh speedメディアに対応していないドライブは10倍速対応のCD-RWメディアは使えません。
(4倍速以上のドライブは関係ありません)

CD-Rの場合は特に関係ありませんが、ドライブとの相性がありますから、ご注意ください。(相性とは書き込み精度、書き込みの失敗率、データの保存性などがメディアやドライブによって大きく異なる場合があるということです)これは、いろいろなメディアを使ってどのメディアが合うかを自分で探すしかないです。

どのドライブとも相性がいいのは、太陽誘電(最上位の安定性)、富士フイルム、三井、三菱、ライテック、リコーなどが比較的相性がいいです。

他に何かあれば、補足を
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく専門的な事をとっても分かりやすく説明していただきありがとうございました。
値段はあんまり変わらないのにCD-RWってスグレモノなんですね。今度使って実験してみます。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/20 20:43

場所をお借りします。


hidearexさん、CD-RとCD-RWでは反射率が異なり、通常のCDプレーヤやカーステレオではCD-RWを再生出来ないのです。(CD-RW対応と書かれていればOKですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音楽はCD-Rが無難みたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 21:10

回答ではないですが。

。。

No.4の方が音楽CDは、CD-Rでないとダメ!と書いてありますがそうなんですか?
CD-RWでもCD-Rと同様の方法で書き込みしてファイナライズすればいけるんじゃないですか?ただ、この時追記はできなくて、再度データを書き込みするときには一度フォーマットの必要があると。。。

私のカン違いならごめんなさい!脱線失礼しましたm(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと私には何のことか分かりません・・・
でも、何か両方の違いでこの先使い分けが必要になる時があるかも!とか生意気にも感じました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 21:08

質問の内容と少し外れてしまいますが一言アドバイスさせてください。


使用目的の一つに、音楽CDを焼くことをお考えのようですが、ちょっとそこで注意が必要です。
まず第一に、音楽CDを作るには、CD-Rのほうでないとだめということです。パソコンで聞く分にはCDーRWでもいいのですが、それだと普通のオーディオ機器では再生できません。ですからふつうのCDプレイヤーでもパソコンでも聞けるようにするため、使うメディアはCD=Rにしないといけません。

第二に、CD-Rに記録(録音)すると、他の方の回答のように、書き換えができません。MDのように聞き飽きた曲を消してまた新しい曲を録音するということはできません。

第三に(これが一番重要なんですが)、音楽CDの場合、追記ができません。つまり、一度録音して、後日(または2回目に)、まだ容量が残っているから追加録音しようという使い方はできません。ですから、容量がもったいないと思うのならば、録音する曲を一度に集めなくてはいけません。(これは私も非常に不便だと思いました。)MDとは随分使い勝手が違います。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

便利な物には欠点もあるんですね。
私はまだ「自分でCDが作れる!ヤッホー!」って状態ですので、一日も早くgessiさんみたいに不便さを感じれるレベルになれる様がんばります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 21:03

蛇足になりますが、650Mは録音時間74分まで対応、700Mは録音時間80分まで対応になっています。


太陽誘電はなかなかいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MBってピンとこないけど分だとわかりやすいです。
とっても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 20:54

>CDRとCDR-Wって違う物なんでしょうか?


CDRは一回書き込みをすると書き換えが出来ないのですが、CDR-Wは書き換えが可能です。
>650MBと700MBどっちのほうが使い勝手がいいんでしょうか?
使い勝手というより、容量の違いです。焼き付けるデータの容量によって使い分けて下さい。
>16倍速と24倍速があったんですが16倍買いました。
一概には言えませんが、書き込む速度が速いとエラーが増えるので、16倍で十分だと思います。
>お勧めなんかあれば教えてください。
CD-Rは、あまり安いものを買うとエラーが出る確率も高くなります。
エラーがよく出る場合は書き込み速度を落としてみましょう。
ソニーなどの有名なブランドの物は、ちょっと高めですが安心して使えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
とってもよくわかりました。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/20 20:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q650MBと700MB

何で、CD-Rには650MBと700MBがあるんですか?
何か使用目的が違うんですか?

