もし化成肥料の化学成分をそのまま体に取り込んだとき(直接食べてしまったとき)危険なものからランキングするとどうなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>収穫間際の追肥は控えた方がよいという考えになりました。


追肥は.土に対して行うものです(ようめん散布は除く)。
鉛等の不純物は土に吸着されてしまい.植物には入れません。
又.有効成分の場合に.人に影響が出るほどの分量が植物内に入っていた場合.多くの確率で.植物は生育不良になります。

収穫間際の追肥が避けなければならない理由としては.急に窒素分が増えて.その結果葉の生育が起こり.実が生らなくなった場合などの場合です。

ただ.連作障害を避ける意味では.収穫後には与えた肥料成分はすべて吸収されていて植物に残っていないようにする為に.収穫期の追肥を避ける方向にあります。

最後に亜硝酸の毒性が考えられますが.窒素系肥料を収穫期に追肥する場合はようさいだけです。
ようさいの場合に収穫期に使う追肥は.硝安であり即効性です。亜硝酸をほとんど含みません。又.亜硝酸を直接吸収する経路を知りません(硝酸又はアンモニアで植物が吸収する)。したがって.植物内で代謝されて生成する亜硝酸の毒性があるかもしれませんが.これは.植物の代謝によってできるものですから.植物の種による影響が大きいのです。

追肥をした食品用種の生育が確保されている限りは.追肥と毒性の関係はほとんどありません。有害物を植物が吸収できないのですから。

収穫期の追肥で「葉につかないようにする」事は必須でしょう。ようさいに昔普通に使われていた人糞醗酵物で.寄生虫に感染し.日本全体が寄生虫ばかりだったのですから。化学肥料の毒性よりも寄生虫感染のほうが心配です。

この回答への補足

亜硝酸とはどういうものかよくわかりませんが、毒性のあるものならどうして野菜に表示されてないのでしょうか。少し不安になってきます。

補足日時:2001/10/22 08:01
    • good
    • 0

亜硝酸が原因で下痢をする身体ならば.亜硝酸の入っているソーセージでも下痢をしますか?「発色剤」と記載されているソーセージ.特に輸入品には確実に入っています。



ようさいの種類にもよりますが.ようさいで下痢をする場合には
1.残留農薬(しおれない野菜にする為にまく農薬.虫食いにならないための農薬.航空散布の巻き添え)
2.残留寄生虫(有機栽培等でみはっこうの肥料を使っていた場合など)
3.しおれにくいように細工する除草剤.肥料?(葉面散布します)
が考えられます。市販品では.しおれを直す食品添加物なんてものもあります。

うちでは.なんといっても.航空散布の巻き添えが身体不調の原因です。近所では.タバコ用除草剤に含まれている多分発ガン物質による発癌性の影響でわずか100戸の農家で.膵臓ガン患者が5名(通常1万人に5名程度と聞いています)もでる始末.交通事故死等事故死を除くと.死者の9割が癌患者です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅れて済みません、いろいろ参考になる意見どうもありがとうございました.
実は「有機野菜の見分けかた」というHPを公開しているのですが、その中で記載している硝酸塩について今一つ理解が足りなかったようなのでよろしければ全体の感想をお聞かせください。
参考URL http://hc2.seikyou.ne.jp/home/mikarofu/

お礼日時:2001/10/28 22:51

>毒性のあるものならどうして野菜に表示されてないのでしょうか


亜硝酸は.植物が窒素を利用する時にできる中間代謝物ですから.
植物に本来含まれている物質
の一つです。したがって.程度の差はあれ.すべての植物系食品に含まれています。したがってもし表示するとしたらば.すべての植物系食品に表示することとなります。すべての植物系食品に含まれているものですから.省略しても良いでしょう。
なお.最近食品の表示基準が改正されました。現在の基準をしりません。
過去の基準では.天然系物質は表示義務がありません。したがって.表示しません。

何かの本で.特定の野菜類に亜硝酸が多く含まれていて食べ過ぎると亜硝酸の毒性が出ると.読んだのを覚えていますが.何の植物か忘れました。
通常亜硝酸の毒性を消す働きを持つ物質も大量に含まれていますから.私は特に気にしません。特定の植物系食品に限って大量に含まれていますが.その分量は.たしか.せいせい食品添加物として添加(AF2が禁止されて以来唯一ボツリヌス菌に使える防腐剤として使用されています)する亜硝酸程度ですし.普通はこの値よりもはるかに下回っています。

この回答への補足

実は小生野菜農家をやっておりますが、お恥ずかしい話葉物野菜を食べるとすぐに下痢をしてしまいます(金肥の残っているものだけだと思うのですが)
近所からもよく野菜をいただくので、そんなこともあって葉物野菜だけは食べないようにしておりました。

補足日時:2001/10/24 06:51
    • good
    • 0

化学肥料の人体への毒性は.単体の場合もありますが.不純物が原因の場合が多いです。

又.多くの化学肥料には複数の成分が配合されているために単純には比較できません。
その為に簡単には.答えられません。

たとえば.消石灰の場合に.石灰の毒性は胃腸管に穴が空くことを考えます。
硝酸系肥料の場合には.不純物の亜硝酸の毒性を考えます。
あるいは.胃酸によって溶け出すアンモニアガスの毒性を考えます。

不純物を考えると.燐酸石灰に木炭屑が混ざっていた場合には.木炭屑に吸着しているラドンやラドン娘かくしゅの毒性を考えます。あるいは.多くの確率で含まれている砒素の毒性.塩室法で作られた硫安の場合には鉛の毒性を考えます。

単にLD50を比較すれば良いという話ならば.厚生省関連がいご団体のサイトでLD50の値を公開していますので.該当サイトで検索してください(アドレス忘れました。どなたかが答えていますので.このサイドでLD50で検索すればひっとすると思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
農薬は食べると毒なのはわかっていたのですが、化成肥料も直接食べない方がいいようですね。収穫間際の追肥は控えた方がよいという考えになりました。

お礼日時:2001/10/21 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化成肥料を撒いた後は潅水が必要でしょうか?

化成肥料を撒いた後は潅水が必要でしょうか?

家庭菜園初心者です。
今年から茄子栽培にマルチを利用しています。
数週間前、マルチをはぐって粒状の化成肥料を撒き土と軽く混ぜておいたのですが、本日見ると化成肥料の粒が目で確認できるぐらい残っていました。

動物は固形物を口で咀嚼しさらに体内で消化吸収します。
一方、植物の根は(人間が肉眼で確認できるような大きさの)固形物を植物内に取り入れることはできないと思います。
とすれば、根が化成肥料の栄養分吸収できるよう化成肥料は水に溶かす必要があり、マルチの下は雨に当たらず水に溶けないので、施肥後に潅水して水に溶かす必要があったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固形の化成肥料は、長い期間肥料分が有効に働くために固形にしてあります。
その固形物は、土中の水分で徐々に溶かされ分解されて吸収されます。
そのためには土中に水分が必要ですが、マルチで覆っていても植えた作物にも水分が必要ですから、作物が育つ水分が有れば固形のまま残っていても大丈夫です。

逆に、早く溶かしてしまうとせっかくの肥料分が流れてしまって、肥料としての効果時間が短くなってしまいます。

Q化成肥料の3要素以外の成分について

牛糞や鶏糞等の有機肥料では窒素、燐酸、加里以外にもカルシウム、マグネシウム、硫黄等の三要素以外の成分も含まれているので、有機肥料を使用する場合においては、これ以外の肥料は必要なさそうな気がします。
<質問内容>
(1)ところが、高度化成等の化学肥料では15-15-15等主成分は表示されていますが、それ以外については主に何なのでしょうか。3要素以外に必要な元素は含まれているでしょうか。
(2)特に土壌のpHが変化しない場合以外は高度化成肥料のみを使い続けるのは避けたほうが良いのでしょうか。