Aベストアンサー

650と700ですか・・・解答がありますが少し補足です。
CDの初期規格は650MB(74分)でした。
これは、Redbook(表紙が赤であったためこう命名された)という規格書に基づいて作成された物です。これは81年にソニー・フィリップスの2社が策定しました。
これが、CD規格の始まりです。

既に解答がありますが、CD-Rの650MBはこのRedbookに互換するために策定された物で、CD-ROMとの互換性を維持するために規定した物であるわけです。
当初の規格では、CD-Rは2規格540MB(63分)と650MB(74分)が策定されています。OrangeBookという(やはり表紙の色から)その規格書は、89年にCD-MOという規格(商品化はできなかった)でスタートしました。そして、Part2(CD-R)の規定、Part3(CD-RW規定)と進化してきたのです。

OrangeBookのPart2でのCD-R規定では互換性を最重視するために、規格に余裕を持たせました。これは、CDドライブでの再生の誤差を軽減するための物で、
正確な違いを指せば、

650MBでは
線速(メートル秒)/1,22
トラック幅(マイクロメートル)/1,57
データ領域(ミリメートル)/57,96
リードアウト領域(ミリメートル)/58,43
ですが、

Part2規格書の上限では
線速/1,4までの上限、下限1,2
トラック幅/1,7上限、下限1,5
データ領域/58以下
リードアウト領域/59以下

としています。
これは、再生ドライブで再生する場合や記録ドライブで書き込む際に、ぎりぎりで規定すると、かけない、読めないなどの不具合が発生する可能性があるため、規定に幅を持たせています。

さて、本題の700MBですが、この規定のぎりぎりにした理由は、容量ですね。最初は特に650MBでも良かったですし、十分すぎるほどの容量がありましたが、近年になって大容量のハードディスクが登場したりと不足気味になってきました。またハードウェアの能力も完成度が高くなり、あまり不具合もなくなった。
そこで、互換性を維持して容量を増やすことにした。

まず、
線速は規定の下限1,2にしました。
次にトラック幅は1,5に変更したのです。いずれも規格ぎりぎりとなりました。
残りの、領域規定は、57,94(データ領域)と58,38(アウト領域)としてぎりぎりどころか、余裕があります。(まあ、これはたくさんのドライブで再生するための互換などを考慮したのでしょう)

その結果、700MBの容量ができたと言うことになります。これが、700MBに達した理由ですね。
別に目的外で新しい目的のためであるというわけではありません。
まあ、大容量化によること、規定に余裕が合ったこと、技術的に開発メーカーのバランスが整ったことが揃ったため結果的に、700MBも登場したと言うことです。
ちなみに、現在も650MBが出回っている理由は、

700MBメディアには記録できないドライブがあること、再生するときにうまく再生できない場合もあることなどがあります。まあ、将来的には650MBは消えるかも知れませんが・・・やはりどのプレーヤーでも再生しやすいようにとなると、650MBの方が良い場合もあります。

650と700ですか・・・解答がありますが少し補足です。
CDの初期規格は650MB(74分)でした。
これは、Redbook(表紙が赤であったためこう命名された)という規格書に基づいて作成された物です。これは81年にソニー・フィリップスの2社が策定しました。
これが、CD規格の始まりです。

既に解答がありますが、CD-Rの650MBはこのRedbookに互換するために策定された物で、CD-ROMとの互換性を維持するために規定した物であるわけです。
当初の規格では、CD-Rは2規格540MB(63分)...続きを読む

Q650MBのCD-Rに30分強しか音楽を録音できないわけ?