以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

窒素に例にすると、硫酸アンモニウム、硝酸、尿素など幾つかの化合物が肥料原料として利用されています。それぞれNの成分量は異なるため成分表示を統一するため、便宜上、窒素はN として含有率が示されています。リン、カリは通常、酸化物として表記されています。化成肥料は作目をある程度特定し、濃度、形態、肥効時期の調整(コーティング)など工夫されて製造されています。100-(15+15+15)=55(%)この残り55%は存在しないと考えられます。成分表記のない肥料成分は夾雑物以外は含まれていないと考えるべきです。高度化成肥料は肥料成分が高いだけに過剰施用を招きやすく、リンの土壌集積、窒素、カリの河川への流亡が懸念されます。作目、土壌の肥沃度、施肥時期を考えて肥料を選択すべきです。
次に、家畜堆肥には肥料成分が含まれていますが成分率は低いため、単一の家畜堆肥だけでは作物を栽培することは容易ではありません。それは、堆肥、人糞、家畜堆肥、魚粕以外に化学肥料の施用が始まった明治後半から日本での米収量は飛躍的に増産されたことからも証明されます。牛や豚の堆肥は、微生物の活動を促すことで畑の土を造り、化学肥料の肥効を高めさらには土の緩衝作用を高める役割を重視してください。鶏糞は比較的速効の肥料です。牛、豚の堆肥と鶏糞を組み合わせて利用すれば、家庭菜園では有機栽培が容易になります。鶏糞を堆肥としないのは、ただ乾燥しただけのものがほとんどのためです。

参考になるサイトを示しておきます。
http://www.asahi-net.or.jp/~it6i-wtnb/Hyryoulect.html

窒素に例にすると、硫酸アンモニウム、硝酸、尿素など幾つかの化合物が肥料原料として利用されています。それぞれNの成分量は異なるため成分表示を統一するため、便宜上、窒素はN として含有率が示されています。リン、カリは通常、酸化物として表記されています。化成肥料は作目をある程度特定し、濃度、形態、肥効時期の調整(コーティング)など工夫されて製造されています。100-(15+15+15)=55(%)この残り55%は存在しないと考えられます。成分表記のない肥料成分は夾雑物以外は含まれていないと考えるべきで...続きを読む

Q化成肥料と鶏ふんのどちらが?

野菜、もしくは花の追肥で化成肥料と鶏ふんどちらがいいですか?
化成肥料と鶏ふんの違いについて説明してください。
お願いします。

Aベストアンサー

用途を考えて使い分ける事ですね。
化成肥料にも色んな種類があり、それぞれの植物に対して必要とされる
成分を配合しています。5-5-5とか5-7-5等と袋の表に書かれ
ている事を見られた事があるでしょう。これは窒素N、燐酸P、カリK
の配合量を数字で表した物です。植物に何がどれだけ必要なのかを考え
て、それに適した化成肥料を購入するようにします。

乾燥鶏糞は鶏の糞を集めて乾燥させただけですから、水分を含むと元の
糞に戻り、独特な異臭を放ちます。主に土に混ぜて使用し、地表に置き
肥で与える事はしません。油粕でも異臭はしますが、鶏糞の方が異臭は
強いです。ほとんどが元肥として使用し、追肥では使用しません。
鶏糞は油粕に比べて窒素分が少なく、燐酸やカリ分が多いのが特徴で、
球根類や根菜類、宿根草としての肥料に向いています。窒素分が少ない
ので、葉を茂らせる必要がある葉菜類には不向きです。

先程から何度も書いている窒素、燐酸、カリは植物や作物の主食である
肥料の三要素の事です。他にもマグネシウム等もありますが、バランス
が崩れた物を与えて生育を悪くさせるより、バランスの良い物を与えた
方が結果としては良くなるはずです。

用途を考えて使い分ける事ですね。
化成肥料にも色んな種類があり、それぞれの植物に対して必要とされる
成分を配合しています。5-5-5とか5-7-5等と袋の表に書かれ
ている事を見られた事があるでしょう。これは窒素N、燐酸P、カリK
の配合量を数字で表した物です。植物に何がどれだけ必要なのかを考え
て、それに適した化成肥料を購入するようにします。

乾燥鶏糞は鶏の糞を集めて乾燥させただけですから、水分を含むと元の
糞に戻り、独特な異臭を放ちます。主に土に混ぜて使用し、地表に置き
肥で...続きを読む

Q「化成肥料」と「合成肥料」は同じものか?

synthetic fertilizer の訳語として英辞郎では「合成肥料」となっていますが、これは「化成肥料」と同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

前回答にも書きましたが、化学合成してできる肥料(synthetic fertilizer)とは天然由来で肥料成分を持つ家畜の糞尿、植物体による堆肥に対する用語で、chemical fertilizer は化学工業が作り出す肥料を意味します。あなたが訳されている文章に前文があり、そこには天然の肥料資源が解説されており、その続きでこのsynthetic fertilizerが使われているのでしょう。

翻訳では、全体の流れを理解して日本語として変える作業が重要です。市販の翻訳ソフトが実用に耐えないのは、全体を見渡し、最善の用語が選択できないからです。実際、海外の方との交渉や講義で大変疲れるのは、思考過程に大きな違いが存在するために相互理解が大変だからです。
「化学肥料」と訳しても、おそらく違和感はないはずです。丁寧に訳すと「化学合成された肥料(化学肥料)」であれば満点でしょうが、しつこい訳になります。
このような説明で良いでしょうか?

Q【園芸】化成肥料をいちごに…

いちごを育てているのですが、
今日みるといきなり、いちごが
しおれていました!
前日に、化成肥料を少量根元にあげたのですが
それが原因でしょうか?
やはり化成肥料が原因なのでしょうか?
回復する方法があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いちごは、強いので、(いちごがしっかり根付いていれば)少量の化成肥料ぐらいではびくともしません。
植えたばかりではないのですか?
植えたばかりだと、一旦しおれたようになって、それから徐々にピン!と元気になっていくことが多いですよ。
数日、様子をみてください。
念のため、根元の化成肥料は取り除いておきましょう。

Q石灰と化成肥料の同時使用について

よろしくお願いします。
会社を退職して体が暇になり、少し家庭菜園でもと思い、100坪程の畑に野菜などの作物をつくるべく農地を耕しています。教えて頂きたいのは「野菜つくり」などの本で消石灰又は苦土石灰と化成肥料は同時には散布してはいけない、と書いてあります。石灰の後1週間は間を空けて化成肥料をまくように指示しています。理由は化学反応して害があるとのことですが本当でしょうか。ちなみに元肥として使う牛糞や鶏糞などの有機肥料は石灰や化学肥料と同時に使用してもいいようです。

Aベストアンサー

 化成肥料と石灰を同時に施肥すると、化成肥料に含まれるアンモニア態の窒素やリンと石灰が反応してアンモニアガスとなったり、不溶性のリン酸カルシウムに変化するため、肥料の効き目が低下するので避けます。
 また、家畜糞と石灰を同時に施用するのも同様で、家畜糞中のアンモニアがガスとなって揮散するし、臭いも出ることがあるので避けたほうが無難です。

Q化成肥料とボカシ肥料の違いがわかりません

庭に花木(サザンカ、ダンコウバイ、沈丁花、カキ、梅など種種雑多です)を植えているため、今の時期肥料をやらなければなりませんが、化成肥料とボカシ肥料
のどちらを与えればよいかわかりません。
私は基本的には今の時期はボカシ肥料を与えていますが、以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよいとお聞きしたことがあるので心配になって質問しました。