初めてPCのCD-RWを使って650MBのCDRへ音楽をCDからを録音してみました。

しかし30分強で容量がいっぱいになってしまいました。友人が持っていたCDRは同じ650MBありながら、80Mと書いてあり、60分以上録音されていました。

何が違うのでしょうか。

1.音楽専用CDRは何か特別なのでしょうか。
2.音楽専用でないCDRでも設定等を変えることで長時間の録音が可能になるのでしょうか。
3.2.が可能でしたら、その方法(初心者向けに)教えてください。

Aベストアンサー

650MB=74分
720MB=80分
です ただしこれはオーディオCDモードで焼いた場合です
(AV機器のCDプレイヤーで再生可能なモード 普通はこのモードで焼きます 拡張子は Cda)

でこれが WAV の拡張子の場合は一分あたりの容量が少し大きくなりますのでそのくらいしかかけないかも

データCDか ISO9660 モードで焼いていませんか?
オーディオCDモードの場合圧縮率 音質 ステレオ モノラルに関係なく 650MBなら74分焼けます
(全てのオーディオCDで再生するため規格が統一されている)

それと音楽用のCD-RとPC用はまったく同じ物です
これがDVDになると録画できないとかになるらしいですが

あと MP3をデータCDで焼くと 約音楽CDの10倍は入ります(最大一枚に22時間ぐらい)

書き込みモードを オーディオCDで焼いてください
これで74分書けるはず

Q最近では1~8倍速のDVD-Rより1~16倍速のDVD-Rをよく見掛け

最近では1~8倍速のDVD-Rより1~16倍速のDVD-Rをよく見掛けるのですが1~8倍速のDVD-Rは生存されなくなってるんですか?

Aベストアンサー

まだ製造販売はしていますよ。
探せばあります。
「1~8倍速 DVD-R」で検索してみて下さい。
何せ16倍速ディスクに非対応の光学ドライブがまだ生存しているので。
さすがに4倍速のディスクはほとんど見かけなくなりましたけど。

8倍速と16倍速ではディスクの記録面に使用する色素の素材が異なり、16倍速の方がより感度が高くなっています。が、反面それだけ光に敏感と言うことです。一般的に8倍速メディアの方が高品質です。

最近の光学ドライブは16倍速のディスクには対応済みですし、近年のノートPCの光学ドライブで最大8倍速書き込みのものでも16倍速ディスクには対応しているので、最大速8倍速で書き込みは可能です。
またレコーダーでは16倍速対応の光学ドライブは搭載しているものの、書き込み速度を故意に制限して4~6倍速で書き込むようにしています。

そのために1~16倍速の生産量の方が上回っています。当然店頭の主流も1~16倍速メディアとなります。

QCD-RWに1~4倍速とか 4~12倍速などのひょうじがありますがどう

CD-RWに1~4倍速とか 4~12倍速などのひょうじがありますがどういう意味なのでしょうか?パソコンではどちらでも記録できますか。

Aベストアンサー

>どういう意味

「1倍速」とは実時間(70分のCDなら70分かかる)のことで、
2倍速、4倍速とは、それを基準に「2倍の速度」「4倍の速度」で
「書き込める」という意味です。
12倍速なら12倍の速度、つまり所要時間が12分の1で済みます。
(注。「書き込み」に関しては、です。
それ以外の「書き込むデータを作る」時間などは早くなりません。)

回転するディスクに向かってレーザービームを照射・停止するのですが、
やはり高速だと輪郭がぼやけ気味になり、読出しに不利なので
より信頼性を求めるなら敢えて低速を選ぶこともあります。

>パソコンではどちらでも記録できますか。

そのパソコンに装備される「CDドライブ」と「書き込みソフト」の能力によって違うので、
一概に言えません。

QCDを2倍速、4倍速で聞く方法

CDを2倍速、4倍速で再生する方法ってありますか?
DVDだと、DVDデッキでできるのですがCDだとできません。
英語学習に2倍速・4倍速で聞くのが効果的と聞いたので
そうしてみたいのですが
どうすれば2倍速・4倍速にできるのかがわかりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

英語の学習ですか、そういう事でしたら
GOMプレーヤーを使ってみるといいですよ。
http://www.gomplayer.jp/

GOMプレーヤー動画再生ソフトと思われがちですが、
メティアプレーヤーですので、CDちゃんと再生できますし、
プレーリストとコントロールパネルで色々操作できます。
ご希望の再生速度調整もコントロールパネルの所の再生で
0.1刻みで4倍まで変えられますし、同じく再生の所に
リピート再生機能があるので、一度聞き始めの部分と
聞き終わりの部分をセットすれば、飽きるまで
同じ所を繰り返し聞けますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報