Aベストアンサー

厳寒期(1~2月)に与える肥料を寒肥といいますが、tonton5775さんのボカシ肥料で正解です。寒肥は春になって庭木がめざめ生育サイクルに入りますが、そのときに有機質を必要とします。厳寒期に施した有機肥料が徐々に分解され、春の生育期には、吸収しやすい栄養素になるわけです。
厳寒期に化成肥料を施すということは、分解が早いため、夜中に脂っこい食事をたくさん食べるようなもので、人間なら消化不良を起こしますね。
樹木は栄養過多で新芽を出そうとします。
しかし厳寒期であるため、新芽を出そうにもそれもできずといった、生育バランスを破壊することになります。
ただし化成肥料にも緩効性のものがありますので一概に化成肥料がだめというわけではありません。

Q化成肥料の施肥方法

生育が遅れている露地の夏野菜に対する、化成肥料の施肥方法として、水に溶かして、クビから先を外したジョロで、根元の外側に、ドーナツ状に散水施肥する方法は問題がありますか。

肥料効果を早めたいのですが、良い方法ではないですか。注意点を教えて下さい。

Aベストアンサー

遅れ気味でしたら、ふつうは葉面散布か液肥を使うと思います。
特に葉面散布は反応が早く、2-3日で様子が変わってくるのが判ります。
規定濃度を守って下さい。日差しが強くて乾燥気味ですと少し葉がやける心配があります。

液肥も規定に薄めて、株の周りにジョロなどでやってください。
液肥はあの有名な園芸用もありますが、面積が広ければ、農業用の液肥が各種販売されていますので、農協や農業資材の販売会社に聞いてみてください。

粒状の化成肥料を溶かして、やれない事はないでしょうが、完全に溶かすには時間がかかるし面倒だと思います。
それと本当の液肥などと違って、反応が遅れ気味に出るので、加減が難しいと思います。

葉面散布剤や液肥例
http://www.ekihi.co.jp/index.htm
http://www.ja-shizuoka.or.jp/nj3/gijutsu/hiryo/sehi1/hiryo1-8.htm

Q化成肥料が高くつくので

化成肥料が高くつくので

農業初心者です。教えてください。

普段、肥料として(主に追肥として)、化成肥料(8-8-8)を使っています。20kg1袋1480円で買っていますが、結構な負担です。

これを、チッソ、リン、カリ成分の単肥で施肥したら、と考えますが、どうでしょうか。

経済性、肥効性両面からみたらどうなのか、ご教示ください。

また、単肥でいくとすれば、何という単肥を購入すればいいのでしょうか。

さらに、デメリットがあるのでしたら、それについてもご教示ください。

なお、化成肥料以外には、ケイフンなどを使っています。リンが特に必要とされる作物には、容リンや過リン酸石灰も使います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません、初心者のレベルというか、規模がわからないので、回答しにくいのですが、家庭菜園くらいなら、自分だったら、そのままでいきます。理由は、単肥にすると、結構まく手間がかかるし、労働力を考えると、みあわない気がします。追肥の量については、窒素にあわせる感じになるでしょうね。リンやカリは、土壌中に残りやすい(特にリン)ので、作物にとって吸収できる成分が土壌中に充分ある状態になれば、窒素単肥というのも出来るかもしれません。次の作物の投資とも、考えることが出来ます。まあ、最近は質問者さまがおしゃるように、値段も高いし、これからも上がっていくと思われるので、このような施肥だけでは、いけないのかもしれませんが。

単肥でいくとしたら、窒素は、硫安か尿素、カリは塩化カリか硫酸カリ、リンは熔リンや過リン酸石灰でしょうね。これらについては、お近くの農業資材売ってるお店かJAのお店に行って、聞いたほうが早いかと思います。

ただ、複数の作物を作っている場合は、質問者さまが言うように、窒素、カリ、リンの基準の施用量が違ってくるので、効率的な(十分な量)施肥をするのは大変かと思います。

理想的なことを言えば、近くで堆肥を扱っている農家というか販売所があれば(自分の近くでは、牛糞堆肥1t5000円(くらいになるかな、ダンプ一杯分を持ってきてくれるファームがあるので)そこから、基準となる施肥量を計算すると、まあ、大体カリは充分、リンは作物によりけり(果菜類だとたりないかな)、窒素は足りないとなる場合が多いですね。堆肥は、家畜や副資材(おがくずやもみがら)や売っている農家によっても変わってきますので注意が必要ですが、うまく扱っていけば、充分に肥料としても使えます(肥効率も変わってくるので、全窒素、全カリ、全リンという計算は出来ませんが、まあおおむね、牛糞籾殻堆肥で、窒素0、リン60%、カリ90%)くらいでしょうか、この辺はちょっとあいまいですけど。
これに、作物によって足りない量を施肥していけば、ある程度理想的な施肥になるかと思います。
ただ、ホームセンターに売っているような20kg売りのような堆肥では(コスト計算をしないとわからないんですが)おそらく化成肥料を使ったほうが安価になると思います。

質問にある鶏糞ですが、一般的には、家畜ふんの中では、速効性の窒素が多く、肥効が期待できるのですが(逆に土壌改良効果は低い)、これもえさの種類(というか、ブロイラーか採卵鶏かで)や出来かた(火力だったり、発酵っだり)で成分がかわってきますので注意が必要です。

質問だけを考えれば、鶏糞をまいて、その肥効を計算し、足りない分は、化成で補い、追肥は一般的には窒素>カリ>リンの順で必要(作物によってかわるのでおおよそですが)ですので、例えばですが、窒素16-リン10-カリ14のような肥料を探してまくのが、楽かと思います。
単肥なら、必要量をあわせるのは簡単ですが、最初に話しましたがまく面積によっては、労働力>値段になる可能性もあるので、なんともいえません。

すみません、初心者のレベルというか、規模がわからないので、回答しにくいのですが、家庭菜園くらいなら、自分だったら、そのままでいきます。理由は、単肥にすると、結構まく手間がかかるし、労働力を考えると、みあわない気がします。追肥の量については、窒素にあわせる感じになるでしょうね。リンやカリは、土壌中に残りやすい(特にリン)ので、作物にとって吸収できる成分が土壌中に充分ある状態になれば、窒素単肥というのも出来るかもしれません。次の作物の投資とも、考えることが出来ます。まあ、最近...続きを読む

Q野菜畑、化成肥料をやったあとのPH→酸性 は、

ごく当たり前のことでしょうか?砂質の畑です。亡き父母はよく手入れしてくれたのですが、
共稼ぎの私ども夫婦は雑草のなかで精一杯野菜を作っているようなもので、ほとんどが
うまく作れません。ふと、うちの畑のPHは? と気になって、??起電力??かなにかにより
電池無しで測定できるメーターを数千円で購入。昨日、肥料をやって土寄せした大根の畝に
突き刺しましたら、pH~5前後と明らかに酸性。谷に当たる通路を測定しますとpH>6 と
かなり差がありました。雨後のよい湿りで、肥料分解によりpHが酸性傾向になったのでしょうか?
(使用注意書きには、肥料分の多少でpH変動します とあります)
 関連して、石灰(過リン酸石灰)と化成肥料とコンポスト堆肥を大型耕運機でうないこんで、
すぐに植えつけることがあるのですが、書物によればアンモニア(ガス?)の発生により作物に
よろしくない とありました。いくら時間が無いからといって、こんな作業はやめるべきでしょうか?
稲作農作業で手一杯の兼業零細農家です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
---
この一週間の期間には雨が降って、それぞれの成分が土と反応?するだろう との期待がこめられているのでしょうか?あるいは干天でも一週間あれば反応が落ち着く と思ってよろしいか?私は水分がないと反応が進まないのでは と思い込んで居るくちです。
---
施肥後1週間とか2週間という期間は、雨の有無など特に考えない、大まかな目安ですし、土の中にはそれなりの水分がありますので、肥料成分と土の反応は、雨が降らなくても それなりに進みます。
(カラカラに乾かしてあれば別ですが、日本に そんな畑はないでしょう。)
実際のところ、前にも書いたとおり、良く混和すれば、直後に植えつけたりしても、まず問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報